always over the moon

タグ:生活 ( 166 ) タグの人気記事

ソーダ水 :俳句

淡き恋泡泡泡とソーダ水  (中原久遠)
(あわきこい あわあわあわと そーだすい)


f0053297_013678.jpg



ストローのつと浮きかかりソーダ水  (中原久遠)


季語: ソーダ水  【夏】 ・生活



※ 俳句ポスト365 二十二回め投句 兼題 『ソーダ水』    :人  二句


恋は泡々の日々・・・ 
[PR]
by mariko789 | 2014-07-06 00:06 | olympus | Trackback

シャワー :俳句

f0053297_724274.jpg



棒立ちのシャワー深夜のネットカフェ  (中原久遠)

山小屋のシャワー満天星の下   (中原久遠)


季語:  シャワー    【夏】 生活

※ 俳句ポスト365 十八回め投句 兼題 『シャワー』    :人 二句


◎ 画像は大英博物館にて olympus OM-D E-M5 にて撮影。
◎ 英国より帰宅したばかりで取り込み中のため、コメント欄は閉じています。  
[PR]
by mariko789 | 2014-06-09 07:30 | olympus OM-D E-M5 | Trackback

籐椅子 :俳句

籐椅子を凹ませて軋ませて恋
(とういすを へこませて きしませて こい)

季語:  籐椅子(とういす)  【夏】 生活

f0053297_1442341.jpg


※ 俳句ポスト365 十六回め投句 兼題 『籐椅子』    :人 

                            
                           Thank you very much!

                   軋ませて来い そんな元気はありまっせん   idea-kobo

                   籐椅子に浮ぶや愛し永久の恋          詩楽麿

                   悶えしも届かぬ心抱きつつ
                        溢れしままに籐椅子揺らす       詩楽麿

                   籐椅子に沈みて魂は浮遊せり         流星マリコ


More (続きを読む)
[PR]
by mariko789 | 2014-05-13 14:44 | Nikon D80 | Trackback

田楽(でんがく) : 俳句

振舞の美酒と田楽神楽の夜    (中原久遠)
    (ふるまいの びしゅとでんがく かぐらのよ)



季語: 田楽(でんがく)、木の芽田楽、豆腐田楽、田楽豆腐、田楽焼、田楽刺   【春】 生活
 ・短冊に切った豆腐を竹串に刺して味噌を塗り、焙ったもの (by 角川 季寄せ)


f0053297_13462571.jpg


◎ まつやま俳句ポスト 九回め投句 兼題 『田楽』     :人

                          Thank you very much!

                  田楽の角きつちりと武家の祖母    久遠(選外句)

                  いにしえも田楽かざす祭りかな       詩楽麿

                  恩愛の尽きる事なき追憶に
                      我が身投げ出し見詰む流星    詩楽麿

                  たんぽぽや地蔵の膝に銭五圓      与太郎 

                  子ヒバリの飛ぶや麦よりも高からず   与太郎 

                  バスタブに花を浮かべる一人の夜      流星

                  忘れえぬ面影一つ花の雨           流星

                  若草に玩具のバスの見え隠れ        流星


◎ 画像: 与太郎さんの 高千穂の夜神楽 から拝借した写真を加工させて頂きました。
  高千穂の夜神楽は、夜を徹して行われ夜分に振舞の酒とお料理が供されます。
  連日、与太郎さんのこの記事を拝見し、仮想体験させて頂き、この一句を得ることができました。
  私的にはとても気に入った句で、夏井組長に採って頂き、嬉しかったです。
  与太郎さん、ありがとうございました。

私は田楽は大好きですが、皆さまもお好きですか?
田楽が、おでんがく となり、おでん になった。
おでんと田楽は、元をただせば同類だったんですね。
[PR]
by mariko789 | 2014-03-29 13:53 | collaboration | Trackback | Comments(17)

ふらここ(ぶらんこ) :俳句

ふらここや子は幻の母と逢ふ   (中原久遠)
    (ふらここや こはまぼろしの ははとあう)

季語: ぶらんこ、ふらここ、鞦韆(しゅうせん)、秋千、ふらんど、ゆさはり、半仙戯、  【春】 生活

f0053297_1485377.jpg


※ まつやま俳句ポスト七回め投句  兼題 『ぶらんこ』    :並

◎ 画像はアーモンドの花。三分咲きかな? 

