always over the moon

タグ:夏 ( 217 ) タグの人気記事

紫陽花(あぢさゐ)  : 俳句

日ざらしのあぢさゐ魚は煮詰まりぬ  (中原久遠)
(ひざらしのあじさい うおはにつまりぬ)

f0053297_135558.jpg


※ 俳句ポスト365 二十一回め投句 兼題 『紫陽花』   :地

 【夏井いつき組長 選評】
「あぢさゐ」が「日ざらし」となった光景を描くという視点そのものが個性的なのはいうまでもないのですが、そこに「魚は煮詰まりぬ」という状況を取り合わせる感覚に、軽い驚きを覚えました。
 瑞々しく水々しい「あぢさゐ」ばかりを読んできた今週ですが、この一句が描く光景もまた「あぢさゐ」という季語の持つ側面に他なりません。




七変化くび刎ねられし妃の庭に  (中原久遠)
(しちへんげ くびはねられし ひのにわに)

f0053297_13103371.jpg


※ 俳句ポスト365 二十一回め投句 兼題 『紫陽花』 : 人


                       Thank you very much!

                豪雨にも紫陽花散らず咲き乱れ      詩楽麿

                蜜捧げ蜂を迎えし紫陽花も
                      色とりどりに明日を託しつ     詩楽麿 

                からころと下駄の音はやき川開       マリコ


◎ 「守宮」に続き、二度目の地選を頂きました。
  「守宮」の句は首を傾げながらの投句で、採って頂けたのは幸運以外の何ものでもなかったのですが、
  今回の「日ざらしのあぢさゐ」の句は、自分の日常の中に在る焦燥感を紫陽花に託し、
  なんとか詠み込めたと思える句でしたので、嬉しさはひときわです。
   これからも、コツコツとマイペースで詠んでゆこうと思います。

◎ 夏井いつき組長は、「プレバト!」の辛口先生です(笑)
  俳句のお友達以外は、なにがなんだかの投稿ですので、どうぞご遠慮なくコメント、スルーして下さいね。
  見て頂き、有難うございました♪
[PR]
by mariko789 | 2014-06-27 13:24 | Canon PowerShot SX50 | Trackback | Comments(17)

向日葵(ひまわり) :俳句

向日葵の一輪庭に君臨す
(ひまわりの いちりんにわに くんりんす)

季語: 向日葵   【夏】 ・植物


f0053297_14291274.jpg


                     Thank you very much!

                君臨す 女房殿には敵わんのう…    idea-kobo

                隠しごと埋めて膨らむ木下闇      マリコ

                かたつむり海の記憶を背に巻きて    マリコ


画像の向日葵は、私が種から育てた、特別な向日葵なのです。
園芸初心者なので、種をまいても咲かないお花が殆ど。
そのぶん、咲いてくれると飛び上がるほど嬉しい。
この向日葵は、ミニサイズなのですが、それでもバラなどとは比べようもない大きさ。
たった一輪ですが、お庭をぱーっと明るくしてくれました。
あまりに嬉しくて、記念に挨拶句を詠んでみた次第。
また蒔こう、向日葵の種♪
[PR]
by mariko789 | 2014-06-26 14:36 | Nikon D80 | Trackback

六月(ろくがつ) : 俳句

六月や雲がとぐろを巻く遺跡
(ろくがつや くもがとぐろを まくいせき)

季語:  六月(ろくがつ)  【夏】 ・時候


f0053297_14411775.jpg
  


                     Thank you very much!

