always over the moon

タグ:植物 ( 140 ) タグの人気記事

緑陰(りょくいん):俳句





緑陰や墓を掘っては埋めるトム
(りょくいんや はかをほってはうめるトム)

f0053297_14512817.jpg


季語:  緑陰(りょくいん) 【夏】 ・植物
☆夏の緑の木陰で、「木下闇」と違い、明るい日差しとの対照を感じさせる。(by 角川季寄せ)

Thank you very much!

若葉舞う墓石に語る思いかな 詩楽麿

地に帰る故人を送る式故に 花びら摘み棺を彩る  詩楽麿 



◎ 「NHK俳句」誌7月号。夏井いつき選 兼題 「緑陰」 佳作。

◎ 画像は、五月に埋葬した義母の墓地です。リヴァプール郊外にある、広々した墓地。

More (続きを読む)
[PR]
by mariko789 | 2016-08-18 15:37 | olympus OM-D E-M5 | Trackback

紅ひいて :俳句





紅ひいて少年は消ゆ月見草
 
(べにひいてしょうねんはきゆ つきみそう)


f0053297_14554371.jpg


Thank you very much!

化粧直しの 口紅引けば
あなた慕って 指がなく
海を見つめて 日が暮れる
海を見つめる 日が続く
・・・たきの えいじ作 (とし坊さまよりご紹介)



季語:月見草  【夏】 ・植物

※ 松山俳句ポスト365 八十九回め投句 兼題(第149回)『月見草』 :人選 (中原久遠)

◎ タイのナコンサワンの大学に夫が勤務しているころ、レディボーイの学生が何人かいました。
  スカートをはいてお化粧をして出席。中には女学生より綺麗な子もいました。
  あの子たちは今頃どうしているかしら・・・。

◎ 画像の花は月見草ではありません。(撮影は6月にブダペストの動物園にて)

  月見草は、夜に白い花を咲かせ、明け方からピンク色に変わり、やがて赤くなって萎む一夜花。
  花自体に物語性がありますよね。幻想的。。

◎ 俳句ポスト、この次の兼題 「五月雨」はお休みしました。
  お仲間の皆さんの応援に回ります!♪






[PR]
by mariko789 | 2016-07-23 15:03 | olympus OM-D E-M5 | Trackback

クレソン :俳句





クレソンや鼻うごめかす魔女の皿
(くれそんや はなうごめかすまじょのさら)

f0053297_1315259.jpg


季語: クレソン 【春】 ・植物

◎ ちょっと時期遅れになりました、春の季語、クレソンです。
  以前は、英国のスーパーマーケットで手軽に買えたクレソンですが、
  この春はとんとお目にかかりませんでした。
  ロンドンの高級店にはあったのかしら。
  たまに見かけるのは、レストランのお料理の飾りとして、です。(現俳協/5月/汝火原マリ)

  「最強の野菜 クレソン」 美容と健康の為にむしゃむしゃ食べたい!

◎ 画像はブダペストの、小劇場前にて。


◎ ただいま、ブダペストから発信しています。
  早朝は涼しいのですが、昼間はとっても暑い。
  近日中には36度にもなるという予報もでていて。
  日本も暑いのでしょうか。まだ6月なのにね。
  パソコンは、新しい大きなファン付きの台が効果的だったのか、
  少し調子が上向いてほっとしているところです。

  ひたすらビザ申請の結果を待つ毎日。






[PR]
by mariko789 | 2016-06-20 13:27 | olympus OM-D E-M5 | Trackback | Comments(19)

若葉風 : 俳句





若葉風母を弔う子らの明日
(わかばかぜ ははをとむらうこらのあす)

f0053297_1432548.jpg


季語: 若葉風、若葉 【夏】 ・植物

◎ 画像は、ブダペストの公園にて。(現俳協5月/汝火原マリ)





