人気ブログランキング |

always over the moon

カテゴリ:Nikon coolpix P510( 154 )

燕(つばめ) :俳句


鯨幕たたむ夕暮つばくらめ
(くじらまくたたむゆうぐれ つばくらめ)

赤チンの沁みるくるぶし夕燕
(あかチンのしみるくるぶし ゆうつばめ)

f0053297_17465239.jpg


◇ 季語: 燕(つばめ)、つばくろ、つばくらめ 【春】・動物

◇ 通販生活「俳句生活 ~よ句もわる句も~(夏井いつき選)」 3月兼題『燕』人選二句(中原久遠)
 
◇ 写真は、東京スカイツリーにて撮影。



__________________________________________

【蛇足】
スカイツリー内の、『ひつまぶし 備長』にて、初めてのひつまぶし。
食べ方を店員さんに教えていただき、何通りもトライしたところ、時間を喰って、ひまつぶしになりました。
さすが名店の味、おいしゅうございました。

f0053297_17491925.jpg


令和天皇のご即位のニュースをTVで観ました。
ふたたびお正月がめぐって来たようですね。おめでとうございます。






by mariko789 | 2019-05-01 17:55 | Nikon coolpix P510 | Trackback | Comments(39)

すみだ水族館  @東京スカイツリー(3)


ここには屋内のプール型水槽がありました。

1)ペンギンたち

ちょうど餌付けの時間に居合わせて、ペンギンたちは飼育員のお姉さんたちから魚を貰っていました。
どの子が何匹の魚を食べたか、飼育員が大声で報告するのも楽しい。

f0053297_17045413.jpg



More (続きを読む)
by mariko789 | 2019-04-26 17:12 | Nikon coolpix P510 | Trackback | Comments(36)

東京スカイツリー(2)


(1) 金魚展の金魚。
    金魚にもあまたの種類があり。色や形の違いを楽しみつつ、小さな命の不思議を眺めてきました。

f0053297_17535758.jpg



(2) 郵便局(逓信省・ていしんしょう)のイベント会場にて。
    「臨時電話」 三日間で30円って当時としては高価だったのでは。

f0053297_17542304.jpg
    



(3) 「東京郵便局」の半被を着てるからには…明治か大正か昭和初期?
     郵便局にも時代の変遷があったこと。

f0053297_17545060.jpg


    この会場には、大スクリーンの動画や休憩所もあり
    休み休みずいぶんと長居をしてしまいました。



More (続きを読む・蛇の写真あり。苦手な方は開けないでください!)
by mariko789 | 2019-04-16 18:01 | Nikon coolpix P510 | Trackback | Comments(30)

東京スカイツリー(1) 


1) ビルに写り込んだスカイツリー

f0053297_11235341.jpg


More (続きを読む)
by mariko789 | 2019-04-06 11:38 | Nikon coolpix P510 | Trackback | Comments(26)

お台場 @東京


ほんの少しですが、そぞろ歩きをしたお台場です。


1) 自由の女神像
 
女神は、エルビス・プレスリーに面差しが似ていました。

f0053297_19073011.jpg
  


More (続きを読む)
by mariko789 | 2019-03-28 19:18 | Nikon coolpix P510 | Trackback | Comments(34)

春浅し :俳句


太ももの縫ひ目の痒し春浅し
(ふともものぬいめのかゆし はるあさし)

f0053297_07290119.jpg


◇ 季語: 春浅し  【春】・時候

 
◇ 写真は、浅草の仲見世にて、1月31日に撮りました。



足を捻挫してからこっち、エクササイズも外出もままならず、
おまけにPCも接続が切れてできなかったので、読書ばかりしていました。
この半月で読んだ本:

 小さいおうち   中島京子著
 愉楽の園     宮本輝著
 星々の悲しみ   宮本輝著
 墓地を見おろす家 小池真理子著
 深い河      遠藤周作著
 ハヅキさんのこと 川上弘美著
 水声       川上弘美著
 誰か       宮部みゆき著
 永遠の0     百田尚樹著
 私の好きな民藝  NHK出版
 
そして昨夜から読み始めたのが、 文章読本 谷崎潤一郎著

バンコクには日本の本を安価で扱う古本屋があり助かっています。





by mariko789 | 2019-03-23 07:32 | Nikon coolpix P510 | Trackback | Comments(32)

上野動物園


日本から帰ってきてから暫くのあいだ悩まされてた咳が完全に癒えたと思ったら
ひょんな拍子に左足を捻挫、十日過ぎた今でも痛みが引かず朝のウオーキングもできず。

不運は不運を呼んでくる…
十三日から不意にネットが繋がらなくなってしまったのでした。
もう踏んだり蹴ったり。
むろん、十四日の朝にサーバーにクレームを付けに行きましたとも。
そこで「今晩中には直します。」と、約束を取り付けたものの…ここはタイ。
十四、十五、十六、十七、虚しく日々は過ぎるも、いっかな直る気配もない。
これはルーターに問題ありと私は睨んだ。技術者に来てもらわないと直すのは無理。

(本日十九日、技術者によって驚くべき原因が明かされたのですが、公にはできません。)
ともあれ、やっとこうしてネットと繋がり、胸を撫でおろしたところです。

気を取り直して。。上野動物園(東京都恩賜上野動物園)で撮った写真を何枚か、見て頂けると嬉しいです。


1)ハシビロコウ

f0053297_20130952.jpg



More (続きを読む)
by mariko789 | 2019-03-19 20:19 | Nikon coolpix P510 | Trackback | Comments(28)

