人気ブログランキング |

always over the moon

カタルーニャ美術館  @バルセロナ


Museu Nacional d'Art de Catalunya(略称 MNAC)

(1)中世から20世紀までのカタルーニャ美術を中心としたコレクションを納めています。
ムンジュイックの丘にある、国立宮殿内にある美術館。悪天候のため、不気味な写りになってしまいました。
エントランスまで長い階段ですが、エレベーター有り。バルセロナ・カードを提示して、無料で入館しました。

f0053297_15055128.jpg







(2)美術館からスペイン広場を見下ろす。

f0053297_15063041.jpg




(3)中世の室で宗教画や塑像などを見てから、近代の室へ。
   着物を羽織った美人。着物の柄が「もどき」なのは見ないふりをしましょう。

カタルーニャ(バルセロナ)にはジャポニズムが流行した時期がありました。
その最盛期は19世紀末から20世紀初頭、アール・ヌーボーが入ってきて、
カタルーニャ・モデルニスムと呼ばれたころです。
ジャポニズムは、絵画、装飾芸術、産業芸術、硝子・陶磁器、家具等にも影響を及ぼしたそうです。

ジャポニズムではありませんが、前記事の「四匹の猫」の「タンデム自転車」の原画もここにありました。
やはりアール・ヌーボーのころの作品だったのですね。

f0053297_15081161.jpg



(4)日本の浮世絵もありました。まさにジャポニズム。
「江戸百景」とありますが、なんで褌で提灯をもっているのでしょうね。
その昔、カタルーニャ人はこれを見て面白がったかもしれませんね。

追記: コメント欄で桜姫より解説を頂きました。
 「江戸百景」金毘羅宮は
虎ノ門外の讃岐丸亀藩京極家の敷地内にあり、毎月十日に藩邸を開放して、参拝を許可していたという。
裸の男達は「寒詣」(金比羅さんの提灯を持っている)と呼ばれる冬の行事に参加したわけであるが、
何とも寒そうな表情をしている。今は、修行中である。やはり、二八そばは我慢~ 

f0053297_15112654.jpg



(5)宮殿(美術館)内部はこのようになっていました。
併設のカフェは室内とあってビールがなく、夫の気力はいっきに下降。
行ったのは午後で疲れていたせいもあり、広い全館を見て回るエネルギーが残っておらず、、
(とはいえ、もう少し見て回ったのですが、割愛します)

f0053297_15130540.jpg



(6)外に出て、この写真の右下に椅子があるの、見えるでしょ?
ここで夫はビールとつまみ、私はチュロスとホットチョコレートを食べ、元気が復活しました。
寒さに震えながらの、揚げたてチュロス&ホットチョコは、胃の腑をほんわか暖めてくれました。

f0053297_15135478.jpg



(7)ベンチのある風景
夫が飲んでいる間に、ぷらぷら周りを歩いてみたのでした。

f0053297_15160936.jpg




by mariko789 | 2018-03-11 15:27 | olympus OM-D E-M5 | Trackback | Comments(36)
トラックバックURL : https://mariko789.exblog.jp/tb/29644274
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by to_shi_bo at 2018-03-11 16:44
(1)の暗雲がたちこめた写りは一種独特な雰囲気。
天候が写りに左右する恐ろしさを感じます!

(1)に比べ(2)は素晴らしい快感を覚えます。
スペイン広場とはこんな快適な空間なんですね。
一度この目に焼き付けたいですよ。

(3)(4)のジャポニズム・・・一種独特ですね。
>着物の柄が「もどき」なのは見ないふりをしましょう。
・・・はいはい、分かりました!了解です!

(6)いいですね。快適な時間が訪れて!!!
ご主人とmarikoちゃんの心の内が見えるようです。
行程の中に快適なワンクッションが存在して何より。
Commented by ユッキー at 2018-03-11 17:01 x
この、着物と手かがみの、ステキね。ほんと、褌、一丁で、外を歩く。野蛮がられたんじゃ、ないかしら。
Commented by tomoji at 2018-03-11 17:29 x
ここ行きました。バルセロナ万博の会場になったところですね。中に入りましたが、何を
見たのかほとんど覚えていません。ただ、丘の上の美術館から写真2の広場の向こうの一対
のベニス風の塔まで歩いて疲れた事は鮮明に覚えています。
Commented by ninja2005y at 2018-03-11 21:02
1枚目がいいなぁ~
もちょっと露出を切り詰めて
重々しく・・・・というのも好きだなぁ~。

