always over the moon

タグ:生活 ( 168 ) タグの人気記事

春愁(しゅんしゅう) ②


春愁の手がひとりでに顔を描く
(しゅんしゅうのてがひとりでにかおをかく)

f0053297_14183294.jpg



◇ 季語: 春愁(しゅんしゅう/はるうれひ) 【春】 ・生活(人事)

◇ e船団 俳句クリニック 2017年04月05日  中居由美ドクター : 今週の十句 (俳号:汝火原)
f0053297_14194319.jpg
  ネット句会の投句は減らしているのですが、e船団はお仲間の皆さまも投句してらして
  結果を拝見するのが楽しみですし、ドクターの選評も大いに参考になります。
  できればこれからも時折は投句して縁を繋げておきたいと思っています。

◇ 画像の絵は、マウスでお絵描。リアルではもちろん紙に悪戯書きをしています。
  子どものころから、同じような顔の絵ばかり描いていて、教科書とかにも(反省!






[PR]
by mariko789 | 2017-04-10 14:21 | retouch/anima/paint | Trackback | Comments(18)

桜湯(さくらゆ)


桜湯の香りのほうへ赤子の瞳
(さくらゆのかおりのほうへあかごのめ)


f0053297_15201981.jpg


◇ 季語 : 桜湯(さくらゆ)  【春】 ・生活(人事)
   

◇ 現代俳句協会インターネット俳句会 2月/汝火原マリ


◇ 画像はハンガリーで撮ったものです。









[PR]
by mariko789 | 2017-03-29 15:21 | olympus OM-D E-M5 | Trackback | Comments(2)

蕨狩(わらびがり)


狩りつくす蕨や次女はプログラマー
(かりつくすわらびやじじょはプログラマー)

f0053297_23142676.jpg


◇ 季語 : 蕨狩(わらびがり) 【春】 ・生活(人事)

Thank you very much!(天使の顔も三度まで の投稿に頂きました♪)
.
酔いどれの西班牙(スペイン)の旅弥生尽  麗門
.
あのバスに乗ればふるさと春めけり     麗門
.
行く春やトイレの紙を探しけり       麗門
.

◇ 画像はプラハの動物園にて。


◇ 松山俳句ポスト 103回め投句   兼題(第164回) 『蕨狩』 :  人選 (中原久遠)
 

◇ この回をもちまして、松山俳句ポストへの投稿は休止しました。
  2014年初頭から丸三年間、途中二ヶ月連続で休んだり、旅行や引越しで投句できないときもありましたが、
  我ながらよく続いたと思います。サイトでは大いに勉強させて頂きました。
  これからも俳句ポストのサイトは必見と、思っています。
  投句合計103兼題。全没一回。並選11句、人選116句、地選15句、天3句。
 
  これからは、他のネット句会への投句も控えめにして、日常の生活句(苦?)も投稿してゆきたい。
  そして句を読む方に、もっと力をつけたいと思っています。


  今日からイギリスは、サマータイムになり日本との時差が8時間になりました(冬は9時間の時差)。
  たとえ1時間でも時差の短縮は嬉しいです。







[PR]
by mariko789 | 2017-03-26 23:21 | olympus OM-D E-M5 | Trackback | Comments(22)

春ショール :俳句


 ずんずんと家路を逸れる春ショール
 (ずんずんといえじをそれるはるショール)


f0053297_15513768.jpg


◇ 季語: 春ショール  【春】 ・生活(人事)



◇ e船団 俳句クリニック 2017年03月01日発表  星野早苗ドクター :  佳作(俳号:汝火原)

 
◇ 「e船団俳句クリニック」は8名の専属ドクターが俳句を診断して下さいます。
  兼題なし。毎週、最多で五句まで投句可。日曜日締切。無料。海外から投句OK。
  10日後の水曜日に「今週の十句」として結果発表。ドクターに依っては、おまけの「佳作」「注目句」も有。
  ここに常連で入選なさっているお仲間の皆さまに拍手です。私もぼちぼち頑張ろう。


◇ 真っ直ぐ家には帰りたくない。ルーテーィンを破って、知らない場所に踏み込んでみたい。春だから。
  画像は、スペインのベニドルムにて。コメント欄は閉じております。








[PR]
by mariko789 | 2017-03-12 16:02 | olympus OM-D E-M5 | Trackback

山焼(やまやき)


一昨日の山焼いまも猫の眼に
(おとといのやまやきいまもねこのめに)


f0053297_20153870.jpg



◇ 季語 : 山焼(やまやき) 【春】 ・生活


◇ 松山俳句ポスト 101回め投句   兼題(第162回) 『山焼』 :  人選 (中原久遠)


◇ 画像はハンガリーにて。 旅行の準備もあり取り込み中。コメント欄は閉じております。 







[PR]
by mariko789 | 2017-02-20 20:18 | Nikon coolpix P510 | Trackback

鷹狩(たかがり)


仕損じて鷹狩の鷹水を裂く
(しそんじてたかがりのたかみずをさく)


f0053297_16042672.jpg



◇ 季語 : 鷹狩(たかがり) 【冬】 ・生活

◇ 松山俳句ポスト 100回め投句   兼題(第161回) 『鷹狩』 :  並選 (中原久遠)


◇ 前回の「熊」に続き、今回も並選。2017年は並選の連荘で明けたのでした。それもまたよし。明るくいこう!
  
