always over the moon

タグ:日記 ( 342 ) タグの人気記事

diary (日記帳)


今年から日記をつけ始めました。
結婚してから15年間くらいは続けていた日記帳、ある引越のときに、荷物を減らすために泣く泣く全冊捨てました。
そのショックで、旅日記以外はもうつけまいと決めていたのですが、素敵な日記帳を頂いて、がぜんつける気になったのです。
毎日の予定欄のほかに、一日四行書くスペースがあり、ここに日々の出来事や感じたことを17文字にして、適当な季語を入れて書くことにしました。一日四句までと限られているのも安らぎます。

これが、ことのほか、気に入ってしまいました。
古い句友にそれを話したら、彼女は最初からそのように俳句と親しんできたきたそうです。
そのような17文字は「俳句ではないけれど、句材にはなる」と教えて頂きました。
思えば私の場合は、最初に写真や使いたい季語があり、そこからイメージを広げて句にしたケースが多かった。
それが間違っていたとは思わないけれど、このごろはイメージが涸れてきて行き詰まった。
なんだか俳句を詠むのが、苦行のようになってきていました。


f0053297_15011988.jpg



それなのに、日記に書く17文字はとっても楽しい。あとで読み返しても面白い。
もちろん自分だけにウケテいるので、公に発表できるものではないのですが。
差しさわりのないのを幾つか拾ってみますと。

2月1日 履歴書の年齢欄や木の葉髪  (就活中の夫)
2月2日 冬かもめ射殺事件の連続す  (近所で殺人事件)
2月3日 スペインの葉物野菜の凍りつく (洪水でスペイン産のレタスが品薄に)
2月4日 立春や夫はラグビー観戦す  (季重なりですが)
2月5日 アンダルシアの旅の予約す春きざす (スペイン旅行をネットで予約)

そうなのです。26日から3月3日まで、アンダルシア(南スペイン)へ行ってきます。
上の写真は、イスタンブールのレストランの蛸料理ですが、アンダルシア地方は海産物が美味しい。
活きの良い地中海の烏賊や蛸を食べてきます。
そしてもし住むとしたらどうなのか。不動産、街や人々の様子、物価や自然など、出来る限りチェックしてきます。
住むと決めたわけではないのですが、候補地の一つとして。

で、話は元に戻りますが、これからは兼題のあるネット句会はしばらくお休みすることにしました。
雑詠のネット句会も、自分にプレッシャーをかけず、たまたまできたときだけでいいかな。
過去8年半、手書の歳時記作りから始まって、もう思い残すことはないほど、頑張ってきたと思う。
舞い上がるほど嬉しかったことも何度もありました。特に夏井組長には感謝の気持は言葉にならないほど。

というわけで、このブログも、これからは週に1~2回、日記を中心に投稿してゆきます。
もちろん、俳句を読むのは大好きなので、句友の皆さまの句は楽しみに拝見いたします☆











[PR]
by mariko789 | 2017-02-11 15:34 | Nikon D80 | Trackback | Comments(28)

ゴミ運の悪い私



皆さま、プチお久しぶりです。
やっと引越先にネットが繋がりました。
が、超スローで、最初は自分のブログも開きませんでした。
メールもなんとか開けても、タイトルしか読めず、肝心の中身が開かない。
サーバーに問い合わせたところ、繋がってから10日くらい経てば、じょじょに早くなるとのこと。
昨日はなんとかメールの中身が開き、初めは出来なかった改行もできるようになりました。
自分のブログは、何度も何度も開けているうちに、わりとスムースに開くようになりました。
facebookは、なんとか開きますが、twitterは頑として開きません。
もう少し様子をみてみますが、もしこの状態が続くようですと…
今までのようなネットの使い方は難しいと思います。時間がかかりすぎて。



f0053297_15223864.jpg




さて。引越先の家ですが、とっても住みやすい。
コンパクトながら、機能的な設計なのです。
しかし埃と汚れがひどく、毎日掃除に明け暮れています。
私は埃アレルギーがあるので、掃除せざるをえません。


いちばんマイッタのは、ゴミ。
こちらは、一軒の家に、大きなゴミ箱が三つあります。
① 生ゴミを含めての生活ゴミ(紫色のゴミ箱・ビニール袋に入れる)
② リサイクルできるゴミ(青いゴミ箱・ビニール袋に入れてはいけない・細かい指定があり。)
③ 庭の草木用(緑のゴミ箱・ビニール袋に入れてはいけない)
それぞれ二週間に一度、収集に来てくれます。

困ったことに前住人が、ゴミ箱から溢れるほど生活ゴミを残していき、
腐敗して破けた袋から、蛆虫が這い出していました。 
あれほど多くの蛆虫を見たのは生れて初めてです。その悪臭と言ったら!
夫と一緒に、殺虫剤を大量にスプレーし、新しい袋に入れ替え、
空っぽにした緑のゴミ箱に、とりあえず3分の1ほど移動しました。
でないと、自分のゴミが捨てられません。収集は21日なのです。
破けた袋からちらりと見えたゴミの中身は、犬の糞とか女性特有の赤い物とか。

