always over the moon

タグ:日記 ( 382 ) タグの人気記事

謹賀新年 @バンコク

2019年 明けましておめでとうございます。

バンコクの新年は、ささやかな花火の音とともに明けました。
ベランダから覗いたのですが、折り悪しく建物に塞がれて花火は見えず。
ともあれ無事に新年を迎えることができて、嬉しく思います。


年末に、ハンガリーの家を買って下さった若夫婦から、写真付きメールが来ました。
彼らは四季折々の、家と庭の写真を送ってくださいます。
家を売るときに、実はもっと高値をつけて下さった買主がいたのですが、
家と庭に惚れこんで、大切に住むと約束して下さった若夫婦の熱意にほだされ、彼らに売りました。
その約束どおり、彼らは手入の行き届いている証拠写真を送って下さるのです。

f0053297_07420168.jpeg

f0053297_07422085.jpeg

f0053297_07423828.jpeg

メールに拠ると、ハンガリーの気温は連日マイナス気温で寒い。
2019年は屋根の修理をする予定ですが、家自体は問題ない、とのこと。
彼らに買ってもらって大切にされて、家も木々も花々も幸せです。本当に良かった。

夫と結婚していらい、色んな国の色んな家に住んだけれど、このハンガリーの家が(庭が)いちばん好きでした。

今年はどんな年になるのやら。
気候変動や世界経済に不安要素は多々あるものの、穏やかな年になりますよう、心から願っています。





by mariko789 | 2019-01-01 07:45 | collaboration | Trackback | Comments(30)

☆メリークリスマス☆ @バンコク




今日は平成最後の天皇誕生日。
そして明日はクリスマス・イヴ。
どうか楽しい休日を過ごされますように。。


f0053297_11134852.jpg


バンコクでもひときわ日本人の多い街、プロンポンのクリスマス風景です。
上の画像は、大型ショッピングセンターのエントランス。大きなツリー。

こちら相変わらず暑いのです。空気が重いというか、もわっとして息苦しいのです。
そんななかでは、クリスマスといっても今一つピンと来ません。
 


白熊さんも登場。子ども達が喜んでツーショットの写真を撮っていました。

f0053297_11163427.jpg


駅の構内も、クリスマスらしく。

f0053297_11172699.jpg


私は、夫が赴任中ですし、クリスマスもお正月も特別なことは何もしません。
それでもお餅くらいないと淋しいので、これからプロンポンのフジスーパーへ行ってきます。
ダイエット中なので、今年はケーキはなしです。目標体重まであと1kgの減量。

なお、ブログの更新は年末年始もストップせず、気ままに続けます。




by mariko789 | 2018-12-23 11:23 | olympus OM-D E-M5 | Trackback | Comments(31)

土星なのか?( やっぱり金星か)@バンコク


もう一ヶ月くらい前から、ずっと気になっている件。
明け方、4時~5時くらいの間に、巨大な星が見える。
今までの長い人生、月や星を眺めるのが好きで、コンスタントに見てきましたが、
これほど巨大な星を見るのは、生れて初めてです。
数個の星が寄り添い合って見えるのですが、そうではなくて、土星なのか?と昨日の朝、思いました。
検索しまくって、そうではないかと達した結論。
土星の環の両側が光っているのが、複数の星が寄り集まって見えるのでは、と。

大きさを判って頂く為、月と一緒に撮りました。
普通の星の大きさではありません。巨大すぎる。
1枚目の、月と巨大な星の間に小さく写っているのは金星ではないかと思います。

f0053297_08372564.jpg

f0053297_08380244.jpg

f0053297_08381905.jpg
 

しかし、土星が肉眼でこれほど大きく見えるでしょうか。
また、月が見えない曇り空でも、ハッキリ見えるときがあります。
もしかして地球との距離が、月よりも近いのかしら。
時間の経過とともに、下から上へ移動してゆきます。
他の星は、月がこの大きさに写るときは、見えるか見えないかの点にしか写りません。
念のため。ビルの灯や飛行機、UFOでもありません。
近日中に、ずっと使ってないキャノン(もっとズームが効く)でも撮ってみよう。

追記: 今さっきドイツの星歌さんの写真を拝見して、やはり金星かも、と思います。
    こんなに金星が大きく見えるなんて、、びっくりです。

※ 俳句のお仲間へ。。下に俳句関連の記事も投稿しております。





by mariko789 | 2018-12-13 08:45 | Nikon coolpix P510 | Trackback | Comments(32)

おウチde俳句 夏井いつき著


『夏井いつきの おウチde俳句』朝日出版社 
に、掲載して頂きました。掲載ページはこちらです。

f0053297_08265305.jpg

   白妙の蚊帳へいびきの夫を捨つ 久遠
  (しろたえのかやへいびきのつまをすつ)

