always over the moon

タグ:春 ( 185 ) タグの人気記事

麗らか(うららか)②


うららかや旅びと石になる岬
(うららかや たびびといしになるみさき)

f0053297_15460346.jpg



◇ 季語 : 麗らか(うららか)、うらら、麗日 【春】 ・時候
   
◇ 現代俳句協会インターネット俳句会 3月/汝火原マリ

◇ 画像はスペインで撮ったものです。画像の岩場(やや右側)にハートの絵があるの、見えますか?
  ここは転落防止の柵があって、ちょっとやそっとでは人が入って行けない岩場なのです。
  早春の晴れた日。地中海の真青な海とこの岩場のハートを見ていたら・・・
  地中海→ギリシャ→ギリシャ神話→メドゥーサ→人を石にする。
  とイメージが湧いて、メモ帳に記したのがこの句でした。
  発想が飛びすぎです。なのに票を入れて下さった方にお礼を申し上げます!






[PR]
by mariko789 | 2017-04-08 15:52 | olympus OM-D E-M5 | Trackback

桜蝦(さくらえび)


朝市に咲きこぼれたる桜蝦
(あさいちにさきこぼれたるさくらえび)


f0053297_16311805.jpg


◇ 季語 : 桜蝦(さくらえび)  【春】 ・生活
      
  
◇ 夏井いつきの一句一遊 兼題「桜蝦」3月27~31日放送分 (水曜日)    
  「落書き俳句ノート」の聞き書きの皆さまのお陰で、海外の私も参加できています。


◇ 画像は撮りたてです。
近所のアジア食品店で珍しくも「桜蝦」を発見。即購入。中国産(台湾産?)。
日本のより小柄で色も薄い。でも味はまったく同じです。  
お粥に入れたりお好み焼に入れたり便利だし、ちょっぴり故国を偲んでもみたり...
  
ちょうど買った頃、一句一遊の兼題に「桜蝦」が出たので、これは出さねばと思いました。
これからもこのような偶然で一句一遊にも投句できるといいなあ。

     






[PR]
by mariko789 | 2017-04-02 16:38 | Nikon D80 | Trackback

恋猫(こいねこ)


恋猫の眸ジュラ紀の石の色
(こいねこのひとみジュラきのいしのいろ)

f0053297_15083707.jpg

 

◇ 「五七五の小説工房」 第6回 堀本裕樹選 俳句 兼題「恋猫」佳作 (2017年03月発表)


◇ 「恋猫」という季語から私が連想したのは、ロマンより「種の保存」というリアリティ。
  そこから、原始の時代から脈々と流れる「命」へとイメージが飛びました。ジュラ紀とは、恐竜の時代。
  なお、この句の「色」は色彩ではなく「様子、特徴」というほどの意味合いです(参照:三省堂辞典)
   
◇ 画像はスペインの、「猫の小道」の標識。細いので車は入ってこれないし、猫たちのお気に入りの路地です。 

 


     

[PR]
by mariko789 | 2017-04-01 15:13 | olympus OM-D E-M5 | Trackback | Comments(10)

金縷梅(まんさく): 俳句


金縷梅の地上のもつれ縺れゐよ
(まんさくのちじょうのもつれ もつれいよ)

f0053297_15204061.jpg



◇ 画像の金縷梅をプラハ動物園で撮って以来、いつか金縷梅を詠みたいと思っていたのでした。
  句会の入選句ではありません。日記に書いている句のうちの一つです。
  
◇ 「地上のもつれ」は「痴情の縺れ」のもじりです。
   痴情の縺れは避けたいですが、まんさく君の縺れは見て楽しい♪

◇ 「ゐよ」は「居る」の命令形です。



3月26日(日曜日)はこちらの「母の日」で、それに先駆けて24日に墓参に行き、気持がしゃきっとしました。
リビングに「母の日」のカードも飾りました。
日本人の私は、亡くなった義母にカード?と思いましたが、日本人が仏壇に食べ物を供えるのと同じなのでしょうね。
英国はカードの国。所変われば品変ります。







[PR]
by mariko789 | 2017-03-30 15:26 | olympus OM-D E-M5 | Trackback | Comments(24)

桜湯(さくらゆ)


桜湯の香りのほうへ赤子の瞳
(さくらゆのかおりのほうへあかごのめ)


f0053297_15201981.jpg


◇ 季語 : 桜湯(さくらゆ)  【春】 ・生活(人事)
   

◇ 現代俳句協会インターネット俳句会 2月/汝火原マリ


◇ 画像はハンガリーで撮ったものです。









[PR]
by mariko789 | 2017-03-29 15:21 | olympus OM-D E-M5 | Trackback | Comments(2)

蕨狩(わらびがり)


狩りつくす蕨や次女はプログラマー
(かりつくすわらびやじじょはプログラマー)

f0053297_23142676.jpg


◇ 季語 : 蕨狩(わらびがり) 【春】 ・生活(人事)

Thank you very much!(天使の顔も三度まで の投稿に頂きました♪)
.
酔いどれの西班牙(スペイン)の旅弥生尽  麗門
.
あのバスに乗ればふるさと春めけり     麗門
.
行く春やトイレの紙を探しけり       麗門
.