リサイクルのゴミ箱も、細かい規則を無視して突っ込んであったので、このままでは収集して貰えそうもない。
一つ一つ分別しようかと思いましたが、とてもできそうもないほどの量なので、諦めました。
こちらも少しずつ生活ゴミに混ぜて捨てるしかありません。
というわけで、このゴミの処理に一ヶ月以上はかかると思います。
ハンガリーの家でも、前住人が残していった2トンものゴミ処理に3ヶ月かかりました。
ひたすらゴミ運の悪い私たち夫婦です。

写真は、裏庭に咲いている花。
他には枯れかけているピンクの花が咲いています。
玄関のほうには、黄色い花が咲いています。
落ち着いたら、お花の手入もしよう。
ハンガリーとは違う種類の小鳥が来るのも楽しみです。
いちばん多いのはマグパイ。そこいらじゅうに飛んでいますよ。








[PR]
by mariko789 | 2016-09-17 15:30 | Nikon D80 | Trackback | Comments(22)

明日引越です。



やっと引越できることになりました。
かねてより目星をつけていた、小さな貸家、一昨日、二度目の内覧をしました。
前回は、居住者がいての内覧で、あまり欠点が目に付かなかったのですが、
家具付とはいえ、人の気配のない家は、古さや汚れが目立って、少々ひるんだのでした。
とはいえ、もう他の物件を探す時間の余裕もないので、ありがたく借りることにしました。
本日、契約します。
明日の引越は、レンタカーを借りて、義兄に運転をお願いすることになりました。
荷造りも、80%は終わりました。

f0053297_14031397.jpg



さようなら、カモメの少女。
彼女の飛ぶ姿も、しっかり目に焼き付けました。
このアパートで唯一、好きだったこと。それはこのカモメの親子に会えたこと。

 


More (続きを読む)
[PR]
by mariko789 | 2016-09-09 14:32 | Canon PowerShot SX50 | Trackback | Comments(13)

ダンシング・ハウス @プラハ




ダンシング・ハウス (Dancing House, チェコ語:Tančící dům)

今年の2月のプラハ旅行にて。

f0053297_13491666.jpg


1996年にプラハに建てられたビルである。
ジンジャー&フレッドとも(1930年代のミュージカル映画の有名なダンサー、
ジンジャー・ロジャースとフレッド・アステアのコンビにちなむ)。
正式名称はナショナル・ネーデルランデン・ビル。(by wikipedia)



More (続きを読む)
[PR]
by mariko789 | 2016-09-03 14:15 | olympus OM-D E-M5 | Trackback | Comments(13)

カモメの子(2)





7月4日の「カモメの子」の続きです。


1) お母さんから餌を貰う子。7月15日。

f0053297_14403857.jpg


Thank you very much!


カモメおまえも嬉しいか
大きな口を空へ向け
泣いているのか
それとも
笑っているのか

波止場暮らしは
淋しいが
街の屋根なら嬉しいね

あっという間に大きくなって
きっとこの日を思い出す
そんな未来が待っている 
(詩: とし坊さまより)



More (続きを読む)
[PR]
by mariko789 | 2016-08-20 15:07 | Canon PowerShot SX50 | Trackback | Comments(12)

Southport Beach @UK





去る6月5日、リヴァプールから電車に乗って約1時間、Southport Beach(サウスポートビーチ)に行ってきました。
というのも、その日はまるで真夏のようなお天気だったからです。
日本で喩えるなら江の島みたいな庶民的なビーチです。

1) 英国では珍しい快晴の夏日とあって、お日様を浴びたい人たちがワンサと繰り出してきました。

f0053297_215953.jpg


More (続きを読む)
[PR]
by mariko789 | 2016-07-23 21:34 | olympus OM-D E-M5 | Trackback | Comments(20)

雨の日は読書





お仲間の皆さまは、日本の暑い夏をお過ごしと思います。
こちらリヴァプールは連日の雨で肌寒い。私の部屋は15℃前後かしら。
冷房がないので、助かるといえば助かるのですが、どうも夏の気分がでません。
夫はもう三週間近くも禁酒しています。
やっと重い腰をあげて就職活動を始めてくれて。
このアパートの契約が切れる9月半ばまでには、なんとか決まってほしい。

うちにはプリンターがないので、書類作成の折には、近くの図書館にプリントしに行きます(A4/10ペンス)
この図書館が、重厚な建物で、カフェもあり、くつろげるソファもあり、居心地最高!
もちろん本の貸し出しもあるので、私も借りてきて読んでいます。

f0053297_15333654.jpg


写真の左から、AMY TANの小説。純文学ですが読みやすいので、私はAMYの大ファンです。

真ん中は、東野圭吾の『容疑者Xの献身』の英訳版。こちらでもベストセラーになったそうです。
この本は夫が借りてきて、熱中して読んでいました。プロフェッサー・ガリレオの大推理。

