always over the moon

タグ:時候 ( 135 ) タグの人気記事

冬初め :俳句

冬初め大樹の陰の莨の火 
(ふゆはじめ たいじゅのかげの たばこのひ)

f0053297_14283775.jpg


季語:  冬初め、 初冬(はつふゆ、しょとう) 【冬】 ・時候

莨(たばこ)。


 
                      Thank you very much!

                   儚きは城を掠める冬場風         詩楽麿

                   人知れず見上げし宮殿今もなお
                          歴史語りつ我を連れ行け    詩楽麿

                   頬杖をほどく女や秋の果        くをん

                   聖堂の鐘の音怪し冬の空         麗門

                   紅葉の陰に潜みし冬装備        詩楽麿

                   いにしえも和歌に詠まれし紅葉の
                            時場所問わず悠久宿す     詩楽麿

                   垣朽ちて古蔦赤き時雨哉             与太郎


◎ 画像は庭の杏の木です。これは一週間も前に撮ったもので、今は裸木になってしまいました。
  それでも、これだけ大きな木ですと、陰にいると雨風も防げ、木の体温なのか、ささやかな温もりを感じます。
  今年は雨が多く、杏の木も木肌にキノコが生えたり苔むしたり、つらそうでした。
  来年も元気に花実をつけてくれますように。
[PR]
by mariko789 | 2014-11-19 14:36 | Nikon D80 | Trackback | Comments(6)

神無月(かんなづき) :俳句

辻占の客の背うすき神無月  中原久遠
(つじうらの きゃくのせうすき かんなづき)

f0053297_15243655.jpg


 季語: 神無月(かんなづき)  【冬】 ・時候
(陰暦十月のこと。諸国の神々が集まるという出雲では「神在月」という by角川季寄せ)

※ 松山俳句ポスト365 三十八回め投句 兼題(第89回)『神無月』 :人

◎ 昨日は私室の床にバニッシュを塗りました。冬のこととて乾きも悪く、なんといっても匂うので、
  昨夜は別の部屋で眠り、今も別の部屋でパソコンをしています。早く私室に戻りたい!
[PR]
by mariko789 | 2014-11-13 15:30 | Canon PowerShot SX50 | Trackback | Comments(8)

夜寒(よさむ) :俳句

木乃伊が匂ふ夜寒の博物館  くをん
(みいらがにおう よさむのはくぶつかん)


f0053297_16155017.jpg


 季語: 夜寒(よさむ)    【秋】 ・時候

※ 松山俳句ポスト365 三十七回め投句 兼題(第88回)『夜寒』  :人

◎ 画像はイスタンブールの、考古学博物館にて。
   ご訪問、有難うございます!♪

◎ ただいま、家のペンキを塗っているところです。
   7月に業者に内装工事を依頼するも(他の修理も兼ねて)、いまだに来てくれず、
   一昨日電話をかけたところ、「12月には行けるかも」という、たよりない返事。
   英語を解す業者が少なく、他に依頼する業者のあてもなし。
   できる限りは、自分たちでしてみようと思っています。
[PR]
by mariko789 | 2014-11-06 16:22 | Nikon D80 | Trackback | Comments(6)

夏深し(なつふかし) :俳句

夕めしの薄き一汁夏深し  中原久遠
(ゆうめしの うすきいちじゅう なつふかし)

f0053297_13245679.jpg
 


季語:  夏深し    【夏】 ・時候

※ 松山俳句ポスト365 二十六回め投句 兼題 『夏深し』   :人

                     Thank you very much!

                  天空に刺さる宮殿夏知らず        詩楽麿

                  パレスにて一夜過ごせしかの人と
                      醒めては夢の繰り返しかな    詩楽麿

                  ガーデンに咲き誇りたり 夏草や      詩楽麿

                  貴族らの喜怒哀楽を見詰めつつ
                      世紀を受け継ぐキューガーデンよ    詩楽麿

                  無花果のくれなゐ深し夜の底      マリコ

                  秋近し一番鶏の声高く           マリコ 
 


◎ 自分でも、みみっちいところが気に入っている句です。採って頂き、とっても嬉しいです♪

◎ 画像はロンドンの キューガーデン の日本庭園にて撮影。
  キューガーデンの写真は次回から投稿いたします。

◎ 久々に俳句の投稿のコメント欄を開けてみましたが、写真や日記のお友達は、ご遠慮なくスルーして下さいね♪
[PR]
by mariko789 | 2014-08-07 13:31 | olympus OM-D E-M5 | Trackback | Comments(9)

夏 : 俳句

銀紙に吸ひつくチューインガムや夏
(ぎんがみに すいつくちゅーいんがむや なつ)

季語: 夏    【夏】  ・時候

銀遊句会 一回目投句。 三句のうちの一句。 (主席一、次席二)
兼題 『銀』  


f0053297_13411963.jpg


◎ 画像は飾りです。

◎ ↓にも一句、投稿しています。宜しかったら覗いてみて下さいね♪
[PR]
by mariko789 | 2014-07-18 13:44 | Nikon D80 | Trackback

六月(ろくがつ) : 俳句

六月や雲がとぐろを巻く遺跡
(ろくがつや くもがとぐろを まくいせき)

季語:  六月(ろくがつ)  【夏】 ・時候


f0053297_14411775.jpg
  


                     Thank you very much!

