always over the moon

タグ:UK ( 101 ) タグの人気記事

ねんねこ ② :俳句



  ねんねこの母たちつくす線路際
  (ねんねこのははたちつくすせんろぎわ)

f0053297_14580626.jpg


◇ 季語 :   ねんねこ  【冬】 ・生活


◇ 画像は以前タイのホアヒンで撮ったものです。私が幼い頃住んでいた家も、このような線路際にありました。


◇ 句は、去年の俳句ポストの兼題「ねんねこ」で、落選したものを一字推敲しました。
  今回、二人の方に採って頂き日の目を見ることに。現俳協ネット俳句会/10月/汝火原 マリ




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


【日記 初雪と、(しなさい)】

いやはや、寒いはずです。昨日の朝、起きて外を見たら、このようになっていました。
まだ咲いているフクシアが震えています。
(※ 今朝も同じ。昨夜から雪か雹が降ったり止んだり)

f0053297_15075003.jpg

写真を撮ってたら、ロビンが飛んできたので、餌をあげました。もはやミミズを探すのは難儀と思う。
初雪と思いますが、顆粒状のアイスが大量に含まれていて、これは雹(ひょう)ですね。
雹で一句…(うーむ)  初雪で一句…(うーむ)

水曜日からずっと悪天候が続いていましたが、木曜に暴風雨の中、お墓参りに行ってきました。
で、その帰りに街で用足しのついでに、撮った写真。

f0053297_15145337.jpg


わりとお洒落なブティックなのですが、 SuperdryStore.  という看板の上、 

極度乾燥(しなさい)

という文字、読めるでしょ。私はこの(しなさい)という命令形に衝撃を受けました。
俳句でも命令形はインパクトが強く、特別な使い方です。
それとこの( )カッコはなにゆえに?
俳句でも、カッコはどうしても文学的な必要性がある場合にのみ使えます。
この看板のカッコには、文学的、あるいは商業的な必要性があるのでしょうか。
この店で売っている服には 極度乾燥 というロゴが付いてますが、若者たちは「カッコイイ!」と思うのでしょうか。

追記:コメント欄で教えて頂きました。人気の秘密  SuperdryStore. 極度乾燥(しなさい) 

いずれにせよ、極度乾燥は、この街には大いにけっこう。
曇り、雨、雪で、ついにスーパームーンも撮れずじまいでした。












[PR]
by mariko789 | 2016-11-19 15:27 | Nikon D80 | Trackback | Comments(20)

蘆刈(あしかり)



   蘆刈の茂みに眠る10ペンス
   (あしかりのしげみにねむる10ペンス)


f0053297_17194304.jpg


◇ 季語 : 蘆刈(あしかり) 【秋】・生活

◇ 松山俳句ポスト 九十五回め投句   兼題(第156回) 『蘆刈』 :  人選 (中原久遠)

◇ 画像は、リヴァプールの運河にて。




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【日記 イギリスの硬貨】

過日、コメント欄で、嬉しくもイギリスのコインのリクエストを頂きましたので、ご紹介いたします。
現在、以下8種類のコインが出回っています。紙幣は先日載せました5ポンド、10ポンド、20ポンドと、
50ポンドもあるにはあるのですが、殆ど日常では使われておらず、銀行でお金をおろしても50ポンドは入ってきません。

f0053297_17230619.jpg


で、コインですが、私は個人的に1ペンスはいらないと思います。
ハンガリーでは、最小が2フォリント。1フォリントは廃止されていました。
99フォリントの買物に100フォリント出すと、お釣はきません。その代わり101フォリントの買物は100フォリントでOK.
損したり得したり、結局は同じです。硬貨を製造するのにもお金はかかりますし、その位アバウトでも良いのでは。

記念のコインもずいぶん出ているようで、下は3種類の50ペンスの裏面。
右のは普通のコイン。左はオリンピック。中央は戦争の記念。

f0053297_17353795.jpg

私の経験ですが、イギリスで道に落ちているコインで1番多いのは2ペンス。しょっちゅう落ちています。なぜかしら?
次に20ペンス。小さいからかしらねぇ。日本円ですと¥30近くに匹敵しますよ。
5ペンスはもっと小さいのですが、落ちていたことはありません。小さすぎて私の目に入らなかった?

