always over the moon

カテゴリ:olympus OM-D E-M5( 224 )

ダリ劇場美術館 (3)  @フィゲラス(スペイン)


次第に忘却の彼方へ去ってゆきそうなダリの館、ようやく最終回でございます。


 表情豊かなダリ。

  草間彌生さんもそうですが、自分自身がアートと化してしまった稀な例ではないでしょうか。

f0053297_01141198.jpg



More(続きを読む)
[PR]
by mariko789 | 2018-06-09 01:24 | olympus OM-D E-M5 | Trackback | Comments(40)

ダリ劇場美術館 (2)  @フィゲラス(スペイン)


だいぶ間があいてしまいましたが、前回の続きです。


⑫ 広い展示室に離して置かれた鼻、唇、目の額。

  もっと遠くからみるとブロンドの髪も見えて、マリリン・モンローのような美女が現れる仕組。
  アイディアというよりトリックかしら。

f0053297_01273031.jpg



More(続きを読む)
[PR]
by mariko789 | 2018-06-05 01:33 | olympus OM-D E-M5 | Trackback | Comments(34)

花 :俳句


花の夜や舌下のニトログリセリン
(はなのよや ぜっかのニトログリセリン)

f0053297_12471226.jpg


◇ 季語: 花(はな)、桜  【春】 ・植物

◇ テキストブック「NHK俳句」2018年6月号 岸本尚毅 選 兼題「花」 佳作(中原久遠)

・ 「ニトログリセリン」が強いイメージなので、季語の「花」が負けてしまわないよう、「や」で切りました。

◇ イメージ画像は、スペインの「ダリ劇場美術館」にて。






[PR]
by mariko789 | 2018-05-29 12:49 | olympus OM-D E-M5 | Trackback | Comments(30)

薄暑(はくしょ) :俳句


おむすびのぽろぽろ乾く薄暑の野 中原久遠
                (おむすびのぽろぽろかわくはくしょのの)

 
f0053297_02144384.jpg

f0053297_02230311.jpg


◇ 季語: 薄暑(はくしょ) 【夏】・時候


◇ NHK俳句 星野高士選 兼題「薄暑」
  入選/ 三席 2018年05月20日放送(再放送23日午後3時)

◇ 旅行中に担当の方から何度も連絡を頂いていたとも知らず、たいへんお手数をかけました。
  入選取り消しになる瀬戸際でした。
  検索で当ブログを探し当て、事情を考慮して下さった担当の方に感謝をしております。
  
◇ テレビ画面で観られなかったのが、返す返すも悔やまれます。
   
  俳句を始めてこの5月で丸10年が経ちました。
  出す句会の数こそ減っているものの、駄句の山は日々築いています。
  これからもお仲間の皆さまのあとについて地道に続けてゆきたいと思ってます。

◇ イメージ画像はリバプールではなく、ストーンヘンジの近くです。



More (YouTbe)
[PR]
by mariko789 | 2018-05-21 02:27 | olympus OM-D E-M5 | Trackback | Comments(31)

しばらくお休みします。


24日からタイへ行ってきます。
観光ではなく、ぎゅうぎゅうづめの野暮用です。
それでも私のことですから、写真は何枚かは撮ってくると思いますが。

f0053297_15391411.jpg


というわけで、しばらく投稿をお休みします。
「ダリ劇場美術館」の続きなど、バルセロナの旅行記の残りは、またいずれ。

ゴールデンウイークもありますしね、
お仲間の皆さま、どうかお元気で楽しい日々をお過ごしくださいませ。では、また♪


_______________________________________________________


追記:4月19日。
タイへの旅行は、4月24日から5月4日まで、8泊11日(機内2泊)になりました。日本のGWと重なりました。
   4月20日。
昨日は、引越用の荷物を一つと、夫が赴任地へ持ってゆくスーツケースの詰め込みをしました。
荷造りの半分は完了。今後は義兄宅にゆく物の選り分け。チャリティに寄付するものの選り分け。
バスの窓から見たシティ・センターの桜は満開でした。遅れたけれど、咲いたのだー(*´▽`*)
   4月22日。
昨日は残りの荷造りをしました。これで5つのスーツケースのパッキング、ほぼ完了。
いっせいに顔を出した庭のタンポポの首切りも。可哀相だけれど、こうしておかないとあとで大変なことになる。
今年は冬からいきなり夏がきて、春は来なかったみたい。
TVはエリザペス女王の92歳のお誕生日を祝うコンサートの中継。女王さまは矍鑠となさっていた。
  4月23日。
英王室のキャサリン妃が男児を出産されました。お名前は後日に発表ですって。
  4月24日。
行ってきます。

