always over the moon

Portimao  @Algarve ,Portugal

ポルティマン(Portimao) @アルガルヴェ(ポルトガル)


10月12日: アルブフェイラのホテルから、タクシーでバスターミナルへ。
そしてバスに揺られること70分、おめあてのポルティマンへ着いた。

降ろされたのは、港。あれ? あれあれ? こんなありきたりの港なの?

f0053297_03080336.jpg






ガイドブックに載っていた鄙びた漁師町の面影が、爪の先ほどもない。

「ちがうのよ、こんなところじゃないの」
首から下げたカメラを片手で押さえ、右往左往する私。
泣きそうになる。夫は嫌そうな顔をあらわに、足踏みをしている。

ちょっと待って。ガイドブックをめくる。
ポルティマンの Ferragudo(フェラグド)、そう、そこへ行かなくちゃ。

地図を確かめる。ここから近いはず。
ホテルを出た時間が遅かったので、帰りのバスの出発まで3時間しかない。

f0053297_03103320.jpg

「こっちの方だろ」夫が地図を横目に、ずんずん歩き出す。行きどまる。
それを何度か繰り返すうちに、夫が飽きてしまった。
このあたりでビールを飲んで帰ろう。とんでもないことを言い出す。

それじゃなんのために、こんな遠くまで来たか、わからないじゃない。私は嫌よ。
絶対にフェラグドに行くんだから。フェラグド、フェラグド、フェラグド・・・

f0053297_03120788.jpg

トラックに荷物を積み込んでいた女の子をつかまえ、「フェラグドはどこですか?」
「あっち。あの橋を渡ればいいのよ」彼女はわけもなく答えた。

彼女の指さす先には、長い長い橋が見える。
「あの橋、歩いて渡れるんですか?」
「うん。」彼女は作業を続けながら頷く。

私はほぼ駆け足で橋に向かってゆく。
「僕はここで待ってる」とふて腐れていた夫が、なぜか急に早足で私を追い抜いてゆく。

f0053297_03130485.jpg
 
そして、彼が先頭をきって橋の歩道を渡り始めた。
歩道といっても、鉄板を敷いてあるだけなのだ。
自動車専用のアスファルト道の端っこに、おまけのようについている鉄板の歩道。
しかも車道のガードレールと、歩道との境界に、15cmほどのギャップがあり、
そこからたゆたう海が目に突き刺さってくる。
風が吹くと、ギャップに足が吸い込まれてゆくようだ。

夫が歩くたびに、鉄板がパタンペタンと悪ふざけをしているような音を立てて弾む。
ガイドブックを握り締めた右手がじっとりと汗ばんでくる。
左手はショルダーバッグを抑えたまま固まってしまった。
首から下げたカメラが歩くたびにコトコト胸をたたき、緊張のあまりに心臓が痛い。

「こ、こわいね」夫の背に声をかけると
「チビリそうなんだから、話しかけないでくれ!」彼の声が心なしか震えている。
私は彼の大きな背中が風除けになっているけれど、彼は全身で風を受けているのだ。
しかも夫は、私の百倍も高所恐怖症なのだった。

橋は長い。行けども行けども終わらない。
私たちのほか、人っ子一人歩いていない。 

この薄い鉄板に隔たって死が大きな口をあけている。
人間、いつどこで死ぬかわからないよなぁ。

空は青に青を重ねたごとく、底の底まで青い。(つづく)




.
____________________________________________

【 2017年年10月ポルトガルの旅 】



 

 
 



[PR]
by mariko789 | 2017-10-28 03:34 | olympus OM-D E-M5 | Trackback | Comments(32)
トラックバックURL : https://mariko789.exblog.jp/tb/28334962
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by isao1977k at 2017-10-28 04:05
綺麗な港ですね。
旦那さん、高所恐怖症なんですか。
私の父も高所恐怖症。
ちなみに私は高いところ大好き!
その橋、渡ってみたいなぁ。
Commented by mariko789 at 2017-10-28 04:13
★ isao1977k ちゃん

