always over the moon

タグ:日記 ( 355 ) タグの人気記事

柿は Kaki @アリカンテ(スペイン)


1)Churros y Porras(チュロスとポラス)

チュロスは細めのリング状、ポラスは太めの棒状。
こちらの写真はポラス。ホットチョコレートに浸して食べます。
街角の屋台で買って、おやつに。スペインを代表するB級グルメの一つと思います。
一見すごく油っこくて甘そうですが、どういうわけかそんなことない。
チョコレートの濃厚だけれど程よい甘さ、さくっとした油の舌ざわり。(夫の手です)

f0053297_13440641.jpg



More(続きを読む)
[PR]
by mariko789 | 2018-02-09 14:19 | olympus OM-D E-M5 | Trackback | Comments(30)

サンタ・バルバラ城 @アリカンテ(スペイン)


標高166mのベナカンティル山に建つサンタ・バルバラ城。アリカンテでナンバーワンの観光スポットです。
ぱっと見、岩山のようですが、てっぺんがいかつい城砦になっています。

f0053297_01203124.jpg



More(続きを読む)
[PR]
by mariko789 | 2018-01-31 01:50 | olympus OM-D E-M5 | Trackback | Comments(32)

氷柱(つらら)③ :俳句


ポシェットのなかの氷柱が泣きやまぬ
(ポシェットのなかのつららがなきやまぬ)

f0053297_15171189.jpg

季語: 氷柱(つらら)  【冬】 ・地理

◇ テキストブック「NHK俳句」2018年2月号 高柳克弘選 兼題「氷柱」 佳作(中原久遠)

◇ 画像は蔵出しで、ハンガリーの自宅の庭にて。久々に文字を入れて、写真俳句風にしてみました。
  ぶりっ子の句で、恥ずかしい! 皆様から袋叩きにされそう。。



☆_____________☆____________☆_____________☆



このところ日本に強い寒波が来ているそうで、お仲間の皆様、寒さ対策に怠りなく!
東京の噴水が凍っている様子をTouTubeで見ましたが、私はあんなの見た記憶がありません。
こちらは現在(午前6時)5℃で、東京より暖かいのではないでしょうか。

先日、スーパーマーケットに行ったら、青果売場の棚がスカスカでした。
この気候では値上がりは仕方がないにしても、品薄はそら怖ろしい。
少し保存食品を買いだめしておこうと思ったのですが、
なぜか冷凍食品のショーケースも、ところどころ穴があいたように空白でした。

個人的には、あと12日で夫が帰ってくるのですが、
赴任地では最近インターネットが滅多に繋がらないそうで、彼の調べ物の手伝いに追われています。

今が冬のピークでしょうか。お仲間の皆様、どうか暖かくしてお過ごしくださいませ。



[PR]
by mariko789 | 2018-01-26 15:21 | olympus OM-D E-M5 | Trackback | Comments(32)

Guadalest Valley  @ アリカンテ(スペイン)


アリカンテからバス(またはトラム)でリゾートの街、べ二ドルムへ。
そこから一日に一本っきりのローカルバス(No.16)に40分ほど揺られ
Guadalest Valley に着きました。(from Benidorm, get a local bus 16 )
私は行きませんでしたが、写真の頂上にあるのは城砦と思います。

f0053297_15092732.jpg



More(続きを読む)
[PR]
by mariko789 | 2018-01-22 15:26 | olympus OM-D E-M5 | Trackback | Comments(36)

アリカンテ中央市場 @スペイン


去年の12月11日から20日までのスペイン旅行記その3です。

① Mercado Central
  市場大好きの私、アリカンテの市場も覗いてみました。
  正面はブダペストの中央市場とそっくり、堂々とした構えです。

f0053297_15105703.jpg



② まず魚売場をチェック。
  BONUTO=鰹(かつお)ですね。
  鰹の干したのは、日本では鰹節になりますが、スペインではこのように干物で売られていました。
  PULPO SECO=PULPOは蛸、SECOはドライ。蛸の脚の燻製かもよ。

f0053297_15114470.jpg



More(続きを読む)
[PR]
by mariko789 | 2018-01-16 15:39 | Sony Cyber-shot G | Trackback | Comments(44)

