人気ブログランキング |

always over the moon

カテゴリ:Nikon D80( 646 )

こどもの日 :俳句


突つぱねる肘の笑窪や子どもの日 
(つっぱねるひじのえくぼや こどものひ)

f0053297_07023347.jpg



◇ 季語: こどもの日 【春】・行事

◇ 通販生活「俳句生活 ~よ句もわる句も~(夏井いつき選)」 4月兼題『こどもの日』 人選(中原久遠)

◇ 画像は以前、中東で撮ったもの。世界各国それぞれの子どもたち。



__________________________________________


先日、このブログの投稿に俳句を始めて13年と書きましたが、誤りでした。
2008年の5月から始めたので、丸11年です。あと何年続けられるかな。

f0053297_07033983.jpg


果物王国のタイ、ただいまライチのシーズンです。
美貌の楊貴妃が、ライチを好んだのは有名な逸話ですよね。 





by mariko789 | 2019-05-23 07:05 | Nikon D80 | Trackback | Comments(41)

忘れ花 :俳句


若後家の乳暈めける忘れ花 中原久遠
(わかごけの にゅううんめける わすればな)

f0053297_07561665.jpg




ダンベルの夫たんぽぽの返り花 
(ダンベルのつま たんぽぽのかえりばな)

f0053297_07563826.jpg



◇ 季語: 帰り花、返り花、忘れ花、 【冬】・植物

◇ 通販生活「俳句生活 ~よ句もわる句も~(夏井いつき選)」11月兼題『帰り花』人選二句(中原久遠)

◇ 薔薇の写真は、かつてのリバプールの家の庭にて、帰り花というより、冬薔薇です。
  
◇ ジムの写真は、今、住んでいるコンドミニアムの敷地内にあるジム。夫の好きな重いダンベルもあり。

◇ 今月の兼題「凩」、締切が25日と早まっていて焦りましたが、なんとか投句しました。

 


 

by mariko789 | 2018-12-27 08:00 | Nikon D80 | Trackback | Comments(34)

寒し :俳句


火葬場の四本きりの箸寒し 中原久遠
(かそうばのよんほんきりのはしさむし)     

f0053297_19115104.jpg


◇ 季語: 寒し【冬】 ・ 時候

◇ RNB南海放送ラジオの番組 「夏井いつきの一句一遊」
  兼題:本  12月14日(金曜日)に採って頂きました。
 
  ラジオが聴けない私は、
  聞き書きの皆さまによる「落書俳句ノート」で楽しませて頂いてます。
 
◇ 『本』のお題は、「夏井いつきの おウチde俳句」という本の出版にちなんで。

◇ 今年四回目の【一句一遊】への投句。
  年四回参加の目標を達成できました。採って下さった組長に感謝です。
  来年も細々とでも参加し続けよう。

◇ 写真はハンガリーにて。知人に見せて頂いた中国の書籍の挿絵を加工しました。



俳句というのは不思議なもので、自分では空想で作ったつもりの句が、
あとで読み返してみると、「あ、あのときの状況だ」と思い当たることが多々あります。
この句もまさにそう。

もう随分遠い昔になりましたが、伯母が亡くなったとき。
独身で他に身寄りもなかった伯母を看取ったのは、姉と私でした。
斎場で焼きあがった骨を姉とぽつぽつと拾ったときの、あのなんともいえない切なさ。
伯母は少し預金を遺していたので、その骨壷は姉が永代供養に預けたのでした。

拾えるほど骨を遺して火葬するのは、日本特有かもしれませんね。
とはいえ、日本でも散骨が増えてきているとのこと。
日本でも、英国のように、骨が粉末になるまで焼いてもらう選択もできるのでしょうか。
散骨は粉末にしなければならないそうで、手で骨を砕くのは辛い作業と思う。

 




by mariko789 | 2018-12-19 19:18 | Nikon D80 | Trackback | Comments(33)

