人気ブログランキング |

always over the moon

ピーターラビットの里 (4)@湖水地方

※ピーターラビットの里 (1)(2)(3) の続きです。


ヒルトップの村


村の郵便局。
郵便ポストはまだ活躍中のようでしたが、ゲートは閉じられていました。
石造りの家に、手で積んだような石垣。

f0053297_15123498.jpg






右も左も石造りの家々が並んでいます。
この坂道を登った先に、ビアトリクスさんが所有していた湖がある筈なのですが、
残念ながら、坂の途中から通行止めになっていました。

f0053297_15150692.jpg



この写真は、ここへ到着したばかりで暗雲が立ち込めていました。
お城のような家も見えます。
ビアトリクスさんが子どものころ、お父上が借りていた夏館を偲ばせます。

f0053297_15170421.jpg



あたりには放牧場があり、ときおり小雨のけぶる中、羊や牛たちが寛いでいました。

f0053297_15192302.jpg




スーベニア・ショップ(お土産物店)です。
絵葉書が目的で入ったのですが、ピーターラビットのは見当たらず、
泣く泣く、風景やビアトリクスさんの家の絵葉書を買いました。
が、このあとウィンダミアの町で、念願のピーターラビットの絵葉書を見つけたのでした。

f0053297_15222520.jpg



この小さな白い木戸は「ピーターラビットがくぐった柵」と、リーフレットに書いてありました。
(写真の左側に、証拠写真を小さくはめ込みました)
じつのところは、あとから絵本に合わせて柵を作ったのではないでしょうか。
ピーターラビットのお墓といい、こういう村人のサービス精神は、楽しいですよね。

f0053297_15253402.jpg




村のメインストリート♪
綺麗な空気を吸って絵本の世界にひたって、すっかりリフレッシュ。

f0053297_15272855.jpg




気まぐれな青空が、ぶあつい雲間から顔を出してくれました。
傘を仕舞い、名残惜しくも心かろやかに ヒルトップの村に別れを告げました。

f0053297_15312207.jpg

★ 次回は 湖と湖岸です。


________________________________________




by mariko789 | 2017-08-30 15:42 | olympus OM-D E-M5 | Trackback | Comments(34)
トラックバックURL : https://mariko789.exblog.jp/tb/28107863
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by to_shi_bo at 2017-08-30 16:13
どの写真も興味津々ですが、さてどれをピックアップしようかな。
何でもないようですがスーベニア・ショップの感じがいいですね。
イギリスの一端を垣間見た気がします。
建物も良いがノンビリした人達の雰囲気に心が安まります。

村のメインストリート♪もいいですね。
風見鶏ならぬ風向計が嫌に目立ちます。
こんなところでゆっくりと1週間ぐらい過ごしてみたいです。
Commented by isao1977k at 2017-08-30 17:09
素敵な郵便局!
日本の郵便局ももっと素敵ならいいのになあ。
すっかり絵本の世界に迷いこんだね(^-^)
夢のあるところは良いなあ。
Commented by anohiwa at 2017-08-30 17:36
深呼吸を何回もしてしまいました。
私、こういう場所とは縁遠く、出掛けて初めてこういう風景に出会えます。
森の木々、遠くに見える家。
とにかくごちゃごちゃした都会しか知らない私は、こういう緑多い場所に憧れます。
お城のような家やひつじ!!!
はぁ~~~~~ ため息が出ちゃいます。

こういう石造りの家が多いと言う事は、あまり地震がないのかな?
Commented by たんと at 2017-08-30 18:11 x
いいですね。
全体的に、絵本のページを捲っているような錯覚に陥ります。
ゲストハウスの前でカメラに向かっているお方、
マリさんのようでもありますが♪
Commented by yamaoji at 2017-08-30 19:35 x
なんで、石造りの家を見て・・・・・
きっと実家の昔の日本家屋、板張りで、夜になると壁の隙間から明りがもれている・・・
だったので、重厚な作りにあこがてがあるんだと思います、
結構さんさくなさったみたいで、興味津々の超太ったyamaojiラビットがモジモジしはじめましたよ、
今日も、ありがとうございました、  

PS;また、北からロケットが北海道近海に・・・by yamaoji.
Commented by ninja2005y at 2017-08-30 22:16
おーっ!
伝統的なイギリスの家ですね。

しかし・・・・・
こうしてみるとヨーロッパって本当に面白いですね。

こういった感じのイギリスの家屋
木組みのドイツ
カラフルで街中が美術館のようなフランス
カクカク屋根のベルギー
底抜けに明るいスペインにイタリア
真っ青な海と空に浮かぶ真っ白な家が並ぶギリシャ

