always over the moon

タグ:UK ( 86 ) タグの人気記事

地中海のマンボウ

北アフリカへ赴任していた夫が帰宅しました。
2ヶ月間で15kgも減量して、顔など見違えるほどほっそり。
あれほど出っ張っていたお腹もぺたんこになって、エネルギーが溢れているそうです。
その勢いで10時間ぶっとおしで現地の話を聞かされ、私は疲労の極致になりました。
現在紛争地になっている赴任地(仮にLBYとしておきます)の様子、
私が特に面白いと思ったところだけ書き出してみますね。
彼の職場(と寮)は、手付かずの地中海にほぼ面しているそうです。


f0053297_14434621.jpg

その青の極みの美しさはとても言葉なんかでは言い表せない。
ここLBYで、運転手や食堂のスタッフなど、下働きをしているのはほぼ全員がフィリピン人なんだ。
10年、20年、なかには30年も勤続しているフィリピン人がいて、彼らは庭で野菜や果物を育てている。
ゴーヤ、トマト、バナナ、コリアンダー、なんでもあるな。
釣が好きな人たちは、今はマンボウだらけだってこぼしてる。彼らはマンボウなんか食べないからね。
マンボウが、それも大きいのが、いくらなんでも異常だろうってくらい増えてるそうだ。
気候だけでなく、潮流も狂ってきているのかな。

鳥はスズメ。もう踏んじゃうくらいいる。
野犬もいる。LBYはイスラム教の国で犬は禁忌なのだけれど、
かつて外国人たちが連れてきたのを置いていってしまい、野犬化してしまった。
花はタンポポ。連日40℃という暑さの中を咲いているから、毎日水をあげてたよ。
社員食堂に1日3回行くのは面倒なので、2食にしている。肉類は鶏しかでない。
イスラムの国だから豚肉は禁じられてるしね。
牛乳の値段があがって、イギリスの5倍くらいもする。
テレビはないし、パソコンも自室にはないので、会社の図書館で借りてきた本ばかり読んでいる。
昔は欧米人が置いて行った英語の本が図書館に溢れていたけれど、イスラム過激派の奴が、
「本はコーラン以外はいらない」と、燃やしてしまい、今は少ししかない。
これからは、本を何冊かずつ持ってゆくよ。


話しながらもビールも止まらない夫。2ヶ月間、一滴も飲めなかった大好きなビールですものね。
私がいちばん聞きたいこと、「次の引越先」ですが、スペインは候補から外れました。
というより、これから欧州は危なくて住めなくなると、彼は予想しています。
欧州から離れるとなると、し残したことが沢山あり。
とりあえず、今の住まいの契約延長を交渉してみるそうです。
(画像は、同じ地中海でもスペインです)






[PR]
by mariko789 | 2017-07-22 15:19 | Sony Cyber-shot G | Trackback | Comments(24)

夏草(なつくさ) :俳句


血痰や庭真四角を夏の草
(けったんや にわましかくをなつのくさ)

f0053297_19582570.jpg


Thank you very much!
.
滴る(したる)汗 樹木(きぎ)もうなだれ じょくしょかな   yamaoji.
.
風に舞いタンポポ咲くも地獄華    詩楽麿
.
タンポポの畑覆いし広がりも 平和の鐘の響く間に間に  詩楽麿
.
大水のやうやう引いて暑さかな    与太郎 
  


◇ 季語: 夏草 【夏】 ・植物       


庭の草があまりに生い茂ってしまい、伸びている部分だけでもと、鋏で剪りました。
治りかけのぎっくり腰を気遣い、前庭と裏庭と、1時間ずつ四日に分けてです。
夫にかかれば草刈り機でわけはないのですが、それでも太い茎やあまりに伸びているのは機械も嫌がるでしょ。
この国の湿った風土が身体に合わないのか、ときおり咳が止まらなくなり背骨に響くほど苦しい。

