人気ブログランキング |

always over the moon

タグ:日記 ( 395 ) タグの人気記事

ターミナル21 @バンコク


さいきんファンになった、ショッピングモールの『ターミナル21』
高架鉄道のアソック駅に隣接していて、我家からの交通の便も良好。

ここは、各階によって、世界各国の名所をあしらっていて、本日は、日本編。

1) 日本贔屓のタイにとって、日本といえば、まず『招き猫』?

f0053297_09220189.jpg



More (続きを読む)
by mariko789 | 2019-05-18 09:26 | Sony Cyber-shot G | Trackback | Comments(26)

木の芽時 :俳句


ポッキーを鞄に鳴らし木の芽どき
(ポッキーをかばんにならしこのめどき)


f0053297_13303741.jpg


◇ 季語: 木の芽時(このめどき) 【春】・植物


◇ 2月のスパルタ句会でGさんの並選を頂きました。
  ポッキーという商品名を入れているので、他の句会には出しません。
  もう日本はすっかり夏と思いますが、しばらく春の句で失礼いたします。


◇ 画像はタイで売っているポッキー。他にも抹茶味とかあり。日本のと同じですよね?
  
 「コアラのマーチ」(タイ限定バージョンも)、「プリッツ」(タイ限定バージョンも)など
 日本のお菓子も豊富に揃っています。




More (続きを読む)
by mariko789 | 2019-05-11 13:39 | olympus OM-D E-M5 | Trackback | Comments(40)

クロッカス :俳句


金らんの端切れのやうなクロッカス
(きんらんのはぎれのようなクロッカス)


f0053297_20464131.jpg


◇ 季語: クロッカス 【春】・植物
      
◇ 角川俳句5月号 平成俳壇 雑詠 朝妻 力 選 佳作 (中原くをん)
  
  紀伊國屋さんに取り寄せて頂いた「角川俳句」、発売日から10日かかって届きました。
  「平成俳壇」を見ていて、ハッと気づいたこと。私の投句は季節がずれていました。
  たとえば今回のクロッカス句は1月末締切で、新年または冬の句を出すべきだったのに、春の季語。
  採っていただけたのはラッキーでした。
  これから参加されるお仲間の皆さま、どうか季語の選択に気をつけて下さいませ。
  
  
______________________________________________


【蛇足】

5月5日。紀伊國屋さんへ行くのにスカイトレインに乗ろうとしたら、運賃が無料でした。
ワチラロンコン国王の戴冠式の祝賀のプレゼントなのでした。本日6日も無料とのこと。

f0053297_20481054.jpg

プロンポンには鯉幟が泳いでいて、フジスーパーでは柏餅を売っていました。





by mariko789 | 2019-05-06 20:49 | olympus OM-D E-M5 | Trackback | Comments(35)

読書と字

3月23日以降に読んだ本:

文章読本   谷崎潤一郎 
嵐が丘    エミリ・ブロンテ
赤毛のアン  モンゴメリ
チヨ子    宮部みゆき
さぶ     山本周五郎


f0053297_20151807.jpg


「嵐が丘」は子どものころ読んだのですが、まったく記憶に残っていませんでした。
「愛」への執着、嫉妬、復讐、これほどおどろおどろしい物語だったとは。
イギリスの陰鬱な冬を過ごしてきた私には、感情移入がしやすく、
ついのめりこんで読んでしまい、しばらく悲劇のヒロインの気分にひたっていました。
人生の酸いも甘いも分からなかった子どもの時分では、さしずめ猫に小判の本でした。
名作といわれる本は、深さが違います。


「さぶ」の中より抜粋。
手習いをするのにうまい字を書こうと思うな、うまい字を書こうとすると嘘になる
字というやつはその人の本性をあらわすものだ。
いくらうまく書いても、その人間の本性が出ていないものは字ではない
上手へたは問題ではない。自分を偽らずただ正直に書け。
これらのことは俳句にもドンピシャと当て嵌まると思う。
そして私の場合、まさに字そのものも悩みの種。
どうしても、真っ直ぐに揃った字が書けないのです。蛇行してしまうし、字の大きさもまちまち。
上手へた以前の段階で、躓いてしまっている。
このところ、毎月葉書に投句を書くので、我が字の下手さ加減にうんざりしているのです。
俳句はもとより、まず字をちゃんと書けるようになりたい。
ワープロやパソコンを使うようになる前は、もうちょっとまともな字を書いていた記憶があるのですが。。





by mariko789 | 2019-04-21 20:25 | olympus OM-D E-M5 | Trackback | Comments(26)

東京スカイツリー(2)


