人気ブログランキング |

always over the moon

タグ:時候 ( 140 ) タグの人気記事

寒の入(かんのいり) :俳句


靴べらのぽきんと折れて寒の入
(くつべらのぽきんとおれてかんのいり)


f0053297_20465381.jpg


◇ 季語: 寒の入り 【冬】・ 時候

◇ テキストブック「NHK俳句」2019年2月号 夏井いつきの「季語道場」秀作(中原久遠)

◇ もう大寒も過ぎたというのに、季節のチョイずれた句ですみません。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【お知らせ】
野暮用が重なったため、29日の早朝より8泊9日で東京へ行ってきます。なんと八年ぶりの里帰りです。
2月6日には帰ってくるのですが、赴任先から一足早く戻っている夫との相談ごとがあり、
ブログはしばらくお休みさせていただきます。
たぶん2月後半には復帰できると思いますが、定かではありません。

思いがけず、東京で写真俳句のお仲間と会うチャンスにも恵まれました。
フォトジェニックな東京のシーンを案内して下さるそうで、カメラも喜んでいます。
幹事のたんとさんをはじめ、ご一緒して下さる皆様に感謝です。

日本は風邪とインフルエンザが大流行とのこと。私も東京ではマスク必携で出かけましょう。
タイでは風邪予防というより、排気ガス予防のマスクが流行っていて、可愛いデザインのも見かけます。
(どこで売ってるのかな?)
ではでは、しばらくの間、チャオ!





by mariko789 | 2019-01-26 20:52 | olympus OM-D E-M5 | Trackback | Comments(40)

短日(たんじつ) :俳句


盆栽のぱちぱち剪られ日短
(ぼんさいのぱちぱちきられ ひみじか)

f0053297_05240477.jpg


◇ 季語: 短日、日短、暮早し 【冬】 ・時候

◇ テキストブック「NHK俳句」2019年2月号 宇多喜代子 選 兼題「短日」 佳作(中原久遠)

◇ 声に出して読むときは、日短を「ひーみじか」とするようです。

◇ 盆栽の写真はあるのですが、探す時間の余裕がなし。福寿草クロッカスさんに代打を願いました。


こちらは、このところ猛暑が復活してきました。
冷房を入れないと、陽の差さない室内でも32℃にも上がってしまいます。
日本は、寒さもピークで風邪やインフルエンザが流行っているのでは。
お仲間の皆さま、くれぐれもご自愛くださいませ。
タイは暑苦しいですが、さすがに風邪ひきさんは少ないようです。





by mariko789 | 2019-01-23 05:26 | olympus OM-D E-M5 | Trackback | Comments(27)

寒し :俳句


火葬場の四本きりの箸寒し 中原久遠
(かそうばのよんほんきりのはしさむし)     

f0053297_19115104.jpg


◇ 季語: 寒し【冬】 ・ 時候

◇ RNB南海放送ラジオの番組 「夏井いつきの一句一遊」
  兼題:本  12月14日(金曜日)に採って頂きました。
 
  ラジオが聴けない私は、
  聞き書きの皆さまによる「落書俳句ノート」で楽しませて頂いてます。
 
◇ 『本』のお題は、「夏井いつきの おウチde俳句」という本の出版にちなんで。

◇ 今年四回目の【一句一遊】への投句。
  年四回参加の目標を達成できました。採って下さった組長に感謝です。
  来年も細々とでも参加し続けよう。

◇ 写真はハンガリーにて。知人に見せて頂いた中国の書籍の挿絵を加工しました。



俳句というのは不思議なもので、自分では空想で作ったつもりの句が、
あとで読み返してみると、「あ、あのときの状況だ」と思い当たることが多々あります。
この句もまさにそう。

もう随分遠い昔になりましたが、伯母が亡くなったとき。
独身で他に身寄りもなかった伯母を看取ったのは、姉と私でした。
斎場で焼きあがった骨を姉とぽつぽつと拾ったときの、あのなんともいえない切なさ。
伯母は少し預金を遺していたので、その骨壷は姉が永代供養に預けたのでした。

