always over the moon

タグ:植物 ( 140 ) タグの人気記事

冬芽(ふゆめ) :俳句

鳥葬の部落幾千もの冬芽   中原久遠
(ちょうそうのぶらく いくせんものふゆめ)



f0053297_12403224.jpg


季語: 冬芽(ふゆめ、とうが)、冬木の芽  【冬】 ・植物

                     Thank you very much!

               鳥葬の冬野の果ての我が影よ      とし坊

               寒き雨ふりてメジロの啼く一日(ひとひ)
                        山茶花赤く庭にさきたり    与太郎

               餅焼きし香りほのかに残りゐて
                   孫(こ)らも眠き夜となりたり     与太郎

               墜落の尾翼浮上す寒日和        くをん

               吹雪ごうごう突進しゆく夜汽車かな     くをん 

               山おろし新屋舐めるや隙間風      詩楽麿

               愛しくも顔に出せない心ゆえ
                    行方知れずに闇から闇に      詩楽麿 



 
※ 松山俳句ポスト365 四十六回め投句 兼題(第97回) 『冬芽』 : 地

俳句集団いつき組 夏井いつき組長選評
「鳥葬の部落」といわれると、アンデスを思い浮かべるぐらいが私の貧しい知識ですが、高地の乾いた空気の中で「幾千もの冬芽」は光り始めるのでしょうね。「鳥葬」という言葉のインパクトが一人歩きせず、歴史という背景を含んだ光景として季語「冬芽」を際立てます。



いやはや。木曜日の並・人に私の句がなかったので、今回こそ全没と思いました。
六句も出していたのですが。
負け惜しみではなく、あまりショックではなくさばさばとした気持でした。
一年も参加していれば全没の回もあるさ、なんて。
そしてなーんの期待もなくあけた金曜日。
鳥葬の句で地選を頂いてたなんて! ビックリしました。
自分的には無印の句で、最後まで提出するかどうか迷ったし。

鳥葬は、今ではインドやアンデスの地方の一部で残っているくらい(検索情報)、
けれど日本でも姥捨てのあったころは、骸は鴉など鳥の餌食になったのですよね。
この鳥葬の句を作りながら、私は妄想の世界へはいりこんでいました。
肉食になった鳥たちは木の芽なんか食べなくなる。
木の芽が増える。
肉食の鳥の糞は豊かな肥やしになり、木々はますます元気になり、冬芽はその数を増す、増す、増す。
そして作り終えた句を見て。
なんてホラーな句なんだろう。怖すぎる・・・。やめだ、やめ!提出するのやめよう。
しかし、土壇場になり、やっぱせっかく作ったんだから提出しちゃえ、と。
結果、組長に拾って頂き、感謝です♪

というわけで、今週は危機一髪で全没を免れました。(>_< )
[PR]
by mariko789 | 2015-01-24 13:05 | Nikon D80 | Trackback

一文字(ひともじ) :俳句

一文字や一夫一婦のふと異臭
(ひともじや いっぷいっぷの ふといしゅう)

f0053297_146178.jpg



季語:  一文字(ひともじ)、葱(ねぎ)、根深(ねぶか)、、 【冬】 ・植物

                   Thank you very much!

          ふと異臭 音はしないがこいたろう idea-kobo

          九尺二間(=長屋)に過ぎたる物は紅の付いたる火吹き竹 (桜姫様よりご紹介の都都逸)

          寝正月覚めて鉛の手足かな  くをん 

          夢のみと寒月照れど寒さ沁む      詩楽麿

          夜も明けぬ窓に滴る露の群れ
                行き先知れた曇り窓かな     詩楽麿 


長ネギに、一文字(ひともじ)という別称があるなんて、俳句に縁がなければ一生知らずにいたと思います。

我家も結婚して二十二年も経ちました。
一筋には来たものの、中を質せば・・・
[PR]
by mariko789 | 2015-01-06 14:17 | Sony Cyber-shot G | Trackback | Comments(15)

朝顔(あさがほ) :俳句

朝顔閉づ色あせぬまま散らぬまま  くをん
(あさがお とづ いろあせぬまま ちらぬまま)

f0053297_13472766.jpg


季語: 朝顔、牽牛花(けんぐうくわ)、蕣(あさがほ)  【秋】 ・植物

 
 
                     Thank you very much!

