人気ブログランキング |

always over the moon

カムティエンハウス博物館(カムティエン夫人の家)@バンコク

Kamthieng House Museum (The Siam Society)

過日(夫が赴任地へ発つ前)、思い立って行ってきました。
夫の休暇中、バーやパブの梯子にずっと付き合わされていましたが、
たまには私のリクエストにも応えてもらおうと思ったのです。
私は以前にも友人と訪れていて、都会の中のオアシスという印象でした。

場所はメトロのスクンビットの駅(出口1)の真横です。
BTSならアソック駅から、隣接するメトロのスクンビット(出口1)に行くのが判りやすい。

1) エントランス。入館料は100バーツ(大人)。

f0053297_06570580.jpg






2) 一階に展示されている織機。 
   タイは織物も名産で、とりわけタイシルクは有名です。

f0053297_06573285.jpg



3) 竹細工の数々。

f0053297_06584814.jpg



4) 一階の庭の合歓の木。以前に行ったとき、大好きになった木。元気で良かった!

f0053297_06592142.jpg



5) 二階。夫人の寝室。高床式の二階は風通しが良く、いかにも涼しげです。

f0053297_06594151.jpg



6) キッチン。往時の面影そのままに。

f0053297_07005239.jpg




7) 精米をする部屋と思います。タイはアジア屈指の農業国でもあります。

f0053297_07011577.jpg



8) まさに大都会のなかのオアシス。

f0053297_07024971.jpg



9) 離れへの入口。離れの一階はカフェになっています。

f0053297_07031598.jpg



10) 離れの二階。ゆったりとしたリビングスペース。

f0053297_07034164.jpg


 

11) 大きな太鼓です。

f0053297_07045118.jpg

以上。
できればまた合歓の木に会いに行きたいと思いました。次回は一人でもいいかな。





by mariko789 | 2018-12-06 07:12 | olympus OM-D E-M5 | Trackback | Comments(40)
トラックバックURL : https://mariko789.exblog.jp/tb/30203846
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 百合かがり at 2018-12-06 09:25 x
まりこさん、おはようございます!

御主人様、また赴任して行かれたのですね!

(合歓の花)(台所)(精米の部屋)と写真の数々
日本の昔の生活とちょっとダブる様で癒される写真でした。

12月5日!結婚記念日!おめでとう御座います。
(桜姫様のコメントにより)
私、俳句生活「帰り花」投句に
1「サファイア婚はすでに過ぎ」@サファイア婚45周年
2「時折はひとりも~」

詠んでしまいました!(笑い)
(本音ありで、いけずな家内です、笑い)
Commented by honey_mk at 2018-12-06 09:52
くーちゃんです!

カムティエンハウス博物館、舌を噛みそうな名前かな(笑)
なになにー、5日は結婚記念日だったんですか?
おめでとうございます!
いつまでもお幸せにー!

http://blog.goo.ne.jp/isao1977k
Commented by to_shi_bo at 2018-12-06 10:27
このカムティエン夫人の家は完全に木造ですね。
しかも年期が入っているようで、これが都会の真ん中にあるんですね。
都会の息抜き場みたいなところです!
庭の合歓の木に再会できて感激でしたね。
気になったのは夫人の寝室の壁に飾られている装飾品が何なのか?
安眠を助ける仏心の飾りのように見えます。
Commented by anohiwa at 2018-12-06 12:14
以前 タイシルクのスカーフを持っていました。
肌触りも良く 好きでしたが、使い過ぎて、、、 (>_<)

婿Aちゃんは 若い頃 3年くらい 転勤にいました。
ご飯も美味しかったし 住みやすかったと聞いています。
marikoさん ゆっくりと出来ていますか? (#^^#)
Commented by 桜姫5 at 2018-12-06 15:10 x
「カムティエン夫人の家」約170年前の家屋とか(検索
日本と同じ、昔の民族資料が有って、懐かしく癒されますね