夜長(よなが) :俳句


器に沈むヴァージンオイル夜長かな
(きにしずむヴァージンオイルよながかな)

f0053297_07080254.jpg

◇ 季語: 夜長  【秋】・時候

◇ ヴァージンオイル=オリーブオイルの一種。エクストラヴァージンオイルもあり。


食用油は、ずっとイタリア製のヴァージンオイルを愛用してきました。
サラダやパンにはエクストラヴァージンオイル。調理には普通のオリーブオイル。
欧州ではオリーブオイルは必需品なので、安価で贖えます。本場のイタリア製はむろん。
欧州では、ご家庭でもじゃぶじゃぶ使うでしょ。

ところが、タイではイタリア製のオリーブオイルが高い。
もしかして、ぜいたく品なみの税金がかかっているのではないでしょうか。
迷ったあげく試しにスペイン産のを買ってみました。

明後日、夫が赴任先から休暇で戻ってきます。
毎朝つくる彼の目玉焼には、ふつうのオリーブオイルを。
炒め物には胡麻油を。

こちらバンコクでは、雨季が終ったらしく連日、晴れ。
気温もぐんぐん上がり、水道の蛇口から水ならぬお湯がでてきます。

日本では「秋の夜長」といいますが、タイでも此の時期、日没が早くなってきています。
ちょっと前までは午後6時半位まで明るかったのに、今は6時になると暗い。
だんだんではなく、まるで手のひらを返したように、ぴたっと暗くなる。
敷地内の外灯も6時前に全て点灯されるようになりました。
11月半ば位に、日没が一年で一番早くなるそうです。
暑いながらも、タイなりの「夜長」。。
(写真は、いぜんタイのホアヒンで撮ったもの)




by mariko789 | 2018-11-01 07:13 | Nikon D80 | Trackback | Comments(34)

レジ袋とマイバッグ @バンコク


私が初めて夫の赴任に伴って行ったのは、1993年に建国して2年ほどのスロバキアでした。
当時、首都ブラチスラバには外国資本のKマートがあり、レジ袋はそこでだけ貰えるのでした。
地元民には高級なイメージのKマート。
そこで貰ったレジ袋は庶民には貴重なもので、共産圏の名残の濃い集合住宅のベランダに、
その袋が洗って干されているのを、微笑ましく眺めたものでした。

産油国の中東、サウジアラビア・UAE・カタールのレジ袋は、分厚くて頑丈。
レジではレジ係の他に、補佐の人たちがいて、袋詰めをしてくれます。
小銭の釣銭は、フィリピン人の彼らへチップとして渡していました。

ハンガリーでは、レジ袋は有料でした。
私が初めて本格的にマイバッグを買い揃えたのは、この国。
化粧小物の店で買った何枚かは、今でも愛用しています。

つい此の間まで暮らしていたイギリスでも、レジ袋は基本的に有料でした。
競争の激しいスーパーマーケットでは、各店舗、センスを凝らした袋を用意。
シーズンに合わせて、ハロウィン仕様やクリスマス仕様の手提げ袋。
そのデザインに惹かれて、私もつい買ってしまうのでした。
そのような袋は、厚手で頑丈なので、もちろん何度も使えるわけです。
安価な、使い捨てのペラペラの袋は不評で、殆ど誰も買っていませんでした。
そんな袋に入れるくらいなら、抱えて帰るよ、とウィンクするお兄さんたち。

けれど、アジア食品の店では、無料の袋(丈夫なの)に入れてくれました。

f0053297_07304499.jpg

さて。タイのバンコク。
私が日常に通うテスコですが、レジ袋は無料。
薄くて小さな袋に、レジ係の女性がせっせと詰め込んでくれます。
袋が小さいので、品物1個に1枚ということもあり。
レジ袋が無料=店側で詰めてくれる。レジ袋が有料=セルフサービスで詰める。
世界的には、こういう傾向になりがちだと思います。

