always over the moon

タグ:天文 ( 127 ) タグの人気記事

風薫る夢あふれくる十七歳  :俳句

風薫る夢あふれくる十七歳  流星
(かぜかおる ゆめあふれくる じゅうななさい)

f0053297_1481796.jpg


季語: 風薫る(青葉を吹き渡る香り高い風)  [夏]


・。・皆様から頂いた句です(敬称略)。ありがとうございます♪ .・。・☆・。  


ナチュラルな乙女まぶしくサングラス   かつ

微笑みをたやさぬ少女風薫る    道州

苦も出でず 緑の髪に 夏光り     詩楽麿

山肌を 駆ける涼風 夏娘      Nong-Khai

十七才 50年前の 話じゃが    極楽とんぼ

異国とて 箸が転べば 笑う年    yamaoji.

夏は逝く十七の地図見当たらず    よし


撮影: チェンマイ/某和食店にて、アルバイトの女子高生(17歳)/7月30日
   木陰のテーブル。まわりに水を配し涼しい風が吹きわたり、クーラーなしでも爽やかでした!

More
[PR]
by mariko789 | 2008-08-04 14:06 | casio | Trackback | Comments(0)

片陰り :俳句

片陰り絃歌にやつす老楽士  流星
(かたかげり げんかにやつす ろうがくし)

f0053297_11692.jpg


季語: 片陰り  [夏]

絃歌・弦歌 (げんか)/三味線など弦楽器の弾きがたり。

・。・☆・。  皆様から頂いた句です(敬称略)。ありがとうございます♪ .・。・☆・。  

二胡の音の時にはとぎれ片かげり    道州

ボーナスを 袋で貰う ミンストレル     鵺娘
忘年会 あえてられ娘(こ)を誇るかな
寒き夜 一人で酒を 飲み直す

二胡の音の 哀愁漂う 其の内に 独立至る 歴史感ず  Nong-Khai

弦の音が 韻を含んだ 糧の弓    yamaoji

More
[PR]
by mariko789 | 2008-07-29 11:04 | olympus | Trackback | Comments(0)

月に雲かかりこの身の無明かな :俳句

月に雲かかりこの身の無明かな  流星
(つきにくも かかりこの身の むみょうかな)

f0053297_925897.jpg


無明: 無知蒙昧(な人)[仏教用語]

季語:月  【秋・天文】
[PR]
by mariko789 | 2008-07-13 09:31 | Nikon D80 | Trackback | Comments(0)

炎天下呼びとめしそはうぶな花



炎天下呼びとめしそはうぶな花  流星
(えんてんか よびとめしそは うぶなはな)






f0053297_10301828.jpg


◎ 季語: 炎天下 [夏] 歳時記
[PR]
by mariko789 | 2008-07-04 10:42 | olympus | Trackback | Comments(0)

喜雨をえて拾われし猫母を恋ふ



 喜雨をえて拾われし猫母を恋ふ  流星
 (きうをえて ひろわれしねこ ははをこう)






f0053297_10345925.jpg


◎ 季語: 喜雨(きう) 【夏】





捨て猫に 心盗られて梅雨に濡れ  詩楽麿さま

猫が眼をとぢてはひらき夏の海   与太郎さま

 (おおきに、ありがとうございます♪)



去年、日本人のおじさんに拾われた、野良猫のみーちゃん。
おじさんの情けを、恵みの雨、喜雨にたとえて詠んでみました。

一緒に写っている犬の玩具は、私がみーちゃんにプレゼントしたのですが、
玩具と遊ぶ気持にはなれなかったようです。
もの思いに沈んでいるみーちゃん、お母さんを思い出したかな。

一度はおじさんの留守中に逃げたり、いろいろあったみーちゃんですが、
今ではおじさんにとってかけがえのない相棒。
とっても甘えん坊のみーちゃんです。
昨日、道でおじさんにばったり会って、みーちゃんが元気だと聞いて安心したのでした。

季語: 喜雨 (きう) [夏]
撮影: チェンマイ。2007年。猫のみーちゃん

More
[PR]
by mariko789 | 2008-07-01 10:33 | casio | Trackback | Comments(0)

青梅雨がひく罫線に文(ふみ)を書く

青梅雨が ひく罫線に 文(ふみ)を書く
 (あおつゆが ひくけいせんに ふみをかく)

季語:青梅雨(あおつゆ)【夏】

f0053297_22245180.jpg



 生きてくことは、なかなかだと友は書いた。
 日本海をのぞむ町で、人生の設計図を余念なく描きながら
 なかなか などと味わいふかいことを書く。

 こちらも雨期で、毎日さめざめと泣き虫雨が降っています。
 俳句なんか始めたものだから、ついつい掘ってしまう。
 掘っても掘っても、どうしようもないガラクタばかり。
 世捨て人をきどって、用心を重ねてきたのに。
 ガラクタは埋めておいたのに。
 なかなか なんて含蓄ある思いには、逆立ちしたって至らない。

 やるだけやると友は書いた。
 すぱっと決意を切り取った。
                      (流星 文)


 
撮影: チェンマイ、少数民族村の首長カレン族の女の子。
     (ソフト加工でぼかしてみました)

More
[PR]
by mariko789 | 2008-06-18 22:21 | olympus | Trackback(2) | Comments(0)

片かげり :俳句



片かげり猫が背伸びす鉢の水   流星






f0053297_193130.jpg


(かたかげり/ねこがせのびす/はちのみず)



◎ 季語: 片陰(かたかげ、日陰)、片かげり = 夏 『俳句歳時記』より




◎ 撮影:2007年。蒸し暑いベトナム、メコンデルタにて。
      レストランの広々とした庭の木陰にたわむれる猫。
      乾きをいやそうと、鉢水に口を寄せる愛らしさに打たれました。





 
[PR]
by mariko789 | 2008-05-30 01:05 | olympus | Trackback | Comments(1)