夫が予定どうり6月25日に帰国していれば、今頃は引越をしていたかもしれません。
でなければ借家の契約の更新をすませていたはずです。
今月中に帰ってきてもらわないと、契約更新をするったって間に合わない。
来月に入れば、もう更新はできなくなり、内覧の人たちが来はじめる。そうなったら絶体絶命のピンチです。

f0053297_19590538.jpg


先日は、お風呂場のドアの修理の人が来ました。
入居したときから不具合があったのですが、とくに支障はなかったのです。
この時期に不動産屋も一緒に来たのは、家の状態を検分したかったのでしょう。
イギリスでは、借主が家を汚く使うトラブルが頻発しているからです。
家を貸すほうも気が気ではないでしょうね。

それから、ガス・電気のメーターの交換も来ました。
純朴そうな青年が来て、もじもじしながら
「すみません。規則で、写真を撮らせてもらいたいんですけどぉ」
というので、ああ、ちゃんと工事をしたという証明に必要なのかと、
「すこしお待ちください」といい、二階に駆け上って髪の毛を整えてきて、彼の前に直立したら、
彼はぺこりと頭を下げて・・・ガス器具と電化製品の写真を撮り始めたのでした。



◇ 上の画像は裏庭。ね、こんな太い茎の雑草は草刈り機では難しいでしょう?
  下の画像は我家の表。ティピカルなイギリスの建売住宅。三軒長屋になっています。
  階下にキッチン、リビング、トイレ。二階に寝室が3つ。そしてバス&トイレ。
  玄関前の庭もぶっきらぼうな真四角です。







[PR]
by mariko789 | 2017-07-16 20:12 | Sony Cyber-shot G | Trackback | Comments(33)

おつかい


先日、片道30分ほどのアジア食品の店へ行ってみました。
お味噌が切れてしまい、ついでに久しぶりにお豆腐の顔も見たくなったのでした。
一人で行くのは初めてで、道に迷わないよう、角を曲がるたびに写真を撮りながら。
夫と行くときはバスに乗るのですが、散歩をかねて、てくてく歩きました。

何度も交差点を渡り、大きな道路から中ぐらいの道へ、そして小さな道へと。
やっとかの店に辿りついたときの達成感と言ったら。

できれば、つねに小さな発見のある日々を送りたい。
たとえば、買ったことのない野菜を買ってみたり、今まで着たことのない組み合わせの服を着てみたり、
なんでもいいのです。

f0053297_20182080.jpg


お味噌と、お豆腐と、しらたきと、パクチーがあったので衝動買いで一束。
あと、うどんと和風ドレッシングも買いました。

意気揚々と帰ってきて、赴任地の夫に報告したのですが、案の定怒られました。
「一人でそんな遠くまで行って危ないじゃないか」

ばかちゃう?
私はけっこうしっかりしているし、結婚する前は、一人でアメリカでレンタカーを借りて走り回ったり、
ヨーロッパも列車を乗り継いで旅したりしていました。
子どものころから一人が好きで、自立心のかたまりだったと思う。

夫は、私の小さな宇宙を100%コントロールしようと目論んでいる、イルミナティみたいな人です。
私は、これから断固、夫のコントロールに対し、反旗をひるがえそうと思います。
自分の足で買ってきたお豆腐は(中国製だけれど)、格別美味でした。
これが自分で稼いだお金で買っていたら、もっと美味しいのでしょう。

そうそう、しばらく前に書いた「ココナッツオイル」ですが、その効能かどうか、
3週間で1,5KG痩せました。ジーンズのベルトが一つ手前に移動。目標まであと2KGです。
 





[PR]
by mariko789 | 2017-07-11 20:40 | olympus OM-D E-M5 | Trackback | Comments(34)

あなたならどうする

最初にこのサイトを見つけたのは半年ほど前でした。
サイトの主は、世界の軍事費の調査機関なのだと思います。
まるっきりデタラメを公表するとは思えない機関なのですが、内容があまりにも突飛なので、鵜呑みにはできませんでした。

この何ヶ月か、次に住む国を探していて、スペインに流れるか、ハンガリーに戻るか、どちらかを考えています。
で、このサイトを思い出しました。
情報の早い日本の皆さまは、もうとっくにご存知だと思います。
「これは全く当たらないと、信用のおける専門家が言ってるから心配ない」というご意見が出ると嬉しいのですが。
ともあれ、念のため、私と関係のある国々を書き出してみます。

f0053297_00430638.jpg

 


More(続きを読む)
[PR]
by mariko789 | 2017-07-06 01:38 | olympus OM-D E-M5 | Trackback | Comments(33)

