always over the moon

タグ:日記 ( 313 ) タグの人気記事

2009年HuaHin写真集①(7月26~8月12日)

皆さま、こんにちは。

美味しく楽しいお正月をお過ごしですか。
私は残すところあと10日となったテンポラリの独身生活をのらくらと
過ごしております。

さて、本日より、2009年チェンマイの写真集に引き続き、
2009年ホアヒンの写真集をUP致します。
宜しかったらご笑覧下さいませ♪



7月26日
f0053297_11423931.jpg
上:
美味しいよ
ゆで卵だよ
いらんかね   

左下:
早朝に
托鉢の僧
浜をゆく    

右下:
なぜここに?
風に泳ぐや
鯉のぼり



続きはこちら♪
[PR]
by mariko789 | 2010-01-03 12:03 | Nikon D80 | Trackback(1) | Comments(15)

新春のご挨拶

皆さま 

2010年 明けましておめでとうございます



f0053297_8555730.jpg



今年が皆さまにとって、益々素晴らしい年になりますよう

心からお祈り申しあげます。

  2010年1月2日 Mariko789☆
[PR]
by mariko789 | 2010-01-02 08:58 | Nikon D80 | Trackback

良いお年をお迎えくださいませ♪

皆さま、こんにちは。


こちら、ホアヒンの街角より中継しております。

ただ今、2009年大晦日の、現地時間13時過ぎです。

昨夜の喧騒も嘘のよう・・・街は静まり返っております。



あ!

緊張したポリスの後姿が見えます。


f0053297_1534960.jpg


More
[PR]
by mariko789 | 2009-12-31 15:44 | Nikon D80 | Trackback(1)

BAAN SILLAPIN  HUAHIN @HuaHin, Thailand

HuaHinの街中から車で20分ほど山あいの道を登ってゆきますと、
吹く風も爽やかな大自然が広がっておりました。

お友達に案内して頂き、訪れた『BAAN SILLAPIN  HUAHIN』(芸術の家)
そこはまさにアートのルツボでした。

f0053297_11465662.jpg

上:エントランスです。
左:看板です。目印になりますね。
右:広大な敷地内にある、焼物を焼く窯。風情がありますよねえ。


f0053297_11494122.jpg

オーナーの作品は、王宮にも飾られているそうな。。

続きは、クリック♪
[PR]
by mariko789 | 2009-12-20 11:58 | casio | Trackback

騒がしいクリスマス@ホアヒン/タイランド

ホアヒンのマーケット・ヴィレッジ(ショッピング・センター)の広場では、
11月30日~12月5日まで、24時間国王様を讃える歌を、生で歌っていました。
学生諸君による、12月5日の国王誕生日のイベントでした。
王様をそれほどまでに尊敬する若人の心意気は素晴らしい。
でも・・・お陰でずーっと寝不足だったのです。

そのイベントもようやく終り、ほっとしたのも束の間。
こんどはクリスマスのイベントです。
同じ広場の特設会場で、毎夕方~夜12時までライブをしています。
最後のほうは、なぜかロックンロールになり、その煩さといったら!

f0053297_10521329.jpg


夕方から広場はビアホールに変身。
このビアホール、いつまで続けるの?
f0053297_10551225.jpg


☆皆さまから頂いた俳句☆
[PR]
by mariko789 | 2009-12-17 11:08 | Nikon D80 | Trackback | Comments(42)

数日前、急用ができてブログ仲間の△ちゃんに電話した。
彼女とは会ったこともないし、電話をしたのも初めて。

私: "may I speak to △ please?"
彼女: "speaking・・・"

え?内心ドキっとした。
15歳くらいの少女のような可愛い声なんだもの。
(ちなみに、彼女は中年といえる年齢)
で、用件を話し始めたのだけど、だんだん心臓がドキドキしてきてしまった。
可愛い声なんだけど、ハスキーで(寝起きを襲ったせいもあり)セクシー。
喩えていうなら、童顔なのにナイス・バディのような、そんな声。
彼女は、声だけで男性をノック・アウトできるわね。
私の長い人生で数多く聞いた女性の声の中でも、ナンバー・ワンの美声でした。

皆さんは、異性のどんな声がお好みですか?
私は、男性なら低声が好き。
立て板に水の雄弁よりも、ちょっと朴訥っぽい口調が好き。
そして、私がなにか話すと、短いけどパンチの効いた突っ込みで笑わせてくれるの。
知識と教養があり、さりげなく色んなこと教えてくれる。
なかなか居ませんね、そういう人。

***************************************

   糸撚魚(いとより)の元も子もなく食われけり    よし (ありがとうございます!)


    流れ出る声に魅せられ止まる足   詩楽麿

    いにしえの心に刻みしかの人の 声ぞ聞きたし晩秋の里  詩楽麿
[PR]
by mariko789 | 2009-12-10 06:44 | no-photo | Trackback | Comments(45)

柳葉魚(ししゃも)

シシャモって爆発するのね。

このあいだ、お惣菜屋さんでシシャモのフライを買ってきたの。
キャベツを細かーく千切りにして、その上にシシャモのフライをのせ、
とんかつソースをいっぱいかけてモリモリ食べようと思って。
で、パックの中のシシャモを半分皿に取り分け、電子レンジでチン♪
るんるんるん♪
そしたら、突然ものすごい炸裂音が

バーンババーン!!!
パチパチ
バーン!!!

