always over the moon

タグ:夏 ( 219 ) タグの人気記事

蛍 



あわれ蛍 過去世の業を燃やさんとか  流星
(あわれほたる かこせのごうを もやさんとか)






f0053297_14593644.jpg


◎ 季語: 蛍 [夏]






災いは、過去世からの因縁なのだろうか。
現世には、理不尽な不幸が多すぎる。

撮影: チェンマイの自宅のベランダから。

More
[PR]
by mariko789 | 2008-06-23 14:57 | retouch/anima/paint | Trackback | Comments(0)

油虫 (あぶらむし) :俳句


あぶら虫願う転生こがね虫  久遠 (旧:流星)
 (あぶらむし ねがうてんしょう こがねむし)




f0053297_15193948.jpg


◎ 季語: ごきぶり, 油虫 [夏] 歳時記より。





油虫っていうくらいだもの、車を走らす油がとれるに違いない。
ゴキ・エネルギー。しかし・・・買う人がいるかどうか。

いっそ人間の脂はどうかしら。
大豆で車が走るなら、脂肪で走らぬわけがない。

街角に停まる「献脂肪車」。お一人さま100グラム頂戴いたします。

  地球を救うあなたの100グラム!
                 (流星 妄想)

More
[PR]
by mariko789 | 2008-06-21 15:18 | casio | Trackback | Comments(0)

青梅雨がひく罫線に文(ふみ)を書く

青梅雨が ひく罫線に 文(ふみ)を書く
 (あおつゆが ひくけいせんに ふみをかく)

季語:青梅雨(あおつゆ)【夏】

f0053297_22245180.jpg



 生きてくことは、なかなかだと友は書いた。
 日本海をのぞむ町で、人生の設計図を余念なく描きながら
 なかなか などと味わいふかいことを書く。

 こちらも雨期で、毎日さめざめと泣き虫雨が降っています。
 俳句なんか始めたものだから、ついつい掘ってしまう。
 掘っても掘っても、どうしようもないガラクタばかり。
 世捨て人をきどって、用心を重ねてきたのに。
 ガラクタは埋めておいたのに。
 なかなか なんて含蓄ある思いには、逆立ちしたって至らない。

 やるだけやると友は書いた。
 すぱっと決意を切り取った。
                      (流星 文)


 
撮影: チェンマイ、少数民族村の首長カレン族の女の子。
     (ソフト加工でぼかしてみました)

More
[PR]
by mariko789 | 2008-06-18 22:21 | olympus | Trackback(2) | Comments(0)

ライチ  :俳句

ライチ噛む叫びたいほど静かな夜  流星
(らいちかむ さけびたいほど しずかなよ)

f0053297_1040433.jpg



季語:ライチ [夏]

昨夜ライチを食べながら、オリンパスで撮る。(チェンマイでは、この時期ライチはお手軽な果物)


人間は誰でも多かれ少なかれ 心の底にさみしさを沈めているよねぇ。

More
[PR]
by mariko789 | 2008-06-11 10:38 | olympus | Trackback | Comments(0)

水鉄砲

イケメンの水鉄砲は無鉄砲   流星
 (いけめんの みずでっぽうは むてっぽう)

f0053297_1043316.jpg


季語:水鉄砲 [夏]

2007年4月、チェンマイの水掛祭では多くの美女を撮影できましたが、イケメンはこの彼氏オンリー。
目が肥えてる(笑)私が、はっとするほど清潔な感じのイケテる青年でした。

しかも彼が一緒に遊んでいたのは、タイ人の子供たち。にくい!

More
[PR]
by mariko789 | 2008-06-10 10:41 | olympus | Trackback | Comments(0)

蛙を喰う

蛙とて喰われるために生まれ出ず  流星
(かえるとて くわれるために うまれでず)

f0053297_10455057.jpg

 季語: 蛙 [夏]


ベトナムやタイなどのアジア、フランスでは蛙を食す。

インドネシアではリスを食べる。

イギリスでは鳩や兎を食べる。

私は鯨を食べる。

弱肉強食の世の習いとはいえ・・・

喰う摂理のむごさ、喰われる哀しみは底深い。


 
撮影:2007年 ベトナム・ホーチミン
★私は蛙を食べていません。。

More
[PR]
by mariko789 | 2008-06-07 10:44 | olympus | Trackback | Comments(2)

緑陰 

緑陰にひねもすのたり世捨て人  流星
(りょくいんに ひねもすのたり よすてびと)

f0053297_1048678.jpg


季語:緑陰(りょくいん) [夏]

ひねもす=昼の間ずっと (日も過がら→ひるもす→ひねもす と変化)

(撮影:2007年 ベトナム・メコンデルタ)
ときには生きるのがしんどくなる私。

そんなときは本を読みつつ ひがな一日ベッドでうつらうつら・・・

このベトナムの青年もまたしかりなのか。。。

More
[PR]
by mariko789 | 2008-06-05 10:46 | olympus | Trackback | Comments(0)

水掛娘(みずかけむすめ)

いさぎよく水掛合いに濡れる古都 流星

f0053297_10501714.jpg

(いさぎよく みずかけあいに ぬれること)

季語:水掛合、水合戦、水遊び [夏]

撮影:2007年4月 チェンマイ(タイ)の水掛祭にて。

古都チェンマイの水掛祭(タイ正月・ソンクラーン)は、その過激さで国内随一。

その時期タイは酷暑を迎え、水掛祭には水乞いの意味もある。

一歩外に踏み出たが最後、誰もが有無を言わせぬ水掛合いの洗礼を受け、びしょ濡れになる。

f0053297_105168.jpg


街のあちこちに設営された舞台では、がんがん大音響の音楽がかかり、

踊り狂う水掛娘たちに、ホースでじゃんじゃん水をかけ、祭の意気を高めるのだ。

More
[PR]
by mariko789 | 2008-06-03 10:48 | casio | Trackback | Comments(0)

片かげり :俳句



片かげり猫が背伸びす鉢の水   流星






f0053297_193130.jpg


(かたかげり/ねこがせのびす/はちのみず)



◎ 季語: 片陰(かたかげ、日陰)、片かげり = 夏 『俳句歳時記』より




◎ 撮影:2007年。蒸し暑いベトナム、メコンデルタにて。
      レストランの広々とした庭の木陰にたわむれる猫。
      乾きをいやそうと、鉢水に口を寄せる愛らしさに打たれました。





 
[PR]
by mariko789 | 2008-05-30 01:05 | olympus | Trackback | Comments(1)