always over the moon

カサ・ビセンス(Casa Vicens)② @バルセロナ


2月に行った、カサ・ビセンス。アントニオ・ガウディの初期の建築です。
2005年にユネスコの世界遺産に登録されました。
前回の続きで、今回は建物内部です。


5)部分的に開閉できるテラスというか、、なんとも不思議な空間です。
  掃除や手入が容易ではないと思いますが。。

f0053297_23595229.jpg



More(続きを読む)
[PR]
# by mariko789 | 2018-07-16 00:15 | olympus OM-D E-M5 | Trackback | Comments(26)

カサ・ビセンス(Casa Vicens) @バルセロナ


2月に行った、カサ・ビセンス。アントニオ・ガウディの初期の建築です。
2005年にユネスコの世界遺産に登録されています。


1)外観の一部です。ほかのガウディの建築とは大いに趣きが異なります。
  私は東洋的な色彩が濃いと思いました。中国や日本の影響を感じます。
 
f0053297_17475176.jpg


More(続きを読む)
[PR]
# by mariko789 | 2018-07-12 17:59 | Canon PowerShot SX50 | Trackback | Comments(33)

ほうたる(蛍):俳句


ほうたるや首輪遺せる軍用犬  くをん
                (ほうたるや くびわのこせるぐんようけん)

f0053297_04010921.jpg

◇ 季語: 蛍(ほたる、ほうたる) 【夏】・動物

◇ 遺せる=古語で、「遺している」というほどの意味で使いました。

◇ 俳句生活(夏井いつき選)6月兼題『蛍』 人選

◇ 英米の軍用犬は、お勤めが終了すると殺処分になるケースが多いそうです。
  戦場では大いに活躍した利発な犬でも。
  特殊な訓練を受けた犬たちなので、一般家庭で飼うのは難しいとしても、人間の身勝手さを残念に思います。
 
◇ 画像は6月初旬に撮った、リバプールの道路に面した草地。ヒナゲシが群生していました。
  イギリスでは、戦没者への哀悼を象徴する花はヒナゲシ。
  戦争関連の記念日には、国民はヒナゲシの造花を胸に付けます。
  軍人のお墓にもヒナゲシの花輪を供えるのがしきたりなのです。
  画像の左端に添えたのは、イギリス空軍のメダル。

 
_________________________________________________

【日記】

西日本の大雨災害。YouTubeで切れ切れの映像を見ては、茫然としています。
俳句のお仲間の多い四国(母の故郷でもあり)、関西、広島、九州、、
皆さまのご無事を心から願っております。

一方、こちらリバプールは暑い日が続いており、冷房のない家とあって、パソコンの過熱が激しくダウン寸前。
小さな扇風機をデスクに置き、早朝と夜遅くに辛うじて使っています。
この異常な天候で、農作物にも影響がでてきているそうな。





[PR]
# by mariko789 | 2018-07-09 04:15 | Sony Cyber-shot G | Trackback | Comments(26)