always over the moon

Albufeira① , Algarve ,Portugal

アルブフェイラ(Albufeira) ①  アルガルヴェ(ポルトガル)


10月11日:  ファロ(Faro)の空港から宿泊先のアルブフェイラのホテルに到着。
予約の手違いがあり、料金高めの部屋になったものの、バルコニーが二つある大きな部屋をとれた。

近くのレストランで軽食をとり、喉を潤す。
レストランの女主人によると前日まで30℃を超える暑さだったという。
「今日はいくぶん涼しいわ。」微笑む彼女は、若かりし頃の芳村真理に似た美人。

その後、オールドタウンに向かう。ビーチ沿いに歩いて20分もかからない。
雨ばかりで肌寒かったリヴァプールから一転し、まるで真夏である。
ビーチ沿いには、特有の大きな岩がそそり立っていた。
f0053297_16372502.jpg


 





真ん中あたりに見える船のようなものは、海を見はるかす展望台。
空が不安定で、不意に雲行きが怪しくなる。
f0053297_16553358.jpg




オールドタウンの、海を臨む崖っぷちのレストランで、夕食をとる。
どこの店のメニューにも必ずある、名物の「鰯の炭火焼」をチョイスした私。(一皿 € 6,5)
熱々の熱気で、ぼんやりとした色に撮れてしまったが、
新鮮で生臭さがまったくなく、小骨や内臓まで平らげてしまった。
こういう味覚の人々が暮らす町なら、私も住めそう。
f0053297_17062017.jpg


夫が選んだのは、「ポルトガル風ビーフステーキ」
ステーキというよりシチューだな、と少々不満げな夫。
シーフードの店で、ビフテキなんぞ注文するからよ、という言葉は声にはしない。
f0053297_17134448.jpg




寝不足ですっかり疲れてしまった。そろそろホテルに戻ろう。
板を敷きつめた木道を踏んでゆく。砂浜と違ってとても歩きやすい。
砂浜には、おびただしい数の割れた貝殻が散乱していて、足につき刺さってくるのだ。
やはりシーズンを外れているのか、ビーチパラソルの下にくつろぐ人は少ない。
さっきまで群がっていたカモメもいつのまにやら影をひそめてしまった。
f0053297_17160768.jpg




没日。釣り人が幾人か竿を振るっている他は、ひっそりとしている。
f0053297_17202306.jpg




ホテルの二つのバルコニーのうち、海に面していないほうから。
部屋は五階で見晴らしが良い。白い家々に煉瓦色の屋根。統一された色彩の安らかさ。

私は色にはチトうるさい。
洗濯物を干すにも、洗濯ばさみの色にこだわる。反対色できりっと決めるか、同系色で渋く決めるか。
もちろん洗濯ばさみはクレヨンなみに色を揃えてある。
こうした小さなこだわりがあると、賽の河原の石積みのような家事をするのも退屈しないのだ。

そんな私から見ても、ポルトガルのカラーコーディネイトには感嘆するばかり。  
f0053297_17224214.jpg





____________________________________________


【 2017年年10月ポルトガルの旅 】





 
 



[PR]
by mariko789 | 2017-10-25 17:47 | olympus OM-D E-M5 | Trackback | Comments(28)
トラックバックURL : https://mariko789.exblog.jp/tb/28302464
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by yamaoji at 2017-10-25 19:02 x
素敵な、所ですね!
焼き魚にビーフステーキ、yamaojiのすきなものだらけじゃないですか・・・色合いも好いし、美味しいですよね、
最後のお写真、yamaojiには、プリンに見えました、屋根がカラメルシロップのようで・・・
ほんと、頭に中食べ物のことで目いっぱいです、
今日も、ご馳走様でした、   by yamaoji.
Commented by tomoji at 2017-10-25 19:12 x
2枚目の写真の雲はファンタスティック!。その頃大西洋を北上中のハリケーンの
せいですね。さっそく出ました鰯の炭火焼、フォークとナイフで食べたのでしょうか?

