人気ブログランキング |

always over the moon

タグ:天文 ( 133 ) タグの人気記事

梅雨 :俳句



きりきりと芥まはるや梅雨の淵  
(きりきりとあくたまわるやつゆのふち)

f0053297_16360186.jpg


◇ 季語 梅雨(つゆ) 【夏】 ・天文  

◇ 通販生活「俳句生活~よ句もわる句も~(夏井いつき選)」 5月兼題『梅雨』人選(中原久遠)

◇ 俳句仲間の皆さまへ。
  このたび句会への投句をぜんぶ止めることにしました。
  俳句を作ること事態、しばらくお休みいたします。
  よって通販生活への投句も、これが最後です。
  皆さまには、これまでのご厚誼にお礼を申し上げます。
  なお、俳句抜きでも、ご交流を戴ける方は、引きつづき宜しくお願いいたします。


_________________________


ロンコン

f0053297_16410242.jpg

このフルーツはご存じない方も多いのではないかしら。
色といい、見かけが地味ですよね。
味は、爽やかな甘味と酸味、そして後味に苦味が残り、大人ごのみ。
ヘンな喩えですが、グレープフルーツを薄味にしたような・・・
私的には、やっぱりライチがいちばん好き。




by mariko789 | 2019-06-25 16:49 | olympus OM-D E-M5 | Trackback | Comments(36)

虎落笛(もがりぶえ):俳句



虎落笛火山のふたの外れゆく
(もがりぶえ かざんのふたのはずれゆく)

f0053297_21243890.jpg


◇ 季語: 虎落笛(もがりぶえ) 【冬】・天文

◇ 角川俳句3月号 平成俳壇 雑詠 今井聖選 佳作 (中原くをん)
  タイからでも応募葉書が届いたこと、
  最初に採って下さったのがイケメンの今井先生であったこと、嬉しかったです。
  これを機会に、これからもなるべく投句したいと思いました。
  もう桜も咲いているのに、冬の季語であいすみませぬ。
  
  なお、夏井いつき組長が、角川俳句の題詠の選者になりました。
  投句は本に綴じ込みの専用葉書で。

◇ 虎落笛とは:冬の寒風が柵(さく)や竹垣に吹き当たってヒューヒューなる現象。

◇ 画像は、2月5日にスカイツリーの某イベント会場で撮りました。


  

by mariko789 | 2019-03-10 21:32 | Nikon coolpix P510 | Trackback | Comments(36)

凩(こがらし) :俳句


凩を呑むや肺腑は巻貝に
(こがらしをのむや はいふはまきがいに)


f0053297_07044753.jpg

f0053297_07064152.jpg

◇ 季語: 凩、木枯、 【冬】・ 天文


◇ 写真はハンガリーで撮ったものです。冬の写真を欧州でたくさん取りだめしておいて良かった。
  次は日本で冬の写真を撮りたいと思っています。


あと8日、25日から夫の休暇が始まります。(バンコクに到着するのは31日の予定)
北アフリカは連日の雨と強風と寒さの異常気象とのこと。
なにより夫が危惧しているのが、パリ(仏)とマンチェスター(英国)の空港の気象事情。
去年の冬はパリの大雪で二日間空港で足止めになり、マンチェスターへ飛べなかったのです。
今年も北半球の酷寒と大雪は深刻な被害をもたらしています。地球の平穏を祈るばかり。




by mariko789 | 2019-01-17 07:22 | Canon PowerShot SX50 | Trackback | Comments(40)

初時雨(はつしぐれ) :俳句


洋上のグリューワインや初時雨 中原久遠
(ようじょうのグリューワインやはつしぐれ)



f0053297_07520989.jpg

◇ 季語: 初時雨 【冬】 ・天文

◇ RNB南海放送ラジオの番組 「夏井いつきの一句一遊」
  兼題:初時雨 11月9日(金曜日)に採って頂きました。

  ラジオが聴けない私は、
  聞き書きの皆さまによる「落書俳句ノート」で楽しませて頂いてます。 

◇ グリューワインというのは、ホットワインのことです。

◇ 久々の【一句一遊】への投句でした。今年三回めの投句。
  まさか金曜とは思っていなかったので、水曜・木曜の結果をみて、没ったと思っていました。ラッキー!

◇ 写真は、スペインの「ダリ美術館」にて。少しペン画加工を施しています。




by mariko789 | 2018-11-12 08:00 | Canon PowerShot SX50 | Trackback | Comments(34)

遠雷(えんらい) :俳句


無言電話に遠雷と遮断機の音
(むごんでんわにえんらいとしゃだんきのおと)


f0053297_15400318.jpg

◇ 季語: 遠雷(えんらい) 【夏】 ・天文

◇ テキストブック「NHK俳句」2017年9月号 夏井いつき 選 兼題「遠雷」 佳作(中原久遠) 

◇ 画像は ビアトリクス・ポターさんの庭で撮りました。

この月に投句したのは夏井組長の兼題のみ。なので最初から諦めていたのですが、採って頂き幸運でした。
次の月の分は、組長の兼題には投句できず、今井、高柳、両先生の兼題のみに投句。
現俳協のネット句会への参加もやめてしまいました。
俳句を作るのは、そのうちまた復活するかもしれませんが、ネット句会の参加は尻すぼみのままやめてしまうかも。。
自分で自分を強制せず、内なる声に耳を傾け、自由でいたいと思っています。


________________________________

先日、司馬遼太郎著「燃えよ剣(上下)」を読みました。
主役の土方歳三(新撰組)のものすごい剣豪っぷり、頑固な性格が愉快・痛快でした。
で、その「鬼の歳三」と異名をとる硬派の歳三さんの趣味が俳句。
俳号は「豊玉」。まるで祇園の芸子さんみたいな柔らかな俳号です。
若い沖田総司にせがまれて、俳句をそっと披露する歳三の照れた様子が微笑ましく、
このあたりも剛柔書き分けての司馬遼太郎の筆の冴えどころ。
いくつか豊玉さんの句をご紹介しましょうか。

  差し向かう心は清き水鏡
  しれば迷いしなければ迷わぬ恋の道 
  白牡丹月夜月夜に染めてほし
  横に行き足跡はなし朝の雪
  春の草五色までは覚えけり
  梅の花一輪咲てもうめはうめ
       豊玉発句集より(←興味のある方はクリック!)
 