ココナッツオイル

昨日は夏至。ついに今年も残すところあと半分になってしまいました。
月日の経つのが早すぎて怖いほどです。

このところ夫からの宿題に追われて、忙しくしていました。
おまけに突然暑くなり、冷房がないので、身体はとろけそう。寝苦しいし、もう・・・
おまけに草むしりをしていたら、腰がキーンとなってしまい、イタタター!
ずっと運動不足だったので、しゃがむ姿勢に耐えられなかったか、或いは雑草の呪いにやられたか。
「ごめんなさいね、せっかく咲いているのに。でもね、この玄関の前の玉砂利に咲くのだけは勘弁して欲しいの」
と下手に出たのが災いしたのかもしれません。雑草には強気でかかる。スパルタでやりこめる。


f0053297_03250857.jpg


そんな気弱な私が、突然愛してしまったのが、こちらの ↑
100% オーガニック バージン ココナッツオイル
宣伝料はもらってません。いいと思ったので、自主的に書いています。
もしかして日本でも流行っていませんか? それとも流行はもう終りましたか?

こちらリバプールでは最近、突然ブームに火がつきました。
どこのスーパーマーケットでも、盛大に売り出し始めました。
今まで人気だった(私も愛用していた)、エクストラバージン・オリーブオイルの棚に、ココナッツオイルが進出!
一口にココナッツオイルと言ってもいろいろ種類があるのですね。
匂いのないのも新発売されていて、料理用に、次回はそれを買おう。

毎朝、トーストにのせて、またミルクティーに入れて、摂取しています。
ミルクやバターと相性が良いみたい。

で、効能ですが、ほぼ万能といわれています。
ダイエット効果・美容効果・アンチエイジング・アルツハイマー予防・動脈硬化予防 などなど。
私は努力するのが苦手なのですが、これならできる。あの独特な匂いに飽きさえしなければ。

さきほども、YouTubeで、ドクターが言ってましたが、ココナッツオイルは「スーパーフード」、
コラーゲンを増やし、若返り効果があり、精力もついて、心臓にも良い。食べてよし、髪や肌につけて良し。 
つけてマッサージすれば、セルライト(太ももなどの、オレンジピールみたいな凸凹)も消えるそうです。
私、思うに、ブームの火付け役は YouTubeでしょう。最近、人々はTVよりYouTubeを見ています。私もそう。
健康に関するYouTubeのチャンネルは面白くてためになる。
もちろん、「プレバト!俳句コーナー」も YouTube で欠かさず見ています。

私、基礎化粧品は自然のもの(ボディショップ)で揃えているのですが、
試しにココナッツオイルで顔のマッサージをしたら、、この方が良いみたい。これこそ、自然のものですしね。
化学薬品の入ったものは、なるべくつけない、食べない、飲まないようにしています。
まだ摂取し始めて5日めですが、疲労感がぐっと減った気がします。ほんと、いいみたい。




 


[PR]
by mariko789 | 2017-06-22 04:00 | olympus OM-D E-M5 | Trackback | Comments(31)

Haiku in English (英語俳句)(1)


毎日英語俳句を作り始めて、ちょうど一ヶ月経ちました。
なんでもやってみないと判らないので、まず練習です。
英語俳句英語俳句・・・と考えても埒があかないので、まず英語の短詩を作る。とにかく毎日一詩つくる。
決まりは、短い3行。季語はなくてもよい。それだけです。
下の日本語訳は、ブログに載せるので、今さっきざっと訳したもの。日本語の句を最初に作ったのではありません。
日本語から英語に訳すのは、私には難しいです。


f0053297_16070930.jpg


The world is full of water,
seas, rivers,
lakes and teardrops
(Kuon 29/04/2017)
水の星 海・湖・川と落涙と (みずのほし うみうみかわとらくるいと)


Rowing a boat
to the isolated island
in the summer dusk.
(Kuon 30/04/17)
孤島へと漕ぎ出す小舟夏の宵 (ことうへとこぎだすボートなつのよい)


A lot of green buds
in my tiny garden,
heralds the summer
(Kuon 01/05/17) 
蕾らは夏の魁わが庭の (つぼみらはなつのさきがけわがにわの)