虎落笛(もがりぶえ):俳句



虎落笛火山のふたの外れゆく
(もがりぶえ かざんのふたのはずれゆく)

f0053297_21243890.jpg


◇ 季語: 虎落笛(もがりぶえ) 【冬】・天文

◇ 角川俳句3月号 平成俳壇 雑詠 今井聖選 佳作 (中原くをん)
  タイからでも応募葉書が届いたこと、
  最初に採って下さったのがイケメンの今井先生であったこと、嬉しかったです。
  これを機会に、これからもなるべく投句したいと思いました。
  もう桜も咲いているのに、冬の季語であいすみませぬ。
  
  なお、夏井いつき組長が、角川俳句の題詠の選者になりました。
  投句は本に綴じ込みの専用葉書で。

◇ 虎落笛とは:冬の寒風が柵(さく)や竹垣に吹き当たってヒューヒューなる現象。

◇ 画像は、2月5日にスカイツリーの某イベント会場で撮りました。


  

by mariko789 | 2019-03-10 21:32 | Nikon coolpix P510 | Trackback | Comments(36)

マスク: 俳句


夜のマスク己の息の生ぬるし
(よのマスク おのれのいきのなまぬるし)

f0053297_09130004.jpg

◇ 季語: マスク  【冬】・生活

◇ 通販生活「俳句生活 ~よ句もわる句も~(夏井いつき選)」 1月兼題『マスク』人選(中原久遠)

◇ 写真は、浅草の仲見世です。1月31日に撮りました。 

 
_____________________________________

仲見世、和服姿の若い女性が多かったです。


f0053297_09143987.jpg


一緒に行ったAちゃんに「やっぱり日本のお嬢さんは、着物が似合うわねぇ~」と言ったら、
「日本人とは限らないわよ。ほとんど外国人よ」と声をひそめるAちゃん。
で、彼女たちの傍で耳を澄ましたら、なるほど大半は、中国語を話していました。
着物は、貸衣装などもあるようです。
(写真のお嬢さんたちは豪華なお着物なので、違うと思います。)

私たちの若い頃は、浅草でも滅多に見なかった和服姿、外国人でもいい、見せて頂きハッピーでした。
「こんどはアナタも着物を借りてみれば?」というAちゃんの言葉に、いい齢してちょっとその気になった私。
通りがかりの貸衣装屋さんに尋ねたら、朝から夕方まで、着物を借りて着付けてもらって僅か数千円。やすっ!

Aちゃんと買い食いした揚げ饅頭も美味しかったです。
やっぱりいつ行っても浅草は懐かしくワクワクが止まりません。






by mariko789 | 2019-03-01 09:26 | Nikon coolpix P510 | Trackback | Comments(40)

オフ会 @東京

ご無沙汰しました。
やっと心身ともに一段落して、ブログ更新の余裕ができました。

8泊9日の慌しいスケジュールだった里帰り。
2月1日の、写真俳句仲間とのオフ会は大いに楽しませて頂きました。

桜姫5さま、瑠里さまと待ち合わせた、東京駅「銀の鈴」。
三人でお喋りに花を咲かせつつランチを頂きました。
桜姫さまも瑠里さまも、十年来の親しい句友ながら、初対面。
気心が知れているので、初対面という感じはしませんでした。

それから他のお仲間と合流する、上野の西郷像へ。

f0053297_13463553.jpg

これ以上は望めないほどの快晴でした。
8年前にお会いしている幹事のたんとさま、湘次さま、
長年の句友ながら初対面の、雪うさぎさま、麗門さま、幻椏さま。

上野公園から、湯島天神へ。そして皇居、日比谷。
たくさん歩き、たくさん撮り、たくさんお喋りしました。
「銀の鈴」からカウントすると、2万歩以上歩きました。

最後の目的地である懇親会の会場では、有希さま、タケウマさまもご参加、
8年前と少しも変わらぬお二人でした。

九人もの句友から頂いた、俳句の花束と、俳句の寄せ書き、ありがたく頂戴いたしました。
(皆さまの未発表句があるかと思いますので、文字は暈かしました。)

f0053297_13472008.jpg

 
普段は撮るほう専門の私、自分の写真って全く無かったのですが、
今回は何枚も撮っていただき、良い記念になりました。
神経が興奮しすぎていたのでしょう、オフ会の前4日間連続で殆ど眠れませんでした。
写真は正直で、どの写真も顔が浮腫んで眼が小さくなり、しかも顔全体が皺っぽい。
けれど、この先これらの写真を見るたびに、嬉しさのあまり睡眠不足になったこと、
沢山歩いたこと、どれほど楽しかったか、、ありありと思い出すことでしょう。
たまには写真を撮って頂くのも良いものですね。

またいつか・・・お会いできる日がきますように。
楽しかったオフ会の思い出を噛み締めつつ、皆さまの今後も変わらぬご活躍を願う次第です。

   会ひ逢うて春告草の九輪かな  くをん





by mariko789 | 2019-02-23 14:12 | Nikon coolpix P510 | Trackback | Comments(36)