ご主人のステーキ、味はどうだか分かりませんが、あまりおいしそうに見えませんね。
最後の写真の景色はやっぱりポルトガル中部以北の町とちがってリゾート地という
感じですね。
Commented by isao1977k at 2017-10-25 19:22
どの写真も素敵ですよ。
鰯の炭火焼、名物なんですね。
日本では今年は秋刀魚が不漁な代わりに鰯が多くとれているらしいです。
シーフードのレストランだったんですね。
私も肉より魚かな。
お刺身が大好きです。
Commented by mariko789 at 2017-10-25 21:48
★ yamaojiさま

食べ物も、絶対に日本人の口にあうと思いましたよ。

>最後のお写真、yamaojiには、プリンに見えました、屋根がカラメルシロップのようで・・・

あはは そういえばプリンが食べたくなりました(^0^)
Commented by mariko789 at 2017-10-25 21:49
★ tomojiさま

ハリケーン・ブライアンは、私の留守中に、
イギリス(アイルランド)に突撃していたもよう。
今年はハリケーン、台風の当たり年なのでしょうか(怖!

tomojiさんお勧めの鰯の炭火焼、あんまり美味しいので、他の店でも食べました。
トルコの鯖サンドといい、安くて美味しいB級グルメの傑作と思います。

ポルトガルの北のほうは、景色が違うのでしょうね。行ってみたいなぁ。。
Commented by mariko789 at 2017-10-25 21:49
★  isao1977k ちゃん

ありがとう!\(^ ^)/
日本でも鰯は大漁なのね。旬のお魚を美味しく頂くのが一番でしょう♪
お刺身、私も好き。お寿司屋さんがあったので、行けば良かったかなぁ。。
Commented by ninja2005y at 2017-10-25 22:19
>>特有の大きな岩がそそり立っていた。

ここの岩肌は黄色なんですね。
うん。解りますよ。
私等もイギリスのセブンシスターズと
同ドーバーのホワイトクリフには
感動しましたもん。
でも、ここも綺麗ですね。
う~ん・・・・良いなぁ~。

>>名物の「鰯の炭火焼」

ふふふ。
よろしいなぁ~
日本でいう一夜干しと言ったところでしょうか?
やっぱり骨ごとバリバリとたべるんですかね?

>>シーフードの店で、ビフテキなんぞ注文するからよ

うっ!ギクッ!
私も以前、京都でトンカツ定食を食べて
ヨメに「なんで京都来て?湯豆腐でしょ!」って
たしなめられたことがりまして・・・・(笑)
いやいや、お茶目な旦那様ですね。(笑)

最後の写真は
トイモードとかでしょうか?
なんかオモチャの町のようで
かわいいですね~。


Commented by sternenlied2 at 2017-10-25 23:12
Albufeiraに宿泊されていたのですね。
私達がいつも宿泊するのは、ここから東に10数km程
離れたところにある浜辺のホテルです。
赤や黄色の崖が連なってるところです。
Albufeiraにも何度かやってきて、海を見下ろす崖っぷちに
建つレストランで、私達も食事したことがあります。
鰯の炭火焼は美味しいですよね。私達もアルガルヴェで
レストランに入ると、これを注文したくなります。
付け合わせのジャガイモも美味しいんですよね。
いろんな国の海で夕陽を見てきましたが、私にとっては、
アルガルヴェで見る夕暮れ色が一番美しいように思えます。

Lagos, Portimao, Silves, Praia da Senhora da Rocha に行って来られたのですね。
その中ではLagosとSilvesを訪れました。
他に行ったのは、Carvoeiro、Almacil、Estoi、Olhão、Tavira、
それからスペインとの国境近くにあるCastro Marimには、
アンダルシアに滞在してた時に訪れました。
これらの場所を一度に訪れたのではなく、アルガルヴェには6回ほどやってきたので、分けてね。
EstoiとTaviraは素敵なところでしたよ。
Commented by mariko789 at 2017-10-26 03:30
★ ninja2005y さま

>イギリスのセブンシスターズと 同ドーバーのホワイトクリフ

行ってないです。コーンウォールも良さそうですよねぇ~

>やっぱり骨ごとバリバリとたべるんですかね?

いや、背骨はさすがに食べませんでした(。◕‿◕。)

>ヨメに「なんで京都来て?湯豆腐でしょ!」って

うふふ。ninjaさんも夫も、男の人ってやっぱりお肉が好き?

