always over the moon

タグ:冬 ( 173 ) タグの人気記事

初時雨(はつしぐれ) :俳句


洋上のグリューワインや初時雨 中原久遠
(ようじょうのグリューワインやはつしぐれ)



f0053297_07520989.jpg

◇ 季語: 初時雨 【冬】 ・天文

◇ RNB南海放送ラジオの番組 「夏井いつきの一句一遊」
  兼題:初時雨 11月9日(金曜日)に採って頂きました。

  ラジオが聴けない私は、
  聞き書きの皆さまによる「落書俳句ノート」で楽しませて頂いてます。 

◇ グリューワインというのは、ホットワインのことです。

◇ 久々の【一句一遊】への投句でした。今年三回めの投句。
  まさか金曜とは思っていなかったので、水曜・木曜の結果をみて、没ったと思っていました。ラッキー!

◇ 写真は、スペインの「ダリ美術館」にて。少しペン画加工を施しています。




[PR]
by mariko789 | 2018-11-12 08:00 | Canon PowerShot SX50 | Trackback | Comments(34)

寒禽(かんきん) :俳句


寒禽やしやぼん剃刀蒸しタオル
(かんきんやしゃぼんかみそりむしタオル)

f0053297_14050724.jpg



f0053297_20315928.jpg


◇ 季語: 寒禽(かんきん)  【冬】 ・動物

◇ テキストブック「NHK俳句」2018年3月号 今井聖 選 兼題「寒一切」 佳作(中原久遠)

◇ 1枚目の画像は2月19日 バルセロナ動物園にて。 2枚目の鳥の足跡は27日 庭にて。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



f0053297_14074955.jpg


27日の朝、目覚めて外を見たら一面の雪景色になっていました。5cmは積もっていたかな。
リヴァプールは沿岸で、気温が低くても滅多に雪は降らないので、意表を突かれました。
天気予報に拠りますと、明日・明後日はもっと雪が降るそうです。



本日(28日)の早朝に、夫が赴任先へ発ちました。
昨日の雪は半分とけましたが、パリの空港周辺では積もっているのでは。
乗り継ぎのパリで、またもや足止めになるのではと危惧しています。
彼が無事に赴任先に到着しますように。
これから先、北半球の寒冷化が進むにつれ、冬の欧州への旅はトラブルが多くなりそうです。








こーるどふぉとこんてすと



[PR]
by mariko789 | 2018-02-28 14:12 | Canon PowerShot SX50 | Trackback | Comments(38)

凍鶴(いてづる) :俳句


凍鶴の水面にアナスタシアの眸
(いてづるのみなもにアナスタシアのめ)


f0053297_14522894.jpg

◇ 季語: 凍鶴(いてづる)  【冬】 ・動物

◇ テキストブック「NHK俳句」2018年3月号 夏井いつき選 兼題「凍鶴」 佳作(中原久遠)

◇ 画像は、スペインの「ダリ博物館」の宝石館にて、この20日に撮ったばかり。
  句を作ったのは12月で、全くの偶然なのですが、我ながらマッチしていると思う。
  ダリ博物館については、また後日くわしく書きますね。

◇ 今月一杯は夫がいて忙しくしています。今日は雨でなければ姑のお墓参りに行く予定。
  お仲間の皆さま、また宜しくお願いいたします。





[PR]
by mariko789 | 2018-02-23 14:56 | olympus OM-D E-M5 | Trackback | Comments(42)

氷柱(つらら)③ :俳句


ポシェットのなかの氷柱が泣きやまぬ
(ポシェットのなかのつららがなきやまぬ)

f0053297_15171189.jpg

季語: 氷柱(つらら)  【冬】 ・地理

◇ テキストブック「NHK俳句」2018年2月号 高柳克弘選 兼題「氷柱」 佳作(中原久遠)

◇ 画像は蔵出しで、ハンガリーの自宅の庭にて。久々に文字を入れて、写真俳句風にしてみました。
  ぶりっ子の句で、恥ずかしい! 皆様から袋叩きにされそう。。



☆_____________☆____________☆_____________☆



このところ日本に強い寒波が来ているそうで、お仲間の皆様、寒さ対策に怠りなく!
東京の噴水が凍っている様子をTouTubeで見ましたが、私はあんなの見た記憶がありません。
こちらは現在(午前6時)5℃で、東京より暖かいのではないでしょうか。

先日、スーパーマーケットに行ったら、青果売場の棚がスカスカでした。
この気候では値上がりは仕方がないにしても、品薄はそら怖ろしい。
少し保存食品を買いだめしておこうと思ったのですが、
なぜか冷凍食品のショーケースも、ところどころ穴があいたように空白でした。

個人的には、あと12日で夫が帰ってくるのですが、
赴任地では最近インターネットが滅多に繋がらないそうで、彼の調べ物の手伝いに追われています。

今が冬のピークでしょうか。お仲間の皆様、どうか暖かくしてお過ごしくださいませ。



[PR]
by mariko789 | 2018-01-26 15:21 | olympus OM-D E-M5 | Trackback | Comments(32)

大年(おほどし)


大年や行く手の空が割れてゐる
(おおどしや ゆくてのそらがわれている)


f0053297_15342424.jpg


◇ 季語: 大年(おほどし),大晦日(おほみそか),大三十日(おほみそか),大つごもり 【冬】・時候

◇ 画像は今回のスペイン旅行にて撮影。

◇ 句は今さっき3分で作ったものです。お見逃しください!
  