何かと思ったら、レンジの中でシシャモの卵が爆発してた
ぎゃーーー

タイマーが切れ、扉を開けてみたら凄いことになってた
レンジの中じゅう、シシャモの卵が散乱し、もうテロ爆発現場のよう!

厚い衣を着て、大人しく横たわっていたシシャモだけど、
お腹にはこんな危ない爆弾を孕んでいたのね。
そこで一句。

  不発弾孕み眠れる柳葉魚かな  流星
(ふはつだん/はらみねむれる/ししゃもかな)
   季語: 柳葉魚(ししゃも)  【冬】

※〈不発弾〉という言葉は、大好きなこの句からヒントを戴きました♪(つか失敬した?

  紅葉かつ散る不発弾抱く女   とし坊句


あなたも、電子レンジで何か爆発させちゃったこと、あります?

******************************************

★☆~頂いた句です(敬称略)。ありがとうございます♪~☆★


おくれ毛を なでつける指 妖艶で、   yamaoji


ししゃも焼き 我的となり 破裂玉   詩楽麿

網の上子持ちししゃも焼きながら 夢想に耽る恋の落人  詩楽麿 


着崩れてもみぢ且つ散るうなじかな      空見


柳葉魚焼き 夕飯肴 二度楽し         のんかい
[PR]
by mariko789 | 2009-12-08 09:02 | no-photo | Trackback | Comments(28)

ただ今、工事中です♪

皆さま、こんにちは♪

中東移転に伴い、ただ今、私の複数ブログの工事中です。

スピードアップ!
f0053297_8361487.jpg


このブログは日記としてリニューアルするため、タイトルも替えました。

"always over the moon” (いつだって気分は上々)

だったらいいな、という願いをこめて。。


どうぞこれからも宜しくお願い致します♪
[PR]
by mariko789 | 2009-12-05 08:31 | Nikon D80

お休み中です

f0053297_1040521.jpg


 
【お知らせ】

俳句が浮かばなくなりました。
常夏の海辺の町で、夏枯れ(笑)
写真だけ。。
ごめんなさい、コメント欄、閉じています。

(Nikon D-80, ChiangMai, )
[PR]
by mariko789 | 2009-09-18 09:53 | Nikon D80

感性を磨くって。。。

けっきょくは感性なんだな・・・と思う。
写真も俳句も。
で、その「感性」なんだけれど。これが厄介この上ない。
人それぞれ「感性」が違うわけで。
「これが良い感性」という基準がないと思うの。

たとえば写真にしても、私が好きな写真と貴方が好きな写真は違うわけで。

素人受けする写真と、玄人受けする写真も違うし。
これは喩えるなら、エンタテイメント系小説と純文学の違いかも。
エンタテイメント系なら、誰にでも判りやすい。

けれど、生まれながらに純文学系の感性を持ってしまった人には、エンタメ系の写真は、撮れても退屈に思えてデリートしてしまうのでしょう。
これは、私のことではないですよ。たとえ話です。
自分が純文学系に偏っていると思ったら、少し退屈くらいの写真にすると、ちょうどいいかも知れません。

f0053297_1084225.jpg

 
「俳句っていうのは面白いもので、10人良いという人がいれば、10人くさす人が居る」
という先生の言葉に、目から鱗が落ちたのもつい最近のこと。
写真も同じなのね。
褒めてくださる方がいれば、内心「なにこれ」と思っている方もいるということを肝に銘じておこうと思いました。

プロならできるだけ多くの人に好まれる写真を撮らなければならないけれど、
アマチュアの私は、他人の評価を気にせず、自分の好きなように撮ればいい。
被写体の選択、アングル、レンズの選択。
「いいな」と思える写真が撮れたら、それを加工や修正でどのように煮ようが焼こうが私の腕次第。

写真には、撮った人の感性のみならず、深層心理まで出てしまうことがあるのが怖い。
自分自身は凄く明るく元気なのに、写真を見た方から「大丈夫?」と言われたら、
深層心理に「大丈夫?」と訊いてみよう。


今、私に必要なのは、テクニックより、感性を磨くことかしら。
音楽を聴き、本を読み、景色を眺め、絵や写真を鑑賞する。
心を豊かにする。
昨日より少しでも感性を研ぎ澄ませてゆく。

この旅を、できるなら命の終る時まで続けたいものです・・・。
(撮影: ドイプイ山、モン族の村にて。NikonD80, 18-135)



★☆~皆さまから頂いた句です(敬称略)。ありがとうございます♪~☆★


ジーパンと 干物掛けたり 山の縁      銀河王子


今日も書く マイペースだよ への河童     極楽とんぼ
[PR]
by mariko789 | 2009-03-01 10:20 | Nikon D80 | Trackback(1) | Comments(41)