いやぁ~言い出すとキリがない。

で、ヤッパ、ヒツジさんと牛さんは
オヤクソクなんですね~。(笑)
Commented by mariko789 at 2017-08-31 00:40
★  to_shi_bo さま

今回も写真がぎょうさんになってしまい、かんにんどすえ~
スーベニア・ショップに一票をありがとうございます♪

>風見鶏ならぬ風向計が嫌に目立ちます。

ぜんぜん気づきませんでした!そういえばありますね!
ここで一週間暮らしたら…浮世離れしてしまうかも(^▽^)
Commented by mariko789 at 2017-08-31 00:40
★  isao1977kちゃん

古い古い郵便局もいいよね~
夢はあるけれど、、実際に暮らしたら不便なこともあるかもよ(^_−)−☆
Commented by mariko789 at 2017-08-31 00:40
★  anohiwa さま

深呼吸をしてくださり、嬉しいです\(^ ^)/
私も今、都会に住んでいるので、田舎が恋しいです。
しかしもう、田舎には住むチャンスはないかもしれません。

イギリスは滅多に地震はありませんよ~。あっても震度1とか?
Commented by mariko789 at 2017-08-31 00:41
★ たんとさま

>全体的に、絵本のページを捲っているような錯覚に陥ります。

嬉しいコメントをありがとうございます(^人^)感謝♪

>ゲストハウスの前でカメラに向かっているお方、

そういえば、私みたいですね! ほんと、服装とか雰囲気とかそっくりだわ!(驚!
Commented by mariko789 at 2017-08-31 00:41
★  yamaoji さま

私も重厚な石造りの家って憧れがあります。
煉瓦でもいい、って3匹の子豚みたいですが♪
yamaojiラビットさん、可愛いですよ~⌒(。・.・。)⌒

私もニュースで北朝鮮のミサイル、見ました。暴れん坊将軍、なんとかしなくては(*_*;
Commented by mariko789 at 2017-08-31 00:42
★  ninja2005y さま

  こういった感じのイギリスの家屋
  木組みのドイツ
  カラフルで街中が美術館のようなフランス
  カクカク屋根のベルギー
  底抜けに明るいスペインにイタリア
  真っ青な海と空に浮かぶ真っ白な家が並ぶギリシャ

巧いこと特徴を言い当ててますね!!
私はどこも行きましたが、、ギリシャは良かった。
クレタ島しか行ってませんが、出逢った人々も良い人ばかりでした(懐かしい・・・

>で、ヤッパ、ヒツジさんと牛さんは オヤクソクなんですね~。(笑)

写りが悪いのでUPするかどうか迷ったのですが、
これがないとね~、やっぱり田舎の雰囲気がでないでしょ(^_−)−☆
Commented by 桜 姫 at 2017-08-31 09:54 x
連作写真で、長閑な村の様子が良く解ります(^^♪大拍手

しかし坂の上の丘が彼方此方!村人は大変そう(汗
羊を集めるペーターも、見通しが悪くて大変!(汗
人間もピーターの青いジャケットとお揃いの!青い上着の方が多いですね(楽
各お家にある煙突は、冬になると使うお家も有りそうな村ですね(嬉
お陰様でわらひも、童話の世界に遊ばせて頂きました(^^♪
Commented by 百合かがり at 2017-08-31 10:53 x
>ゲストハウスの前のお方?
私もまり子さんを想像すると同時に私も良くこのタイプの服着ます。
(安物ですが~ 笑い)
湖水地方の写真、童話の世界、ピーターラビットの世界、
どっぷり浸かりました。
有難うございます。
絵本やラビット絵のカップなど、置いとけば良かったと~
田舎の風景、建物からその土地の人々の人柄や生活も見えて来るようでした。
まり子さんの素晴らしいライター力に拍手と感謝です。
Commented by 麗門 at 2017-08-31 11:29 x
この石造りが特徴ですね。
どの写真素敵で、なつかしく思い出します。
羊たちも近くまでやって来てくれました。
ポターさんのおうちの正面の写真はないですか?
Commented by hotate at 2017-08-31 12:23 x
湖水地方のレポート 楽しませてもらっています。一度、行きたかったなァ~
“ピーターラビットの冒険” 49歳になる息子に 最初に買い与えた絵本です。
シリーズを繰り返し繰り返しい読ませられました。
柵の下を潜って逃げる ピーター。
追っかける マクグレガーさん。
本当に 良い絵本です。
Commented by mariko789 at 2017-08-31 15:32
★ 桜姫さま

>羊を集めるペーターも、見通しが悪くて大変!(汗

坂が多いので(道も丘も)村人はエクササイズはいらないですね。住んでるだけで凄い運動量!