拾えるほど骨を遺して火葬するのは、日本特有かもしれませんね。
とはいえ、日本でも散骨が増えてきているとのこと。
日本でも、英国のように、骨が粉末になるまで焼いてもらう選択もできるのでしょうか。
散骨は粉末にしなければならないそうで、手で骨を砕くのは辛い作業と思う。

 




by mariko789 | 2018-12-19 19:18 | Nikon D80 | Trackback | Comments(33)

短夜(みじかよ)② :俳句


短夜を臓腑まで掻く掻きむしる  
                 (みじかよをぞうふまでかく かきむしる)

f0053297_14002656.jpg


◇ 季語: 短夜(みじかよ)、明易し、明早し、夏の夜 【夏】・時候

◇ きのうの投稿と同じく、日記に記した句です。

◇ 写真は、スペインで撮ったもの。中身のない句なので、写真俳句にしてみました。

この3週間ほど、夜、ベッドに横になると体中が痒くてたまらなくなる。
部屋の埃とか虫刺されとか、原因をいろいろ探ったのだが、究明できず。
で、先日、検索していたら「洗濯洗剤を変えたら痒くなった」というのを発見。
あ!!そういえば3週間ほど前に洗濯洗剤を変えたのだった。
もしかして・・・?
さっそく暫く着ていなかったパジャマ(古い洗剤で洗った)を着て寝たら、痒みがかなり薄らいだ。
しかし、まだ洗剤が犯人とは確信を持てない。
今迄こんなことはなかったのに・・・肌が敏感になる年頃になったのかしらね?





by mariko789 | 2018-06-14 14:03 | olympus OM-D E-M5 | Trackback | Comments(28)

薄暑(はくしょ) :俳句


おむすびのぽろぽろ乾く薄暑の野 中原久遠
                (おむすびのぽろぽろかわくはくしょのの)

 
f0053297_02144384.jpg

f0053297_02230311.jpg


◇ 季語: 薄暑(はくしょ) 【夏】・時候


◇ NHK俳句 星野高士選 兼題「薄暑」
  入選/ 三席 2018年05月20日放送(再放送23日午後3時)

◇ 旅行中に担当の方から何度も連絡を頂いていたとも知らず、たいへんお手数をかけました。
  入選取り消しになる瀬戸際でした。
  検索で当ブログを探し当て、事情を考慮して下さった担当の方に感謝をしております。
  
◇ テレビ画面で観られなかったのが、返す返すも悔やまれます。
   
  俳句を始めてこの5月で丸10年が経ちました。
  出す句会の数こそ減っているものの、駄句の山は日々築いています。
  これからもお仲間の皆さまのあとについて地道に続けてゆきたいと思ってます。

◇ イメージ画像はリバプールではなく、ストーンヘンジの近くです。



More (YouTbe)
by mariko789 | 2018-05-21 02:27 | olympus OM-D E-M5 | Trackback | Comments(31)

薄暑光(はくしょこう)


水銀の粒ちりぢりに薄暑光
(すいぎんのつぶちりぢりにはくしょこう)

f0053297_01091120.jpg



◇ 季語 : 薄暑光(はくしょこう)  【夏】 ・時候
   
◇ 現代俳句協会インターネット俳句会  2017年05月投句分。
  今日あたりこちらも暖かくて、ブラインドの隙間から光が差し込んでいました。
  
◇ イメージ画像は、スペインの海。

  もう一つ、スペインの闘牛場の横顔も。今はもう闘牛場としては、使われていません。

f0053297_01104611.jpg



やりたかったことも、あまり進まないうちに、あと二週間で夫が帰ってきます。
このへんで心を入れ替えて、物の整理とか、夫から頼まれていた調べ物とか、拍車をかけなければ。
一日24時間、長いようで短いと思いませんか?