わ!コメント、シンクロしてたー(笑)
夫のみならず、私も年取って高所恐怖症になっちゃったよ(~_~;)
この橋、けっこう高さもあった。大きな船がくぐれる高さだから。
くーちゃん、渡ってみたい? 怖いよ~
Commented by 百合かがり at 2017-10-28 07:52 x
>「チビリそうなんだから、話しかけないでくれ!」彼の声が心なしか震えている。
私は彼の大きな背中が風除けになっているけれど、彼は全身で風を受けているのだ。
しかも夫は、私の百倍も高所恐怖症なのだった。

まり子さん、またまた共通点見つけました。朝から楽しくなりました。私は高いところ比較的好きです。
狭所恐怖症ですが~

パック旅行と違い、まり子さん達の旅では本当に旅の(醍醐味)をこちらまで味わうことが出来ます。
何と言っても、まり子さんの写真に動き、
紀行文にリアリティがあり、素敵です。
しばらく、楽しめますね!
Commented by tomoji at 2017-10-28 09:43 x
>トラックに荷物を積み込んでいた女の子をつかまえ、「フェラグドはどこですか?」
「あっち。あの橋を渡ればいいのよ」彼女はわけもなく答えた。

そうですよ、旅先で道に迷ったら遠慮なく人に聞きまくってください。私もそうしてます。
でも最近はスマホでグーグルマップと位置情報で自分の居る場所を確認しながら歩いてい
て道に迷っていそうな旅人は見かけませんね。

先日、電車の隣に座ったラテン系の女性がスマホでSNS経由でしょうか?国の両親とビデオ
会話している(オーラ!ブエノスディアス!と思わず横入りしそうになりましたが)のを
横から見ていましたが、世界中今はそんな時代なんだな~とふと思わせられました。

Commented by ユッキー at 2017-10-28 10:04 x
いやぁ〜 怖いよぉ〜
いったん、足を踏み入れてしまうと
ひきかえすも、怖いよぉ〜

わかる〜 わたしも、こういうとこ、渡れない。
写真、見ただけで、長いわぁ〜 ムリ ムリ。


さて、行った先は、怖さを、忘れさせる所だったのだろうか?

それにしても、
帰りがあるのよ〜!
Commented by 桜姫5 at 2017-10-28 14:36 x
お写真熱海の港と似てま~す お洒落な港(^^♪
でも、次回のお写真が楽しみ(わくわく

わらひも、高所は中年から平気でしたが
この頃は加齢により、又苦手に!(汗
ホント!お帰りが心配な、長い橋ですね(汗

相変わらず文章がお洒落!拍手(^^♪
Commented by to_shi_bo at 2017-10-28 15:31
う~ん、フェラグドへの思惑と希望が執念のような文章になっています。
>彼女の指さす先には、長い長い橋が見える。
よかった!目差す先が見えてきました・・・♪

>橋は長い。行けども行けども終わらない。
足場は悪いし強風に悩まされて、こりゃ大変なところみたい。
とし坊が歩いた長い橋は大阪の淀川で距離は約400㍍。
それでも夏場だったもので暑さで疲れてくたくたになりましたよ。
marikoちゃん、半分恐怖と戦いながら渡った先に一体何が待ち構えているのだろう?
次回をお楽しみ・・・というところかな!
Commented by mariko789 at 2017-10-28 15:36
★ 百合かがりさま

私もかつて高所は意外と平気だったのですが、
どこかの鐘楼で強風に煽られていらい、苦手になりました。怖いです(~_~;)
この橋の件では、夫に本当に気の毒なことをしました(苦笑)
長い文を読んでいただき、感謝感激です(*´▽`*)
Commented by mariko789 at 2017-10-28 15:38
★ tomojiさま

夫は人に尋ねるのは恥だと思っている典型的なイギリス人で、困ったものです。
私が人に尋ねても、ほぼ怒ります。スマホ、便利そうですねぇ~
うちは永遠に買わないと思いますが・・・買ったほうが良いのかなぁ???
スマホで海外へビデオ会話。。メッセンジャーなどですと無料ですしね。
すごい時代になりましたよねぇ~~ヾ(^▽^)ノ
Commented by mariko789 at 2017-10-28 15:39
★ ユッキーさま

