always over the moon

消えていたホアヒンの銀行口座

 
4月26日、バンコクからバスで走ること4時間、南のリゾート地、ホアヒンへ移動。 
ここにはかつて住んでいて、B銀行の口座をもっていた。
最後にその口座から現金を引き出したのは2013年の春。5年の歳月が流れていた。
残高はたしか1000バーツ前後だったと思う。もう二度と使わないとは思ったものの、ゼロにはせずにおいたのだ。

8月に私の長期滞在ビザを申請するにあたり、タイの銀行口座に3ヶ月間、80万バーツの預金残高が必要。
ホアヒンの口座が生きていれば、イギリスの銀行から、その口座に80万バーツを送ればよい。
今回は、80万バーツには遠く及ばないが、とりあえずそこそこの金額を入れておこう。
私と夫は、バッグに分厚い札束を隠し持ち、くだんのB銀行へ赴いた。

「ソノ口座ハ、モウアリマセーン」

若い男性の銀行員は、私と夫の共同名義の通帳番号をパソコンでチェックし、ビジネスライクに言い放った。

「どうにかなりませんか? 私、長期滞在ビザを取りたいのですが・・・」食い下がる私。

「ドウニモナリマセーン。新規ニ口座ヲ開クニハ、ビザノ申請ガ必要デス。法律、変ワリマシタ。」

「その申請をするのに、口座が必要なのでは・・・」

「イミグレニ行ッテ下サーイ」

どうしよう。一体どうすればいいのだろう。なんでこう、なにもかもスムースに運ばないのだろう。

f0053297_01493690.jpg
f0053297_01500468.jpg

ホアヒンまで来たのは無駄足だったけれど、大好きな海を見た。
馴染みだったショッピングモールのヘアサロンで髪を切り、8番ラーメンも食べた。
お寿司も食べた。夫はビールを浴びるほど飲んだ。
ま、いいか。なんとかなるさ。

残るミッションはもう一つ。バンコクに部屋を借りる件。
長期滞在ビザの申請をするにも、住所は必須に違いない。
8月から入居として、契約まで漕ぎ付けなければ。
バンコクでは5泊の予定。その間になにがなんでも部屋を決めねばならぬ。

予定どうりホアヒンで2泊し、バンコクへ移動する日、朝から豪雨に見舞われた。
道路はみるみる川のようになってゆく。あいかわらず、排水溝のシステムに問題があるのだ。

大雨なのに蒸し暑い。
しかし、がらがらのバスに乗ると冷房が効きすぎるほど効いていた。まるで冷蔵庫なみである。
鼻水がでてくる。くしゃみがでる。元々気管支が弱い私は、咳もでてくる。
嗚呼、ここで風邪なんかひいている場合じゃないのに・・・。
(次回、バンコクで部屋を借りるに続く)




[PR]
# by mariko789 | 2018-05-15 01:55 | Canon PowerShot SX50 | Trackback | Comments(28)

バンコクでロッカーを借りる @タイ

4月24日に我家を発って、バンコクに着いたのが25日。

空港近くのホテルにチェックインしたあと、休む間もなくバンコク市内の倉庫へと。
大きなスーツケース2個を持ち運ぶので、交通渋滞は承知の上でタクシーに乗り込む。

ホテルを出たのが午後3時半ころ。思ったとおりの渋滞で、車は動かず、
やっと市内に辿りついたものの、倉庫の場所が判らずタクシーは行ったり来たり。
(イギリスの自宅から、メールで住所を問い合わせたが返事がなかったのだ。)

タクシーを降りて、人に聞き聞き、歩き回り、やっと着いたときには午後5時半。
倉庫のオフィスは5時までで閉まっていました。

翌朝は早くから空港発のバスでホアヒンへ行くので、朝に出直すこともできず。
この大荷物を持ってホアヒンに行くのも耐えられない。


f0053297_14420120.jpg


進退窮まって、頭を抱えてしゃがみこむ夫。
どうにかしなければ!
ふとオフィスのドアを見ると、緊急連絡先の電話番号が記してある。
しかし私たちは携帯電話を持っていない。もちろん公衆電話もない。
ええい!当たって砕けろ!
目の前を歩いてゆく、スマホを手にした妙齢の美女に声をかける私。 
これこれしかじか・・・
英語だけれど、私の必死の形相と、指さす大荷物と、緊急連絡先の電話番号で、彼女は状況をわかってくれた。
彼女が電話をかけてくれると、それまで他人のフリをしていた夫がスマホを受け取り、電話の相手に窮状を説明。
30分後には、オフィスの子が来てくれることになったのだ。

過去にも何度も、困り果てたときに、タイの人たち(とくに女性)に助けてもらった。
今回の妙齢の美女も、せめて薄謝をと思ったのだが「マイペンラーイ(気にしないで)」と言って去っていった。

オフィスの女の子が来て、予約していた600バーツ/月のロッカーは空きがなかったが、
800バーツ/月のロッカーを借り、大荷物をロッカーに詰め込んだ。800バーツは、2500円くらい。
このロッカーの大きさは、半間の押入れの、やや高さに欠ける程度。
契約は4ヶ月間にして全額前払い、さらにデポジットの一カ月分、事務処理代も支払った。
詰め込んだ大荷物は、旅行の荷ではなく、引越の荷。故意に着てきた真冬のコートも含め、合計50kgにも及ぶ。

ようやくその日の予定を終了し、夫と二人、夜のバンコクへビール(私は水)を飲みに繰り出したのだった。
※ 次回、ホアヒンの「消えていた銀行口座」に続く。




[PR]
# by mariko789 | 2018-05-12 14:52 | Canon PowerShot SX50 | Trackback | Comments(36)

帰ってきました。


GWも終り、皆さま、日常生活に戻られたことと思います。
私の方はタイの旅行からイギリスに帰ってきました。
あと3日で夫が赴任先に発ちます。それまでバタバタしています。

f0053297_13060931.jpg

一昨日は、たんぽぽ畑になっていた庭の草刈り。
夫が機械を駆使して5時間も頑張ってくれました。
・・・が、一夜明けたらまた元気なたんぽぽが幾つか顔を出しています。

草刈り中に、ブラックバード(黒い小鳥)の死骸をみつけた夫、庭の隅に埋葬しました。
すると、どういうわけか10羽ものブラックバードが庭の上を旋回し始めたのです。
私は毎朝彼らに餌を撒いているのですが、これほど多くのブラックバードをいちどに見たのは初めて。
もしかしたら、あの旋回は彼らの葬儀だったのかもしれません。
「さようなら、おじいちゃん」みたいな・・・。
夫いわく、死骸は羽の乱れもなく、両足をきれいに畳んでいたそうな。
猫やカモメに襲われたのではないみたい。自然死だったのかな。

昨日は義父母の墓参に行く予定でしたが、咳がひどいので(夫も私も)8月に延期しました。
下の投稿のコメント欄が長くなってしまったので、更新しましたが、
中身のない投稿ですので、皆さま、コメントのお気遣いはなく。。

(写真はバンコクの夜景。ホテルのバルコンから。真ん中へんの黒い部分はチャオプラヤ川です)





[PR]
# by mariko789 | 2018-05-07 13:16 | Canon PowerShot SX50 | Trackback | Comments(34)