我家には、テスコのレジ袋が溜まりに溜まっています。
頑張ってゴミ袋として転用しても、溜まるほうが多い。
ゴミは、リサイクルゴミ、一般ゴミ、生ゴミ、危険物、と4つに分かれていて、
毎日2~3枚使っても余ってしまいます。
一度、重い物を買ったとき、マイバッグを出して、レジ袋はいらないというゼスチャーをしたところ、
たちまち鬼の形相になったレジ係の女の子。プライドを傷つけてしまったのか、面倒だったのか。
私は、5つも6つもあるレジ袋を1~2枚のマイバッグに入れ換え、帰宅していますが、
見るとローカルの主婦連もそうしている人が多いのです。



日本でも、レジ袋の有料化が検討されているとか。
そういうこと、法律で決めなければならないのでしょうか。
大人のソサエティなのに?
有料も無料も、お店の自由で良いのではないかしらね。
レジ袋が、プラスチックによる海洋汚染の元凶とは思えないのですが。
 



by mariko789 | 2018-10-25 07:35 | Nikon D80 | Trackback | Comments(28)

向日葵(ひまわり) :俳句


多産系の向日葵たちが立ちあがる  中原久遠
   (たさんけいのひまわりたちがたちあがる)            

f0053297_00245023.jpg
f0053297_00251534.jpg


◇ 季語: 向日葵(ひまわり) 【夏】・植物


◇ 写真は、チェンマイ大学の向日葵農園にて。蔵出しです。

一句一章で、季語が動かない、向日葵でなければ成り立たない句をと知恵を絞り、
なんとか成功したように思います。
世界の国々が衰退しつつあるなか、明るい希望を向日葵に託す、そんな思いもこめて。
夏井組長に完璧に句意を汲み取っていただき、幸福です。 


More(続きを読む)
by mariko789 | 2018-07-19 00:40 | Nikon D80 | Trackback | Comments(32)

人参の花 :俳句


籠脱けの雄鶏と人参の花  久遠
                   (かごぬけのおんどりとにんじんのはな)

f0053297_00540916.jpg
【自句自解】人参の花は、収穫しないで放っておくと咲いてしまう花なのです。
そこで、原句は「農夫病み弾けはぢける花人参」でした。
ところがこれですと、「農夫病み」が原因で、「弾けはぢける花人参」が結果と、
因果関係を書いている。俳句では因果関係を書くのはタブーなのです。
そこで次に「床ずれや弾けはぢける花人参」とし、少し因果関係の度あいを薄めました。
次に、その農夫の家の庭を描写したのが「籠脱けの雄鶏と人参の花」。
農夫が病床なので、雄鶏は勝手に歩き回るわ、人参の花は咲いてしまうわ。。
この句には特別な意味はなく、ただの風景描写です。
「床ずれ」の句も投句しましたが没りました。やはり因果関係はダメなんですね。


◇ 季語: 人参の花  【夏】 ・植物

◇ RNB南海放送ラジオの番組 「夏井いつきの一句一遊」
  兼題:人参の花 6月13日(水曜日)に採って頂きました。
   
  ラジオが聴けない私は、
聞き書きの皆さまによる「落書俳句ノート」で楽しませて頂いてます。 
  最近、YouTubeでも聴けることが判り、これも嬉しい限り!
 