右側のは、スコットランドの歌手SUSAN BOYLEの伝記。日本でも知ってる人が多いのでは。
47歳でTVのスカウト番組に登場し、あっというまに大スターになった、シンデレラ物語。
若くて可愛い子がスターになるのは、さもありなんですが、中年の一見普通で、というのが凄い。

More (続きを読む)
[PR]
by mariko789 | 2016-07-16 16:00 | Nikon D80 | Trackback | Comments(19)

ブダペストの初夏の花 (2)





5月から6月のブダペストの花々。前回の続きです。
今回は2回目、ぜんぶマーガレット島で撮りました。
相変わらず名前が判らない、思い出せないのが殆どです。
名前の判る方は、コメント欄にて教えて下さると助かります。
そのほかの方は、どうぞお気遣いなく。


8) 西洋トチノキ(ホースチェストナッツ)の実
漢字ですと、馬栗ですか。これ食べられないんですよね、中身は普通の栗と似ていますが。
夫はビール、私はアイスコーヒーを飲んでいたカフェの横に生っていました。
マーガレット島です。

f0053297_14294100.jpg

 



9) 名前がわかりません。

f0053297_1433197.jpg




More (続きを読む)
[PR]
by mariko789 | 2016-07-09 14:54 | olympus OM-D E-M5 | Trackback | Comments(4)

ブダペストの初夏の花 (1)





5月から6月のブダペストの花々。
主に動物園(兼、植物園)とマーガレット島で撮りました。
相変わらず名前が判らない、思い出せないのが殆どです。
写真が沢山なので、3回に分けます。
コメント欄を開けておきますので、判る方は教えて下さると助かります。
そのほかの方は、どうぞお気遣いなく。



1) スモークツリー
初夏に咲く花木。ヨーロッパから中国に分布、日本にも。その名のとおり遠くからみると煙のよう。
道に迷っている最中に撮りました。迷っても迷っても木々と花。

f0053297_13515828.jpg




2) ラベンダー 
ですよね? 最近とんと記憶力に自信がもてなくなりました。
ブダペストのマルギット島(英:マーガレット島)にて。
島全体が公園か、宮殿の庭のようです。噴水もあり無料の小さな動物園もあり。
いずれ島の様子を撮った写真をどーんとアップします。

f0053297_13574361.jpg



More (続きを読む)
[PR]
by mariko789 | 2016-07-09 14:23 | olympus OM-D E-M5 | Trackback | Comments(4)

カモメの子




向かいのパブの屋根に、カモメの巣があるのを発見したのは、もう一ヶ月以上も前と思う。
お母さんカモメが、日ごとの風雨にも負けず、懸命に卵を抱えていた。
いつも彼女は一人ぽっちで、夫君らしき姿は見えなかった。
餌はどうしているのだろう。目に見えて痩せ細っていくお母さんをハラハラと見守っていた。

夫君を初めて見たのは、忘れもしない、6月15日、ブダペストへ出発する間際だった。
見れば妻以上に、骨と皮だけの姿。どこでどんな苦労をしていたのやら。
今まで妻子から遠ざかっていた罪は問うまい。
今日から妻子を守ってゆくんだよ。

そしてブダペストから帰ってきて数日後、卵がヒナに孵りました。
こちらは連日、日本の梅雨めいた雨が降ったり止んだり。
気温も低く、15℃から18℃の間くらいかしら。
そんな悪天候のなか、夫婦で仲良く(ときに言い争っているシーンも見かけますが)、子育てをしているのは、実に微笑ましい。

ヒナは二羽です。
いちど、ヒナが他の鳥に狙われて大騒動もありましたが、近隣のカモメもやってきて、敵を追い払ったのでした。
カモメのコミュニティって素晴らしい。

下の写真は、ヒナとお母さん。ニコンのP510で撮影。望遠ぐんぐんで。

f0053297_23432488.jpg




こちらは、ニコンの一眼にタムロンの望遠レンズ(300mm)をつけて、ズームめいっぱい。
ピントはお母さんに当てたので、後のお父さんはやや後背暈けに。

f0053297_234608.jpg



カモメのヒナ。
この先、顔のポチポチも消えて、飛べるようになるまで、まだまだ親子の奮闘は続くのでしょう。




ところで、EU離脱が決まって以後、英国での移民・難民への、ヘイトクライムが激増しているとか。
私もいうなれば移民。街で石など投げられぬよう、気をつけよう。

今はまだ、イスラム教のラマダンの最中と思いますが、街では、アバヤ(例の黒装束)を着て、
真昼間からカフェで飲食している女性を見かけます。
先日は、スーパーマーケットのレジでお金を払ったとたん、お菓子の袋を破って食べ始めたイスラムの男性がいました。
(ラマダン中は、日没まで飲食をしてはいけない掟です)
英国だからいいようなものの、お郷でそんなことしたら、鞭打ちの刑に処せられるでしょう。
人種の坩堝と化しているリヴァプール、平和であれと願うばかりです。





[PR]
by mariko789 | 2016-07-04 00:06 | Sony Cyber-shot G | Trackback | Comments(13)