always over the moon

タグ:春 ( 168 ) タグの人気記事

淡雪(あわゆき)② :俳句


大仏の手に淡雪の蹉きぬ
(だいぶつのてにあわゆきのつまづきぬ)

f0053297_14133162.jpg


季語: 淡雪(あわゆき)       【春】・天文

                      Thank you very much!

              裏店の雛物語小雨ふる            与太郎

              ひな人形足投げ出してはしたなや      与太郎

              箱を出てうれしそうなり雛夫婦        与太郎

              明くる夜をまだ起き出でぬ雛もあり      与太郎

              赤きべべ着て雛壇に躓きぬ           くをん

              見ぬ街に皐月の風を注ぎたし         詩楽麿 

              もう逢えぬ追憶めぐり桜樹の
                     雨にも負けず時は過ぎ行く     詩楽麿


少し以前ですが、親しくさせて頂いている俳人さんの句会に参加させて頂いた句です。
兼題は『蹉跌/躓く(蹉く)』で、ずいぶん考え込んでしまいました。
時間のかかった句ですので、自分の記録として投稿しておきます。
写真は、鎌倉の大仏さま。ベタな写真ですが、大仏さま好きなので♪





[PR]
by mariko789 | 2015-03-11 14:18 | Sony Cyber-shot G | Trackback

月朧(つきおぼろ) :俳句

ヴィーナスの乳房ふつくら月朧   くをん
(ヴィーナスのちぶさふっくらつきおぼろ)

f0053297_1582291.jpg



季語: 朧月、月朧  【春】 ・天文
・春は大気中の水蒸気によって月がぼんやりと見えることが多い。春らしい趣の月である(by 角川季寄せ)


                          Thank you very much!

                    ドナウ川 連なる街に冬歴史      詩楽麿

                    国境の街に横たうドナウ川
                          エステルゴムに情緒届けし    詩楽麿 
 
                     降る雨に黒ぐろ光る春の河         くをん

                    着ると暑く脱ぐと寒くてつくしんぼ  池田澄子 (麗門様よりご紹介)






◎ 昨夜はティピカルな朧月でした。幻想的ですよね、朧月・・・♪
  上の画像は以前に撮ったもので、ブダペストの「漁師の砦」です。



◎ 蛇足。昨晩ベランダから撮ったティピカルな朧月 ↓

f0053297_14282564.jpg

[PR]
by mariko789 | 2015-03-05 14:16 | olympus OM-D E-M5 | Trackback

春の風 :俳句

 春風や獣医の鞄ふくらみて  中原久遠
(はるかぜや じゅういのかばん ふくらみて)


f0053297_15361813.jpg


季語: 春の風、春風(はるかぜ・しゅんぷう) 【春】 ・天文

※ 松山俳句ポスト365 五十一回め投句 兼題(第102回) 『春の風』 : 人選

                       Thank you very much!

                  大寺や畳の上の春の風    与太郎 
 
                  我が子さえ所在知れない冬去りぬ   詩楽麿

                  久遠なる命の連鎖なお続き
                       木の葉の如し我が命かな    詩楽麿

                  朧夜の気づかぬほどの下り坂   池田澄子 (麗門さんよりご紹介)

                  マラソンの息の絶え絶え二月尽    くをん

                  黒猫に蹴られ奈落へ雛人形        くをん

                  ふくらみて笑いが止まらん我が財布   idea-kobo


◎ 写真は古いものの使いまわしです。この写真、好きなので♪
[PR]
by mariko789 | 2015-02-28 15:39 | Nikon D80 | Trackback

蛤(はまぐり) :俳句

ひらきたる椀のはまぐり蝶のやう  中原久遠
(ひらきたるわんのはまぐりちょうのよう)


f0053297_14154287.jpg


季語: 蛤(はまぐり) 【春】 ・動物

※ 松山俳句ポスト365 五十回め投句 兼題(第101回) 『蛤』 : 人選


                     Thank you very much!

              陽に向かい無心に若葉をひろげゆく 
                       そう、そうだった春の思ひ出  与太郎

              紅梅の日に日に赤き蕾かな     与太郎

              これ以上待つと昼顔になってしまう   池田澄子(麗門様ご紹介)  

              熱々の湯の蛤や細雪         to_shi_bo

              天帝へ今宵召さるる紅梅は        くをん

              ひとひらは睫にとまる春の雪        くをん

              歴美ある尋ねし余寒の美術館       詩楽麿

              なお生きる彼方に浮かぶ夕雲に
                     秘めたる願いそっと語らむ     詩楽麿 


◎ 18日(水曜)に、ブダペストに出向き、壊れているNikon coolpix P510 を、修理に出してきました。
   ハンガリーでは修理が出来ず、隣国のチェコに送るそうで、10日位で直ってくるとのこと。
   もう一つ、壊れていたオリンパスのミラーレスは、カメラ本体は問題なし(良かった!!)
   レンズの故障で、これも2週間もかかるということは、他の国に送るのでしょう。
   修理屋を探すのにとっても苦労しましたので、直ってきましたら、記事に致します。
   たまには検索のお役に立たなければ。。
[PR]
by mariko789 | 2015-02-21 14:23 | Nikon coolpix P510 | Trackback

白梅(はくばい) :俳句

白梅の樹下や他界の子の遊ぶ  中原久遠
(はくばいのじゅげや たかいのこのあそぶ)

f0053297_18574675.jpg




季語: 白梅(はくばい) 【春】 ・植物

※ 松山俳句ポスト365 四十九回め投句 兼題(第100回) 『白梅』 : 地選

俳句集団いつき組 夏井いつき組長選評

「白梅」でなくてはならない必然性とは、こういう句のことをいうのでしょう。「他界の子」は美しいたましいたちでしょうか。「白梅の樹下」にある異空間を、俳人の目はキャッチします。美しくも怖ろしい一句です。



◎ 写真提供は、お友達の はまゆうさん です。(^人^)感謝!