Tulips and tulips.
So many tulips and colors,
at the park in London.
(Kuon 03/05/17)
倫敦の苑の数多のチューリップ (ロンドンのそののあまたのチューリップ)


Daffodils line the park
although nearly summer,
still unchanged bright yellow.
(Kuon 05/05/17)
公園の色あせぬまま黄水仙 (こうえんのいろあせぬままきすいせん)


A few seagulls gather this morning
on the tall tower,
delighted with summer wind.
(Kuon 06/05/17)
夏の風塔に鴎の集う朝(なつのかぜとうかもめのつどうあさ)


Thank you very much!
.
梅雨に入る前のゴシゴシ綺麗好き   たんと(ブラシの木の写真俳句)
.
Bottle-brush trees scrub the sky.
They love to clean,
just before the rainy season. 
(英訳 by 久遠)
. 



いちばん悩むのが詩の最後の終止符です。打つべきかどうか。で、打ったり打たなかったり。
文法上の間違いがあっては嫌なので、単身赴任中の夫(英語教師)にチェックしてくれる?とメールしたところ、
ヘイヘイホーと快諾してくれました。これが赴任中でなければ、絶対に「メンドイ」と拒絶されるところ。
夫には毎日メールを書いているのですが、話題に事欠くのですよ。まさか5行や10行で終われないし。 
なので、短詩の文法チェックで、話題づくりにもなり、一石二鳥。
句読点の欠落、前置詞の欠落、三単現のSの欠落を何度か指摘されました(~_~;)
おまけに「僕の方がはるかに詩の才能がある」と言うので(昨日の電話で)
「なら、作りなさいよ、できるものなら」と応答しました。
今は練習中でこんなのしか作れませんが、今にきっと佳作をものにしてみせる!

このところ、日本語の俳句は毎日日記帳に記す4句以外、まったく作っていません。
ネット句会も(NHKも)すべて参加していません。 
地球のポールシフトと気候変動など、ちょっと込み入った調べものに時間を費やしています。
地球は今、大きな過渡期にきている気がします。







[PR]
by mariko789 | 2017-05-29 16:55 | Nikon D80 | Trackback | Comments(22)

地獄変

マンチェスターのコンサート会場で22日午後10時30分頃に起きた自爆テロ事件ですが、日本でも報道されたそうで、日本の家族や友人からメールを頂きました。こういうときに心配して頂くのは格別に嬉しいものです。

私も、ロンドンならともかく、マンチェスターとあって衝撃を受けました。
22人もの尊い命が失われたなんて。そのすこし前まではコンサートの興奮の坩堝にいたでしょうに。瞬時にして天国から地獄へ。
事件現場のマンチェスター・アリーナに隣接した駅は、私も何度も利用しましたし、夫の赴任に於いても、マンチェスター空港へ行くのには、電車でくだんの駅まで行かなくてはなりません。
リバプールも安心できません。最近はイスラム教の住民が増えて、うちの周りにもチラホラ住んでいます。
だいたいリバプールの人口の半分以上が外国人ですし。そういう私もそうですが。
夫が赴任する際に、「近所へ買物に行くのは構わないけれど、シティセンターへは行くな。日が暮れたら外へ出るな」と言い置いて行ったのですが、正論だったのでしょう。
折りしも、日本大使館から、「ラマダン月のテロについての注意喚起」というメールが舞い込みました。
●5月27日(土)頃から6月27日(火)頃は,イスラム教のラマダン月及びラマダン明けの祭り(イード)に当たります。
●近年,ラマダン期間中に多数のテロが発生しています。最新情報の入手に努め,テロの標的となりやすい場所を訪れる際には,安全確保に十分注意を払ってください。 
 

f0053297_15125839.jpg



立て続けに欧州で起きているイスラム教徒によるテロ事件の犯人の多くは、移民・難民や、その子孫たちです。
そして被害者たちの中にも、移民難民や、その子孫たちがいます。
イギリス人と言ったって、元をただせば他の欧州各国からの移民が殆どですしね。
人間なんて突き詰めていけば、アフリカの一人の女性のDNAに帰結してゆくのでしょう。
みんなタンポポの絮みたいなものではないですか。

Thank you very much!
.
吾もまた蒲公英のごと飛び行かむ  たんと
.
たんぽぽがたんぽぽ燃やす地獄変  久遠
.
ラマダンや蒲公英つんで耳飾り   麗門 
. 
言霊を漏らすタンポポ マンチェスター  鍵
.
 