そうなの! 後にも戻れなかったんよ。
後を向くと、私が先頭になってしまう。それだけは避けたかった(>_< )
あの怖さ、一生忘れないと思う。
帰りは・・・また読みに来てね♪
Commented by mariko789 at 2017-10-28 15:40
★ 桜姫5さま

熱海に似ていますか? 世界中、どこも港は似ていますよね~♪
次回は、鄙びた漁師町でっせ~~

私も高所はすっかり苦手になりました。握手です!(*´▽`*)
文は、原稿用紙50枚以上とか、長いのならいくらでも書けそうなのですが、
ブログ記事などで、短くしようと思うと、ダメになります。
俳句はたった17文字で、私には厳しいー!
Commented by mariko789 at 2017-10-28 15:46
★ to_shi_bo さま

実は、ガイドブック(リバプールで購入)の表紙が、フェラグドで、いい写真だったのです。
表紙になるほどの景色なら、絶対に見なくちゃって、執念を燃やしました(めらめら~~

淀川の橋も400mは長いですね! お疲れ様でした♪
京都ならきちんとアスファルトの歩道なのでしょうねぇ~

次回は鄙びた漁師町でっせ。写真はアレでしたが、行って良かったです!
Commented by sternenlied2 at 2017-10-28 16:34
バスで行かれたんですね。
クレタ島に行った時はレンタカーを借りないで、他所を訪れる時に
バスを使いましたが、クノッソス遺跡のあるヘラクリオンまで
2時間くらいかけて行きましたっけ。次の停留所の名前を
言ってくれないので、視覚だけが頼りで、大冒険でした。
目的地に向かって一心に危なそうな橋を渡る。。。というのもクレタで体験してます。

http://lichtblume.exblog.jp/15982615/

通過儀礼のような橋を渡った先に何が待ってるのか楽しみですね。

Commented by yuta at 2017-10-28 17:36 x
こんにちは
前記事から見ました。
やはり?思いがけないことの連続のようですね。(笑)
古びた漁師町というよりおしゃれなリゾート地に見えます。
遠目からでもこの橋は高くて長くて怖そうです。^^
Commented by yamaoji at 2017-10-28 18:06 x
yamaojiがイメージする 漁師町 は、イカ釣り漁船のでかい電球がいくつも・・・
番屋に近くでは、網を作ろうハチマキをした日焼けした漁師・・
時々、カモメの鳴く声が・・・
これって、マジな ど演歌 の世界ですね・・・
でも、嫌いじゃないですよ、学生時分鳥羽にツーリングした時、海女さんが呼びかけてくれて、捕りたてのサザエを焼いて食べさせていただきました、醤油を使わず、しあげは、海水を指でチョンと、美味しかったです、by yamaoji.
Commented by たんと at 2017-10-28 21:12 x
恐怖の?橋を渡りきったところは念願の「鄙びた漁師町」。
それを信じて、続編結末を期待しましょう。
何だか楽しい出会いが広がっている予感もありますが♪
Commented by ninja2005y at 2017-10-28 21:40
えーーーーーーーーーーーーーーーーっ!
いいところで続く~って・・・・
そりゃないよぉ~(笑)

>>「ちがうのよ、こんなところじゃないの」

うんうん。
解りますよ。解ります!
そのこだわり!
marikoさんのいう漁師町
何となくですが想像できますん。

次、楽しみにしてますね。
私もそういう漁師町って
たぶん好みだと思います。(^_-)-☆
Commented by mariko789 at 2017-10-28 23:04
★ sternenlied2 さま

「白いチャペルへの道」拝見しました。
クレタ島には1995年ころ半年住んでいましたが、こんな素敵な場所があったなんて。
この凸凹の一本道も怖ろしそう!! 通過儀式、巧いこと仰る。
クノッソスでは神秘的な体験をしました。懐かしい・・・・
クノッソスの投稿があったらご紹介をお願いします。
私は当時はほとんど写真を撮ってなくて。。
Commented by mariko789 at 2017-10-28 23:13
★ yutaさま