Elche (エルチェ) @スペイン


昨年の12月11日から20日までのスペイン旅行記、第二弾です。
今回は、世界遺産の椰子園のある町、エルチェ。アリカンテから21km、電車でもバスでも行けます。
私たちはバスで行きましたが、降りた傍からもう椰子園でした。
延々と椰子の木々が生い茂っていて、まさしくUAEの椰子園とうり二つでした。

椰子園の一端に美しく整備された公園があります。
エントランスにある噴水。じつは似たような噴水をUAEで見ました。
私はサウジアラビアに四年半、UAEに二年半、カタールに一年、合計八年も中東に住んでいました。
もしも私の人生が八十年だとすると、その十分の一を中東で過ごしたことになります。
そんな私の目から見て、この公園も中東的。スペインらしさはどこに・・・?

f0053297_14540956.jpg


More(続きを読む)
[PR]
by mariko789 | 2018-01-10 15:22 | olympus OM-D E-M5 | Trackback | Comments(40)

Parque El Palmeral @ アリカンテ (スペイン)



広大な市民公園。
アリカンテの中心地から歩いて片道60分ほどかかります。
たぶん路線バスも通ってないのではないでしょうか。
けれど夫に文句を言われながらも、行った甲斐がありました。
あまり観光化されていず、この日も見かけたのは地元の方々ばかり。
新米カメラマンたちと引率の講師による、撮影実地研修も見かけました。
人が少ないので、人物が映りこむ心配も少ないし、
市民公園なので園内の何を写しても問題ありませんし、撮影研修には最適でしょう。

こちらはエントランスの近く。
東屋と、灯篭がユニークです。
園内にはたぶん百を超える灯篭があり、和風のスパイスが効いています。

f0053297_17584422.jpg



More(続きを読む)
[PR]
by mariko789 | 2018-01-04 18:13 | olympus OM-D E-M5 | Trackback | Comments(36)

重ね着(かさねぎ)② :俳句



明日ある身 虹のごとくに重ね着す
(あすあるみ にじのごとくにかさねぎす)

f0053297_16180318.jpg


◇ 季語: 重ね着(かさねぎ) 【冬】 ・人事(生活)

◇ 予定どおり20日にスペインから帰ってきました。夫も私も元気です。
  ご心配、そしてお見舞いのメッセージをありがとうございました。

  スペインでは一枚も気に入った写真を撮れなかったのですが、
  駄句をいくつか作りました。
  今回の投稿の句も、そのうちの一つです。
  
◇ 写真は昨日撮影、リヴァプールの街のクリスマス・バザールにて。
  今日はクリスマス・イヴ、明日は世界中が好天に恵まれますように。。


Merry Xmas everyone




More(続きを読む)
[PR]
by mariko789 | 2017-12-24 16:36 | olympus OM-D E-M5 | Trackback | Comments(28)