そういえば、以前ですが、道端にコインが落ちていて、拾っても拾っても拾っても、まだまだ落ちている
という夢を連続してみた時期があります。当時、とくにお金に困っていたわけでもなかったのですが。
同じ夢を見続けるって、なにか意味があるのでしょうか。












[PR]
by mariko789 | 2016-11-15 17:42 | olympus OM-D E-M5 | Trackback | Comments(18)

冷やか(ひややか):俳句


  冷やかな深爪のゆび夫のゆび
  (ひややかなふかづめのゆびつまのゆび)

f0053297_05303719.jpg


◇ 季語 : 冷やか、冷ゆ、秋冷、(秋になって、肌に冷たさを感じること)【秋】・時候



◇ 画像は我家の狭庭にて。毎日毎日雨が降っています。
  もう立冬も過ぎて冬なのですが、俳句は秋に投句した結果発表分ですので、まだまだ秋の季語が続きます。
  (現代俳句協会インターネット句会/10月/汝火原 マリ)








~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【日記 小さすぎた巣箱】

うちのアイドル、小鳥のロビンが寒そうなので、巣箱を買ってみました。
カタログ販売で買ったので、手に取ってみるまでその大きさが判らなかったのですよ。

f0053297_05383132.jpg


写真では判りづらいと思いますが、この巣箱、とんでもなく小さかった。
とくにドアを開けて床面積が、めちゃ小さい。ちっちゃなロビンでも、一羽がやっと立てるくらい。座れません。
調べたら、この巣箱はレン(wren)用だったのです。レン(↑の右側の小鳥。画像は借物)は、ロビンの半分位の体格です。
うちの庭にも、時々餌を食べにきます。ちっちゃいけれど、綺麗な声で唄ってくれます。
巣箱をかけてから、ずっと様子をみていますが、レンは、巣箱の近くまでは行くのですが、中には入りません。
われ思うに、巣箱の位置が低すぎるのじゃないかしら。もっと上に掛けないと怖がって入らないと思う。
毎日雨で、今日は雹(ひょう)も降って寒かった。レンには格好の家なのになぁ。
まぁ、もう少し様子をみてみましょう。
※ 追記:レンは みそさざい とクズウさんに教えて頂きました。冬の季語の小鳥です。クズウ博士に感謝です☆










[PR]
by mariko789 | 2016-11-12 05:48 | olympus OM-D E-M5 | Trackback | Comments(15)

桃(もも) :俳句


  視姦めく箱入り桃の品定め
  (しかんめくはこいりもものしなさだめ)

f0053297_23082359.jpg


◇ 季語 :桃、桃の実、白桃、水密桃  【秋】 ・植物


◇ 『愚陀佛庵 インターネット俳句会』 館長 八木健氏選 特選
  9月末〆、10月発表分。
  八木健先生の楽しいハイクアート(イラスト)を添えて頂き、嬉しさ倍増です。(汝火原マリ)

f0053297_23110395.jpg
 

◇ 最近、複数のネット句会に参加していますが、こちらの句会は川柳っぽい句も採って頂けるので、
  肩肘はらず、悩まず、楽しく詠ませて頂いてます。八木先生、有難うございます。


◇ 画像は、桃ではありません。ハンガリーの庭で撮ったアンズです。






~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【日記・ 子どもの本】
もう一ヶ月も前ですが、近くの図書館で、「秘密の花園」という子どもの本をリクエストしました。
その図書館には現在置いてないものの、リヴァプール内の別の図書館にあるので、取り寄せてくれるというのです(有料)。
二週間くらいかかると言われましたが、その後、届いたという知らせはありません。

話は変わって。
夫が、街の中央図書館に行った折、ついでに「ピーターラビット」の本を借りてきてくれるように頼んだのですよ。
検索して、そこに何冊かピーターラビットの本があるのは突き止めてあったのです。
ところが、夫が子どもの本のコーナーに赴くと、係りの人に、「ここは大人は立ち入り禁止です」と言われたのですって。
大人は子どもの本を閲覧できない。お父さんは子どもの本を借りられない。
何故だと思います?
じつはこの国では、子どもへの性犯罪が深刻な問題になっているのです。
うっかり男性が、子どもの本のコーナーへ行こうものなら、変質者と間違われる。

昨日も、YouTubeで日本の小学生が一人で電車に乗って通学するのを見て、夫がのけぞっていました。
日本は安全な国なんだなぁ、、と。
そうですよ、私自身小学生のころ電車通学をしていた時期がありますが、問題はありませんでした。
日本は子供にとって安全な国。そう思います。今でもそうですよね?