前記事から見てくださり、サンキューですヾ(^▽^)ノ
旅はハプニングですね~。とくに私のような間抜けですと(冷や汗
古びた漁師町は次回にお目見えしますです。
この橋、思い出しただけでぞーっとします!
Commented by mariko789 at 2017-10-28 23:13
★ yamaojiさま

次回の漁師町は、烏賊もあり網を繕う漁師(写真あり)もいて、
カモメも鳴いているし、ど演歌の世界です。私もそういうの好きですよ♪

海女さんが焼いて下さった捕りたてのサザエ、紅顔の美青年だったyamaojiさん!
素敵なエピソードのご紹介を、ありがとうございます♪
Commented by mariko789 at 2017-10-28 23:15
★ たんとさま

はい、なんとか念願の漁師町に遭遇できました。
人間、諦めちゃダメなのねぇ~ヾ(^▽^)ノ
これから長々と続くポルトガル旅行記ですが、この先は、恐怖はありませんでした♪
Commented by mariko789 at 2017-10-28 23:15
★ ninja2005y さま

鄙びた漁師町。気に入った写真は、撮れなかったけれど、
行って良かった!
橋は怖かったけれど後悔はしてません???
Commented by sternenlied2 at 2017-10-29 03:01
クノッソスの写真もアップしてますけど、
アルバムに貼っていた大分前に撮った写真を
カメラで写した写真ですから、
写りがあまりよくありませんですよ。
3つの記事にアップしてます。

http://lichtblume.exblog.jp/16004673/

http://lichtblume.exblog.jp/16007192/

http://lichtblume.exblog.jp/16011724/

読み返してみたら、バスで3時間かかってましたわ。
乗り継ぎの停留所での待ち時間も合わせてですけど。

クノッソスで神秘的な体験を?
それは興味深いですね。デジャヴ体験とか?
クノッソスを訪れていた時ではないのですが、
何年か経って、クノッソスの遺跡に描かれていた
イルカのフレスコに関係した神秘的な体験をしてます。
Commented by tomoji at 2017-10-29 08:26 x
>うちは永遠に買わないと思いますが・・・買ったほうが良いのかなぁ???

marikoさんがもしタイに住むようになったら買わざるを得なくなりますよ。
昔の2Gのシムはもう買えなくて、3Gか4Gシム対応の端末といえばスマホか
iPhoneしか選択の余地は無いと思います。MBKに行けば中古端末安く買える
ので心配は無いと思います。
Commented by mariko789 at 2017-10-29 15:05
★ sternenlied2 さま

リクエストにお応えいただき、感謝です♪

ポンペイも行かれたのですね。私も独身時代、一人で行きました。
行ったところ、かぶってますね~~

「クノッソス遺跡 3」の3枚目の壁画、よーく覚えています。イルカのフレスコ画も。
イカロスの翼の話、私は知りませんでした(恥
ギリシャ神話の本も読んだのになぁ。。あの本、もう捨てちゃったし。。

私はクレタ島は住む前にも2度行ったのですが、一度はハニアにホテルをとって、
イラクリオンまで普通のバスで行きました。何時間もかかったと思う。
で、そのままイラクリオンが気に入りホテルをとり、ハニアには最終日まで戻りませんでした。
そのとき、クノッソスも行きました。私は遺跡は世界でずいぶん見てきましたが、
クノッソスではお察しのとおり「デジャヴ体験」しました。それも震えるほどの。。
Commented by mariko789 at 2017-10-29 15:08
★ tomojiさま

え!そうなの? どうしよう、使い方、判らないよう~(☍﹏⁰)ノ
それにスマホって高いんでしょ。本体も使用料も。うちは貧乏だし。。
中古なら買える?? 
Commented by sternenlied2 at 2017-10-29 17:14
閉まる前の夕暮れの日差しに照らされたポンペイは
神秘的でとても印象深かったですよ。
私たちもクレタを巡った時は普通のバスを利用しましたよ。
一度だけ南部を巡る観光バスのツアーに参加したことがありましたが。
ハニアにも普通のバスで行きました。ハニアから東に40km程離れた
Georgioupoliというところに宿泊していたのです。
近くにクレタ島で唯一の淡水湖Kournas湖もあって、そこにも何度か歩いて行きました。
ハニアは遠方に白い山が連なっていて、景観的には割と気に入ってましたよ。
イラクリオンの方が気に入られたのですね。
半年クレタ島に住んでた時も、きっとイラクリオンに住んでたのでしょうね。
ちなみにヘラクリオンとイラクリオン、二つの呼び方があるようですが、
現地ではどちらの呼び方がされてましたか?