                 古代人 ストーンヘンジ神となす     詩楽麿

                 語り次ぐ術なき時代古代人
                     神と崇めしストーンヘンジ     詩楽麿 

[PR]
by mariko789 | 2014-06-21 14:42 | olympus OM-D E-M5 | Trackback

蛍(ほたる) : 俳句

崖の下蛍湧きいづ事故現場  (中原久遠)
(がけのした ほたるわきいづ じこげんば)

f0053297_13153869.jpg



季語:  蛍    【夏】 動物

※ 俳句ポスト365 二十回め投句 兼題 『蛍』   :人

英国旅行中、夫が歯科医に行っている隙に、投句したものです。
『崖下に蛍湧きいづ事故現場』とすれば良かったのにねぇ。
三段切れで没になるかと思っていたのですが、「人」を頂けたのはラッキーでした。
私の場合、俳句は一晩寝かせて推敲しないと駄目みたい。
冷や汗でした。
今日は下にも桑いちごの句をアップしています。お時間のある方は、覗いて下さいませ♪
[PR]
by mariko789 | 2014-06-20 13:23 | Nikon D80 | Trackback

桑いちご : 俳句

桑いちご爪の黒さの明かす嘘  
(くわいちご つめのくろさの あかすうそ)

季語 :桑の実、桑いちご    【夏】 ・植物


f0053297_12585819.jpg



                     Thank you very much!

                 いにしえに育てし花を掌に             詩楽麿

                 行く末も知らいで埋もる花なれば
                    せめて永久に咲け押し花となり      詩楽麿

                 技術得て花飾れども花一つ          詩楽麿

                 高度化のカメラ抱えて飛び出せど
                        心写せぬ もどかしさかな      詩楽麿 


                 夕立のさざなみ立てる運河かな     マリコ

                 不揃いのグラス海辺のソーダ水     マリコ

                 忍びくる靴底染めて桑いちご       マリコ


我庭の小さな桑の木に、実がつきました。
手の届くところに付いた実は、そっとつまんで食べています。
夫は、この実は美味しくないといい、せっせと食べている私をモンキーのようだと言うのですが。。
桑の実の果汁は黒くて、指や爪の間に入ると、さっと洗ったくらいでは落ちません。

ちょっとした風にも落下してしまうので、食べるより落下するほうが多い。
大きなほうの桑の木は、実がまだ白いうちにどんどん落下してしまうし、
第一枝に手が届かないので、食べられないのです。
落下した実は蝿の餌食になり、踏むと靴も超汚らしくなるので、毎朝のお掃除が欠かせません。
[PR]
by mariko789 | 2014-06-20 13:07 | Canon PowerShot SX50 | Trackback

植田(うゑた) : 俳句

f0053297_13323937.jpg


氾濫の植田だつたといふ辺り        (中原久遠)
(はんらんの うえただったと いうあたり)

季語:  植田    【夏】 地理

※ 俳句ポスト365 十九回め投句 兼題 『植田』    :人


                          Thank you very much!

                    英国を里と誇りつ旅すがら     詩楽麿

                    里帰り面々健勝日が過ぎて
                           馳る思いも庭手入れかな    詩楽麿 

[PR]
by mariko789 | 2014-06-15 13:29 | Canon PowerShot SX50 | Trackback

シャワー :俳句

f0053297_724274.jpg



棒立ちのシャワー深夜のネットカフェ  (中原久遠)

山小屋のシャワー満天星の下   (中原久遠)


季語:  シャワー    【夏】 生活

※ 俳句ポスト365 十八回め投句 兼題 『シャワー』    :人 二句


◎ 画像は大英博物館にて olympus OM-D E-M5 にて撮影。
◎ 英国より帰宅したばかりで取り込み中のため、コメント欄は閉じています。  
[PR]
by mariko789 | 2014-06-09 07:30 | olympus OM-D E-M5 | Trackback

守宮(やもり) :俳句

指の血を洗ふ浴室守宮鳴く    中原久遠
(ゆびのちを あらうよくしつ やもりなく)

季語:  守宮(やもり)     【夏】 動物

f0053297_1592177.jpg



※ 松山俳句ポスト365 十七回め投句 兼題 『守宮』    :地

※ 夏井いつき組長 選評
「浴室」の窓に張り付いた「守宮」を詠んだ句も沢山ありましたが、「指の血を洗ふ」という状況を附することによって、「守宮」の持つ不気味な気分が助長されます。「指」から「血」が出ている状況とは何があったのだろうと、想像が動き出します。「血」の生臭さが「守宮」の声にも及んでいくかのような感触です。