◇ 画像はプラハの動物園にて。


◇ 松山俳句ポスト 103回め投句   兼題(第164回) 『蕨狩』 :  人選 (中原久遠)
 

◇ この回をもちまして、松山俳句ポストへの投稿は休止しました。
  2014年初頭から丸三年間、途中二ヶ月連続で休んだり、旅行や引越しで投句できないときもありましたが、
  我ながらよく続いたと思います。サイトでは大いに勉強させて頂きました。
  これからも俳句ポストのサイトは必見と、思っています。
  投句合計103兼題。全没一回。並選11句、人選116句、地選15句、天3句。
 
  これからは、他のネット句会への投句も控えめにして、日常の生活句(苦?)も投稿してゆきたい。
  そして句を読む方に、もっと力をつけたいと思っています。


  今日からイギリスは、サマータイムになり日本との時差が8時間になりました(冬は9時間の時差)。
  たとえ1時間でも時差の短縮は嬉しいです。







[PR]
by mariko789 | 2017-03-26 23:21 | olympus OM-D E-M5 | Trackback | Comments(22)

春の風 ③


大仏の胎内まろし春の風
(だいぶつのたいないまろし はるのかぜ)

f0053297_22031987.jpg



◇ 季語 : 春の風(はるのかぜ)、春風  【春】 ・天文 
   
◇ 画像は以前鎌倉で。大仏さまの胎内拝観、良き思い出です。
     ・大仏胎内拝観時間 午前8時~午後4時30分(通年)
               入場は閉門10分前まで(拝観料20円)


◇ 現代俳句協会インターネット俳句会 2月/汝火原マリ
  高得点により、網野月を様より過分な講評を頂き、感謝しております。


◇ 「春の風」は好きな季語で、このブログへの投稿も三度目になりました。







[PR]
by mariko789 | 2017-03-25 22:02 | Sony Cyber-shot G | Trackback | Comments(2)

薄氷(うすらい)④


薄氷や二人を隔つギムレット 
(うすらいや ふたりをへだつギムレット)



f0053297_15580806.jpg



◇ 季語: 薄氷(うすらい、うすごおり) 【春】 ・地理  
 
◇ テキストブック「NHK俳句」2017年4月号  堀本裕樹 選 佳作 

◇ 【カクテルのギムレット】
起源:1890年頃、イギリス海軍の軍医であったギムレット卿が、艦内で将校に配給されていたジンの飲み過ぎを憂慮し、健康維持のためにライム・ジュースを混ぜて飲むことを提唱したことが起源とされている。他に、ギムレット(gimlet)が錐の意であることから、その味の突き刺すような鋭いイメージから命名されたという説もある。 作り方:ジン (全量の)3/4, ライム・ジュース (全量の)1/4 (by wikipedia)


◇ 「薄氷」は好きな季語で、このブログに投稿したものだけでも4句めになりました。

◇ 画像はスペインにて。 コメント欄は閉じております。







[PR]
by mariko789 | 2017-03-22 16:07 | olympus OM-D E-M5 | Trackback | Comments(0)

ものの芽 ② :俳句


育ちゆく女の勘とものの芽と
(そだちゆくおんなのかんともののめと)


f0053297_15573455.jpg



◇ 季語: ものの芽 【春】 ・植物 (初春の、植物の芽)
 

◇ テキストブック「N●K俳句」2017年4月号  夏井いつき選 佳作 
  久々に組長に採って頂きました\(^ ^)/

◇ 画像はブダペストの動物園にて。 

 
   







[PR]
by mariko789 | 2017-03-21 16:01 | olympus OM-D E-M5 | Trackback | Comments(0)

花の雨 :俳句


花の雨人妻として再会す
(はなのあめ ひとづまとしてさいかいす)



f0053297_17434306.jpg



◇ 季語 : 花の雨(はなのあめ) 【春】 ・天文 
   

◇ 画像は以前ハンガリーの「桜まつり」で撮ったもの。


◇ 現代俳句協会インターネット句会 2月/汝火原マリ 


 







[PR]
by mariko789 | 2017-03-15 17:42 | Nikon coolpix P510 | Trackback | Comments(0)