always over the moon

寒し :俳句


火葬場の四本きりの箸寒し 中原久遠
(かそうばのよんほんきりのはしさむし)     

f0053297_19115104.jpg


◇ 季語: 寒し【冬】 ・ 時候

◇ RNB南海放送ラジオの番組 「夏井いつきの一句一遊」
  兼題:本  12月14日(金曜日)に採って頂きました。
 
  ラジオが聴けない私は、
  聞き書きの皆さまによる「落書俳句ノート」で楽しませて頂いてます。
 
◇ 『本』のお題は、「夏井いつきの おウチde俳句」という本の出版にちなんで。

◇ 今年四回目の【一句一遊】への投句。
  年四回参加の目標を達成できました。採って下さった組長に感謝です。
  来年も細々とでも参加し続けよう。

◇ 写真はハンガリーにて。知人に見せて頂いた中国の書籍の挿絵を加工しました。



俳句というのは不思議なもので、自分では空想で作ったつもりの句が、
あとで読み返してみると、「あ、あのときの状況だ」と思い当たることが多々あります。
この句もまさにそう。

もう随分遠い昔になりましたが、伯母が亡くなったとき。
独身で他に身寄りもなかった伯母を看取ったのは、姉と私でした。
斎場で焼きあがった骨を姉とぽつぽつと拾ったときの、あのなんともいえない切なさ。
伯母は少し預金を遺していたので、その骨壷は姉が永代供養に預けたのでした。

拾えるほど骨を遺して火葬するのは、日本特有かもしれませんね。
とはいえ、日本でも散骨が増えてきているとのこと。
日本でも、英国のように、骨が粉末になるまで焼いてもらう選択もできるのでしょうか。
散骨は粉末にしなければならないそうで、手で骨を砕くのは辛い作業と思う。

 




# by mariko789 | 2018-12-19 19:18 | Nikon D80 | Trackback | Comments(33)

土星なのか?( やっぱり金星か)@バンコク


もう一ヶ月くらい前から、ずっと気になっている件。
明け方、4時~5時くらいの間に、巨大な星が見える。
今までの長い人生、月や星を眺めるのが好きで、コンスタントに見てきましたが、
これほど巨大な星を見るのは、生れて初めてです。
数個の星が寄り添い合って見えるのですが、そうではなくて、土星なのか?と昨日の朝、思いました。
検索しまくって、そうではないかと達した結論。
土星の環の両側が光っているのが、複数の星が寄り集まって見えるのでは、と。

大きさを判って頂く為、月と一緒に撮りました。
普通の星の大きさではありません。巨大すぎる。
1枚目の、月と巨大な星の間に小さく写っているのは金星ではないかと思います。

f0053297_08372564.jpg

f0053297_08380244.jpg

f0053297_08381905.jpg
 

しかし、土星が肉眼でこれほど大きく見えるでしょうか。
また、月が見えない曇り空でも、ハッキリ見えるときがあります。
もしかして地球との距離が、月よりも近いのかしら。
時間の経過とともに、下から上へ移動してゆきます。
他の星は、月がこの大きさに写るときは、見えるか見えないかの点にしか写りません。
念のため。ビルの灯や飛行機、UFOでもありません。
近日中に、ずっと使ってないキャノン(もっとズームが効く)でも撮ってみよう。

追記: 今さっきドイツの星歌さんの写真を拝見して、やはり金星かも、と思います。
    こんなに金星が大きく見えるなんて、、びっくりです。

※ 俳句のお仲間へ。。下に俳句関連の記事も投稿しております。





# by mariko789 | 2018-12-13 08:45 | Nikon coolpix P510 | Trackback | Comments(32)

おウチde俳句 夏井いつき著


『夏井いつきの おウチde俳句』朝日出版社 
に、掲載して頂きました。掲載ページはこちらです。

f0053297_08265305.jpg

   白妙の蚊帳へいびきの夫を捨つ 久遠
  (しろたえのかやへいびきのつまをすつ)

泥酔して寝ているときは特に、いびきがうるさい。

なにかとお世話になっている小野更紗さんの句と隣あわせに載せて頂き嬉しさ一入。
かま猫さんの句もユーモアがあっていいですね!
他にもお仲間の秀句が盛り沢山掲載されていて、個人的にも記念の一冊になりました。

拙句はほかに、以下の2句を秀作として掲載して頂きました。

  月光の便座厭離の父を嵌む(げっこうのべんざ おんりのちちをはむ)

  花の外へ小さき柩を送りだす(はなのとへ ちさきひつぎをおくりだす)

わけあって外へ出られない方でも、俳句はできるという、夏井組長の愛あるコンセプトでの一冊。
「第一回 おウチde俳句大賞(賞金20万円) 締切19年2月28日」の応募葉書付きです。

※ ご自分の投句が掲載されているかどうか、知りたい方はコメント欄にどうぞ。
  非公開コメントもできますよ。


角川「俳句」11月号・12月号も購入しました。
鈴木牛後さんの角川俳句賞受賞の記事、同じいつき組ということもあり、拍手喝采。

こうして欲しい本が手に入る、バンコクへ越してきて良かったことの一つです。
今までは通販で定価の2~3倍を払うのも口惜しくて、なかなか手が出ませんでした。
バンコクの紀伊國屋さんで取り寄せてもらった場合、定価の4割増し前後で買えます。
ちなみに「おウチde俳句」の定価は ¥1680+税。
紀伊國屋バンコク価格は 692バーツ(現在のレートで換算=¥2398) 4割程度しか違いません。




# by mariko789 | 2018-12-13 08:33 | olympus OM-D E-M5 | Trackback | Comments(12)