で、「秘密の花園」「ピーターラビット」ですが、街の本屋さんに注文しようかしら。借りるのは無理そう。









[PR]
by mariko789 | 2016-11-08 23:38 | Nikon D80 | Trackback | Comments(18)

新絹(しんぎぬ):俳句



  新絹を緋に染めあげて清の妃へ
   (しんぎぬをひにそめあげてしんのひへ)


f0053297_16143975.jpg

◇ 季語 :新絹(しんぎぬ) 【秋】・生活
   その年の繭から取った糸で織り上げた絹 (by 角川 必携季寄せ)

◇ RNB南海放送ラジオ 【夏井いつきの一句一遊】 兼題「新絹」11月4日(金曜)放送 「天」
  「落書き俳句ノート」で放送の内容を読むことができます。 ボランティアの聞き書きの方々に感謝です。
  石川焦点さまとご一緒に「天」を頂きました。組長、ありがとうございます。

◇ この句は、私には珍しく、ぱっとできた句で、推敲もなにもしていません。
  「新絹」という文字を読んで、映画ラストエンペラーが浮かびました。清王朝の最後の皇帝に、十四歳で嫁した美貌の正妃。
  その顔を隠す、婚礼の緋色の布。中国では赤はお祝いの色ですが、同時に血の色でもあります。
  やがて時代に翻弄され、哀れな末期を遂げた妃。

◇ 画像は中国の詩絵。いぜん知人の所蔵のものを撮らせて頂きました。





~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


【日記 丸焼けの公衆電話】
イギリスの治安は日々悪くなっている気がします。
うちの近くの公衆電話、ついこの間まではちゃんと使えたのに、今は丸焼けになっていて使い物になりません。
不良少年たちか、公衆電話の何たるかを知らない外国人が、油をまいて燃やしてしまったのだと思います。
その無残な姿の写真を撮りたかったのですが、誰が見ているか判らない、危険だから止めなさいと夫に止められました。

公衆電話のすぐ側には、郵便ポストがあります。夫曰く、ポストの投函口にも、火をつけたマッチを投げ入れる人がいるとか。
重要な郵便物はここには出せません。それでもうちの近辺はまだ治安が良いほう。

我家からはだいぶ離れているのですが、姑が住んでいたあたりは、銃撃戦がしばしば。大半は、麻薬売買のこじれが原因とか。
姑がずっと通っていたショッピングセンターは、二階の窓ガラスが銃で割られ、今は警察官が常駐しているそうです。
そこでは、買物客が流れ弾で殺されましたが、ニュースにもなりませんでした。
義兄が同じリバプールの救急病院に勤務していて、暴力や殺人の被害者が運ばれてくる数の激増に嘆いています。
女性が一人で外出するのは、よほど注意をしないと危ないかもしれません。









[PR]
by mariko789 | 2016-11-06 16:57 | Nikon D80 | Trackback | Comments(16)

湿地茸(しめじ)



  森は雨ぞくりと白き湿地茸かな
  (もりはあめ ぞくりとしろきしめぢかな)


f0053297_15175791.jpg


◇ 季語 : 湿地茸(しめぢ)(しめぢたけ)、占地(しめぢ)、湿地(しめぢ)  【秋】・植物

◇ 松山俳句ポスト 九十四回め投句   兼題(第155回) 『湿地茸』 :  人選 

◇ 画像は古いものの蔵出しです。





【日記:プラスティックな紙幣】
新しい5ポンド紙幣です。プラスティックが入っている?そうで、破けない、皺にならない、洗濯機OK,けれどアイロンはNG.
旧い5ポンド紙幣は、確かに破れやすく、商店で「受け取れない」と言われてしまったこともあります。
なので、プラスティックな紙幣、グッド・アイディアとは思うのですが、手に取ってなにかしっくりこない。
まるでオモチャのようで、お金という実感が乏しい。
紙幣のみならず、世の中がどんどんプラスティックめいてきて、
ナチュラルなぬくもりが感じられなくなってきているように思います。

f0053297_15292229.jpg
紙幣の表は、エリザベス女王陛下。裏は、チャーチル氏。
タイの50バーツ札と似ていますね。色も質感も。大きさは、こちらの£5のほうが小さいと思う。
画像の後に写っているのは、日本の句友が送って下さった道後温泉の絵葉書です。
お金といえば。
アメリカ大統領選挙の混迷で、僅かではあるものの箪笥の底に眠っていたドル札が気になってしまいました。
で、半分ほどポンドに両替しました。これからの為替の動向、大いに気になります。










