always over the moon

タグ:写真 ( 392 ) タグの人気記事

鳥など @バンコク


一昨日の晩、浅田次郎著の「地下鉄に乗って」にのめりこみ、読み終わったら昨日の午前2時半になっていました。
枕元のうす暗いスタンドだったせいか、一晩で視力が衰えました。
宮部みゆき著の「火車」もページをめくる手を止められなかった。面白すぎる本はあかん。
小説は古本屋で購入。安いので懐を痛めず幾らでも買えてしまう。あかん。


二年近く使わなかったニコンP510、生存確認のために何枚か撮ってみました。
すっかり撮り方を忘れていて、あれ?あれ?みたいな。
そうそう、ズームが得意なカメラなのでした。
1)仲秋の名月の翌晩の月。晴れた晩で、ベランダから。トリミングしました。

f0053297_14084263.jpg
.
追記: 2013年 7月24日 同じNikon P510で撮ったハンガリーの満月(モノクロにしています)
    アジアの月とヨーロッパの月。違いますよね。 

f0053297_21320507.jpg



More (続きを読む)
[PR]
by mariko789 | 2018-10-11 08:08 | Nikon coolpix P510 | Trackback | Comments(32)

カサ・ビセンス(Casa Vicens)② @バルセロナ


2月に行った、カサ・ビセンス。アントニオ・ガウディの初期の建築です。
2005年にユネスコの世界遺産に登録されました。
前回の続きで、今回は建物内部です。


5)部分的に開閉できるテラスというか、、なんとも不思議な空間です。
  掃除や手入が容易ではないと思いますが。。

f0053297_23595229.jpg



More(続きを読む)
[PR]
by mariko789 | 2018-07-16 00:15 | olympus OM-D E-M5 | Trackback | Comments(26)

カサ・ビセンス(Casa Vicens) @バルセロナ


2月に行った、カサ・ビセンス。アントニオ・ガウディの初期の建築です。
2005年にユネスコの世界遺産に登録されています。


1)外観の一部です。ほかのガウディの建築とは大いに趣きが異なります。
  私は東洋的な色彩が濃いと思いました。中国や日本の影響を感じます。
 
f0053297_17475176.jpg


More(続きを読む)
[PR]
by mariko789 | 2018-07-12 17:59 | Canon PowerShot SX50 | Trackback | Comments(33)

CosmoCaixa @バルセロナ


2月17日に行ったバルセロナの科学博物館です。
だいぶ日にちも経ってしまいましたが、ざっと記憶を辿ってみます。


1)朝一番で行きましたので、入館したときには人もまばらでした。

まだ新しい博物館で、どこもかしこもピカピカです。
 
f0053297_00493551.jpg



More(続きを読む)
[PR]
by mariko789 | 2018-06-17 00:57 | olympus OM-D E-M5 | Trackback | Comments(34)

ダリ劇場美術館 (3)  @フィゲラス(スペイン)


次第に忘却の彼方へ去ってゆきそうなダリの館、ようやく最終回でございます。


 表情豊かなダリ。

  草間彌生さんもそうですが、自分自身がアートと化してしまった稀な例ではないでしょうか。

f0053297_01141198.jpg



More(続きを読む)
[PR]
by mariko789 | 2018-06-09 01:24 | olympus OM-D E-M5 | Trackback | Comments(40)

ダリ劇場美術館 (2)  @フィゲラス(スペイン)


だいぶ間があいてしまいましたが、前回の続きです。


⑫ 広い展示室に離して置かれた鼻、唇、目の額。

  もっと遠くからみるとブロンドの髪も見えて、マリリン・モンローのような美女が現れる仕組。
  アイディアというよりトリックかしら。

f0053297_01273031.jpg



More(続きを読む)
[PR]
by mariko789 | 2018-06-05 01:33 | olympus OM-D E-M5 | Trackback | Comments(34)

ダリ劇場美術館(1) @フィゲラス(スペイン)


Salvador Dali(1904年5月11日 - 1989年1月23日)は、スペイン、フィゲラスの出身。 
絵画に彫刻に宝石のデザインにも、シュルレアリスムの代表的な作家として大きな才能を発揮しました。 
彼の作品の集大成ともいえる、フィゲラスの「ダリ劇場美術館」を訪ねてみました。

2018年2月20日。バルセロナのサンツ駅からrenfe(特急列車)に乗って1時間、フィゲラスへ。
駅から美術館へは少し離れていますが、駅前からバスに乗り5分で到着しました。

① 外観です。卵を冠したピンク色の建物。これぞサルバドール・ダリ。のっけからヤラレター!

f0053297_01144590.jpg



More(続きを読む)
[PR]
by mariko789 | 2018-04-13 01:37 | olympus OM-D E-M5 | Trackback | Comments(35)

凱旋門・コロンブスの塔・ビーチ @バルセロナ



① 凱旋門。パリの凱旋門が有名ですが、バルセロナにもありました。
 
f0053297_13332284.jpg



More(続きを読む)
[PR]
by mariko789 | 2018-04-11 13:43 | Canon PowerShot SX50 | Trackback

サンタ・エウラリア大聖堂 @バルセロナ



バルセロナで最も格式が高くゴシック地区のシンボルでもあるカテドラル(大聖堂)です。
正式名称は La Catedral de la Santa Creu i Santa Eulalia
13世紀の終りの建設着工から、落成の1450年まで、150年もの建築期間。驚きますね。
観光客対象というより、地元の教徒のための聖堂と思います。

① 聖堂の中。
静かにお祈りをしている方々もいるので、邪魔にならぬようそっと撮影。
 
f0053297_14405209.jpg



More(続きを読む)
[PR]
by mariko789 | 2018-04-10 14:53 | olympus OM-D E-M5 | Trackback

カサ・ミラとカサ・デ・ラス・プンシャス @バルセロナ

 

以前「カサ・バトリョとカサ・アマトリェール」の投稿をしたのを覚えていらっしゃるでしょうか。
カダファルクの「カサ・アマトリェール」はチョコレート王の家でした。
今回も前回と同じ二人の建築家の設計です。 

① 世界遺産のカサ・ミラ。
ガウディの設計した建築物のなかでも、その波打つような優美さで人気が高い。
中には入らず、外からだけ撮りました。

f0053297_00580822.jpg


More(続きを読む)
[PR]
by mariko789 | 2018-04-09 01:06 | Canon PowerShot SX50 | Trackback | Comments(36)