クノッソスでやはり強烈なデジャヴ体験がありましたか。
marikoさんが前世でクノッソスと関わっていたっていうの、
なんとなくイメージ的にしっくりきますね(笑)
私も強烈なデジャヴ体験があります。場所はインドです。
行った場所がよく重なるそうなので、marikoさんはインドにも行かれてるかもね。
そのデジャヴ体験では向きは過去ではなく、未来だったのですが、
その体験について記事に綴ってます。

http://lichtblume.exblog.jp/16691278/

ポルトガルのテーマからずれて恐縮でございますが。
Commented by tomoji at 2017-10-29 17:35 x
スマホもピンからキリまであって、新品の中国製無名メーカーの安いのだったら
3000B位からあります。もし運がよければ、DTACやAISのプロモーションで安く
買える時もあります。各会社によって色々プロモーション契約を行っていて、
通信会話費(分単位の値段)とデーター通信費’(スピードやデーター量)の組み合わ
せで値段も違ってきます。ネットでも調べられますが、直接営業所に行って聞いたほう
が分かりやすいです。受付で英語で申し込めば英語の出来る係が応答してくれます。
Commented by ninja2005y at 2017-10-29 21:03
>>気に入った写真は、撮れなかったけれど

いやぁ~それは、難しいですよ。
あ・・・marikoさんが・・・というのではなく
アマチュアカメラマンとして
本当に気に入った写真って
早々に取れるものじゃあないですよ。

わたしも写歴10年以上になりますが
それでも本当によくできた写真
気にった写真って4枚だけですもん。
最近のだと・・・・・
HP:England / France 2015 の
最初の飛行機の翼から
7枚目のドーバー海峡(シーフォードの砂浜)で写した2隻のボートぐらいですもんね。

それでも2年経ってますもんね。
でも、両手放しでというものでもなく
若干気に入らないところもありますもん。

Commented by mariko789 at 2017-10-29 22:00
★  sternenlied2さま

ポンペイ、私は全く写真をとってません。残念無念です。

>クレタ島で唯一の淡水湖Kournas湖

行ってません。ほとんど観光らしいことしてなくて。
クレタ島で英語教室を開こうと目論んで奔走していました。
イラクリオン(と呼んでいました)で親切な人々に出会ったので、とどまりました。

インド、私もぐるりと周りました。タージマハルもガンジス河も行きました。
夫と結婚したあとですが、写真は殆ど撮ってません。
星歌さんのデジャヴ記事、なんか凄いわ~。運命のめぐり会い。
ヨガをなさってた? 私も少しですがヨガを習っていました。
オーストリアもですが、行ったところ被りまくりです。まだまだありそうです。
Commented by mariko789 at 2017-10-29 22:00
★ tomojiさま

>通信会話費(分単位の値段)とデーター通信費’(スピードやデーター量)の組み合わ
せで値段も違ってきます

ややこしそう(>_< ) 私にはムリかも~~
携帯電話なしでも生きてゆけますよね(弱気
しかし、、夫は必要かも??
Commented by mariko789 at 2017-10-29 22:01
★  ninja2005y さま

10年以上で4枚ですか!? それは理想が高すぎるのでは。。。

 
>ドーバー海峡(シーフォードの砂浜)で写した2隻のボートぐらいですもんね。

いい写真ですねー!ヾ(^▽^)ノ
ほかにも雰囲気のある写真が何枚も。あの絶壁の海の写真もありますね。拍手、拍手!
私も行きたくなってきました。とうてい無理ですが。。