always over the moon

<   2018年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧

裏庭の雑草 @リバプール


1)たんぽぽが終ったあと、この花が裏庭いっぱいに咲いています。
  野菊の一種でしょうか。
  可愛くて好きなのですが、近日中に他の雑草と一緒に刈ってしまいます。

f0053297_17013961.jpg



More(続きを読む)
[PR]
by mariko789 | 2018-06-27 15:15 | olympus OM-D E-M5 | Trackback | Comments(36)

人参の花 :俳句


籠脱けの雄鶏と人参の花  久遠
                   (かごぬけのおんどりとにんじんのはな)

f0053297_00540916.jpg
【自句自解】人参の花は、収穫しないで放っておくと咲いてしまう花なのです。
そこで、原句は「農夫病み弾けはぢける花人参」でした。
ところがこれですと、「農夫病み」が原因で、「弾けはぢける花人参」が結果と、
因果関係を書いている。俳句では因果関係を書くのはタブーなのです。
そこで次に「床ずれや弾けはぢける花人参」とし、少し因果関係の度あいを薄めました。
次に、その農夫の家の庭を描写したのが「籠脱けの雄鶏と人参の花」。
農夫が病床なので、雄鶏は勝手に歩き回るわ、人参の花は咲いてしまうわ。。
この句には特別な意味はなく、ただの風景描写です。
「床ずれ」の句も投句しましたが没りました。やはり因果関係はダメなんですね。


◇ 季語: 人参の花  【夏】 ・植物

◇ RNB南海放送ラジオの番組 「夏井いつきの一句一遊」
  兼題:人参の花 6月13日(水曜日)に採って頂きました。
   
  ラジオが聴けない私は、
聞き書きの皆さまによる「落書俳句ノート」で楽しませて頂いてます。 
  最近、YouTubeでも聴けることが判り、これも嬉しい限り!
 
◇ 画像はタイのチェンマイ(ドイプイ)で撮ったもの。蔵出しです。

 
 

__________________________________


【日記】
三日前から、困惑している件。
二階の天井にある火災報知器が、30秒に1度ずつ「ピッ!」と鳴るようになってしまいました。
乾電池の交換時期なのかな。しかし天井なので椅子に乗っても届きません。
しかもそこは階段のすぐ横なので、万一椅子から転げると、階段から真っ逆さまに転落してしまう。
こわごわ椅子に乗って背伸びをし、火災報知器の蓋だけはひらきました。

f0053297_00580351.jpg
 
残念ながら、乾電池の入っているボックスを開けるには、あと10cm背が足りません。
夫なら楽勝なのですが、赴任中ですし。。

その音がですね、けっこう大きいのです。喩えるなら、鉄砲で撃たれた瞬間の鳥の悲鳴のような。
お隣にも聴こえるのではないかしら。いつ苦情がくるか、ひやひやしています。

乾電池が切れそうなわりには、いっこうに衰える気配もなく、甲高く鳴っていて。
果たしていつまで続くのでしょう。げんなり。。




[PR]
by mariko789 | 2018-06-22 01:03 | Nikon D80 | Trackback | Comments(38)

CosmoCaixa @バルセロナ


2月17日に行ったバルセロナの科学博物館です。
だいぶ日にちも経ってしまいましたが、ざっと記憶を辿ってみます。


1)朝一番で行きましたので、入館したときには人もまばらでした。

まだ新しい博物館で、どこもかしこもピカピカです。
 
f0053297_00493551.jpg



More(続きを読む)
[PR]
by mariko789 | 2018-06-17 00:57 | olympus OM-D E-M5 | Trackback | Comments(34)

短夜(みじかよ)② :俳句


短夜を臓腑まで掻く掻きむしる  
                 (みじかよをぞうふまでかく かきむしる)

f0053297_14002656.jpg


◇ 季語: 短夜(みじかよ)、明易し、明早し、夏の夜 【夏】・時候

◇ きのうの投稿と同じく、日記に記した句です。

◇ 写真は、スペインで撮ったもの。中身のない句なので、写真俳句にしてみました。

この3週間ほど、夜、ベッドに横になると体中が痒くてたまらなくなる。
部屋の埃とか虫刺されとか、原因をいろいろ探ったのだが、究明できず。
で、先日、検索していたら「洗濯洗剤を変えたら痒くなった」というのを発見。
あ!!そういえば3週間ほど前に洗濯洗剤を変えたのだった。
もしかして・・・?
さっそく暫く着ていなかったパジャマ(古い洗剤で洗った)を着て寝たら、痒みがかなり薄らいだ。
しかし、まだ洗剤が犯人とは確信を持てない。
今迄こんなことはなかったのに・・・肌が敏感になる年頃になったのかしらね?





[PR]
by mariko789 | 2018-06-14 14:03 | olympus OM-D E-M5 | Trackback | Comments(28)

滝(たき) :俳句


病歴にジェラシー 滝のワンルーム
(びょうれきにジェラシー/たきのワンルーム)

f0053297_14033245.jpg


◇ 季語: 滝 【夏】 ・地理

◇ 日記に書いた句の投稿です。句会には向きませんが(没確実)、自分では気に入っています。

◇ 写真はスペインにて撮ったもの。滝の落ちてくるところ、ワンルームのようでしょ。

◇ コメント欄は閉じています。ご意見やお話のある方は、次の投稿のコメント欄にお願いします。





[PR]
by mariko789 | 2018-06-13 14:12 | olympus OM-D E-M5 | Trackback

ダリ劇場美術館 (3)  @フィゲラス(スペイン)


次第に忘却の彼方へ去ってゆきそうなダリの館、ようやく最終回でございます。


 表情豊かなダリ。

  草間彌生さんもそうですが、自分自身がアートと化してしまった稀な例ではないでしょうか。

f0053297_01141198.jpg



More(続きを読む)
[PR]
by mariko789 | 2018-06-09 01:24 | olympus OM-D E-M5 | Trackback | Comments(40)

ダリ劇場美術館 (2)  @フィゲラス(スペイン)


だいぶ間があいてしまいましたが、前回の続きです。


⑫ 広い展示室に離して置かれた鼻、唇、目の額。

  もっと遠くからみるとブロンドの髪も見えて、マリリン・モンローのような美女が現れる仕組。
  アイディアというよりトリックかしら。

f0053297_01273031.jpg



More(続きを読む)
[PR]
by mariko789 | 2018-06-05 01:33 | olympus OM-D E-M5 | Trackback | Comments(34)