>最後の写真は トイモードとかでしょうか? 

見抜かれましたね(^_−)−☆ ジオラマで撮ったと思います。
Commented by mariko789 at 2017-10-26 03:30
★  sternenlied2 さま

>アルガルヴェで見る夕暮れ色が一番美しいように思えます。

私もそう思います。なんででしょうねぇ。
空気が違うのか、海の色なのか、空なのか。

Silvesはとっても良いですよねぇ。私も城砦の町を満喫しました。

>他に行ったのは、Carvoeiro、Almacil、Estoi、Olhão、Tavira、

Taviraは行きたかったのですが、遠すぎました。うーむ、、やっぱり素敵なのかぁ~

>スペインとの国境近くにあるCastro Marim

夫が興味を示していましたが、遠すぎて行けませんでした。

うーむ、、やはり一度では回りきれないですよね。
また行きたくなってきました。
Commented by ユッキー at 2017-10-26 05:08 x
うわ!ステキな写真!
ビーチに板の道が、助かるね。
これ、イワシって、読むんでしたっけ?
美味しそう!このくらいの焼き具合が美味しいのよね。
そ。シーフードの店で、ステーキは。ちょっと〜だよね。
声に出さない。経験から覚えた知恵 ね。
私も、今は、面倒になりそうな会話はしてない。
へーーー。ビーチに岩、珍しいですね〜
Commented by 百合かがり at 2017-10-26 08:04 x
まり子さん、ポルトガル!自然もグルメも良い国ですね~

風景写真、旅してみたいと思った私には、ワクワクする写真ばかりです。
また、(鰯の炭火焼き)美味しそうで、食べてみたい位!

そして、洗濯ハサミの件、私も一時そんな時有りました(笑い)
夫や子供に「拘るところ、間違ってへん???」と小馬鹿にされて止めました(笑い)
まり子さんは「ぶれず」にさすが!です。
Commented by to_shi_bo at 2017-10-26 10:24
凄い岩ですね。
地震などで崩れたら大変・・・ポルトガルは地震が無いのかな?

船のような展望台・・・こりゃ怖いわ。
強風でもあればかなり揺れそうですね。

>板を敷きつめた木道を踏んでゆく。
この写真に度肝を抜かれましたね。
眼底を揺るがすような遠近感が印象的です。
こりゃ~marikoちゃんの腕前か♪

>ポルトガルのカラーコーディネイト
色彩にうるさいmarikoちゃんを感嘆させた色彩感覚豊かな街並み
・・・う~ん、日本には見当たりませんね。
とし坊もうなりました♪

ところでファドはポルトガルの音楽ですか?
実は俳句の師・伊丹三樹彦が特に好んで聞いていました。
有名な女性歌手????名前は忘れましたが♪
Commented by mariko789 at 2017-10-26 16:35
★ ユッキーさま

ありがとう、ユッキーさん!ミ◕‿◕ミ
鰯は,イワシで正解です♪ 
ホアヒンにはシーフードも、わんさかあるからいいよね~
そうそう、喧嘩の種になりそうな会話はしない、それが一番!
Commented by mariko789 at 2017-10-26 16:36
★ 百合かがりさま

百合さん、ポルトガルは撮影心を揺さぶられる国でした!
イワシの炭火焼は、日本の昔の七輪で焼いた感じかな。
洗濯ばさみの件、またまた共通点発見!(笑)
私も、ヘンなこだわりで、しばしば夫の失笑を買ってますよ~
Commented by mariko789 at 2017-10-26 16:36
★  to_shi_bo さま