                 古代人 ストーンヘンジ神となす     詩楽麿

                 語り次ぐ術なき時代古代人
                     神と崇めしストーンヘンジ     詩楽麿 

[PR]
by mariko789 | 2014-06-21 14:42 | olympus OM-D E-M5 | Trackback

二月 : 俳句

二月に生まる天より父母をたまはりて  中原久遠 
    (にがつにうまる てんよりふぼを たまわりて)
季語: 二月 【春】 時候

生まる(うまる)  自動・ラ下二 
賜る(たまは・る) 他動・ラ四

f0053297_1544820.jpg



                       Thank you very much!

                たまわりて もったいなくも かしこくも   idea-kobo

                気更来とは言うものの冬鎮座       yamaoji

                ボクの目をふさぐママの手猫の恋    流星マリコ

                浮き沈み回る木馬や風光る       流星マリコ

                生まれ秘話 語る者なく身体知る    詩楽麿

                夢に出で語りかけるや亡き母に
                    腕(かいな)伸ばせど笑みに届かず   詩楽麿 

                振り返るたびの春光誕生日      to_shi_bo

                鶯の口元寒き二月かな            与太郎

※ まつやま俳句ポスト 四回め投句 兼題 『二月』     :人

◎ 上五が七文字の字余りです。
言いおおせて何になる、という句になってしまいました(恥)
私の誕生日は二月二十七日、魚座です。


皆さま、オリンピックを楽しんでいますか?
大雪の被害は大丈夫でしょうか。
なんでもまた雪が降るとか。どうか転倒などにはくれぐれも用心なさって下さいね。




 
[PR]
by mariko789 | 2014-02-17 03:06 | retouch/anima/paint | Trackback | Comments(24)

節分 :俳句

節分や郷を追はれて人となり   中原久遠 
 (せつぶんや さとをおわれて ひととなり)

季語: 節分(せつぶん)  【冬】 時候

f0053297_1365483.jpg


                     Thank you very much!

              節分の豆の数ほど幸求む        詩楽麿

              見えぬ鬼 豆撒き払う節分に
                  内なる邪鬼も共に払わむ     詩楽麿

              恋猫のひねもすねむるつかれ哉     与太郎

              紅梅の年のころなら十八、九     流星マリコ

              紅梅の乙女ざかりの枝(え)を手折り  流星マリコ
 
              紅梅の花びら香るエアメール       流星マリコ


※ まつやま俳句ポスト 三回め投句 兼題 『節分』    :並

まつやま俳句ポスト、三度目の投句です。
この週はハンガリー語の勉強が忙しく、提出しないつもりだったのですが、
句友に後押しされ、制限時間いっぱいに出しました。
下に一回目並選の「霜」の句もアップしました。お時間のある方はご笑覧下さいませ。

節分の翌日が立春で、節分とはまさに季節の節目なんですね。
皆さまは、恵方巻を頂いたり、豆まきの行事に参加なさったり、節分をエンジョイなさいましたか?
※ 画像は節分の豆ではなく、霰(あられ)をレタッチしたものです。

冬季オリンピック、いよいよ開幕、日本選手の活躍が楽しみですね!
[PR]
by mariko789 | 2014-02-07 01:39 | retouch/anima/paint | Trackback | Comments(26)

冬終る(ふゆ をはる) :俳句

  鳥の食む実のみな終はり冬終る   流星マリコ
  (とりのはむ みのみなおわり ふゆおわる)

季語: 冬終る(ふゆ をはる)  【冬】 時候
古語: 終はる(をはる) 自動・ラ四   ・他に名詞の 終はり もあり。

f0053297_21165481.jpg



                      Thank you very much!

              寒と暖この日を境に豆をまく        yamaoji

              皿にしぼる橙の酢や春寒し        与太郎

              厳冬の来鳥去りて次を待つ         詩楽麿

              残り実に鳥まとわりてつつきしも
                    季節に追われさる姿追う    詩楽麿

              アフリカや空腹抱(かか)へ夫二月    流星マリコ

              囀りの虚空へ逝きし声聞こゆ       to_shi_bo

おととい、越冬していた林檎の最後の一つが、ついに消えました。
毎日同じ鳥が食べに来ていましたが、もう来なくなるかと思うと寂しい。
命をまっとうした林檎ちゃん、お疲れさまでした。
鳥さん、次のおやつを探すんだよ。

私には珍しく写生句で、写真も句の説明でまとめてみました。
あえて動詞を三つ使ってます。だって使いたかったんだもん!

寒い寒いハンガリーですが、庭の桃の木には新芽がでてきましたよ。
[PR]
by mariko789 | 2014-02-02 17:19 | Canon PowerShot SX50 | Trackback | Comments(25)

大晦日(おほみそか) :俳句

    プラスマイナス〆て御破算大晦日   流星マリコ
     (プラスマイナス しめてごはさん おおみそか)

季語 : 大晦日、大三十日(おほみそか)、大年(おおとし、おおどし)、大つごもり 【冬】 時候


f0053297_1530436.jpg



                            Thank you very much!

                     大みそか目溢しもあり薬喰い     kimcafe

                     元日や禰宜に出会ひし町はずれ   与太郎

                     大晦日 一夜明ければ お正月   idea-kobo


皆さま、本年は拙ブログにご訪問いただき、まことに有難うございました。
あまつさえコメントまで下さった方々には感謝でいっぱいです。
引越ばかりでリアルの友人に恵まれないワタクシですが、
淋しい思いもせず、今年も元気に越すことができたのは、
ひとえにブログ仲間の皆さまと、ロムさん達の声なき応援のおかげです。
皆様がよりよき新年を迎えられますよう、日ごろの感謝をこめてお祈りいたします。
また新年も変わらず、宜しくお願いいたします。
[PR]
by mariko789 | 2013-12-31 15:43 | retouch/anima/paint | Trackback