お仲間の皆さま、本年中はたくさんのコメントや励ましのエールを頂き、有難うございました。
新年もかわらぬお付き合いを宜しくお願いいたします。

我家は来年はまたもや引越の予定ですが(たぶん夏)まだ行く先の国どころか、欧州かアジアかも決まっていません。
夫と私の意見も割れに割れています。5月までには何が何でも決めなければ。

皆さまもどうか健康で良き新年をお迎えください。
新年は4日より更新をいたします。





[PR]
by mariko789 | 2017-12-31 15:46 | olympus OM-D E-M5 | Trackback | Comments(30)

鹿


鹿を撫づ腰までおほふ銀の髪
(しかをなづこしまでおおうぎんのかみ)


f0053297_15452019.jpg


◇ 季語: 鹿  【秋】 ・動物

◇ テキストブック「NHK俳句」2018年1月号 夏井いつき選 兼題「鹿」 佳作(中原久遠) 

◇ 「鹿を撫づ」で切れをいれるか、「鹿撫づる」で一句一章にするか悩んだ末、結局この形に。
   ファンタジー系の句で全く自信がなく、採って頂いてラッキーでした。 
   鹿に象徴される美青年と、妖しく美しい老女のふれあい。そんなイメージで。


※ 英国は連日の悪天候で内陸部は大雪に見舞われ、ニュースでは飛行機の相次ぐ欠航を報じています。
  うちのほうは沿岸なので雪は降らず冷たい雨と風ばかり。
  日本の皆さまも風邪などひかぬよう、ご用心くださいませ。







[PR]
by mariko789 | 2017-12-29 15:54 | olympus OM-D E-M5 | Trackback | Comments(20)

冬の川


物として浮かぶ兵士や冬の川 
(ものとしてうかぶへいしやふゆのかわ)

f0053297_17124639.jpg

f0053297_17142691.jpg



◇ 季語: 冬の川  【冬】 ・地理

◇ RNB南海放送ラジオの番組 「夏井いつきの一句一遊」
  兼題:「川」12月15日(金曜日)に採って頂きました。
  ラジオが聴けない私は、聞き書きの皆さまによる「落書俳句ノート」で楽しませて頂いてます。感謝!
 
◇ 画像(上)は、プラハの冬の川。 (下)は、リヴァプールの街にある碑。





[PR]
by mariko789 | 2017-12-27 17:18 | olympus OM-D E-M5 | Trackback | Comments(16)

重ね着(かさねぎ)② :俳句



明日ある身 虹のごとくに重ね着す
(あすあるみ にじのごとくにかさねぎす)

f0053297_16180318.jpg


◇ 季語: 重ね着(かさねぎ) 【冬】 ・人事(生活)

◇ 予定どおり20日にスペインから帰ってきました。夫も私も元気です。
  ご心配、そしてお見舞いのメッセージをありがとうございました。

  スペインでは一枚も気に入った写真を撮れなかったのですが、
  駄句をいくつか作りました。
  今回の投稿の句も、そのうちの一つです。
  
◇ 写真は昨日撮影、リヴァプールの街のクリスマス・バザールにて。
  今日はクリスマス・イヴ、明日は世界中が好天に恵まれますように。。


Merry Xmas everyone




More(続きを読む)
[PR]
by mariko789 | 2017-12-24 16:36 | olympus OM-D E-M5 | Trackback | Comments(28)

狐火(きつねび)② :俳句


狐火や愛する人の眼に少年
(きつねびやあいするひとのめにしょうねん)

f0053297_00513667.jpg



◇ 季語: 狐火(きつねび) 【冬】 ・地理
  冬の夜、山野で青白い火が見えることがあり、昔はキツネが燃やす火だと信じられていた(by 角川季寄せ)


◇ 愚陀佛庵インターネット俳句会  2017年02月24日発表(2017年01月投句分) 特選(汝火原マリ)
  八木館長のアート付きの選評を頂きました \(^ ^)/

f0053297_00541062.jpg


◇ 愚陀佛庵インターネット俳句会は、兼題はありません。毎月末締切。一人三句まで。



◇ 画像は、プラハ動物園の、ワオキツネザル。キツネ繋がりで、選んでみました。


◇ 旅行中に結果発表になったネット句会の参加句が溜まってしまいました。ぼちぼち投稿します。
  明日から歯医者に通う羽目になってしまったりで、コメント欄は閉じています。


 






[PR]
by mariko789 | 2017-03-07 01:00 | olympus OM-D E-M5 | Trackback

風花(かざはな) :俳句


風花のパリの広場の火炎瓶
(かざはなのパリのひろばのかえんびん)


f0053297_17122653.jpg


◇ 季語: 風花(かざはな)、かぜはな 【冬】 ・天文
・冬晴れの日に、青空から舞い落ちる雪片。「雪催」と混同しないよう注意したい(by 角川必携季寄せ)


◇ テキストブック「NHK俳句」2017年3月号  堀本裕樹選 佳作 

◇ 画像はこちらから(2017年02月16日 英語の記事です)

◇ コメント欄は閉じています。
  26日の旅行前にもう一回投稿しますので、コメントを下さる方は次回にお願い致します。


フランスといえば気になるのが、4月(第一回)5月(第二回)に控えた大統領選挙です。
難民・移民の流入規制、EU離脱を旗印にしている極右政党「国民戦線」の
マリーヌ・ルペン氏の票がどこまで伸びるのか。それとも保守が逃げ切るのか。
世界の歴史は統合と分裂を繰り返してきてをり、長き統合の時代から分裂の時代に入ってきたような気がします。
いずれにせよ、フランスの人々が賢明な大統領を選び、昔のような「花のパリ」が戻ってきますように。。









[PR]
by mariko789 | 2017-02-22 17:27 | collaboration | Trackback