人気ブログランキング |

always over the moon

春燈(しゅんとう) :俳句



 春燈下泡くらくらと茹で卵  矢野リンド
(しゅんとうか あわくらくらとゆでたまご)      .


f0053297_03012129.jpg


 季語: 春燈(しゅんとう) 【春】 ・生活

 俳誌「100年俳句計画」3月号 「100年の旗手」矢野リンド十句より。





*   *   *   *   *   *   *   *


やわらかな春の燈の下で女たちはひときわ美しく見えるのではないかしら。
彼女は卵を茹でている。命のみなもとのたまごです。
くらくらと泡をたて卵が小鍋のなかに踊っている。
軽い目眩とともに、彼女のなかに湧きあがってくる生の本能。
抑えきれずに迸ってくるもの…。



 ◇ 矢野リンド(矢野貴子)さんは、私の敬愛する俳句作家です。

◇ 画像はバルセロナの「迷路公園」にて。コメント欄は閉じております。

 


.


by mariko789 | 2018-03-17 03:13 | olympus OM-D E-M5 | Trackback
トラックバックURL : https://mariko789.exblog.jp/tb/29656632
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]