泥酔して寝ているときは特に、いびきがうるさい。

なにかとお世話になっている小野更紗さんの句と隣あわせに載せて頂き嬉しさ一入。
かま猫さんの句もユーモアがあっていいですね!
他にもお仲間の秀句が盛り沢山掲載されていて、個人的にも記念の一冊になりました。

拙句はほかに、以下の2句を秀作として掲載して頂きました。

  月光の便座厭離の父を嵌む(げっこうのべんざ おんりのちちをはむ)

  花の外へ小さき柩を送りだす(はなのとへ ちさきひつぎをおくりだす)

わけあって外へ出られない方でも、俳句はできるという、夏井組長の愛あるコンセプトでの一冊。
「第一回 おウチde俳句大賞(賞金20万円) 締切19年2月28日」の応募葉書付きです。

※ ご自分の投句が掲載されているかどうか、知りたい方はコメント欄にどうぞ。
  非公開コメントもできますよ。


角川「俳句」11月号・12月号も購入しました。
鈴木牛後さんの角川俳句賞受賞の記事、同じいつき組ということもあり、拍手喝采。

こうして欲しい本が手に入る、バンコクへ越してきて良かったことの一つです。
今までは通販で定価の2~3倍を払うのも口惜しくて、なかなか手が出ませんでした。
バンコクの紀伊國屋さんで取り寄せてもらった場合、定価の4割増し前後で買えます。
ちなみに「おウチde俳句」の定価は ¥1680+税。
紀伊國屋バンコク価格は 692バーツ(現在のレートで換算=¥2398) 4割程度しか違いません。




by mariko789 | 2018-12-13 08:33 | olympus OM-D E-M5 | Trackback | Comments(12)

カムティエンハウス博物館(カムティエン夫人の家)@バンコク

Kamthieng House Museum (The Siam Society)

過日(夫が赴任地へ発つ前)、思い立って行ってきました。
夫の休暇中、バーやパブの梯子にずっと付き合わされていましたが、
たまには私のリクエストにも応えてもらおうと思ったのです。
私は以前にも友人と訪れていて、都会の中のオアシスという印象でした。

場所はメトロのスクンビットの駅(出口1)の真横です。
BTSならアソック駅から、隣接するメトロのスクンビット(出口1)に行くのが判りやすい。

1) エントランス。入館料は100バーツ(大人)。

f0053297_06570580.jpg



More (続きを読む)
by mariko789 | 2018-12-06 07:12 | olympus OM-D E-M5 | Trackback | Comments(40)

ロイクラトン祭 @バンコク(Loi Krathong Festival)


昨夜は2018年のロイクラトンでした。

f0053297_07035220.jpg


More (続きを読む)
by mariko789 | 2018-11-23 07:17 | olympus OM-D E-M5 | Trackback | Comments(39)

緑色の蛇 @バンコク


先週の土曜日の朝のこと。
例によって敷地内のミニ公園を散歩しようと歩き始めました。
いつもは数人のマラソン人がいるのですが、誰もいない。
お馴染みの小鳥やリス、蛙もいない。
ときおり枯葉の落ちる音のほかは、しーん・・・。

へんだなぁ~と思いつつ歩いていると、
なにやら紐のようなものが落ちている。
(※ 苦手な方が多いと思いますので、モザイクをかけています)

f0053297_06393088.jpg



More (続きを読む・蛇の写真あり・閲覧注意)
by mariko789 | 2018-11-08 06:43 | Nikon coolpix P510 | Trackback | Comments(34)

レジ袋とマイバッグ @バンコク


私が初めて夫の赴任に伴って行ったのは、1993年に建国して2年ほどのスロバキアでした。
当時、首都ブラチスラバには外国資本のKマートがあり、レジ袋はそこでだけ貰えるのでした。
地元民には高級なイメージのKマート。
そこで貰ったレジ袋は庶民には貴重なもので、共産圏の名残の濃い集合住宅のベランダに、
その袋が洗って干されているのを、微笑ましく眺めたものでした。

産油国の中東、サウジアラビア・UAE・カタールのレジ袋は、分厚くて頑丈。
レジではレジ係の他に、補佐の人たちがいて、袋詰めをしてくれます。
小銭の釣銭は、フィリピン人の彼らへチップとして渡していました。

ハンガリーでは、レジ袋は有料でした。
私が初めて本格的にマイバッグを買い揃えたのは、この国。
化粧小物の店で買った何枚かは、今でも愛用しています。

つい此の間まで暮らしていたイギリスでも、レジ袋は基本的に有料でした。
競争の激しいスーパーマーケットでは、各店舗、センスを凝らした袋を用意。
シーズンに合わせて、ハロウィン仕様やクリスマス仕様の手提げ袋。
そのデザインに惹かれて、私もつい買ってしまうのでした。
そのような袋は、厚手で頑丈なので、もちろん何度も使えるわけです。
安価な、使い捨てのペラペラの袋は不評で、殆ど誰も買っていませんでした。
そんな袋に入れるくらいなら、抱えて帰るよ、とウィンクするお兄さんたち。