開け放し?の大きな窓がいくつも有って、開放的な博物館ですね(嬉
緑も沢山あるし、日本では6月か九月(帰り花)しか見られない
合歓のお花綺麗ですね

12月5日!結婚記念日だったんですか!
おめでとう御座います
しょっちゅう彼方此方赴任されて、新鮮味が抜けなくて
良いと思います(羨
Commented by たんと at 2018-12-06 15:51 x
「都会の中のオアシス」。
まさにそんな感じのするオアシスです。
優しいネムノキにも出会えてサイコーでしたね♪
Commented by tomoji at 2018-12-06 15:56 x
ここは通りに面したところが何かの会社みたいで勘違いし、見学し損ねたところです。
シー・アユタヤ通りにあるスアン・パッカード宮殿もこんな感じでしたね。

何軒か先の北隣にたぶんインド人の宗教施設みたいのがあって、
ある日38番のバスに乗ってその辺りに来たらインド人がバスを止め
車内に上がり込みペットボトル入りジュースを無料で乗客に配り始めたので、
私もちゃっかり2本もジュースをもらいました。(^_^)v
たぶんその日は彼らが宗教的に善行を行う日だったのかも知れません。

5日がmarikoさんたちの結婚記念日だったんですね。おめでとうございます!
ちなみにこの日は亡きプミポン国王の誕生日でタイの父の日でもありましたが、
逝去されても祝日になっていますね。
Commented by yamaoji at 2018-12-06 18:28 x
yamaojiんちにも 合歓の木 ありますよ!
今時分、裂いては落ちの繰り返しです、
ランナー調・スタイルの古民家、素敵ですね、
柱などが、良い色になってて好きです、
家内は、あなたは歩き方が下手ドタドタと歩くから
木のお家は、無理です、って言われました・・・
こういった家屋はチェンマイにも残っておりますので、
いつの日にか、お足を向けてください、 by yamaoji
Commented by mariko789 at 2018-12-06 19:27
★ 百合かがりさま

夫は無事に赴任地へ到着しました(。◕‿◕。)

ね、昔の日本と共通するものがありますよね!
百合さんご夫妻はサファイア婚!45周年はすごい。おめでとうございます♪
(うちはそこまで達成するの無理そう~~)
「時折はひとりも~」ですよね、同じ同じ(^_−)−☆
Commented by mariko789 at 2018-12-06 19:28
★ honey_mk ちゃん

結婚記念日のお祝いをありがとうございます♪
あと五年くらいはいけそうかな?
幸せになりたいですよ~~( *´艸`)
Commented by mariko789 at 2018-12-06 19:28
★ to_shi_bo さま

>気になったのは夫人の寝室の壁に飾られている装飾品が何なのか?

装飾品というより、一種のクッションと思います。
うちも以前は△のを持ってましたよ。寄りかかるのに。

>安眠を助ける仏心の飾りのように見えます。

そういう捉え方、いいですね!(^_−)−☆
Commented by mariko789 at 2018-12-06 19:28
★ anohiwa さま

タイシルクのスカーフ、さらりとしていて付け心地が良いですよね(^▽^)

Aちゃんの転勤、3年くらいが一番と思います♪
里心がつく前に終了で。。
私はゆっくりできてはいますが、暑くて暑くて…。。うーむ。。。
Commented by mariko789 at 2018-12-06 19:28
★ 桜姫5さま

検索してくださり、サンキューです♪
合歓の花で「帰り花」の句を幾つか作ったのですが、駄句ばっか。どこにも出せません(☍﹏⁰)ノ

結婚記念日でした、
新鮮味は抜けてますよ~~。でもまぁ、こんなものでしょうねぇ~~
Commented by mariko789 at 2018-12-06 19:29
★ たんとさま

自然が大好きなのです~
やっぱり都会暮らしは向いてないのかも(~_~;)
Commented by mariko789 at 2018-12-06 19:29
★ tomojiさま

>シー・アユタヤ通りにあるスアン・パッカード宮殿もこんな感じ

行ってないです。似たようなといえば、もっと規模は大きいけれど、
ジム・トンプソンの家も似た作りですよね(二度行きました)