[PR]
by mariko789 | 2016-11-02 15:47 | Sony Cyber-shot G | Trackback | Comments(26)

林檎(りんご):俳句



   算数にがんじがらめの子へ林檎  
    (さんすうにがんじがらめのこへりんご)

f0053297_23053302.jpg

◇ 季語: 林檎(りんご)  【秋】 ・植物

◇ 『e船団 俳句クリニック』  10月26日 久留島元ドクター : 今週の十句
  選評をご紹介するかどうか迷ったのですが、私自身、勉強になりましたので貼り付けました。

f0053297_23115546.jpg

  選んで下さった久留島元ドクターに感謝です。


◇ 画像はさきほどキッチンで撮りました。泥縄です。小さな林檎は庭の小鳥たちと分け合っています。





【日記 :スマートテレビ 】

我家のTVは、ケーブルで繋げなくてもインターネットと繋がって(最初にパスワードを入力しました)、
YouTubeも、パソコンを通さずにそのまま観られます。

f0053297_23190029.jpg
で、普通のテレビ番組より、YouTubeを観ている時間のほうが長い。
夫はテレビ大好き人間で、一日12時間くらい観ているのじゃないかしら。

実は私はあまりテレビが好きではありません。静かに本を読んだり、俳句を考えたりするほうが楽しい。
しかし、一緒に観ないと夫が不機嫌になるので、一日4~5時間はお付き合いで観ています。
これが非常に苦痛。テレビ番組が進行中も、夫がずっと喋っているので、音声多重放送になっていて、
英語で同時に進む二つの会話と状況を把握するのに、神経がめちゃくちゃ疲れるし。
炊事をしたり掃除をしたり、家事をして逃げられる時間がありがたい。

とはいえ、日本の映画やドラマ(英語の字幕つき)では、思わず引き込まれるのも多々あります。
あと、「カラオケバトル」は、夫も私も大いに楽しみました。これは字幕もいらないですし。
英国の歌手のスカウト番組も観ていますが、夫曰く「日本人のほうが格段に歌が巧い!」と。

あと、毎日観ているのはアメリカの大統領選挙関連です。
ホワイトハウスに入るのは、ヒラリー氏かトランプ氏か? 








[PR]
by mariko789 | 2016-10-28 23:38 | Nikon D80 | Trackback | Comments(20)

きつつき :俳句


  きつつきに肩つつかれてゐる課長
   (きつつきにかたつつかれているかちょう)


f0053297_14505130.jpg

◇ 季語 : きつつき 【秋】 ・動物

◇ 「愚陀佛庵インターネット俳句会」十月結果発表で、秀逸を頂きました。選者の八木 健さま、有難うございます!
  なんでこの句が?と思われた方、ワタクシも同感です。もしかしたら「課長」がモノを言ってくれたのかもしれません。






【日記・ スラッシュ】

上の画像の鳥が、スラッシュ(thrush)です。日本でいうと、ツグミの仲間ではないでしょうか。
我が庭に、毎日やってくるこのスラちゃん、そのガツガツした喰いっぷりには、開いた口が塞がりません。

うちはロビン(下の画像)に、毎日二回、餌をあげています。
チーズ、半分に切った林檎、スクランブルドエッグ(夫いわく、姑が生前、時おり鳥にあげていたと)。
いろいろ試したのですが、どうも食いつきがイマイチなので、
今は小鳥用のミックスナッツと、乾燥ミミズに、チーズを混ぜています。
林檎も、ロビンは、おやつにちょびちょび啄ばんでいたのですが(↓の、右端にあるのがリンゴ)

f0053297_15045361.jpg

ロビンの食べ残したリンゴを目指して、大きなマグパイ(かささぎの一種)の夫婦が来たり、くだんのスラッシュがやってきて、
ロビンがすっかり怖気づいてしまいました。なにしろ、ロビンはちっちゃい。スラッシュの半分にも満たない体です。

他の鳥はリンゴの芯と皮は残すのに、スラッシュはあっというまにリンゴの中身を食いつくし、皮までつつく。
まだ庭にはミミズも沢山いて飢餓状態なわけはないのですが。

今のところ、まだロビンは毎日朝夕、私が餌をもって庭に出ると、ぴょーんとやってきて、ちょっとだけ餌を啄ばんでくれます。
スラッシュに怯えず、いつまでもずっと庭に来て欲しい。いつも一人ぽっちの小さなロビン。。

※ 画像が不鮮明なのは、鳥たちを怖がらせないよう硝子戸越しに撮っているからです。あしからず~(ペコリ








  