俳句ポスト365に投句し始めてちょうど四ヶ月目、毎週金曜日に発表される「天地」の句を拝見し、
私には一生無理だと諦めた途端に、地選を頂きました。しかも思ってもみなかった句で。
俳句は詠み手半分、読み手半分の文芸なのだと改めて思い知らされました。
読み手の半分の部分を残してこそ、俳句なのでしょうね。
今回の句は、組長の読みの深さで拾って頂き、幸運でした。

夫が単身赴任から戻ってきて多忙になり、この回以降、毎回投句は無理になりましたが、
たとえ月に一度でも、参加を続けたいと思っています。

                     Thank you very much!

              手もみしつ柱這いずる守宮かな      詩楽麿

              花房や大地に届け枝垂藤
                    咲き乱れつつ次代を託す     詩楽麿 

              家守泣く 家賃を溜めて 払わんと    idea-kobo

              守宮ふくらむ邪悪なものを呑み込みて    久遠

              寝ころべば菖蒲の枕風わたる      (詠み人知らず)


◎ 俳句をなさらない方には意味不明の投稿ですので、どうぞスルーなさって下さいね♪

◎ 今日は下にも一句、投稿しています。お時間のある方は、ちらっと覗いて下さいませ。

More (続きを読む)
[PR]
by mariko789 | 2014-05-18 12:33 | retouch/anima/paint | Trackback | Comments(22)

籐椅子 :俳句

籐椅子を凹ませて軋ませて恋
(とういすを へこませて きしませて こい)

季語:  籐椅子(とういす)  【夏】 生活

f0053297_1442341.jpg


※ 俳句ポスト365 十六回め投句 兼題 『籐椅子』    :人 

                            
                           Thank you very much!

                   軋ませて来い そんな元気はありまっせん   idea-kobo

                   籐椅子に浮ぶや愛し永久の恋          詩楽麿

                   悶えしも届かぬ心抱きつつ
                        溢れしままに籐椅子揺らす       詩楽麿

                   籐椅子に沈みて魂は浮遊せり         流星マリコ


More (続きを読む)
[PR]
by mariko789 | 2014-05-13 14:44 | Nikon D80 | Trackback

秋隣(あきどなり) :俳句

  秋隣染めて染まらぬ髪一縷  久遠 (旧:流星)
(あきどなり そめてそまらぬ かみいちる)

季語 : 秋近し、秋待つ、秋隣(あきどなり) 【夏】 時候

f0053297_3335533.jpg





 




② この花も最初の画像の花とおなじくらい、ちっちゃな花。
  けれど通ってくる虫はひきもきらず。

     藤壺の帖をひらきぬ秋隣  久遠 (旧:流星)
   (ふじつぼの じょうをひらきぬ あきどなり)  

f0053297_136379.jpg




                    Thank you very much!

                雲は湧き雷(らい)せわしくも秋に入る     よし

                何かしら花の咲きゐるこの庭の
                        優しき風よ浴衣きてみむ    与太郎

                幾度も咲代わりつゝ手花火の
                        更に燃へ継ぐ八月の庭     与太郎 

                芽も僅か やがて実となる 秋茄子や      詩楽麿

                四季移り窓辺に届く鳥の声
                         色鮮やかに衣変えつつ     詩楽麿

                せせらぎに 夜鳴く鰍 酒のあて       yamaoji.

                秋隣 隣は何を しちょるかな        idea-kobo

                ひさし髪ほつれぬ祖母が夢の盆        流星

                水多き青田の上に天の川             よし

                かぎりなく 遠くになりき 秋の声      kingminoru

                夏蝉の 空にひびきぬ 声嗄らし      kingminoru

                朝顔に別れの星の涙かな           与太郎

                羅に包みし想ひ薄き胸               草野

                手花火のあをき光に照らさるる            草野



More (続きを読む)
[PR]
by mariko789 | 2013-08-07 04:10 | Nikon D80 | Trackback | Comments(42)