ポルトガルは、地震もありますよ、たまにですが、大地震も(>_< )
地震で崩れたら、ただじゃすまぬだろう的な場所は、これからも投稿してゆきます。

船のような展望台、私も行きましたが、高所恐怖症の夫は、縁までは進みませんでした。
強風のせつには、肝試しになりそう。

木道の写真を褒めて頂き、嬉しいです。腕というより、被写体ですね、写真は。

ファド。私も聴きたかったのですが、滞在した町では、週に二回しか演奏されてなく、チャンスを逃しました。
本来、ファドは男性が歌うものだそうですが、有名な女性歌手がいても、不思議ではないです。
哀調を帯びた歌だそうで、日本でいえば演歌でしょうか。
またポルトガルに行くことがあれば、聴いてきますね。とし坊さんのぶんも♪
Commented by ninja2005y at 2017-10-26 22:18
わたしらは時間が無かったので
腰を据えて撮れなかったのですが
本当は↓こんなところですので機会があれば是非にも行ってみて下さい。
確かシーフォードから12番のバスで20分ほどだったかと。
https://dlift.jp/photo/photoDisplayWorldHeritage1097
Commented by mariko789 at 2017-10-27 00:52
★ ninja2005y さま

リンク先、飛んでみました。
絶景ですねー! イギリス、侮れませんわ
機会があれば、撮りに行きたいです。
じつは、私は外国より、英国内を旅したいのですが
家庭の事情でそうもいかず。残念無念(>_< )
Commented by sternenlied2 at 2017-10-27 02:09
ポルトガルのファドの女王の名前はアマリア・ロドリゲスですよ。
拙ブログの記事の下方に彼女の歌声をいくつかアップしています。

http://sterntor.exblog.jp/25407024/

私も本場のファドを聞いてみたいなあ。
アルガルヴェには何度も行ってますが、私も聞く機会がなかったですね。
やっぱり本格的なファドを聞くなら、リスボンに行かなくちゃいけないかなあ。
Commented by mariko789 at 2017-10-27 02:13
★ 桜姫さま

咳はまだ続いていますが、元気です。ありがとうございます。
ポルトガルのイワシは大きめ、太めみたい。
砂浜の板、グッドアイディアですよね♪
ここはリゾートのせいか、格別に外観に気を配っているのかもしれません。
文章を褒めていただき、嬉しいです!(^◇^)
Commented by mariko789 at 2017-10-27 02:27
★ sternenlied2 さま

>ポルトガルのファドの女王の名前はアマリア・ロドリゲスですよ。

でしたか!!お教えいただき、嬉しいです!
女王の名に相応しい貫禄の歌声ですね~
次回、とし坊さんにもお伝えします。

ファド、生で聴きたいですよねぇ~~。
リスボンですか・・・・あまり撮りたくない街のような(~_~;)
Commented by mariko789 at 2017-10-27 04:43
★桜姫さま
メールで頂いたコメントが、どうしても送信できません。
ログインしても、しなくても、ダメです。
違う内容ですと、送信できます。
今、パスワードを変更したのですが、やっぱりダメです。
どうしてなのか、全く判りません(/_;)
Commented by たんと at 2017-10-27 08:28 x
いやはや、素晴らしい、のひとこと。
一枚一枚をじっくり覗き込んで滞空時間が長くなってしまいました。
情況描写のペンの動きも飽きさせません。
続編が楽しみです♪
Commented by mariko789 at 2017-10-27 14:50
★ たんとさま

ありがとうございます! そう仰って頂くと励みになります\(^ ^)/

調子に乗ってどんどん続けます。見に来てくださいね~♪
Commented by 麗門 at 2017-10-27 19:27 x
地図を見ました。
ポルトガルって西は大西洋、南はアフリカなのですね~
スペインにへばりつくようにあるんですね。
やはり街の色が統一されているのが美しく感じます。
一句出来ましたか?

Commented by ninja2005y at 2017-10-27 21:54
ちなみにリンクURLの
上から6枚目(家がある写真ね)の
場所は映画でのロケ地で2度ほど使われたのだそうです。

で、わたしもココを目指したのですが
結局、この場所への入り口が判らず
違う入り口からのアクセスでした。

でも、また行きたいっす。
Commented by mariko789 at 2017-10-28 03:46
★ 麗門さま

地図を見て下さり、ありがとうございます(*´▽`*)
大西洋は、私も久々でしたが、地中海ばりの透明度でした。
一句・・・歳時記は持っていったのですが、、あのぅそのぅ、、
Commented by mariko789 at 2017-10-28 03:47
★ ninja2005y さま

6枚目と1枚目がいいな、と私も思いました。
で、違う入り口からアクセスしての写真は・・・見せて頂いたでしょうか。
こういう場所なら何度でも行きたいというお気持、わかります!