[PR]
by mariko789 | 2016-10-22 15:22 | Canon PowerShot SX50 | Trackback | Comments(24)

花野 :俳句



   晩年や抜き手を切つて花野へと
    (ばんねんやぬきてをきってはなのへと)


f0053297_14344246.jpg


◇ 季語: 花野 【秋】 ・植物

◇ 現俳協ネット句会は仲間同士の互選なのですが、高得点の句と注目の句には協会の先生の講評がつきます。
  この句は、互選では零点でした。されど講評を頂いて、救われました。
  というのも9月の互選の結果は、5句出して合計で3点という、最悪なものだったからです。
  捨てる神あれば拾う神あり。拾ってくださった五十嵐秀彦氏の講評です。

f0053297_14395941.jpg

◇ この句を詠んだころ、YouTubeで日本のTV番組「メガ クライシス」を観て、危機感を抱いていました。
  「晩年」は太宰治も書いていますが、年齢とは関係ありません。
  毎日、無事に生きているということは奇跡かもしれません。

◇ 画像は、我家からシティセンターへ向かって歩いてゆく途中の景。
  正面のビルは学校か、学生寮か。近年、リヴァプールは大学や専門学校が林立して学生都市になっています。





【日記・自転車】

自転車を買ってから、だいぶ経ちましたが、先日やっと公園で1時間ほど乗れました。
過日ブログに書いた、サドルが左右に揺れる件は、夫に頼んで直してもらったのですが、
ハンドルが右に傾いて締めてあり、乗るとどうしても右へ行ってしまう。
それもなんとか直してもらったら、こんどはブレーキが利かない。
夫曰く、ブレーキが締まりすぎていてタイヤが傷むので、甘くしたと。
確かに、後輪のブレーキがタイヤに当たっていて、キィキィ鳴ってはいたのです。
しかしブレーキが利かないと、怖いので、それも直してもらったのですが、
公園で乗ったところ、後輪のブレーキが常時タイヤに当たっていて、重い。
ちょっとした坂道でも、登れない。

f0053297_14513424.jpg

私は小さいので、こちらの大人用自転車は乗れないので、ジュニア用を買おうと思ったのですが、
「通勤用折りたたみ自転車」というのを見つけ、銀色の車体が気に入って買いました。
今まで、日本やタイやバリ島で、自分の自転車やレンタルの自転車を何度も乗ってきましたが、
こんなに乗りづらい自転車は初めてです。
しかも、夫が、急降下の坂道(下りきったところが車が爆走する車道)を、下りろとかいうので、
すっかり怖くなってしまいました。ブレーキもなんだかヘンだし。
それでも自分の自転車があるというのは嬉しいものです。








[PR]
by mariko789 | 2016-10-18 15:09 | olympus OM-D E-M5 | Trackback | Comments(16)

そぞろ寒 :俳句


  二の腕の熟るる匂ひやそぞろ寒
   (にのうでのうるるにおいやそぞろさむ)


f0053297_15445786.jpg

◇ 季語 :  そぞろ寒、すずろ寒  【秋】 ・時候
        ・なんとなしに感じる寒さ(by 角川必携季寄せ)

◇ 画像はうちの裏庭。冬の前に芝刈りをしました。芝よりタンポポが多くなっていて、要警戒。
(芝刈り機は、裏庭にある物置に入っていました。)
日当りの良い左側に、洗濯物を干すロープを張ってあり、タオル類などはここに干しています。
外に干せるって気持よい。
向かって正面の、同じ木が並んでいるところ、そのどこかにロビンの巣があると思われます。(現代俳句協会/9月/汝火原マリ)




【日記・セントラルヒーティング】
夫が、根性で、ガス・セントラルヒーティングの点け方を検索してくれて、暖房が入るようになりました。
が、暑がりの彼の要望で、まだ日に3~4時間しか使っていません。
今朝は、目が覚めたら3時20分。いくらなんでも早すぎるし、寒いし。
で、二度寝して、目が覚めたら7時15分でした。ぎょっ!
6時ころ起きるのが丁度いいのです、私には。
日本も、涼しいを通り越して、肌寒いときもあるのでは。季節の変わり目、体調管理に気をつけたいですね。

そうそう、昨日の重大ニュース。タイの国王がご崩御されたこと。
タイには友人が何人か住んでいらして、心からお悔やみを申し上げます。








[PR]
by mariko789 | 2016-10-14 16:01 | olympus OM-D E-M5 | Trackback | Comments(16)