                朝日故雲の妨げなんのその        詩楽麿

                着飾りし乙女ら集う 同窓の
                       学び舎近く内定も無く      詩楽麿

                秋のくれ父なき人のさひしさよ       与太郎

                朝寒や弓ひきに行く我一人         与太郎

                朝寒のカプセルホテル卵めき        くをん



◎ 庭にたった一輪咲いた、種蒔きの朝顔。最後は、こんな姿を見せてくれました。
[PR]
by mariko789 | 2014-11-16 13:56 | Nikon D80 | Trackback | Comments(2)

底紅(そこべに) :俳句

底紅の底は濡らさじ銀の雨  くをん

f0053297_1732611.jpg


季語: 底紅、木槿(むくげ)  【秋】 ・植物

◎ とっくにこの花は終ってしまったのですが、投稿しそびれていた句を揚げておきます。
   庭の花への挨拶句です♪
[PR]
by mariko789 | 2014-11-09 15:37 | Nikon D80 | Trackback | Comments(2)

秋桜 :俳句

八ひらの夢をつぼみに秋ざくら   くをん

f0053297_15212456.jpg


季語: 秋桜(あきざくら)、コスモス  【秋】 ・植物

                  Thank you very much!

           枯れ落ち葉もみじしたるは風の街
                     まひ散る時もまた風の中       与太郎

           奴さかなに手に猪口とれば窓にみごとな秋の月   与太郎(都々逸)



◎ こちらはもうすっかり冬になってしまいました。とっても寒いです!
   日本は紅葉のシーズンでしょうか。行楽の秋、芸術の秋、食欲の秋を楽しまれていますように・・・♪
[PR]
by mariko789 | 2014-11-04 15:24 | Nikon D80 | Trackback | Comments(7)

黄落(こうらく) :俳句

黄落の森に夢食む鳥ひそむ くをん
(こうらくの もりにゆめはむ とりひそむ)

f0053297_15285339.jpg






黄落の広場皇帝円舞曲  くをん
(こうらくのひろば こうていえんぶきょく)

f0053297_15305667.jpg



 季語: 黄落(こうらく)    【秋】 ・植物

※ 松山俳句ポスト365 三十六回め投句 兼題(第87回)『黄落』  : 人 (二句)


◎ 一枚目の画像は英国にて、二枚目はブダペストにて撮りました。
   ご訪問をありがとうございます!♪
[PR]
by mariko789 | 2014-10-31 15:33 | Canon PowerShot SX50 | Trackback

万年青の実(おもとのみ) :俳句

校長の爪のマニキュア万年青の実  くをん
(こうちょうの つめのまにきゅあ おもとのみ)

f0053297_15384899.jpg


 季語: 万年青の実(おもとのみ)    【秋】 ・植物

※ 松山俳句ポスト365 三十四回め投句 兼題(第85回)『万年青の実』  :人

 
                       Thank you very much!

                  女郎花紫苑鶏頭万年青の実          与太郎
     
                  破垣にひとつ残った万年青の実        与太郎
     
                  熊笹や岩のくぼみに万年青の実        与太郎

                  台風もチムニーケーキの渦となる      詩楽麿

                  人恋うもチムニーケーキに勝てぬまま
                            食めば尚更 思いや何処    詩楽麿



◎ いやはや。まさかこの句を採って頂けるとは夢にも思わなかったです。
  今回は、本命句ができず、枯木の何本か、みたいな句を提出。いよいよ全没かと覚悟をしていました。
  揚句は、提出間際まで、
  「校長のカツラ疑惑や万年青の実」
  だったのです。
  しかし・・・いくらなんでもフザケすぎていないか。
  本当にカツラ疑惑がある、どこぞの校長氏からクレームがつくのではないか??
  と、最後の最後で、迷いが生じ、校長の・・・えーと、えーと、、爪の、えーとえーと、
  マニキュア でいっか! 
  しかし、提出してすぐ、大後悔しました。
  爪のマニキュアは、当たり前だのクラッカーだろう!  
  「爪に塗らないマニキュアがあったら持って来い!」と、組長の声が空耳に聞こえたのでした。
  
  しかし、結果は、もっとまともで普通の句が落ちて、この奇妙な句が入選したのでした。
  うーーーむ。。平凡は敵なのだな。
  発想の転換が必要なのか。。。


◎ 画像は、ブダペストのレストランにて。 
  天井に張り付けられたオブジェ。ボートで釣をしている校長先生(?)
  発想の転換は流行みたいで、このお爺さんも天井からボートごと吊るされていたのでした!ちゃんちゃん!
  (撮ってから、逆さまにレタッチしました。言ってる意味、わかります?) 





 
 
[PR]
by mariko789 | 2014-10-18 15:54 | Canon PowerShot SX50 | Trackback

乱菊  :俳句

乱菊の身を庇ひあふ 雨十日
(らんぎくの みをかばいあう あめとおか) 


f0053297_14421015.jpg


季語: 菊  【秋】 ・植物


                      Thank you very much!