More (続きを読む)
[PR]
by mariko789 | 2014-03-14 14:16 | Nikon D80 | Trackback

暖房(だんぼう) :俳句


  暖房をとめて奪はん汝が熱  流星マリコ
 (だんぼうを とめてうばわん なれがねつ)

季語: 暖房、スチーム、ヒーター、暖房車 【冬】 生活
汝(なれ、なんじ): おまえ。汝(な)。親しい者、目下の者、動物などに用いる【古語】

f0053297_01185202.jpg



                          Thank you very much!

                  しんしんと冷気しのぶる碧き月     詩楽麿

                  忍び入る床(とこ)の隙間に冷気あり
                        身も縮まりて 筆も走らず    詩楽麿

                  大枯野われは原始に還りこぬ     流星マリコ



ここに書きたいことは数あれど、言わぬが花。
今日は、このすぐ下にも備忘録的俳句を投稿しています。
宜しかったら、覗いてみて下さいませ。






[PR]
by mariko789 | 2013-12-15 01:27 | Nikon coolpix P510 | Trackback | Comments(23)

コート :俳句

暗雲に潜むる星を追ふコート  流星マリコ
(あんうんに ひそむるほしを おうこーと)

季語: 外套(がいとう)、オーバー、コート、古外套    【冬】生活
星=犯人

f0053297_481145.jpg


ロンドンの地下鉄、ベイカーストリートの駅前にはシャーロック・ホームズ氏が立っています。
トレードマークのパイプに帽子、それにお馴染みのケープつきコート姿です。


                          Thank you very much!


                 木枯らしの畑にちらほらものもなし    与太郎

                 待ちびとの煙草のけむや白息や    流星マリコ

                 黒髪を輪ゴムでゆわえ根深汁      流星マリコ



More (続きを読む)
[PR]
by mariko789 | 2013-11-26 04:27 | Canon PowerShot SX50 | Trackback | Comments(23)

アロハシャツ :俳句

   重力に素直な身体アロハシャツ   流星
 (じゅうりょくに すなおなからだ あろはしゃつ)

【季語】   アロハシャツ  : 夏 (生活)


f0053297_3124620.jpg



蛙が苦手な方、ごめんなさい。
先日もアップした派手な蛙くんの再登場です。
この子を見ていたら、駄句が浮かんでしまいました。
さいきん、あまり楽しいことがないので、俳句でふざけて我が憂いを慰めています。
というわけで、見て見ぬふりをお願い致します。

重力に素直な身体というのは、なにも蛙くんのみならず私も同じ。
どうして脂肪は南下するのか。悲しい現実です。
[PR]
by mariko789 | 2013-07-16 03:23 | Nikon coolpix P510 | Trackback

夕端居(ゆうはしい) :俳句

ゆび焦がす煙草すてかね夕端居   流星

季語: 端居(はしい)、夕端居(ゆうはしい)  【夏】 生活


f0053297_12585243.jpg



                      Thank you very much!

                 招いたか バラの花びら虫抱え        詩楽麿

                 幾千里空を渡りて求めしも 
                     逢えぬバラゆえ虫に成りたし      詩楽麿

                 オギャッと生まれぽっくり逝こか天道虫     流星

                 天道虫花弁の海に溺れをり             桜姫



◎画像は、薔薇の花びらの端に這う天道虫。色温度を低くして撮ってみました。レタッチはなしです。
[PR]
by mariko789 | 2013-06-11 13:03 | Nikon D80

春装(しゅんそう) :俳句

 
f0053297_11414822.jpg



春装の影のみ添ひて触れあはず   流星
(しゅんそうの かげのみそいて ふれあわず)

季語: 春装(しゅんそう)、春服(はるふく)、春の服      【春】 生活


春は出会いの季節。親しくなれるには、まだまだ月日がかかりそう・・・。
いわば、水くさい仲。


                  Thank you very much!

               はらはらと夜の障子に散る桜     与太郎

               うつくしき人に逢いけり春の風    与太郎

               朝焼けに 春装を見ゆ 金の星    詩楽麿

               開かずに花の蕾のもどかしし 
                      春装探しじっと見つむる   詩楽麿

 
[PR]
by mariko789 | 2013-04-04 11:43 | Nikon coolpix P510 | Trackback