◎ 俳句ポストの去年の早春の兼題 「紅梅」では、
   紅梅の一枝を灯す逮夜かな (こうばいのいっしをともすたいやかな) と詠みました。
   逮夜とは、命日の前夜のことです。
   詠んでいながら言うのもなんですが、私にとっては個人的に痛い句でした。
   表には出さないつもりでも、無意識に詠んでしまっている自分の過去や人生・・・

   今回も組長から過分な評を頂き、とっても嬉しいです!
   

                     Thank you very much!

               義理チョコを提げて孫来るバレンタインの日     与太郎

               チョコレート八十翁も賜はりし               与太郎

               キスチョコのとろけるバレンタインの日           くをん

               冬空にニューヨークカフェ 癒しの場        詩楽麿

               物事の悲喜交々を包みたる
                     胸の高鳴りカフェにて癒す         詩楽麿

               白梅の此岸彼岸の境目に              to_shi_bo





   
 

  
[PR]
by mariko789 | 2015-02-15 16:25 | collaboration | Trackback

山藤(やまふじ) :俳句


山藤の揺れ残りたる風の跡
    (やまふじの ゆれのこりたる かぜのあと)

季語:  山藤、藤、白藤  【春】 植物

f0053297_12114159.jpg


◎ こちらハンガリーは、まだまだ寒いのですが、季語は夏へと移ってしまいました。
   この「山藤」をもって今年の春の句を締めくくろうと思います。
 
◎ 今日はもう一句、上に俳句をアップしますので、お話のある方、作品を寄せて下さる方は、
   上か下のコメント欄にお願い致します。
[PR]
by mariko789 | 2014-05-18 12:16 | Nikon D80 | Trackback

ライラック(リラ) :俳句

つぼみ濃くひらけば淡きライラック   中原久遠  



ライラックしづしづ揺るる巫女の鈴  中原久遠

季語:  ライラック、リラ、      【春】 植物




f0053297_073620.jpg


※ まつやま俳句ポスト 十五回め投句 兼題 『ライラック』   :人 二句

◎ 画像は、ライラックを探検中の、ハナムグリです。緑色でピカピカ。
  芍薬とかライラックとか、綺麗な花に潜るのが大好きな昆虫です。

                        Thank you very much!

                身をやつし多弁彩るライラック       詩楽麿

                まだ見えぬ明日と言う名の明るい日
                         朝露宿り花弁も待ちつ   詩楽麿

                外つ国の古代紫ライラック         久遠

                青森の狂るる海峡修司の忌       流星マリコ


More (続きを読む)
[PR]
by mariko789 | 2014-05-03 00:32 | Canon PowerShot SX50 | Trackback

蛍烏賊(ほたるいか) :俳句

零れそうなぎよろ目おそろし蛍烏賊  中原久遠
   (こぼれそうな ぎょろめおそろし ほたるいか)

季語: 蛍烏賊、まついか       【春】 動物

f0053297_32523.jpg


まつやま俳句ポスト 十四回め投句 兼題 『蛍烏賊』    :並 

More (続きを読む)
[PR]
by mariko789 | 2014-04-27 03:39 | Nikon D80 | Trackback

菜種梅雨(なたねづゆ) :俳句

爺さまの尿のちろちろ菜種梅雨 
  (じいさまの しとのちろちろ なたねづゆ)

季語: 菜種梅雨   【春】 天文
  ・菜の花の咲く頃しとしとと降り続く雨。 (by 角川 俳句歳時記) 

尿(しと)=人間の尿のこと。

f0053297_434297.jpg


                     
                          Thank you very much!

                 ちろちろと出ているだけでありがたや   idea-kobo 

                 若鮎のぴちぴちするを火炙りに       久遠


◎ こちらハンガリーも、このところ雨が多く、庭仕事をしながら雨に濡れてしまい、風邪をひいてしまいました。
  雨降りの日は、トイレへ行く回数が増える気がします。
  雨の音のせいか、それともついお茶を飲みすぎてしまうせいか。。

◎ コメント欄は閉じています。お話のある方は、下の記事のコメント欄にお願い致します♪
[PR]
by mariko789 | 2014-04-25 04:39 | Nikon D80 | Trackback

小町忌(こまちき) :俳句

小町忌の脂粉をねぶる宴かな
    (こまちきの しふんをねぶる うたげかな)

季語: 小町忌(小野小町の忌日)   【春】 行事
ねぶる = 舐める(古語)

f0053297_15203531.jpg



                       Thank you very much!

              美観故集う蜂らの宴かな         詩楽麿

              世に遺し語り継がれし小町忌に
                  心馳せつつ我が身見詰むる   詩楽麿

              宴かな 心許せる 仲間たち    idea-kobo

              子の網に命きらきら蛍烏賊        久遠


◎ 画像は西洋ヒイラギに溺れる蜂さん。

◎ 小野小町は才色兼備で一世を風靡しました。
   艶な浮名を流した末に、野垂れ死にしたと言われていますが、それもまた人生。
   何も無い人生よりは生き甲斐があったのではないでしょうか。

◎ 今日はもう一句、下にアップしています。お時間のある方は、ちらっと覗いて頂けると嬉しいです。
[PR]
by mariko789 | 2014-04-22 15:25 | Nikon D80 | Trackback | Comments(18)