>人間もピーターの青いジャケットとお揃いの!青い上着の方が多いですね(楽

ですね! ここは青空欠乏症なので、青いジャケットでバランスが取れるかも♪

>各お家にある煙突は、冬になると使うお家も有りそうな村ですね(嬉

使ってると思います。うちも今朝は寒くて暖房を入れようか…(ぶるぶる)
Commented by mariko789 at 2017-08-31 15:32
★ 百合かがりさま

>私もまり子さんを想像すると同時に私も良くこのタイプの服着ます。

たんとさんとは実際にお会いしたことがあるのですよ~
そのときはスカートだったのに、なんで私が普段ジーンズばかりと判るのかしらねぇ~♪
百合さんと私と桜姫さまは、きっと凄くタイプが似てると思います(^◇^)
Commented by mariko789 at 2017-08-31 15:33
★ 麗門さま

どうですか、鮮明に当時のことを思い出されましたか?(*´▽`*)
羊たちが近くまで来てくれたなんていいなぁ♪
ポターさんちの正面の写真、あります!
Commented by mariko789 at 2017-08-31 15:33
★ hotateさま

見て下さり、コメントまで。ありがとうございます♪

>追っかける マクグレガーさん。

名前まで覚えてるってすごい記憶力!
絵がほのぼのと可愛いのみならず、彼女は植物や動物の研究をしていたので、デッサンが正確なのですって。
なるほどなぁと思いました。付け焼刃の絵本ではないのですよねぇ。

hotateさんの、近況報告の投稿を心待ちにしています(^_−)−☆
Commented by tomoji at 2017-08-31 15:46 x
お写真を拝見して、marikoさんが是非訪れておきたい気持ち、分かるような
気がしました。御伽噺にぴったりの村のようです。電柱の無い景色って空が
広く感じられます。生憎の天気で残念でしたが、雨の合間にたくさん撮影できた
ようでよかったですね。

Commented by yotarouu3 at 2017-08-31 17:41
まりこサン
どれを見ても絵本を見ている様な風景写真ですね~。
まりこサンの撮影技術があっての事でしょうが・・・
3.4番の様な処で暮らしてみたいです、年間の気候にも
よりますが長生き出来るでしょうね~。
Commented by ninja2005y at 2017-08-31 22:02
ギリシャも行ってみたいんですよ~。

実は、例のロードスホテルのオーナーが
ギリシャ人で、どうもロドス島の出身らしいんですね。

とまあ、そういうのもあるのですが
矢張り、アマチュアカメラマンとしては
一度でいいから、サントリーニ島の
マリンブルーの海に白壁で青い屋根の
あの町を写して周りたいのですが
ギリシャって今、経済的に大変でしょ。

たぶん、カードが切れないんじゃあないかと・・・・

とまあ、何柄年中、こんな事ばかり
言ってるんっすけどね~。(笑)
Commented by mariko789 at 2017-09-01 00:13
★ tomojiさま

>電柱の無い景色って空が広く感じられます。 

そういわれてみれば、電柱が見えないですね。我家のほうも電柱ってありません。
みんな地下ケーブルになっているのかしら。
あっらー、今まで気づきませんでした(>_< )
Commented by mariko789 at 2017-09-01 00:13
★  yotarouu3 さま

>3.4番の様な処で暮らしてみたいです、年間の気候にもよりますが長生き出来るでしょうね~。

3.4番のって、殆ど草原で何もないですよ~(*´▽`*)
私はやっぱり歩ける距離に、スーパーマーケットがないと生きてゆけません~
年間の気候は、夏はナシで、春秋冬だけです。冬は寒いと思いますよ~~。軽井沢くらい?
Commented by mariko789 at 2017-09-01 00:13
★ ninja2005yさま

>サントリーニ島のマリンブルーの海に白壁で青い屋根のあの町を写して周りたい

そうなんですよ!
私もクレタ島に住んでいたときに、なぜサントリーニ島へ行かなかったか、後悔しきり。
毎日港からフェリーが出ていて、当時は安かったのです、フェリー代も。
夫も、サントリーニだけは行きたかったと言ってます。
今はねぇ、ギリシャは難民・移民だらけですし、経済破綻してますから、いろいろ大変と思います。
行かないほうが無難です。夫もそう言って諦めたみたいです。
Commented by yotarouu3 at 2017-09-01 05:03
>冬は寒いと思いますよ~~。軽井沢くらい?
夏が無いのは良いとして、矢張り寒いのは
困りものですね~
Commented by mariko789 at 2017-09-01 14:57
★  yotarouu3 さま