けれど、アジア食品の店では、無料の袋(丈夫なの)に入れてくれました。

f0053297_07304499.jpg

さて。タイのバンコク。
私が日常に通うテスコですが、レジ袋は無料。
薄くて小さな袋に、レジ係の女性がせっせと詰め込んでくれます。
袋が小さいので、品物1個に1枚ということもあり。
レジ袋が無料=店側で詰めてくれる。レジ袋が有料=セルフサービスで詰める。
世界的には、こういう傾向になりがちだと思います。

我家には、テスコのレジ袋が溜まりに溜まっています。
頑張ってゴミ袋として転用しても、溜まるほうが多い。
ゴミは、リサイクルゴミ、一般ゴミ、生ゴミ、危険物、と4つに分かれていて、
毎日2~3枚使っても余ってしまいます。
一度、重い物を買ったとき、マイバッグを出して、レジ袋はいらないというゼスチャーをしたところ、
たちまち鬼の形相になったレジ係の女の子。プライドを傷つけてしまったのか、面倒だったのか。
私は、5つも6つもあるレジ袋を1~2枚のマイバッグに入れ換え、帰宅していますが、
見るとローカルの主婦連もそうしている人が多いのです。



日本でも、レジ袋の有料化が検討されているとか。
そういうこと、法律で決めなければならないのでしょうか。
大人のソサエティなのに?
有料も無料も、お店の自由で良いのではないかしらね。
レジ袋が、プラスチックによる海洋汚染の元凶とは思えないのですが。
 



by mariko789 | 2018-10-25 07:35 | Nikon D80 | Trackback | Comments(28)

鳥など @バンコク


一昨日の晩、浅田次郎著の「地下鉄に乗って」にのめりこみ、読み終わったら昨日の午前2時半になっていました。
枕元のうす暗いスタンドだったせいか、一晩で視力が衰えました。
宮部みゆき著の「火車」もページをめくる手を止められなかった。面白すぎる本はあかん。
小説は古本屋で購入。安いので懐を痛めず幾らでも買えてしまう。あかん。


二年近く使わなかったニコンP510、生存確認のために何枚か撮ってみました。
すっかり撮り方を忘れていて、あれ?あれ?みたいな。
そうそう、ズームが得意なカメラなのでした。
1)仲秋の名月の翌晩の月。晴れた晩で、ベランダから。トリミングしました。

f0053297_14084263.jpg
.
追記: 2013年 7月24日 同じNikon P510で撮ったハンガリーの満月(モノクロにしています)
    アジアの月とヨーロッパの月。違いますよね。 

f0053297_21320507.jpg



More (続きを読む)
by mariko789 | 2018-10-11 08:08 | Nikon coolpix P510 | Trackback | Comments(32)

エクササイズで体力作り


私の典型的な一日のスケジュール

【朝】
5時30分      起床・アイスコーヒー
6時~6時40分   パソコン
7時~8時20分   ジムで運動、その後、水シャワー
8時40分      生ジュース(パセリ・ブルーベリー・ヨーグルト・バナナ)
9時30分~11時  水泳、その後、水シャワー、洗濯
11時~12時30分 食事の支度と食事、後片付け

f0053297_07475505.jpg

【午後・夜】
1時30分      買物へ(買物に行かない日は、ここで掃除)
3時30分      帰宅・水シャワー
4時~5時      パソコン
5時~7時      食事の支度と食事、あと片付け
7時~8時30分   テレビでYouTubeを観る 
8時30分      水シャワーと肌の手入
9時~10時     ベッドで読書
10時        就寝

腕時計方式の歩数計をつけていて、ジムの運動を含め、一日1万歩前後歩いています。
水泳の目的は心身のリラックスで、運動にはなっていないと思う。
土日は、家族連れが泳ぎにくるので、私は泳ぎません。
そのほか、敷地内の公園(リスや小鳥と会える)を30分ほど早足で歩くときも。
浴槽もあり熱湯も出るのですが、水シャワー専門になってしまいました。暑すぎる。
 
ハンガリーとイギリスでは運動ができず、すっかり体がナマってしまっていました。
液状化した筋肉を元に戻したい。ガンバル!p(^_^)q

f0053297_07483525.jpg


話は飛びますが、バンコクの水道代の安さに感激です。
イギリスでは、水道が民営化してからいっきに高額になり、
うちでも毎月1万円以上払っていて、ガス代や電気代より高い月もありました。
殆ど私一人で、旅行も多く、水はあまり使わなかったのですが。
夫は、芝生がふかふかしているので、地下の水道管から漏れているのではと疑っていました。

で、こちらバンコク、今月の水道代が約250円でした。250円ですよ。
安いからといって無駄にしないよう、心して水を使いたいと思います。水は貴重。





by mariko789 | 2018-09-27 07:54 | olympus OM-D E-M5 | Trackback | Comments(36)