◇ 画像はタイのチェンマイ(ドイプイ)で撮ったもの。蔵出しです。

 
 

__________________________________


【日記】
三日前から、困惑している件。
二階の天井にある火災報知器が、30秒に1度ずつ「ピッ!」と鳴るようになってしまいました。
乾電池の交換時期なのかな。しかし天井なので椅子に乗っても届きません。
しかもそこは階段のすぐ横なので、万一椅子から転げると、階段から真っ逆さまに転落してしまう。
こわごわ椅子に乗って背伸びをし、火災報知器の蓋だけはひらきました。

f0053297_00580351.jpg
 
残念ながら、乾電池の入っているボックスを開けるには、あと10cm背が足りません。
夫なら楽勝なのですが、赴任中ですし。。

その音がですね、けっこう大きいのです。喩えるなら、鉄砲で撃たれた瞬間の鳥の悲鳴のような。
お隣にも聴こえるのではないかしら。いつ苦情がくるか、ひやひやしています。

乾電池が切れそうなわりには、いっこうに衰える気配もなく、甲高く鳴っていて。
果たしていつまで続くのでしょう。げんなり。。




by mariko789 | 2018-06-22 01:03 | Nikon D80 | Trackback | Comments(38)

蝶(てふ) :俳句



森を狂はすてふてふの鱗粉は
(もりをくるわす ちょうちょうのりんぷんは)

f0053297_15313472.jpg


◇ 季語: 蝶  【春】 ・動物

◇ テキストブック「NHK俳句」2018年5月号 高柳克弘 選 兼題「蝶」 佳作(中原久遠)

◇ 画像は蔵出しで、シンガポールにて撮影。

◇ デジ一のニコンD80がついに壊れてしまいました。古いカメラなので修理は断念。
  けれどマッチするレンズが5つもあるので、次回里帰りしたときに、
程度の良いニコンの中古(他の機種)を買おうかしら。

 





by mariko789 | 2018-04-21 15:37 | Nikon D80 | Trackback | Comments(0)

虫(むし):俳句


虫放ちリビアの夫へ虫のこと
(むしはなちリビアのつまへむしのこと)

f0053297_00533181.jpg

◇ 季語: 虫 【秋】 ・動物

◇ テキストブック「NHK俳句」2017年12月号 高柳克弘選 兼題「虫」 佳作(中原久遠)

◇ またもや秋の句で、失礼いたします。

◇ こちら英国では、滅多に虫を見なくなっています。
  たとえば、今年は我庭で蜻蛉を一頭も見ませんでした。英国では虫が激減しているのです。
  英国のみならず世界で減少しているそうです。 興味のある方は↓をクリック

  というわけで、たとえ小蝿一頭でも貴重なので、室内にいれば必ず外へ放します。
  また、夫がリビア(北アフリカの紛争地)へ英語教師として赴任しているため、
  縁起の悪い殺生は極力避けたいのです。

  夫とは毎日メール交換をしていて、私が書くことは、庭に来る鳥のこと、咲いている花のこと、買物の内容。
  その他、あちらではYouTubeもご法度なので、世界のニュースも知らせています。
  夫はあと十日ほどで、三週間の休暇で帰ってくる予定です。





by mariko789 | 2017-11-27 01:03 | Nikon D80 | Trackback | Comments(30)

鳥威し(とりおどし):俳句


ひた迫る夜陰の軍靴鳥威し 
(ひたせまるやいんのぐんかとりおどし)

f0053297_17413737.jpg


◇ 季語: 鳥威し(とりおどし) 【秋】 ・生活

  ・ 実った穀類を食い荒らす鳥を追い払う仕掛け(by 角川季寄せ)

◇ テキストブック「NHK俳句」2017年12月号 夏井いつき選 兼題「鳥威し」 佳作(中原久遠) 

◇ 北朝鮮と米国の睨みあい、サウジアラビアの政変、バルセロナの独立問題、世界情勢から目が離せません。


もうすぐ12月だというのに、秋の季語で失礼いたします。
すっかり俳句の投稿が影をひそめてしまいましたが、ぼちぼち作ってはいるのです。
来春で俳句を始めて丸10年、ちょいと引き出しがすかすかになっているところ。
夫の赴任地での頭の痛い問題もあり。前向きに前向きにと、自分に言い聞かせています。


※ この投稿はコメント欄を閉じております。






by mariko789 | 2017-11-25 17:46 | Nikon D80 | Trackback