                   中秋の名月泳ぐ黒目川          詩楽麿

                   手に取りて持ち帰りたし満月も
                        握りし夢に託しもの想ふ   詩楽麿 

                   乱菊に抱かれ眠る蕾あり
                         知る由もなき夢の数々     詩楽麿

                   飽きつばめ頃合いよしと捨てられて   idea-kobo




◎ こちらもうずーっと雨続きです。昨夜も凄い雷雨でしたし、今もシトシト降っています。
  まるで日本の梅雨のよう。
  庭の木々は腐ってしまいそう。胡桃もアーモンドも、実が黒ずんでしまったので、今年は収穫できそうもない。
  花々も元気なのは薔薇とコスモスくらい。それも、いつまで保つか。
  雨、止んでほしいです。

◎ 画像は菊ではありません。アスターです。
  このお花も雨に打たれ、重なり合って倒れつつあります。

◎ 今日は日本は敬老の日なのですよね。
  お年寄りの知恵と経験が生かされる社会であってほしいですよね!
  皆さまはどんな休日を過ごされていますか?
[PR]
by mariko789 | 2014-09-15 14:51 | Nikon D80 | Trackback | Comments(22)

秋草 :俳句

秋草の細胞がさびしく匂ふ  中原久遠


f0053297_1448431.jpg





放心へ秋草摘めば摘むほどに  中原久遠

f0053297_1449193.jpg



季語: 秋草(あきくさ)    【秋】 ・植物

※ 松山俳句ポスト365 二十九回め投句 兼題 『秋草』   :人選 二句


◎ 秋草って、秋に花を咲かせる草一般を指すのですね。
  私、この季語を調べるまでは、秋の雑草とばかり思ってました。
  花を咲かすのかー。勉強になりました。

◎ 草にも細胞があるのです。検索で草の細胞の画像を見て、ぐぐっと惹かれてしまいました。

◎ 画像の一枚目は、庭の秋草。
  名前もあるのでしょうが、道端に多く咲いていて雑草と一括りされてしまうお花。
  二枚目は、道端で撮りました。お花は咲かないので秋草ではないですね。


                       Thank you very much!

                 庭花にすがる虫らの夕晩夏     詩楽麿

                 咲き乱れ庭を彩る秋薔薇に
                    永久にかくあれ願い重ねて    詩楽麿

                 街中に初秋宿りて蝉時雨       詩楽麿

                 驚愕の想い出胸に旅続く
                     人の心に限りあらねば      詩楽麿

                 魏の国に美貌の剣士竹の春      マリコ

                 名月やチャイナドレスに繻子の靴   マリコ





 
[PR]
by mariko789 | 2014-09-04 14:57 | Nikon D80 | Trackback | Comments(12)

猿の腰掛(さるのこしかけ) :俳句



猿の腰掛びらびらとはたうねうねと  中原久遠

f0053297_15262930.jpg


季語: 猿の腰掛、猿茸(ましらだけ)    【秋】 ・植物

※ 松山俳句ポスト365 二十八回め投句 兼題 『猿の腰掛』   :並

難しい兼題でした。
猿の腰掛、撮ったことこそないものの、何度も見ているのですよねー。
しかし、あのものが俳句の季語になっているとは、意表を突かれました。
実際に、私の持っている三冊の季寄せ・歳時記には載っていませんでした。
全没にならなかっただけ、幸運だったと思います。

ちなみに、没った句は、
1) 猿の腰掛ちさきへへへへ巨きへへ (猿の腰掛の形、ひらがなの「へ」に似てますよね♪)
2) 倒木にしがみつきたる猿茸(ましらだけ)
3) 郷は朽ち猿の腰掛つやめけり

◎ 画像は、猿の腰掛ではありません。我家のアンズの木に寄生しているキノコ。
  雨が多いので、拙庭には各種のキノコが群生しています。取り除かねば。。

                         Thank you very much!

                 イチジクの熟れし割れ目に見る宇宙     詩楽麿

                 萌え消えた恋の行方を知らねども
                     心に奇蹟 イチジクの如し        詩楽麿

                 青春のバラ園香るキューガーデン       詩楽麿

                 いつの日か薔薇に寄せたる思いゆえ
                                抱きし夢を残照招く   詩楽麿

                 ブタペスト 晩夏を飾る鎖橋           詩楽麿

                 幾多もの出逢いを繋げ育みて
                          愛の賛歌を鎖橋知る       詩楽麿

                 秋草と遊ぶ兎や亀ゴール            マリコ

                 美登利ゐて信如が居らぬ月の雨        マリコ

                 雨風に打たれ地を這う秋桜            マリコ


More (続きを読む)
[PR]
by mariko789 | 2014-08-24 15:50 | olympus OM-D E-M5 | Trackback