always over the moon

タグ:春 ( 185 ) タグの人気記事

春の風 ② :俳句




年下に惹かれる右脳春の風
(とししたにひかれるうのう はるのかぜ)

f0053297_19271164.jpg


 
季語: 春の風、春風、 【春】 ・天文

◎ 俳句ポストの没句です。現俳ネット句会で1点取得。ラッキーでした。 (現俳/2月/汝火原マリ)







[PR]
by mariko789 | 2016-03-05 13:42 | olympus OM-D E-M5 | Trackback

雉 :俳句




きぬぎぬの雉あでやかにやつれをり

f0053297_13364784.jpg

(きぬぎぬのきじあでやかにやつれをり)

季語: 雉(きじ)  【春】 ・動物

◎ 俳句ポストの兼題「雉」への投句で、自選で落とした句です。
  現俳協のネット句会に投句したところ1点入りました。感謝です。(現俳/2月/汝火原マリ)

◎ 画像は、金縷梅(まんさく)。プラハ動物園で撮りました。





[PR]
by mariko789 | 2016-03-04 13:34 | olympus OM-D E-M5 | Trackback

野焼(のやき) :俳句




遠巻に鳥とびまはる野焼かな  中原久遠
(とほまきにとりとびまはるのやきかな)

f0053297_1414161.jpg






野を焼けば何の脂か爆ぜる音
(のをやけばなんのあぶらかはぜるおと)

f0053297_1443825.jpg



季語 : 野焼、野焼く  【春】 ・生活

※ 松山俳句ポスト365 七八回め投句 兼題(第138回) 『野焼』 : 人選二句


Thank you very much!

はぜるおと 今日も元気に 頑張るぞ  idea-kobo



◎ 野焼ではないのですが、この家に越してきた当時、荒廃した庭の手入の一環で、枯れた枝や草を焼いていました。
  二週間も続けていたら、当然ながら隣家から苦情がきて、中止せざるを得なかったのですが。
  あの匂い、飛び散る火の粉、もうもうの煙、爆ぜる音、記憶に沁み込んでいます。

  昨日は粉雪がちらつく寒い一日でしたが、庭には白い小さな花が咲いていました。
  枯草がいっぱいで、焼けるものなら焼きたいところです。
  庭仕事をするのも、あと何日か・・・。

◎ 写真は、プラハ動物園にて、撮り立てです。





[PR]
by mariko789 | 2016-02-26 14:14 | olympus OM-D E-M5 | Trackback | Comments(15)

伊予柑(いよかん) :俳句




口中に匂ふ伊予柑けふの恋  中原久遠
(こうちゅうににおういよかん きょうのこい)

f0053297_13192861.jpg


季語 : 伊予柑 【春】 ・植物

※ 松山俳句ポスト365 七七回め投句 兼題(第137回) 『伊予柑』 : 人選


◎ 一昨年だったかな、マウスでお絵かきしたものです。

◎ コメント欄、閉じています。ただいま、プラハ旅行と、リバプール移転の件で、多忙です。






[PR]
by mariko789 | 2016-02-15 13:25 | retouch/anima/paint | Trackback

薄氷(うすらひ)② : 俳句




 うすらひにふつふつ滾る気泡かな
 (うすらひにふつふつたぎるきほうかな)

f0053297_14151156.jpg


季語: 薄氷(うすらひ、うすごおり) 【春】 ・地理



◎ 庭のバケツに張った氷を観察していたら、気泡が氷に閉じこめられていました。
  綺麗だなぁと思い、一句にしてみました。
  検索しましたら、薄氷に何かを閉じこめるとのは類想の山でしたので、こんな句に。
  春先になり、ふつふつとやる気がでてきた、みたいな気持をこめて。(現/1月/汝火原マリ)

◎ 画像はイメージです。外の水道の氷柱。気泡が見えますよね。


この数日、急激に暖かくなり、しかも空は青空。
バケツの氷も氷柱も、跡形もなく消えてしまいました。
このまま春になるのでしょうか??
[PR]
by mariko789 | 2016-02-07 14:25 | Nikon D80 | Trackback

黄金週間 :俳句

黄金週間監視カメラに課長B  中原久遠
(おうごんしゅうかん かんしかめらに かちょうびー)

f0053297_1247051.jpg



 
                     
                        Thank you very much!