  
◇ 画像はUAEの博物館にて。 名君の誉れが高かった、故元首の肖像画。彼は鷹狩の名手でもありました。

  サウジアラビアに四年半、UAE(アブダビ)に二年半、カタールに一年、合計八年もの人生を中東で過ごしてしまいました。
  


◇ コメント欄は閉じております。







[PR]
by mariko789 | 2017-02-03 16:09 | Nikon D80 | Trackback

風邪(かぜ)② 


 ももいろに茹だつてゐます風邪の貌
 (ももいろにゆだっています かぜのかお)


f0053297_15182010.jpg

◇ 季語 : 風邪(かぜ)  【冬】 ・人事(生活)


◇ 現俳協インターネット俳句会 2017年 1月/汝火原マリ
  
  
◇ 画像は、以前マウスでお絵描したもの。パソコン内の整理をしていて見つけました。
  俳句は、この絵にあわせて作りました。つまらない句ですが、票を頂いたので、投稿できました。
  いつの日か、水彩画(マウスでお絵描ではなく)と、もう一つ語学に挑戦できたらいいなぁ。生きていれば(笑)


◇ 投稿する俳句が溜まってしまったので、どんどん更新してゆくつもりです。コメント欄は閉じています。









[PR]
by mariko789 | 2017-02-02 15:22 | retouch/anima/paint | Trackback

湯婆(ゆたんぽ) :俳句


 湯婆あけ夢のぬくもり流しけり
 (ゆたんぽあけゆめのぬくもりながしけり)

f0053297_15233327.jpg



◇ 季語 : 湯婆(ゆたんぽ)、たんぽ  【冬】 ・人事(生活)


◇ 現俳協インターネット俳句会 12月/汝火原マリ
 
  以前書いたように、湯たんぽを買ったので、なんとか考えた一句でした。
  いざ詠むとなると、難題でした。お仲間の票が入り、ほっとしました。


◇ 画像は、我家の庭の薔薇。
  この薔薇は手の届かない高い枝に咲いていて、今も寒中ながら、二輪咲いています。
  最近は、ロビンも来なくなったので、あまり庭にでなくなりましたが、
  出たときには、この薔薇の木に「お元気で何よりです」と声をかけています。

  久々に画像に文字を入れてみました。
  ふとNHKの「カシャッと一句フォト575」が放送されていた頃の雑誌を読み返していたら、とても懐かしくなって。
  当時のお仲間の殆どがちりぢりになってしまい、今では連絡も取れなくなってしまいました。
  皆さん、お元気でいてほしいです。そしてたまには夢の中でお会いしましょう。





  


[PR]
by mariko789 | 2017-01-27 15:30 | Nikon D80 | Trackback | Comments(20)

鯛焼(たいやき) :俳句


 鯛焼を割つて遺影の園児服
 (たいやきをわっていえいのえんじふく)

f0053297_14490356.jpg


◇ 季語 : 鯛焼(たいやき)  【冬】 ・人事(生活)


◇ 現俳協インターネット俳句会 11月/汝火原マリ
 11月の拙句の中では一番沢山票が入ったものの、暗い句なので年末年始の投稿を自粛していました。
 「鯛焼を割って」、仏壇に供えたわけではないのです。「割るや」にすれば良かったかしら。








[PR]
by mariko789 | 2017-01-16 14:47 | Nikon D80 | Trackback

毛布(もうふ) :俳句


 わたくしを発酵させる毛布は黄
  (わたくしをはっこうさせるもうふはき)

f0053297_16251226.jpg


◇ 季語 : 毛布 【冬】 ・生活

◇ 松山俳句ポスト 九十八回め投句   兼題(第159回) 『毛布』 :  地選一句、 人選二句 (中原久遠)

◇ 発酵という言葉はぱっと浮かんだもの。推敲もなにもせずすらっとできた句で、没とばかり思っていました。

◇ 選者の「俳句集団いつき組」 夏井いつき組長の選評。
   

f0053297_16262411.jpg

◇ 画像は家に飾ってあった薔薇の花です。



◇ 下の二句は人選を頂きました。


毛布の闇足すりあはす音さびし  
(もうふのやみ あしすりあわすおとさびし)



 

f0053297_16353470.jpg

贈られしらくだの毛布パオの初夜
(おくられしらくだのもうふパオのしょや)


◇ 上の画像は、プラハ動物園で撮った、モンゴルの住居パオ。右側の派手なのは、屋内の天井。
  じつはこの句が本命でした。
  自選力がなく、本命句が没ることが多いのですが、今回は人選に採って頂き、ほっとしました。
  来年の課題は、もっと自選力をつけること。








[PR]
by mariko789 | 2016-12-28 16:43 | Nikon D80 | Trackback | Comments(16)