by mariko789 | 2017-06-16 01:11 | olympus OM-D E-M5 | Trackback | Comments(32)

長閑(のどか):俳句


長閑さや段々畑みな雑草 
(のどかさや だんだんばたけみなざっそう)

f0053297_14431179.jpg


◇ 季語 : 長閑(のどか)、のどけし、駘蕩(たいとう)  【春】 ・時候
   
◇ 愚陀佛庵インターネット俳句会 入選 2017年05月発表(2017年03月投句分)
  
◇ 画像はずっと以前、マレーシアのキャメロンハイランドにて。
  こちらの段々畑は雑草ではなく、茶畑でした。イメージ写真ですので、あしからず!

Thank you very much!
.
長閑さに遊(ゆう)なる風で花左右(さゆう)   yamaoji
.



この句はスペインの車窓からみた景色を詠んだものです。
アリカンテ地方も、温暖な気候のせいか作物が豊富に採れるようでした。
雑草を生やしていた段々畑は、土地を休養させていたのだと思います。
アリカンテ地方は魚類はもちろん、果物・野菜も、豊富にとれる。
世界には、近い将来に食糧難時代がくるのではと懸念する向きもあります。
食べ物にも土地にも、優しい人類でありたいですね。

日本は随分暑くなっているようですが、こちらはまだまだ寒いです。
ハンガリーより寒いんじゃないかしら。。






by mariko789 | 2017-05-20 14:48 | Sony Cyber-shot G | Trackback | Comments(20)

永き日(ながきひ)


永き日の家出もくろむ三歳児
(ながきひのいえでもくろむさんさいじ)

f0053297_14532803.jpg


◇ 季語 : 永き日、日永(ひなが)、永日(えいじつ)  【春】 ・時候
   
◇ 現代俳句協会インターネット俳句会 3月/汝火原マリ

◇ この句もスペインにて。
  電車で向かいに座っていた男の子が、ママに反抗して、むっとしているのが可愛くて。

◇ 写真は我家の近くの公園にて。チューリップは今が盛り。









by mariko789 | 2017-04-20 14:56 | olympus OM-D E-M5 | Trackback

麗らか(うららか)②


うららかや旅びと石になる岬
(うららかや たびびといしになるみさき)

f0053297_15460346.jpg



◇ 季語 : 麗らか(うららか)、うらら、麗日 【春】 ・時候
   
◇ 現代俳句協会インターネット俳句会 3月/汝火原マリ

◇ 画像はスペインで撮ったものです。画像の岩場(やや右側)にハートの絵があるの、見えますか?
  ここは転落防止の柵があって、ちょっとやそっとでは人が入って行けない岩場なのです。
  早春の晴れた日。地中海の真青な海とこの岩場のハートを見ていたら・・・
  地中海→ギリシャ→ギリシャ神話→メドゥーサ→人を石にする。
  とイメージが湧いて、メモ帳に記したのがこの句でした。
  発想が飛びすぎです。なのに票を入れて下さった方にお礼を申し上げます!






by mariko789 | 2017-04-08 15:52 | olympus OM-D E-M5 | Trackback

しばれる :俳句


 しばれるや孤児に戻ってしまう夢
 (しばれるや こじにもどってしまうゆめ)

f0053297_15223873.jpg


◇ 季語 : しばれる  【冬】 ・時候
      (北海道や東北地方で、凍るような厳しい寒さをいう by 角川必携季寄せ)
  


◇ 夏井いつきの一句一遊  一句一遊 1月30日~2月3日放送分  兼題:しばれる 
  木曜日放送(水曜の残りとして)
  「落書き俳句ノート」の聞き書きの皆さまのお陰で、海外の私も参加できています。


◇ 画像は、ハンガリーで撮ったもの。コメント欄は閉じております。









by mariko789 | 2017-02-06 15:28 | olympus OM-D E-M5 | Trackback