あ!そうそう
何時かは知りませんが
ケンさんが、どうも14年ぶりに
スペイン(マラガ)に行くんだって~。
帰国後のHPが楽しみっす。(笑)
Commented by たんと at 2018-03-11 21:25 x
いずれも絵ハガキをめくっているような感覚に落ちる素敵な写真です。
お気に入りの?「ベンチのある風景」も風情あります♪
Commented by yamaoji at 2018-03-11 22:38 x
着物の絵、どっかで見たような気がしています、
神田の昭和レトロの喫茶店だったと・・・
思うに、日本人に口には、スペイン料理ってあうと感じています・・・・・    by yamaoji.
Commented by mariko789 at 2018-03-12 00:11
★ to_shi_bo さま

写真一枚ずつに丁寧なコメントを有難うございます(^人^)感謝♪
写真は、じつに天候次第でいかようにも撮れてしまいますよね
晴天じゃないと撮らないというプロの方もいらっしゃるけれど、
こちとら限られた日程で、そうもゆかず。

どこかを見たあとは、かならずカフェかパブで休憩します。
これ夫との約束( *´艸`)
Commented by mariko789 at 2018-03-12 00:11
★ ユッキーさま

褌一丁の、ねぇ、どういう人たちなのでしょうね。
まさか吉原でお勘定が払えず、身ぐるみはがれたとも思えず・・・(笑)
Commented by mariko789 at 2018-03-12 00:12
★ tomojiさま

そうそう、万博会場になったところです。
当時は、展示内容も違っていたかもしれませんよ

私たちも、このあと、ベニス風の塔まで歩きました。
毎日、1万歩以上は歩きましたよ~
道路が整備されているので、歩きやすかったのが救いでした。
Commented by mariko789 at 2018-03-12 00:12
★ ninja2005y さま

1枚目に一票をありがとうございますヾ(^▽^)ノ
露出をもっと絞ったバージョンもありますが、巧く撮れてなかったのですよ~

ケンさん、マラガにいらっしゃるなら今のうちです。
気候の変動であのあたりは先行きどうなるか。。
ninjaさんも楽しみがふえていいですね(^_−)−☆
Commented by mariko789 at 2018-03-12 00:12
★ たんとさま

嬉しい褒めことばを賜り、にやにやしております(*´▽`*)
今回は、天候に恵まれず、これはという写真が撮れなくて。
Commented by mariko789 at 2018-03-12 00:13
★ yamaojiさま

>神田の昭和レトロの喫茶店だったと・・・

いかにもありそう!!
さいきんYouTubeで「懐かしの昭和シリーズ」を見ています。
あのころは良かったなぁと。(←すっかり年寄り気分
スペイン料理、そのうち投稿しますね♪
Commented by 百合かがり at 2018-03-12 09:42 x
>着物を羽織った美人と手鏡

>江戸百景の褌の男
特にこの写真に興味魅かれました。
まりこさんなら、撮影しながら、俳句もよんだのでわ?

スペイン、寒かったようですね!
こんな時はビール頂きたくなります、私も(笑い)


Commented by mariko789 at 2018-03-12 16:17
★ 百合かがりさま

撮影しながら一句ができるようになればねぇ、むりむり(笑)
駄句ばかりだけれど、毎日一句は作っています。

スペインも寒かった。気候がおかしい地球。
寒いときでもビールは美味しいのね(^_−)−☆

いつもコメントをありがとう。
百合さんの投稿をお待ちしていますよ♪
Commented by 桜姫5 at 2018-03-12 17:34 x
 ↓ 素敵なレストランカフェですね
「レンガ造りにゴシック様式風の尖塔アーチ」って言うんですか(メモメモ

カタルーニャ美術館 知りませんでしたが流石宮殿、豪華な建物ですね
わらひも吟行の時は、1万歩以上歩く時も有ります
膝が痛くて階段はお姫様歩きですが、フラットな道は
平気に歩けます

「江戸百景」金毘羅宮は
虎ノ門外の讃岐丸亀藩京極家の敷地内にあり、毎月十日に藩邸を開放して、参拝を許可していたという。裸の男達は「寒詣」(金比羅さんの提灯を持っている)と呼ばれる冬の行事に参加したわけであるが、何とも寒そうな表情をしている。 今は、修行中である。やはり、二八そばは我慢~