俳句は、もしかしたらその人の(その人自身すら気づかない)心の色を映すのかもしれません。
歳三さんは、あんがいシャイで繊細な人柄だったのではないでしょうか。
うまく隠しおおせたつもりのその弱点(と、彼自身はたぶん思っていた)が、句に迸っていると思いました。




by mariko789 | 2017-09-08 15:52 | olympus OM-D E-M5 | Trackback | Comments(28)

青嵐(あおあらし):俳句


鮮血の匂い秘かに青嵐
(せんけつのにおいひそかにあおあらし)

f0053297_01571908.jpg



◇ 季語 :青嵐(あおあらし)  【夏】 ・天文

 ・新緑の中や夏の快晴の青空の下を吹き渡る強い風のこと(by 角川 俳句歳時記)
   

◇ テキストブック「NHK俳句」2017年7月号 夏井いつき選 佳作(中原久遠)  

◇ 画像は、カンボジアのアンコールワットにて。レタッチしています。 



More(続きを読む)
by mariko789 | 2017-07-01 02:38 | Nikon coolpix P510 | Trackback | Comments(32)

陽炎(かげろう)③ :俳句

陽炎や白いピアノとジョンレノン
(かげろうや しろいピアノとジョンレノン)


f0053297_15462320.jpg



◇ 季語 : 陽炎  【春】 ・天文
   
◇ 現代俳句協会インターネット俳句会 4月/中原久遠

◇ 四月から、俳号を「中原久遠」に改めました。
  選句の楽しさにつられて4月も投句しましたが、5月はどうしようか思案中。

◇ 季節はもうすっかり初夏ですが、俳句投稿はまだ暫く春の季語になります。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

Tomorrow never knows(1966年)は、ジョン・レノンの曲で 
DNAを修復するといわれるソルフェジオ周波数 528Hz コード「だけ」で作られたもの。
DNAを修復したいので、これから夫の不在のあいだ毎日聴こうと思ってます。
同じリバプール生まれで、夫はジョンの物真似が得意。

The Beatles- Tomorrow Never Knows Legendado







by mariko789 | 2017-05-16 15:54 | olympus OM-D E-M5 | Trackback | Comments(20)

春の雪 ② :俳句


眼帯に花びらめきて春の雪 
(がんたいにはなびらめきてはるのゆき)


f0053297_14161827.jpg


◇ 季語: 春の雪(はるのゆき)、春雪、春吹雪 【春】 ・天文  
   ※ 立春を過ぎてからの雪。北国では当然のことながら、
     大都会の春の雪には華やぎも感じられる(by 角川必携季寄せ) 


◇ テキストブック「NHK俳句」2017年5月号  堀本裕樹選 佳作 

Thank you very much!
. 
ジジ思う 魔法のねたか スマホとは、  yamaoji.
まだ咲かぬアジサイ見詰め蝶の真似     詩楽麿
マテバシイ傷を覆うや瘡蓋の
    タバコの擦り痕涙止まらず      詩楽麿 

◇ 画像はロンドンの公園にて。蔵出しです。 

◇ 日本はGWの真っ最中ですね。お仲間の皆さま、どうか楽しい連休をお過ごしになれますよう。
 







by mariko789 | 2017-05-01 14:18 | olympus OM-D E-M5 | Trackback | Comments(20)

春の風 ④ :俳句


塀を越えくる春風と泥棒と
(へいをこえくるはるかぜとどろぼうと)

f0053297_14392998.jpg


◇ 季語 : 春風(はるかぜ、しゅんぷう)、春の風  【春】 ・天文
   

◇ 愚陀佛庵インターネット俳句会  2017年04月03日発表(2017年02月投句分) 特選(汝火原マリ)
  八木館長のアート付きの選評を頂きました。とっても嬉しいです!
  選評に「春風のマイナス」とありますが、「春風のプラス」の誤打と思います。

f0053297_14404347.jpg
 

◇ 写真はスペインの住宅街にて。




切れ切れに三週間にわたった義兄の引越が終り、お手伝いも終了。やっと一息です。
今日はフランスの選挙。欧州全体にひびく選挙で、目が離せません。







by mariko789 | 2017-04-23 14:49 | olympus OM-D E-M5 | Trackback | Comments(16)

春の風 ③


大仏の胎内まろし春の風
(だいぶつのたいないまろし はるのかぜ)

f0053297_22031987.jpg



◇ 季語 : 春の風(はるのかぜ)、春風  【春】 ・天文 
   
◇ 画像は以前鎌倉で。大仏さまの胎内拝観、良き思い出です。
     ・大仏胎内拝観時間 午前8時~午後4時30分(通年)
               入場は閉門10分前まで(拝観料20円)


◇ 現代俳句協会インターネット俳句会 2月/汝火原マリ
  高得点により、網野月を様より過分な講評を頂き、感謝しております。


◇ 「春の風」は好きな季語で、このブログへの投稿も三度目になりました。







by mariko789 | 2017-03-25 22:02 | Sony Cyber-shot G | Trackback | Comments(2)