インド人が善行を行う日、面白いエピソードヾ(^▽^)ノ
良い思い出ですね♪

そうそう、結婚記念日がプミポン国王の誕生日で、覚えやすかったのですよ~
逝去されても祝日なのですね、国民に愛された国王様♡
Commented by mariko789 at 2018-12-06 19:29
★ yamaojiさま

yamaojiさんちの合歓の木、お手入が良いのでしょうね✿

そうそう、チェンマイでも何軒か似たような建物を撮った記憶があります。
今年は無理ですが、来年にチェンマイに遊びにゆこうと夫と話しております♪
Commented by sternenlied3 at 2018-12-06 21:15
高床式の風が抜けていく家って好きです!
憧れでもあります。
カムティエン夫人ってどういう女性だろうと
検索してみましたが、見つからない。
とにかく裕福な夫人の家なんでしょうね。
精米も家でやってたのですね。
都会の中のこういう緑が多い場所って癒されますよね。

勘違いしてたんですよ。
ご主人の赴任先がタイに変わったので、
タイに引越したのかと思ってましたが、
赴任先はいまだ北アフリカの地なのですね?
ヨーロッパに住んでるとまだ近いですけど、
アジアから通ってるなんて?!

結婚記念日おめでとうございます。

Commented by イヴォンヌ at 2018-12-06 21:34 x
カムティエン夫人って誰?
王妃かなんか?
ステキなお家ですね~ねむの木ってきれいな花?南国ムード満点だよね(^_-)-☆
行きたいな~タイへ(*'▽')
Commented by ninja2005y at 2018-12-06 21:56
わたしからすればタイといえば
熱いというイメージですが
このお宅は涼しげですね。

気持ちよく昼寝が出来そうです。(笑)
Commented at 2018-12-06 22:04
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by mariko789 at 2018-12-07 07:32
★ sternenlied3 さま

高床式の家、住んでみたいですね~(ㅅ˘˘)♡*.+゜

カムティエン夫人。博物館に説明が書いてあったのですが、忘れました(>_< )
高貴な方と思います。

夫の赴任地、以前と同じリビアです。途中リバプールで2泊とかして、長旅ですよ。
結婚記念日、いやはや…ありがとうございます(笑)
Commented by mariko789 at 2018-12-07 07:34
★ イヴォンヌさま

王妃ではありませんが、高貴な方と思います(。◕‿◕。)

タイへいらっしゃいよ~♪ 
夏は東京より涼しいから、避暑にいらっしゃいよ~♪
(といっても30度は超えている)
Commented by mariko789 at 2018-12-07 07:35
★ ninja2005y さま

一年中暑いですよ。
しかしこのおうちは緑に囲まれ、高床式で涼しかったです。
昼寝には絶好でしょう♪
(師匠さんの件、有難うございました。頂いたリンクで確認しました(^_−)−☆)
Commented by mariko789 at 2018-12-07 07:37
★ 鍵(12-06 22:04)さま

イギリスもですが、フランスはもっと凄いことに(~_~;)
欧州は荒れていますね。

秋葉原の動画、拝見しました。凄いですね!(驚)
Commented by yotarouu3 at 2018-12-07 14:25
お久しぶりです、まだ生き長らえています。
新米の記事今年の(平成18年)12月ですよねぇ~
pc覗いたのも何ヶ月振りか?・・・
ブログ再開のご挨拶を書いたのですが、
やり方を忘れ記事が消えてしまいました。
               与太郎拝

Commented by mariko789 at 2018-12-07 17:06
★ yotarouu3 さま

びっくりしました!!ヾ(^▽^)ノ
「再開のご挨拶」拝読しましたよ♪
差し支えなければ、コメント欄も開けてくださいね。
オフ会でお会いした、イヴォンヌさん達もみんなお元気ですよ♪
また、弓子さんのお話やら、短歌・俳句も見せてくださいませ☆
Commented by yuhki_e2 at 2018-12-07 21:06
こんばんは、
写真、雰囲気ありますね、いいなあ。
新しいのきました、内緒です(w
Commented at 2018-12-07 21:21
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ユッキー at 2018-12-08 03:31 x
まりこちゃん 昨日、7日、いったん、ホアヒンに帰って来ました。
次のドクターとの面会予約が、17日なので。
17日に、心臓のドクター 20日に足のドクターと面会です。
まだ、手術の日が決まらない状態です。

いま、深夜、1時半。
雷雨です。
開けておいた窓から吹き込んで、床が濡れて、いま、拭き取ってる。
洗濯物が、倒れちゃってる。
洗い直さねば〜!
Commented by mariko789 at 2018-12-08 07:52
★ yuhki_e2 さま

新しいの!!お買いになったのですね(^_−)−☆
写真を拝見するのが楽しみです♪
Commented by mariko789 at 2018-12-08 07:53
★ 鍵(12-07 21:21 )さま

質問にお答え頂き、ありがとうございます。
いいですねぇ~~
ググっと惹かれました。Sもコトノハも。
メルアド、Thank you very much! では後日☆
Commented by mariko789 at 2018-12-08 07:53
★ ユッキーさま

ご主人様のご容態、心配です。
手術の日・・・ますます心配。
ユッキーさん、がんばれ!!