外国で日本の物を見ると嬉しいですよね
Commented by イヴォンヌ at 2018-03-12 17:34 x
カタルーニヤ美術館建物もステキだし、アールヌーボーの時代のジャポニズムもいろいろと見ごたえあっていいですね~♪
バルセロナはやっぱり最高だわ~(*^_^*)行きたい!
Commented by sternenlied3 at 2018-03-12 17:53
最初のは、ううむ、バンパイア達が夜な夜な舞踏会を
催してるような雰囲気で(^_^;)
背景が青空だとガラリと雰囲気が変わるのでしょうね。
スペイン広場まであるのですね。ローマのスペイン広場を思い出しました。
ローマの中では一番印象に残った場所です。
階段を上ってそこから街を一望してた時、今にも夕立が降りそうな
ダイナミックな空模様で、雰囲気を楽しめましたよ。
バルセロナは本当芸術の街という感じで、美術館や博物館が
たくさんあるようで、美術品の宝庫のようですね。
ジャポニズムのアール・ヌーボーが面白い味わいを出してますね。
アール・ヌーボーって割と好きなんですよね。
Commented by ninja2005y at 2018-03-12 22:14
>>ninjaさんも楽しみがふえていいですね(^_−)−☆

私の撮影姿勢というのは
ケンさんや小田哲明さんの姿勢に
大きく影響されてるんです。

私は一時期、オケのコンサートの撮影を
させていただいており
(今はもう後の写真販売とかが面倒なので
頼まれれば断らない程度に関わってます)
これは、小田先生の影響で
結構楽しんでました。

で、ケンさんはというと
彼の写真ってスペインのものが結構ありますでしょ。
私も海外の写真を撮ってみたかったんですよ。
そしたら、娘の留学云々で
17年ぶりぐらいの海外旅行となり
これを定期的にというヨメの要望もあって
イギリスの撮影をライフワークにと考えたのでした。

子育ても終わりましたしね。(笑)
Commented by mariko789 at 2018-03-13 01:22
★ 桜姫5さま

メモメモの部分は、私もどこからかメモしてきたのを短縮して書き直しました(笑)

私も昇りの階段は全くダメ、フラットならいくらでも歩けます。そんなところまで似ているとは!(驚

江戸百景、金比羅、さっそく投稿に書き足させて頂きました\(^ ^)/
なぜ褌一丁なのか、謎がとけてスッキリしました。感謝、感謝、大感謝です♪
Commented by mariko789 at 2018-03-13 01:23
★ イヴォンヌさま

私はこれが最後の欧州です。最後がバルセロナで良かった♪
イヴォンヌさんは、これからどこへでも行かれますよ~~
Commented by mariko789 at 2018-03-13 01:23
★  sternenlied3 さま

そうなんですよ~
空の色と雲次第で、写真の雰囲気はガラリと変ります。
ローマのスペイン広場、私も行きましたよ~
夫と喧嘩に明け暮れていて、あまり覚えてなくて残念。
星歌さんは、良い思い出になっていていいなぁ。。
私もアール・ヌーボーはお洒落で惹かれます。陶器や小物も。
Commented by mariko789 at 2018-03-13 01:23
★  ninja2005y さま

小田哲明さん、存じ上げなかったので検索してみましたが、男っぽくてカッコイイ方ですね。
影響を受ける方がいらっしゃるって、幸運と思いますよ~
お嬢様は音楽留学でしたか
イギリスの撮影をライフワークにとのこと、有難うございます。
私は回ってませんが、美しいところが沢山ありますよね。
私ももっと撮りたかったのに残念!
Commented by sternenlied3 at 2018-03-13 04:54
90年代に1人で5日間のバスのイタリア周遊旅行に
参加したことがあって、その時にローマにも寄ったのですよ。
他に巡った場所は気に入ってましたが、ローマだけはローマ中
観光バスや観光客が多過ぎて、行き交う車の排気ガスで空気も良くなくて、
あまり落ち着いて楽しめなかったのですよ。
でもスペイン広場だけは唯一この時穏やかに落ち着いた気配で気に入ったのでした。
イタリア周遊旅行では特にフィレンツェとアッシジが気に入ってましたね。

旅行中喧嘩するカップルって多いみたいですよ。
以前拙ブログにコメントしてくれた方々の中にも海外旅行中、
そのうちの1人はドイツのロマンチック街道のローテンブルクを旅行中、
夫婦喧嘩をしていたと書いてくれてた人達がいましたもの(笑)
かく言う私達も旅行中時々喧嘩してますものね(笑)

ええ?! これが最後の欧州旅行って、欧州を離れて、
どこか他の国に移住することが決まったのですか?
Commented at 2018-03-13 16:47 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by mariko789 at 2018-03-13 19:46
★ sternenlied3 さま

同じようなことをしていましたね~
私も92年にフィアンセだった夫とローマで待ち合わせて、なんたらいう海辺の街とフィレンツェに行き、
夫と別れたあと、テルミ二駅にスーツケースを預け、小ぶりのバッグ一つで列車でイタリア周遊、
スペイン、フランスを回り、オランダへ寄って日本へ帰りました。若かったなぁ。。
フィレンツェは美術館巡りに明け暮れて大いにエンジョイしました♪
夫とは、それっきり別れるつもりだったのですが、なぜか結婚してしまいました。

