always over the moon

タグ:夏 ( 221 ) タグの人気記事

虹 :俳句





逢えぬ子のりぼんを虹の尾に結ぶ

f0053297_15293955.jpg


季語: 虹(にじ) 【夏】 ・天文

詩 『虹の橋』 (内容)

この世を去ったペットたちは、天国の手前の緑の草原に行く。
食べ物も水も用意された暖かい場所で、老いや病気から回復した元気な体で仲間と楽しく遊び回る。
しかしたった一つ気がかりなのが、残してきた大好きな飼い主のことである。
一匹のペットの目に、草原に向かってくる人影が映る。
懐かしいその姿を認めるなり、そのペットは喜びにうち震え、
仲間から離れて全力で駆けていきその人に飛びついて顔中にキスをする。
死んでしまった飼い主=あなたは、こうしてペットと再会し、一緒に虹の橋を渡っていく。(by wikipedia)


◎ 画像はずっと以前撮って「色無き風」に使ったものの、使いまわしです。
  自分で撮った猫の中でも特に好きな子なので再登場してもらいました。(現俳/7月/汝火原マリ)

◎ この句は人間の子のつもりで詠んだのですが、
  ペットとして読んで下さった方から心に沁みるお便りを頂きました。
  俳句は読み手の解釈しだいでイメージが変わる。それが楽しいです。







[PR]
by mariko789 | 2016-08-24 15:45 | Nikon D80 | Trackback

緑陰(りょくいん):俳句





緑陰や墓を掘っては埋めるトム
(りょくいんや はかをほってはうめるトム)

f0053297_14512817.jpg


季語:  緑陰(りょくいん) 【夏】 ・植物
☆夏の緑の木陰で、「木下闇」と違い、明るい日差しとの対照を感じさせる。(by 角川季寄せ)

Thank you very much!

若葉舞う墓石に語る思いかな 詩楽麿

地に帰る故人を送る式故に 花びら摘み棺を彩る  詩楽麿 



◎ 「NHK俳句」誌7月号。夏井いつき選 兼題 「緑陰」 佳作。

◎ 画像は、五月に埋葬した義母の墓地です。リヴァプール郊外にある、広々した墓地。

More (続きを読む)
[PR]
by mariko789 | 2016-08-18 15:37 | olympus OM-D E-M5 | Trackback

甚平 :俳句






甚平や知恵熱の子の上がり眉
(じんべいや ちえねつのこのあがりまゆ)

f0053297_1436686.jpg


季語: 甚平(じんべい) 【夏】 ・生活


◎ 画像はブダペストの動物園にて。(現俳/7月/汝火原マリ)






[PR]
by mariko789 | 2016-08-17 14:38 | olympus OM-D E-M5 | Trackback

浮いて来い





手なづけし人喰鮫よ浮いて来い  
(てなづけしひとくいざめよ ういてこい)

f0053297_1524843.jpg


季語: 浮いて来い, 浮人形 (水に浮かべて遊ぶ玩具 by角川季寄せ) 【夏】 ・生活

Thank you very much!

とある日の我の弱さよ浮人形   to_shi_bo





◎ 鮫は冬の季語ですが、玩具の鮫、或いは心の中の鮫として、詠みました。私はもっと強いはず。。

◎ 画像の鮫はブダペストの動物園にて。(現俳/7月/汝火原マリ)







[PR]
by mariko789 | 2016-08-10 15:11 | olympus OM-D E-M5 | Trackback

炎昼(えんちう):俳句





炎昼のふはつくやうな時計塔
(えんちゅうの ふわつくような とけいとう)

f0053297_15271769.jpg


季語: 炎昼(えんちゅう) 【夏】 ・時候。

Thank you very much!