[PR]
by mariko789 | 2016-06-08 14:28 | olympus OM-D E-M5 | Trackback

蜜柑の花 :俳句





輿入れや蜜柑の花は繚乱と  久遠
(こしいれやみかんのはなはりょうらんと)

f0053297_1435599.jpg


季語: 蜜柑の花 (みかんのはな)【夏】 ・植物

※ 松山俳句ポスト365 八十五回め投句 兼題(第145回)『蜜柑の花』 :人選

◎ 画像はプラハの教会にて。







[PR]
by mariko789 | 2016-06-02 01:45 | Canon PowerShot SX50 | Trackback

散る桜 :俳句





人肌の匂ひにむせて散る桜  
(ひとはだのにおいにむせてちるさくら)

f0053297_1334676.jpg


季語: 桜 【春】 ・植物

◎ 画像は去年の春、ブダペストの「桜祭」にて撮影。(現俳協ネット句会4月/2点/汝火原マリ)





[PR]
by mariko789 | 2016-05-19 13:06 | Nikon coolpix P510 | Trackback

雛菊(ひなぎく) :俳句




雛菊のほろりほろりと濡れて京
(ひなぎくのほろりほろりとぬれてきょう)

f0053297_14445735.jpg
  

季語: 雛菊(ひなぎく) 【春】 ・植物

◎ 写真は「雛菊」ではありません、お許しを。

◎ 月形半平太が、京都三条の宿をでるときの台詞、
  舞妓の雛菊「月さま、雨が」 半平太「春雨じゃ濡れてまいろう」
  本句は、このシーンを下敷きにしております。
  過分な講評を頂き、申し訳ないような・・・。

◎ 今日はこれからまた、ビザ手続の続きで、ブダペストへ飛びます。
  英国へ帰ってくるのは、23日。バタバタしているのでコメント欄、閉じています。

◎ 現代俳句協会ネット句会 4月/2点/講評 (汝火原マリ)





[PR]
by mariko789 | 2016-05-11 14:50 | Nikon D80 | Trackback

ほうれん草 :俳句




父逝けどほうれん草を茹でる母  汝火原マリ
(ちちゆけどほうれんそうをゆでるはは)

f0053297_168490.jpg


季語: ほうれん草  【春】 ・植物


◎現代俳句協会インターネット句会3月参加句。6点。五十嵐秀彦氏より嬉しい講評を頂いた上、
 どの先生が選んで下さったのか、G2 3月の特選に。
 褒められたくて詠んでいるわけではない筈なのに、高評価を頂くとすごく嬉しい私。
 そんな自分の小ささが情けなくて、笑ってしまう別の私。
 時間がなくて、精神的にも余裕がなくて、いつまで俳句を続けられるか判らない状況です。





[PR]
by mariko789 | 2016-04-18 16:14 | olympus OM-D E-M5 | Trackback

馬鈴薯植う :俳句




一面の焦土女は馬鈴薯植う  中原久遠
(いちめんのしょうど おんなはばれいしょうう)

f0053297_5271162.jpg


季語: 馬鈴薯植う (ばれいしょうう)(じゃがいもうう)  【春】 ・植物


※ 松山俳句ポスト365 八十回め投句 兼題(第140回) 『馬鈴薯植う』 : 天 


◎ 画像は、プラハのユダヤ人墓地です。

◎ 組長の奥深い読みで、拙句に光を当てていただきました。言葉では言い表せないほど、感謝しています。


More (続きを読む)
[PR]
by mariko789 | 2016-03-19 05:44 | olympus OM-D E-M5 | Trackback

伊予柑(いよかん) :俳句




口中に匂ふ伊予柑けふの恋  中原久遠
(こうちゅうににおういよかん きょうのこい)

f0053297_13192861.jpg


季語 : 伊予柑 【春】 ・植物

※ 松山俳句ポスト365 七七回め投句 兼題(第137回) 『伊予柑』 : 人選


◎ 一昨年だったかな、マウスでお絵かきしたものです。

◎ コメント欄、閉じています。ただいま、プラハ旅行と、リバプール移転の件で、多忙です。






[PR]
by mariko789 | 2016-02-15 13:25 | retouch/anima/paint | Trackback