夏に岡山県に移住しようかと(だったらいいなぁ 笑)
Commented by mariko789 at 2018-03-13 19:47
★ 鍵(03-13 16:47)さま

やっぱり。。次は巧くいきますように(^_−)−☆
Commented by ninja2005y at 2018-03-13 22:02
小田先生って・・・・
↓ですよん。
http://tetsuphoto.blog.so-net.ne.jp/

この人は私に
「写真を撮るという行動は特別なことと考えず
ご飯を食べるのと同じレベルで向かいなさい。」
と教えてくれた人で
マグナムのコンテストでも賞を通られた人で
ま、ブログ見ていただいたらお分かりになるかと
思いますが、かの指揮者、佐渡裕さんやヴァイオリニストの五嶋みどりさんとも友達ですね。

>>お嬢様は音楽留学でしたか

いえいえ英語留学っすよ。(笑)
Commented by sternenlied3 at 2018-03-13 23:40
動物達の表情がうまく捉えられてますね♪
皆のどかな表情をしてるようで、優しくされてるのでしょうね。
特にライオンの優しげな瞳に注目してしまいました。
こんな穏和な顔してるライオン見たの初めて。
カバの子って可愛いですよねえ。

ウィーン旅行記、他の記事も皆拝見しました。
1995年から1998年にかけて何度もウィーンに行ってたんですね。
私も丁度この時期に頻繁にウィーンに行ってたのですよ。
ヨガの恩師がこの期間ウィーンに滞在してたものですから。
もしかしたらどこかでニアミスしてたかもね(^_-)-☆
Commented by mariko789 at 2018-03-14 01:33
★ ninja2005y さま

リンクして頂いた小田氏のサイト、そちらへ伺ったのです、先ほど。

「写真を撮るという行動は特別なことと考えず
ご飯を食べるのと同じレベルで向かいなさい。」

それはもう全く、俳句に対峙する心構えとして、先輩から聞いたのと同じです。
なんでも道を究めようとすると、同じなのでしょうか。

お嬢様、英語留学でしたか。それは頼もしいですね!♪
Commented by mariko789 at 2018-03-14 01:33
★ sternenlied3 さま

動物園を見て下さり、有難うございます!
ライオンの瞳にご注目、嬉しいな。

ウィーンのほうも、ダンケダンケ\(^ ^)/
沢山、記事があったのに(文字も多くて)・・・読むの大変でしたでしょ。

本当に、どこかですれ違っていたかも、ですね。
不思議なご縁を感じます♪
Commented by とし坊 at 2018-03-14 10:37 x

バルセロナ動物園の様子を楽しく拝見。

”白いゴリラ”は残念でしたね。
marikoちゃんの落胆振りを考えると是非見てみたかった思いがこみ上げてきます。
しかし26年前とはちょっと日にちが経ちすぎですね。

>2)退屈そうな王者 ライオン
しかし、目元と口元の様子に王者の風格がうかがえます。

>6)バーラルと思います。
う~ん、その通りですね。
”理知的な眼”というmarikoちゃんの思い通りの画像です。
ひょっとしてご主人の目元に似ているのでは~~~!

昨日は予約投稿に対する進言、Thank youでした。
今日、再挑戦して成功しました。
Commented by mariko789 at 2018-03-14 16:15
★ とし坊さま

白いゴリラ、当時の私としては珍しく写真を撮っていて、それは今もアルバムに貼ってあります。
すごい珍しいゴリちゃんだったのねぇ~

夫は職場にいるときは理知的な眼かもしれませんが(?)家の中では単なる酔っ払いです(~_~;)

予約投稿のご成功、おめでとうございます\(^ ^)/
なんでも進歩してゆくのは楽しいですね♪
(コメントを有難うございます!)
Commented by sternenlied3 at 2018-03-14 16:51
不思議な縁。。。
思えば、栗塚旭の土方歳三が取り持ち役でしたよね(^_-)-☆
Commented by ninja2005y at 2018-03-14 22:24
撮影に向かう姿勢の基本は小田先生から
画風はケンさんからって感じっすね。

厳しかったのはケンさんですけどね。(笑)
Commented by mariko789 at 2018-03-15 05:32
★ sternenlied3 さま

>思えば、栗塚旭の土方歳三が取り持ち役でしたよね(^_-)-☆

あはは!思い出すたび可笑しい♪
Commented by mariko789 at 2018-03-15 05:33
★ ninja2005y さま

二人も尊敬する師をお持ちのninjaさん、ラッキーですね。

これからも思う存分、修行なさってくださいね!