蒸気時計塔噴く 街頭音楽士弾く  伊丹公子 (とし坊さまよりご紹介)

 



画像は Prague astronomical clock ・プラハの天文時計  ・プラハのオルロイ 
プラハに行った方なら、ああ、あの!と思い出されるでしょう。
”時計塔”は私の造語かもしれません。
本来は時計台かしら。「塔」のほうが私的にはぴったりなので、ご容赦を。

上の画像の部分は、 天文図文字盤
太陽や月の位置などの天文図を示すための文字盤です。
現役の時計としては世界最古級の天文時計で、1410年の製作。
何度か修理されて現在に至っています。

More (続きを読む)
[PR]
by mariko789 | 2016-08-06 15:56 | Canon PowerShot SX50 | Trackback | Comments(16)

うすもの :俳句




うすものや一指もふれずふれさせず

(うすものや いっしもふれずふれさせず)

f0053297_1842639.jpg



Thank you very much!

羅に透けるおもひを怖れをり   櫛原希伊子 (とし坊さまよりご紹介)



◎ 初蝶来何色と問ふ黄と答ふ  高浜虚子
  
◎ 季語 : うすもの 【夏】 ・生活 (現俳/6月/汝火原マリ)

◎ じつは2日の夕刻から突然ネット接続が切れてしまいました。
  一日半、ネットなしの暮らしで、時間がたっぷり(*_*;
  おかげで写真の整理が捗りました。

  で、ネット接続ですが、今さっき、やっと修復して、ほっとしました。





[PR]
by mariko789 | 2016-08-04 18:49 | retouch/anima/paint | Trackback

スコール :俳句





ざばざばとスコール浴びて自由な日

f0053297_141018.jpg


◎ 画像は去年の6月にウイーンで撮りました。(現俳/6月/汝火原マリ)

◎ いつも俳句の投稿でコメント欄を閉じていてすみません。次回は開けます! 






[PR]
by mariko789 | 2016-07-28 14:04 | olympus OM-D E-M5 | Trackback

紅ひいて :俳句





紅ひいて少年は消ゆ月見草
 
(べにひいてしょうねんはきゆ つきみそう)


f0053297_14554371.jpg


Thank you very much!

化粧直しの 口紅引けば
あなた慕って 指がなく
海を見つめて 日が暮れる
海を見つめる 日が続く
・・・たきの えいじ作 (とし坊さまよりご紹介)



季語:月見草  【夏】 ・植物

※ 松山俳句ポスト365 八十九回め投句 兼題(第149回)『月見草』 :人選 (中原久遠)

◎ タイのナコンサワンの大学に夫が勤務しているころ、レディボーイの学生が何人かいました。
  スカートをはいてお化粧をして出席。中には女学生より綺麗な子もいました。
  あの子たちは今頃どうしているかしら・・・。

◎ 画像の花は月見草ではありません。(撮影は6月にブダペストの動物園にて)

  月見草は、夜に白い花を咲かせ、明け方からピンク色に変わり、やがて赤くなって萎む一夜花。
  花自体に物語性がありますよね。幻想的。。

◎ 俳句ポスト、この次の兼題 「五月雨」はお休みしました。
  お仲間の皆さんの応援に回ります!♪






[PR]
by mariko789 | 2016-07-23 15:03 | olympus OM-D E-M5 | Trackback

六月 :俳句





六月の湿気組み伏せインドカレー
(ろくがつのしっけくみふせインドカレー)

f0053297_1464926.jpg


季語 : 六月  【夏】 ・時候


◎ 画像は、ウィーンのカレーソーセージです。(現俳・六月・汝火原マリ)







[PR]
by mariko789 | 2016-07-13 14:09 | olympus OM-D E-M5 | Trackback

火傷の手 :俳句





生ぬるき冷むぎ君の火傷の手
(なまぬるきひやむぎ きみのやけどのて)

f0053297_146977.jpg


季語:冷麦  【夏】 ・生活

※ 松山俳句ポスト365 八十八回め投句 兼題(第148回)『冷麦』 :人選 (中原久遠)


◎ 画像は6月にブダペスト動物園で撮りました。
  薄目をあけているコアラ君、可愛かったです。






[PR]
by mariko789 | 2016-07-12 14:08 | olympus OM-D E-M5 | Trackback