テロも戦争もない世界。それは実現できない夢物語なのでしょうか。






[PR]
by mariko789 | 2017-05-24 15:33 | Canon PowerShot SX50 | Trackback | Comments(24)

抜歯しました

3月3日に、右上奥歯の被せ物(キャップとこちらでは言います)がぽろりと取れてしまいました。
4日に電話で歯科医の予約をし(義姉いわく評判の高い歯科)、7日に診てもらいました。
バスを乗り継いで片道1時間半、そこの歯科医院には7人の歯科医がいて、待合室にも人がいっぱいでした。
私のかかりつけになったのはフレンドリーな40歳前後の男性医師。
まったく同じ状況で(そのときは左上奥歯)診てもらったハンガリーの美人歯科医は、怖ろしく乱暴で気絶するほど痛かった。
それがトラウマになっておびえていたところ、診察を終えた彼が、こう言いました。
「良い知らせと悪い知らせがありますよ。良い知らせは、他の歯はどこも悪くないこと。悪い知らせは、問題の歯は根が腐っているので、抜くしかないこと。もう被せるのは止めましょう。もともと口が小さいし、無くても大丈夫。」


f0053297_14512914.jpg


抜歯は翌週の3月14日でした。
「まず歯茎を注射で凍らせますからね。チクンとしますが我慢して。そのあとは痛くないですから。」
チクンは我慢できました。そして注射が効くまでの間、歯垢のクリーニング。
そばで見ていた夫曰く、口から血が溢れ出ていたそうですが、私は目をつぶってじっと耐えていました。
歯垢のクリーニング、痛くて嫌いです。うがいをして、ほっとひと息・・・付く間もなく、
抜歯する周辺が無感覚になったので、いよいよ抜歯です。
「痛くなったら片手をあげて下さいね」と前もって言われ、覚悟を決めました。

リラックスしてリラックスして、、とつい力み勝ちになる自分に言い聞かせる。力むと余計に痛いですから。
医師が問題の歯を器具ではさみ、右に左にゆらゆら揺らす。そのたびに、ぎこぎこという音が耳に響く。
それ自体は気分こそ悪いものの痛くはなかった。痛かったのは右の唇の端っこ。
目一杯器具で下方へ引っ張られ、唇が裂けそう。思わず小さな悲鳴を上げてしまい、
「20秒、休憩しましょう」と手を離してくれた医師。「もう少しですよ、」
その言葉どおり再開するとすぐに歯は抜けました。


f0053297_15053410.jpg


「思ったより簡単だった」と微笑む医師。
「私は血が止まりにくい体質なので、抜歯のあと血が止まるか心配です」
と予め言っておいたのですが、二分もすると、
「もう血も止まった。2~3日は痛みますから常備の鎮痛剤を服用して下さい。うがい液も使ってね。歯ブラシは今日は使わないで。今日は足を高くして休んでいてください。固いものは食べないで。抜歯したあとはやがて固まって物も噛めるようになります。」

帰宅するバスの中で、口の腐臭が気になりました。
キャップを被せてある時に痛みはなかったのですが、医師の託宣どおり問題の歯は歯茎まで腐っていたのでしょう。
やはり抜くしかなかったのだなぁ。

医師の予想どうり、抜歯して三日目の昨日まで鎮痛剤を服用して痛みをやりすごしました。
ふだん薬は滅多に服用しないので、こういうときの効き目は抜群。
右唇の端が裂けそうになったときにできた赤い痣は、まだ残っていますが、やがて消えるでしょう。
私は内出血しやすく、足などちょっとぶつけても痣になってしまうのです。

これで私の歯は合計25本になってしまいました。
ハンガリーで治療した歯が怪しいので、何年後かには、もう一本減ってしまうかも。
日本には【8020運動】と言うのがあるそうですね(お仲間の桜姫さまからの情報)。
80歳になっても20本の歯を保とうという運動。
歯は健康のミナモト。私も残った歯を大切にしよう。
私は毎日4~5回歯を磨くのですが(電動歯ブラシで)、医師から磨きすぎも良くないと言われてしまいました。 