(1) 金魚展の金魚。
    金魚にもあまたの種類があり。色や形の違いを楽しみつつ、小さな命の不思議を眺めてきました。

f0053297_17535758.jpg



(2) 郵便局(逓信省・ていしんしょう)のイベント会場にて。
    「臨時電話」 三日間で30円って当時としては高価だったのでは。

f0053297_17542304.jpg
    



(3) 「東京郵便局」の半被を着てるからには…明治か大正か昭和初期?
     郵便局にも時代の変遷があったこと。

f0053297_17545060.jpg


    この会場には、大スクリーンの動画や休憩所もあり
    休み休みずいぶんと長居をしてしまいました。



More (続きを読む・蛇の写真あり。苦手な方は開けないでください!)
by mariko789 | 2019-04-16 18:01 | Nikon coolpix P510 | Trackback | Comments(30)

土筆(つくし) :俳句


いかめしき犬に嗅がれてゐる土筆
(いかめしきいぬにかがれているつくし)

f0053297_16235449.jpg

◇ 季語 土筆(つくし) 【春】・植物

◇ 2月に、Sparta句会で特選1、並選2、逆選3を頂きました(中原久遠)

◇ 写真はイギリスで撮ったもの。使いまわしです。


______________________________


数日前、北アフリカの某国の首都の空港が爆破されました。
夫が赴任していた国で、内戦が激化しています。
首都のみならず、もう一つの赴任地の近くの空港も閉鎖されてしまいました。
あと1週間、出国が遅れていたら、無事に還ってはこられなかったでしょう。
「間一髪のグレート・エスケープだった」と夫と言いあいました。
このタイミングでの辞職は大正解でした。
過去にも危険な国々を渡り歩いてきた夫、これからは平和な国で、平凡な仕事に就いてほしいものです。

日本は寒暖の差が激しいのではないでしょうか。
お仲間の皆さま、体調管理にはくれぐれもお気をつけてくださいませ。






by mariko789 | 2019-04-11 16:31 | olympus OM-D E-M5 | Trackback | Comments(33)

東京スカイツリー(1) 


1) ビルに写り込んだスカイツリー

f0053297_11235341.jpg


More (続きを読む)
by mariko789 | 2019-04-06 11:38 | Nikon coolpix P510 | Trackback | Comments(26)

数え日(かぞえび) :俳句


数へ日の凹み癖つくソファーかな
(かぞえびのへこみぐせつくソファーかな)

f0053297_14190910.jpg


◇ 季語: 数へ日(かぞえび) 【冬】・時候
     (年の暮の残すところ数少ない日のこと。)

◇ 角川俳句4月号 平成俳壇 雑詠 嶋田麻紀 選 佳作 (中原くをん)
  ひねくれた句を拾っていただき、ありがたや。
  投句と結果発表のタイムラグが3ヶ月もあり、季節外れになってしまいます。

  今月の虚子の大特集、年齢順に整理された句と情報は判りやすかった。

◇ イメージ画像はウイーンの猫カフェだったと思う。


___________________________________

新元号の発表がありました。

令和(れいわ)

さっそくPCの漢字登録をしました。
明治 大正 昭和 平成 のなかでは「明治」が一番好きな元号でした。名前のイメージとして。
「令和」は万葉集からとったそうですが、気品があり美しいと思います。
今までにないような語感、新しい時代の幕開けを感じます。
世界は多岐にわたり厳しい局面を迎えていますが、どうか良い方向へ向かいますように。





by mariko789 | 2019-04-01 14:23 | olympus OM-D E-M5 | Trackback | Comments(30)

お台場 @東京


ほんの少しですが、そぞろ歩きをしたお台場です。


1) 自由の女神像
 
女神は、エルビス・プレスリーに面差しが似ていました。

f0053297_19073011.jpg
  


More (続きを読む)
by mariko789 | 2019-03-28 19:18 | Nikon coolpix P510 | Trackback | Comments(34)

春浅し :俳句


太ももの縫ひ目の痒し春浅し
(ふともものぬいめのかゆし はるあさし)

f0053297_07290119.jpg


◇ 季語: 春浅し  【春】・時候

 
◇ 写真は、浅草の仲見世にて、1月31日に撮りました。



足を捻挫してからこっち、エクササイズも外出もままならず、
おまけにPCも接続が切れてできなかったので、読書ばかりしていました。
この半月で読んだ本:

 小さいおうち   中島京子著
 愉楽の園     宮本輝著
 星々の悲しみ   宮本輝著
 墓地を見おろす家 小池真理子著
 深い河      遠藤周作著
 ハヅキさんのこと 川上弘美著
 水声       川上弘美著
 誰か       宮部みゆき著
 永遠の0     百田尚樹著
 私の好きな民藝  NHK出版
 
そして昨夜から読み始めたのが、 文章読本 谷崎潤一郎著

バンコクには日本の本を安価で扱う古本屋があり助かっています。





by mariko789 | 2019-03-23 07:32 | Nikon coolpix P510 | Trackback | Comments(32)