こちらも昨夜の真夜中すごい雷雨で、干しておいた水着とバスタオル、ずぶぬれです。
乾季とは思えない土砂降りで。しかもまだ降ってるし。気候が異常ですよね(>_< )
Commented by ninja2005y at 2018-12-08 21:46
そういえばパリがすごいことになってますね。
フランス版【黄巾の乱】ですね。
少し違いますが、ヒトラーが言ったとされる
「パリは燃えているか?」と聞きたくなります。

いや、かなしいです。

おそらく、イギリスは合意なき離脱
フランスはマクロン大統領失脚
ちなみに、メルケルさんは党首辞任しましたしね。

やっぱ移民が国をくいつぶしてしまうというのは
あながちウソでもないようですね。

日本は入管法可決で
少しホッとしています。

世界が大きく変わっていますね。
Commented by yuta at 2018-12-09 08:30 x
おはようございます
都会のオアシスいいですね。
日本の古民家のようなところでしょうか。
気分転換に訪れることができますね。
東南アジアはタイをはじめ農業国で木工家具の製作も盛んですよね。
Commented at 2018-12-09 10:41 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by mariko789 at 2018-12-09 19:51
★ ninja2005y さま

フランスの「黄色いベスト」運動、ずっと見守っています。
彼らは、マクロン大統領が辞職するまで続けるかもしれないですね。
富裕層をサポートし、労働者をないがしろにする政策は、いずれ破綻すると思います。
税制のみならず、マクロン大統領の路線変更があるか。
EUによる圧制もあり、根が深いですよね。
メルケルさん、今更・・・。
日本も彼岸の火事ではないですね。うーむ。。
Commented by mariko789 at 2018-12-09 19:51
★ yutaさま

はい、大いに気分転換になりました(*´▽`*)

木の家、木の家具、木の工具、ほっとします。
そういう私は、やはりアジア人。煉瓦の家を建てる西洋人とは違います♪
Commented by mariko789 at 2018-12-09 19:52
★ 鍵(09 10:41)さま

俳号のもろもろ、気づいていましたよ(^_−)−☆
お嬢様にお説教されるって、羨ましい。
そんな友達のような母娘関係って理想と思う。

>難しく、疲れると言ってます。
>いつも、辞める辞めると言ってます。

あっはっは 私と同じ!!
宜しくお伝えくださいませ♪

I大賞、良い成績を期待しています!!
いろいろお話くださり、嬉しかったです♪
Commented by ninja2005y at 2018-12-10 22:35
あ!いやいや、実はあの入管法ですが
事業主にとっては、いままでの入管法よりも
外国人を雇いにくくなるというのが本当のところで
更には、強制送還を受け付けない国からは
雇い入れないということになってるようです。

まあ、日本人のベアを実施しない経団連や連合に
外国人材を入れてあげるから
ベースアップしてね。という安倍首相の交換条件と言えるでしょうね。

それに上手く経団連と連合が乗せられたというところです。(笑)

だって・・・・
このベースアップは、第一次安倍政権発足以来
ずっと安倍政権が経団連と連合に要求してることで
ここが動かないから、日本経済はなかなか浮上しないんですもん。

だから、この法案に対して
反日野党sは反対しているわけです。
Commented by mariko789 at 2018-12-11 06:36
★ ninja2005y さま

入管法。難しいところですね。
外国人の労働者は現在は必要と思いますが、先行きはどうなんでしょう。
ロボット労働が激増する時代がすぐそこまで来ていますし。
しかも、彼らの家族まで入国してくると・・・不安要素はあります。
賛成論、反対論、どちらにも一理あり。と、私は思いますが。。