                 黄金週間快晴を褒め穴に居る   to_shi_bo

                 全ボツの予感鬱うつ夏来る       麗門

                 家長B 尻にひかれて お~たおた   idea-kobo 




季語:  黄金週間  【春】 ・行事

※ 松山俳句ポスト365 五十八回め投句 兼題(第110回) 『黄金週間』 : 人選 二句

More (続きを読む)
[PR]
by mariko789 | 2015-05-08 12:52 | Nikon coolpix P510 | Trackback

春の月 :俳句

皇国の頭上怪しき春の月  中原久遠
(こうこくの ずじょうあやしき はるのつき)

f0053297_13155355.jpg


季語:  春の月  【春】 ・天文

※ 松山俳句ポスト365 五十七回め投句 兼題(第109回) 『春の月』 : 人選

                     
                     Thank you very much!

              春月を見ている妻をみてゐたり     とし坊

              断崖に影動くなり藤の花         与太郎

              春の月 霞んで見える おぼろ月   idea-kobo 



◎ 写真は以前日本で撮ったものです。
[PR]
by mariko789 | 2015-05-03 13:18 | Sony Cyber-shot G | Trackback

暖か  : 俳句

水笛に集ひくる鳥あたたかし  中原久遠
(みずぶえに つどいくるとり あたたかし)

f0053297_22113193.jpg


季語:  暖か       【春】 ・時候


※ 松山俳句ポスト365 五十六回め投句 兼題(第108回) 『暖か』 : 人選 2

              
                    Thank you very much!

              あたたかし此処に三日は夏日じゃが  idea-kobo 

              鉢の藤すがるものなく花咲きぬ     与太郎 

              行く春や琴の覆ひの古錦        与太郎

              行く春やペットショップの値下げ札    くをん

              温かき庭の筵や小さい子         与太郎

              老人を支える杖に若葉かな       詩楽麿

              幾久し旅の途上に雨宿り
                    人の温もり古家の香り      詩楽麿 




◎ 水笛というのは、文字通り水を入れて吹く笛で、写真のは、ブダペストの屋台で買いました。
   吹くと鳥そっくりの音色です。
   庭で調子にのって吹いていたら、隣の奥さんに睨まれました。

More (続きを読む)
[PR]
by mariko789 | 2015-04-28 22:32 | Nikon D80 | Trackback | Comments(28)

雲雀(ひばり) : 俳句

ドナウ河越えて雲雀は要塞へ  マリコ
(どなうがわ こえてひばりは ようさいへ)

f0053297_14375740.jpg


季語:  雲雀(ひばり)       【春】・動物

NHK俳句 兼題 『雲雀』 小澤 實 選 佳作

追記:
選者の小澤先生から、ツイッター上で、次のツイートを頂きました。

ご投句ありがとうございました。選者の小澤實です。「ドナウ河越えて雲雀は要塞へ」、大きな句ですね。俳句に「要塞」が登場するのは珍しいです。お名前は俳号をご使用になっていいと思いますよ。 

ということで、NHK俳句、名前は俳号でも大丈夫なのですね♪ ٩(๑❛ᴗ❛๑)۶

  

 
                    Thank you very much!

                揚雲雀地蔵菩薩のうしろより  与太郎

                故郷の麦の畑は青からむ
                    雲雀の空は眩しかるらむ  与太郎


[PR]
by mariko789 | 2015-04-23 14:39 | Canon PowerShot SX50 | Trackback

桜餅(さくらもち) :俳句

迎賓に花そへたまふ桜餅  マリコ
(げいひんに はなそえたもう さくらもち)

f0053297_1353443.jpg



季語:  桜餅(さくらもち)       【春】・生活

NHK俳句 兼題 『桜餅』 宇多喜代子選 佳作

雑誌「NHK俳句五月号」に、掲載されていると、句友が知らせてくれました。
今年の二月ころ、句友に誘われて投句したものです。ビギナーズラックでした。

ちなみに、一回目投句、櫂美知子選 「ヒヤシンス」は選外。
二回目の宇多喜代子選、三回目の小澤 實選(近日中に投稿予定) は佳作。
四回目の櫂美知子選は選外。

その後、結果が出るのが遅いのにメゲたのと多忙とで、一ヵ月半もパスしていました。
発表の誌面をスキャンして送ってくださった句友への感謝も込めて、
また次回から参加しようと思います。

次の締切は、4月25日で、兼題 『池田澄子選: 薔薇』、『星野高士選: 更衣』。
俳句のお仲間の皆さまでまだ参加されていない方はご一緒に、いかがですか?
詳細は、「NHK俳句」のHPでご覧下さいませ。
複数の選者の目を通して頂くというのも、勉強になると思います。

◎ 画像はイメージで、選考は俳句のみです。
[PR]
by mariko789 | 2015-04-21 13:23 | Nikon coolpix P510 | Trackback