イギリスは本当に寒いです。雪はあまり降らないのに、なぜか骨に沁みるような寒さ。

与太郎さんのお写真、麦の穂ではなく稲の穂!(納得、了解です♪)
家庭菜園、残念でしたが、無理は禁物ですから、正解だったと思います(^_−)−☆
Commented by ユッキー at 2017-09-01 15:39 x
まりこちゃん コメントしたか?どうか、忘れちゃった。今日から9月。9月は、ビザ延長の月なんで。早く済ませないと、落ち着きませんわ。毎年、決まって、ホアヒンに戻ってくるファラン2人に今朝、行き合ったわ。 また、ヨーロッパ地方が寒くなり始めたのかしら。まりこちゃんとこは、いかがですか?丁度いい季節ですか?
Commented by sternenlied2 at 2017-09-01 16:18
イギリスでもポストは赤いのですね。ドイツのは黄色です。
こんな長閑なところで過ごしてると癒されるでしょうね。
イギリスには優れた児童文学者がたくさんいて、
ミルンのくまのプーさんやケネス・グレアムの楽しい川べも
大好きなのですが、これらの本の舞台になってる場所もあるのでしょうか。
もしイギリスに行けるのだったら、そういう児童文学の
舞台になった場所を巡ってみたいものです。と言っても、
他にも嵐が丘の舞台やアーサー王伝説の場所にも行ってみたいのですがね。

クレタ島に住んでたことがあるのですね?! 1度だけ行ったことがあります。
ギリシャの夏の暑さは半端じゃないそうですね。
最近夫の上司がクレタ島にヴァカンスを過ごしに行ってたのですが、
気温が40〜47度にまで上昇し、外を歩けなかったそうです。
2週間滞在してたそうですが、ホテルの部屋で分厚い本を読んでいたのだとか。
ギリシャは他にもサモス島やコルフ島に行ったことがあります。
サントリーニには私も行ってみたい島です。
つい最近も夫と行きたいねと話してたんですよね。
Commented by ninja2005y at 2017-09-01 22:25
クロアチアのドヴロクニクも
サントリーニと似ててよいみたいですよ。

ただ、ここも移民・難民ですし
なんつっても火薬庫なので
いつまた紛争が・・・・
でも、紛争起きて町が破壊される前に
行きたいですね。
Commented by mariko789 at 2017-09-01 23:25
★ ユッキーさま

同じような投稿が続いてるから、紛らわしくてゴメンね!(*´▽`*)
ユッキーさんのビザは毎年9月に更新なのね。一年なんてあっという間でしょう。お疲れ様です!
ホアヒンにファランさんが戻ってきましたか。
こちらは雨が多くて、あまり日照に恵まれませんでした。ファランさんもお日様が恋しくなったのかも。
Commented by mariko789 at 2017-09-01 23:26
★ sternenlied2 さま

ドイツのポストは黄色ですか。そういえばスペインも黄色でした!

>ミルンのくまのプーさん

こちらの本屋さんでは、くまのプーさんが一番人気みたいです♪
私も一冊くらい買おう(今、決めました!)

>嵐が丘の舞台

私も行きたいのです。ヨークシャーで、ブロンテ姉妹の家がやはり公開されているのですよ。
行き方まで調べたのですが、遠いので一泊しないと無理なんです。行けるかなぁ。。

>気温が40〜47度にまで上昇し、外を歩けなかったそうです。

いや、そんな記憶はないです、ないです(汗
今は異常気象進行中なのでは。
私が住んだ(といっても半年)のは23年も前で、夏でしたが、酷暑ではなかったです。

>ギリシャは他にもサモス島やコルフ島に行ったことがあります。

いいですね~♪ ギリシャはとにかく絵になりますよね。
Commented by mariko789 at 2017-09-01 23:27
★  ninja2005y さま

>クロアチアのドヴロクニク

そうそう、以前ブログ仲間でクロアチア発信の方がいて、写真を羨ましく眺めていました。
ハンガリーから近かったので、行こうと思ってるうちに、、移民難民騒動に。

>紛争起きて町が破壊される前に 行きたいですね。

ですが・・・・もう何が起こるか判らない世界情勢で。。
事故・事件に巻き込まれるのは嫌ですしねぇ~