しばらくお休みするような気がします。


12月6日に無事に赴任地から戻ってきた夫ですが、一昨日(8日)にスコットランドから来た兄と街に飲みにゆきました。
そして5時間後。玄関のドアの外でどさっという大きな音がしたので、開けてみると・・・
血みどろの夫が倒れていました。額から首まで鮮血にまみれ、夜目にもコートの血が見て取れました。
夫に駆け寄り、名前を呼んで揺さぶりましたが、返事もありません。
死んでしまうのか!? 誰かに刺されたか、撃たれたか?
どのようにして大柄な夫を、小さな私が家の中に担ぎいれることができたのか。火事場の馬鹿力というのでしょうか。
靴を脱がせ、コートを脱がせ、シャツを点検するとそこには血がついていない。
タオルで手の血をぬぐい、首の血をぬぐい、ようやく傷が額と顎の二箇所だとわかりました。
玄関からリビングまで、床に滴った血を拭き、夫の顔の血を何度も何度も拭っているうちに、
何が起きたのか予想がついてきました。
泥酔して、転んで、道路の段差のコンクリートにでも顔をぶつけたのでしょう。
そしてアルコールが入っているので、出血が多くなったのに違いない。とにかく凄い出血でした。
義兄に電話をして状況を話し、救急車を呼ぶべきかどうか尋ねたところ、もう少し様子を見たほうが良いと。
なんとか寝室まで連れて行き(階段も壁も私の服も血だらけ)、ベッドに寝かせ、
やがて額の出血は止まりましたが、ぽた・・・ぽた・・・と微量かつ緩慢ながら、顎の血が止まりません。
義兄が、傷にガーゼを当ててバンドエイドで止めれば、止血しやすいとアドバイスをくれました。
顎の血がなんとか止まったのは5~6時間も経ったころだったと思います。
枕はむろんのこと、シーツも布団カバーも乾いた血がこびりついていました。 

昨日(9日)はずっと夫の容態を見守っていました。恢復しているように見えても、いつ容態が急変するかもしれず。
噛み合わせのところが痛くて、話すのも食べるのも困難だと言うのです。
あと、肋骨もぶつけたらしく痛いとさすっていました。それでも絶対に病院は行かないと頑張っています。
本人いわくどこで怪我をしたのか朧ではあるものの、車が猛スピードで行き交う道路を渡り終わった所で、
少しの間、倒れていたと。たぶんそこで敷石かなにか鋭角なものに顔をぶつけたのでしょう。
それからなんとか家まで辿りついたところで、気を失った。
車に轢かれて挽肉のような状態にならなくて本当に良かった。もしそうなっていたら、私は発狂していたと思う。
通行人の通報で救急病院に担ぎ込まれなかったのも幸いでした。身分証明の類は何も持っていなかったし。
これまでも酔っ払い介護で、さんざんな目に遭ってきたけれど、今回のような大出血の手当をするのは初めてでした。
怖い。もう本当に勘弁してほしい。
  

明日(11日)から20日迄のスペイン旅行は中止しようと言ったのですが、飛行機代やホテル代は戻ってきません。
それならぎりぎりまで容態をみて、行くかどうか決めようと結論をだしました。
そうこうしているうちに、こちら初雪になりました。

f0053297_02443457.jpg


ローカルニュースに拠りますと、リヴァプールのジョンレノン空港からの飛行機はちらほら欠航しているそうな。
フライトは明日(11日)の午後なのですが、果たして飛行機は飛ぶのかどうか。
そして夫の容態は回復するのかどうか、さっぱりわかりません。
いずれにせよこの状況ですので、暫くブログはお休みすると思います。
お仲間の皆さま、どうか安全な師走をお過ごしくださいますように。。(コメント欄は閉じております)

※ 追記:日本との時差があり、日にちに混乱がありましたが、この記事を書いたのはこちらの10日の夜。
     ただいま11日の朝。天候も夫の具合も恢復しているようなので、20日迄スペインに行ってきます。







[PR]
by mariko789 | 2017-12-11 03:05 | olympus OM-D E-M5 | Trackback

アルブフェイラ(Albufeira)の町歩き  @アルガルヴェ(ポルトガル)


長くひっぱってしまったポルトガル旅行記、
最終回は滞在していたアルブフェイラの町歩きです。

びっくりしたビーチのエスカレーター
野外ですよ。雨が降ったらどうするの? 砂嵐が来たらどうするの?
便利なので何度も乗り降りしましたが(上が遊歩道、下がビーチと飲食店)
大丈夫なのかなぁ?といつも思いました。

f0053297_03510224.jpg



More(続きを読む)
[PR]
by mariko789 | 2017-12-05 04:18 | olympus OM-D E-M5 | Trackback | Comments(38)