always over the moon

タグ:俳句 ( 696 ) タグの人気記事

金縷梅(まんさく): 俳句


金縷梅の地上のもつれ縺れゐよ
(まんさくのちじょうのもつれ もつれいよ)

f0053297_15204061.jpg



◇ 画像の金縷梅をプラハ動物園で撮って以来、いつか金縷梅を詠みたいと思っていたのでした。
  句会の入選句ではありません。日記に書いている句のうちの一つです。
  
◇ 「地上のもつれ」は「痴情の縺れ」のもじりです。
   痴情の縺れは避けたいですが、まんさく君の縺れは見て楽しい♪

◇ 「ゐよ」は「居る」の命令形です。



3月26日(日曜日)はこちらの「母の日」で、それに先駆けて24日に墓参に行き、気持がしゃきっとしました。
リビングに「母の日」のカードも飾りました。
日本人の私は、亡くなった義母にカード?と思いましたが、日本人が仏壇に食べ物を供えるのと同じなのでしょうね。
英国はカードの国。所変われば品変ります。







[PR]
by mariko789 | 2017-03-30 15:26 | olympus OM-D E-M5 | Trackback | Comments(24)

桜湯(さくらゆ)


桜湯の香りのほうへ赤子の瞳
(さくらゆのかおりのほうへあかごのめ)


f0053297_15201981.jpg


◇ 季語 : 桜湯(さくらゆ)  【春】 ・生活(人事)
   

◇ 現代俳句協会インターネット俳句会 2月/汝火原マリ


◇ 画像はハンガリーで撮ったものです。









[PR]
by mariko789 | 2017-03-29 15:21 | olympus OM-D E-M5 | Trackback | Comments(2)

春の風 ③


大仏の胎内まろし春の風
(だいぶつのたいないまろし はるのかぜ)

f0053297_22031987.jpg



◇ 季語 : 春の風(はるのかぜ)、春風  【春】 ・天文 
   
◇ 画像は以前鎌倉で。大仏さまの胎内拝観、良き思い出です。
     ・大仏胎内拝観時間 午前8時~午後4時30分(通年)
               入場は閉門10分前まで(拝観料20円)


◇ 現代俳句協会インターネット俳句会 2月/汝火原マリ
  高得点により、網野月を様より過分な講評を頂き、感謝しております。


◇ 「春の風」は好きな季語で、このブログへの投稿も三度目になりました。







[PR]
by mariko789 | 2017-03-25 22:02 | Sony Cyber-shot G | Trackback | Comments(2)

薄氷(うすらい)④


薄氷や二人を隔つギムレット 
(うすらいや ふたりをへだつギムレット)



f0053297_15580806.jpg



◇ 季語: 薄氷(うすらい、うすごおり) 【春】 ・地理  
 
◇ テキストブック「NHK俳句」2017年4月号  堀本裕樹 選 佳作 

◇ 【カクテルのギムレット】
起源:1890年頃、イギリス海軍の軍医であったギムレット卿が、艦内で将校に配給されていたジンの飲み過ぎを憂慮し、健康維持のためにライム・ジュースを混ぜて飲むことを提唱したことが起源とされている。他に、ギムレット(gimlet)が錐の意であることから、その味の突き刺すような鋭いイメージから命名されたという説もある。 作り方:ジン (全量の)3/4, ライム・ジュース (全量の)1/4 (by wikipedia)


◇ 「薄氷」は好きな季語で、このブログに投稿したものだけでも4句めになりました。

◇ 画像はスペインにて。 コメント欄は閉じております。







[PR]
by mariko789 | 2017-03-22 16:07 | olympus OM-D E-M5 | Trackback | Comments(0)

ものの芽 ② :俳句


育ちゆく女の勘とものの芽と
(そだちゆくおんなのかんともののめと)


f0053297_15573455.jpg



◇ 季語: ものの芽 【春】 ・植物 (初春の、植物の芽)
 

◇ テキストブック「N●K俳句」2017年4月号  夏井いつき選 佳作 
  久々に組長に採って頂きました\(^ ^)/

◇ 画像はブダペストの動物園にて。 

 
   







[PR]
by mariko789 | 2017-03-21 16:01 | olympus OM-D E-M5 | Trackback | Comments(0)

花の雨 :俳句


花の雨人妻として再会す
(はなのあめ ひとづまとしてさいかいす)



f0053297_17434306.jpg



◇ 季語 : 花の雨(はなのあめ) 【春】 ・天文 
   

◇ 画像は以前ハンガリーの「桜まつり」で撮ったもの。


◇ 現代俳句協会インターネット句会 2月/汝火原マリ 


 







[PR]
by mariko789 | 2017-03-15 17:42 | Nikon coolpix P510 | Trackback | Comments(0)