  5月5日。
無事にイギリスに帰ってきました。
タイで風邪をひいてしまい、鼻のかみすぎで鼻の下にヒトラーの髭のような傷ができてしまいました。
睡眠不足と、時差ボケで、ボロボロです。
まだ夫も休暇中で家におりますので、ブログはもう少しお休みします。
皆さまは楽しいGWをお過ごしでありますように。




[PR]
by mariko789 | 2018-04-22 15:43 | olympus OM-D E-M5 | Trackback | Comments(60)

八重桜(やえざくら):俳句


八重桜たわわに城は火の海に  久遠
(やえざくらたわわにしろはひのうみに)    

f0053297_14521288.jpg



◇ 季語: 八重桜  【春】 ・植物

◇ RNB南海放送ラジオの番組 「夏井いつきの一句一遊」
  兼題:八重桜 4月13日(金曜日)に採って頂きました。
  年に数回しか投句しないのに採って頂き、組長、ありがとうございます。
  
ラジオが聴けない私は、聞き書きの皆さまによる「落書俳句ノート」で楽しませて頂いてます。 
  最近、YouTubeでも聴けることが判り、これも嬉しい限り!
 
◇ 画像(上)は、去年撮ったリバプールの八重桜。

◇ 慶長二十年(1615年)5月8日、大坂城は烈火に包まれ落城、豊臣秀頼・淀殿母子は自刃。
  八重桜といえば、私は大阪城をイメージします。玉造口の遅咲きの八重桜です。 
  そういえば江戸時代は今より寒くて桜の開花も遅かったそうな。
当時の大阪城に八重桜があったかは不明ですが、脳裏で再現してみました。

「一句一遊」の投句方法です。
メールのあてさき (一句一遊): ku@rnb.co.jp
件名(兼題)
本文:
1)俳句
2)俳号
3)本名
4)住所



[PR]
by mariko789 | 2018-04-15 14:58 | olympus OM-D E-M5 | Trackback | Comments(0)

ダリ劇場美術館(1) @フィゲラス(スペイン)


Salvador Dali(1904年5月11日 - 1989年1月23日)は、スペイン、フィゲラスの出身。 
絵画に彫刻に宝石のデザインにも、シュルレアリスムの代表的な作家として大きな才能を発揮しました。 
彼の作品の集大成ともいえる、フィゲラスの「ダリ劇場美術館」を訪ねてみました。

2018年2月20日。バルセロナのサンツ駅からrenfe(特急列車)に乗って1時間、フィゲラスへ。
駅から美術館へは少し離れていますが、駅前からバスに乗り5分で到着しました。

① 外観です。卵を冠したピンク色の建物。これぞサルバドール・ダリ。のっけからヤラレター!

f0053297_01144590.jpg



More(続きを読む)
[PR]
by mariko789 | 2018-04-13 01:37 | olympus OM-D E-M5 | Trackback | Comments(35)

サンタ・エウラリア大聖堂 @バルセロナ



バルセロナで最も格式が高くゴシック地区のシンボルでもあるカテドラル(大聖堂)です。
正式名称は La Catedral de la Santa Creu i Santa Eulalia
13世紀の終りの建設着工から、落成の1450年まで、150年もの建築期間。驚きますね。
観光客対象というより、地元の教徒のための聖堂と思います。

① 聖堂の中。
静かにお祈りをしている方々もいるので、邪魔にならぬようそっと撮影。
 
f0053297_14405209.jpg



More(続きを読む)
[PR]
by mariko789 | 2018-04-10 14:53 | olympus OM-D E-M5 | Trackback

去年より遅い水仙 @リヴァプール


① 昨日は珍しく快晴で暖かい陽気になりました。
カメラをもって近くの公園へ行ってみると、水仙の花盛り。
去年は3月半ばで同じ位の咲き加減でしたので、今年は2週間以上も遅れています。

f0053297_16230177.jpg



More(続きを読む)
[PR]
by mariko789 | 2018-04-06 16:29 | olympus OM-D E-M5 | Trackback

サン・ジョセップ市場(ボケリア)@バルセロナ



バルセロナに行って、ここを覗かない手はありません。
ランブラス通りに面した、市民にも観光客にも大人気の市場です。

① 市場の中でも一際の人だかり。とれたての活きのよい食材を料理するバル
席待ちの客が多すぎて、何度か諦めたのですが、この日は運よく席がとれました。

夫の選んだシーフードの盛り合せ。写真では判りづらいですが、量がハンパなかった。
もちろん味は最高! 
 
f0053297_23491128.jpg



More(続きを読む)
[PR]
by mariko789 | 2018-04-05 00:06 | olympus OM-D E-M5 | Trackback | Comments(34)