※ 画像は近くの公園の水仙。ただいまバス通りもどこもかしこも街中が水仙だらけです。 
  リバプールの春を告げる花は水仙なのでした。









[PR]
by mariko789 | 2017-03-17 15:34 | Nikon D80 | Trackback | Comments(24)

Storm Doris

昨日は一日、ストーム・ドリスなる嵐に翻弄されました。
こちらでは雨はさほどでもなかったのですが、風がハンパではなかった(94mph winds)。
ハンガリーで竜巻に遭っていらい強風恐怖症になっている私は、屋根が飛ばされるかと心配でなりませんでした。
夜になって風雨は収まりましたが、もう二ヶ月も断続的に強風と雨に祟られています。

さて。17文字の日々のメモから幾つか抜粋してみます。


f0053297_15592221.jpg



2月13日 街揺する荒波のごと春北風 (ずっと強風続きで辟易)
2月13日 夫見入る千畝の映画春ともし (杉原千畝の映画をYouTubeで観て感動)
2月15日 春遅しふた月続く強風に  (怒ってもしょうがない、相手は風)
2月17日 春景色新大陸は海底に(ジーランディア Zealandia の発見)
2月18日 満員の市バス故障す春の夕 (怒ってもしょうがない、相手はバス)
2月20日 春の塵あがるテレビの視聴料 (EU離脱に伴う便乗値上げ?光熱費や物価の値上げも)
2月21日 ひょろひょろのタンポポ揺れる狭庭かな (今年の初タンポポ、一輪のみ)
2月22日 ツイッターのイルミナティやゴム風船 (秘密結社が堂々とツイッターのアカウントを公開)
2月23日 春嵐千二百句を選句して (Storm Doris を心配しつつ現俳協ネット句会の選句)

以上のような日々を過ごしておりました。
スペインへのフライトが昨日ではなくて本当に良かった。
あさっては早朝5時に出発でパソコンは開きませんし、旅行にはパソコンを持ってゆきません。
帰国は3月3日と4日の境目になりますので、落ち着いてパソコンを開けるのは、3月5日になります。
皆さま、どうかお元気でいらしてくださいませ♪








[PR]
by mariko789 | 2017-02-24 16:14 | Nikon D80 | Trackback | Comments(18)

睡眠障害(日記帳)


もう一ヶ月以上も睡眠障害に陥っています。
眠る前の俳句作りを止めたら治ると思ったのに、いったん習慣になった睡眠障害は容易に離れてくれそうもない。
以下、575日記より抜粋。日々四句記しているうちの一つは必ず睡眠障害の句になっているのが情けない。
(これらの575は暮らしのメモで「俳句」ではありません)


f0053297_15322175.jpg



2月7日 凩や午前三時に目を覚まし(連日強風が吹いています)
2月8日 熟睡の快感もどる氷解く(久しぶりに7時間も纏めて眠り)
2月9日 午前二時目覚めて胸焼けのつらし(季語なし。二時、三時に目覚めてしまう)

(番外) 
2月11日 春の夜の台北ともす松山城 016.gif
 (TVのニュース。台北のランタン祭に、松山城とよしあき君の巨大なランタンが登場!)

2月12日 朝寝して大鍋で煮る野菜かな(寝坊してしまい、夕ご飯の分もまとめて朝に煮物)
2月14日 二度寝して三度寝に入る朧かな
2月15日 春暁や二、三、五時に哲学す
2月16日 春の月どうあがいても眠れない(深夜二時まで眠れず、朝五時に目覚めては、つらい)

二時三時に目覚めて眠れないと、ぐだぐだと過去のことを考えてしまいます。
警察にお世話になるような犯罪はしていないし、他人に意地悪をした覚えもないけれど、
親に反抗したり、ケアレスミスで取り返しのつかない事故を招いたことがある。

自分の過去を反省するのは良いのですが、行き過ぎて自分を責めてしまうのは精神衛生上、良くない。
過去の自分を許す。欠点も含めた自分を許容する。
そしてこれからの人生を、「なるべくあとで後悔しないように」生きてゆきたい。










[PR]
by mariko789 | 2017-02-18 15:35 | Nikon D80 | Trackback | Comments(22)