春の雨 ② :俳句


髪あげてうなじに匂ふ春の雨
(かみあげてうなじににおうはるのあめ)

f0053297_01293533.jpg


◇ 季語 : 春の雨(はるのあめ)、春雨  【春】 ・天文 
   
◇ 画像は以前撮ったもの。

◇ 現俳協インターネット句会 2月/汝火原マリ 

 






[PR]
by mariko789 | 2017-03-14 01:27 | olympus OM-D E-M5 | Trackback | Comments(0)

春ショール :俳句


 ずんずんと家路を逸れる春ショール
 (ずんずんといえじをそれるはるショール)


f0053297_15513768.jpg


◇ 季語: 春ショール  【春】 ・生活(人事)



◇ e船団 俳句クリニック 2017年03月01日発表  星野早苗ドクター :  佳作(俳号:汝火原)

 
◇ 「e船団俳句クリニック」は8名の専属ドクターが俳句を診断して下さいます。
  兼題なし。毎週、最多で五句まで投句可。日曜日締切。無料。海外から投句OK。
  10日後の水曜日に「今週の十句」として結果発表。ドクターに依っては、おまけの「佳作」「注目句」も有。
  ここに常連で入選なさっているお仲間の皆さまに拍手です。私もぼちぼち頑張ろう。


◇ 真っ直ぐ家には帰りたくない。ルーテーィンを破って、知らない場所に踏み込んでみたい。春だから。
  画像は、スペインのベニドルムにて。コメント欄は閉じております。








[PR]
by mariko789 | 2017-03-12 16:02 | olympus OM-D E-M5 | Trackback

狐火(きつねび)② :俳句


狐火や愛する人の眼に少年
(きつねびやあいするひとのめにしょうねん)

f0053297_00513667.jpg



◇ 季語: 狐火(きつねび) 【冬】 ・地理
  冬の夜、山野で青白い火が見えることがあり、昔はキツネが燃やす火だと信じられていた(by 角川季寄せ)


◇ 愚陀佛庵インターネット俳句会  2017年02月24日発表(2017年01月投句分) 特選(汝火原マリ)
  八木館長のアート付きの選評を頂きました \(^ ^)/

f0053297_00541062.jpg


◇ 愚陀佛庵インターネット俳句会は、兼題はありません。毎月末締切。一人三句まで。



◇ 画像は、プラハ動物園の、ワオキツネザル。キツネ繋がりで、選んでみました。


◇ 旅行中に結果発表になったネット句会の参加句が溜まってしまいました。ぼちぼち投稿します。
  明日から歯医者に通う羽目になってしまったりで、コメント欄は閉じています。


 






[PR]
by mariko789 | 2017-03-07 01:00 | olympus OM-D E-M5 | Trackback

真っ青な地中海 @スペイン


スペインから帰ってきました。
リバプールのジョン・レノン空港から、スペインのアリカンテ空港へ。

2月26日  小ワイン四本ならべ機内ぬくし (空港はむろん、機内でも飲み始めた夫)
       残雪をかぶりピレネー山脈は (機窓から、長さ約430 kmの褶曲山脈を眺める。絶景!)
       春塵や砂の大地に着陸す   (中東の土地とよく似ている)

宿泊地は、空港からバスで約1時間、ベニドルム(Benidorm)というリゾートでした。

       紅梅のつらなり過ぎるハイウエイ (春らんまん)
       岩山の雑木芽吹くや砂の町    (岩だらけ、砂だらけでも逞しく育つ木々)

下の画像は宿泊したホテル。部屋は8階。ベランダから海が見えました。
プールはさすがに人っ子一人居ず。バスルームにビデがあるのは、やっぱりスペイン。英国にはなし。

f0053297_14341439.jpg

ベニドルムは、摩天楼のならぶビーチ。世界でも有数の高層ビル地帯だそうです。
観光客は英国人が多く、日本人にとってのハワイみたいなのかな。 



f0053297_14501744.jpg

地中海は真っ青でした。場所によってはエメラルドグリーンでもあり。
ビーチを散歩して、夜はタパスバーに行ってみました。
タパスというのは、小皿に盛った一品料理。その写真は次回に。

2月27日 朝東風やブッフェと冷えた白ワイン(朝食は白ワイン飲み放題でしたが、夫も慎ましく一杯のみ)
      同じ話繰り返す夫 春眠し (昼間から酔っ払ってしつこい夫)
      泥酔の夫のいびきや春怒濤 (昼寝の夫のいびき)

2月28日 大くしゃみして起きあがる酔っ払い(朝4時から6時までウイスキー、そのあと2時間寝て起きた夫)
      酔いどれと道に迷って春暑し (外へ出れば、必ず道に迷う)
      席ゆずりよろめく夫や目借時 (車内にて。子連れの美女に席を譲って、倒れそうになった夫)

長くなったので、旅の後半は次回に。
泥酔して、服も一人では着れない、まともに歩けない、喋れない、そんな夫に付き添って途方に暮れた6日間。









[PR]
by mariko789 | 2017-03-05 15:07 | olympus OM-D E-M5 | Trackback | Comments(26)