always over the moon

タグ:動物 ( 109 ) タグの人気記事

秋刀魚 :俳句




昨今の秋刀魚と母のかぼそさよ  中原久遠
(さっこんの さんまとははの かぼそさよ)

f0053297_13522930.jpg


季語: 秋刀魚  【秋】 ・動物

※ 松山俳句ポスト365 七十回め投句 兼題(第130回) 『秋刀魚』 : 人選

Thank you very much!

かぼそさよ それでもしっかり根をはって   idea-kobo

昨今の万聖節や魔女ばかり    麗門

懐剣のやうな秋刀魚を身の内に  久遠

残菊や捨てかねてゐる肖像画  久遠(10/28)

古下駄に南瓜載せたり裏畠    与太郎

明け染めし晩秋飾る秋刀魚雲   詩楽麿

煙るなか団扇ふりふり七輪の 秋刀魚焼きたる母の面影  詩楽麿



◎ ツイ友の、「このごろの秋刀魚は小さい」という呟きを頂いての一句でした。
   こちらでは秋刀魚は見かけません。大好きなんですが♪
   「母」は、痩せて小さくなってしまった英国の義母です。今回は、自分的本命句は没でした。
   ところで、俳句ポストの次の兼題は  『蜜柑(冬の季語)  締切 11月11日(水)』 とのことです。


◎ ハロウィンのイラストは、私の駄作です。
  皆さまの地域では、ハロウィンは盛り上がっていますか?
  こちらでは、八百屋に大量の、大きなカボチャが並んでいるほかは、それらしき気配もありません。
  なので、子どもたちにお菓子も用意していませんよ~
     





   
[PR]
by mariko789 | 2015-10-30 14:02 | retouch/anima/paint | Trackback | Comments(20)

秋の蝶 :俳句




白骨の罅より百の秋の蝶  中原久遠
(はっこつの ひびよりひゃくの あきのちょう)

f0053297_1473031.jpg



季語: 秋の蝶  【秋】 ・動物

※ 松山俳句ポスト365 六十五回め投句 兼題(第125回) 『秋の蝶』 : 地選

「俳句集団 いつき組 夏井いつき組長 選評:
兼題「秋の蝶」から、このような幻想的な光景も生まれてくるのだなあと、ささやかな驚きを覚えました。「白骨」に入った「罅」から、「百」の「秋の蝶」が飛び立っていく光景に背筋がゾクゾクします。智内兄助さんに、この句の世界を描いてもらいたいような、うっとりと怖ろしい作品です。



久々に金曜日に採って頂き、とっても嬉しいです。
本命句は選外になり、自分的には無印の句が健闘してくれました。
どの句が佳句でどの句が駄句なのか。まだまだ判りません。
俳句力はもちろん、もっと選句眼を養うことが私の課題です。

Thank you very much!

罅割れた我がプライドの秋思かな  麗門

秋の蝶 少ない日々を 飛び急ぐ   idea-kobo

暖簾染め女の門出夢二の忌     久遠(9/02)

障子貼る芭蕉ゆかりの奥座敷    久遠 (9/07)

大雨に溶ける葡萄の濃紫      久遠(9/10)

知らぬまに茸の覆うマイホーム    久遠 (9/11)


More (続きを読む)
[PR]
by mariko789 | 2015-09-11 14:33 | Nikon D80 | Trackback | Comments(19)

蟋蟀(こおろぎ) :俳句




こほろぎや饐えゆく母の脆き骨  中原久遠
(こおろぎや すえゆくははの もろきほね)

f0053297_13181630.jpg


季語: 蟋蟀(こおろぎ)  【秋】 ・動物

※ 松山俳句ポスト365 六十二回め投句 兼題(第122回) 『蟋蟀』 : 人選

数多の病をかかえながらも明るいリバプールの姑。

8週間も不参加だった「松山俳句ポスト」、久々に参加しました。
このあと調子にのって?兼題「桔梗」「枝豆」と参加し、今は「秋の蝶」を捻っている最中です。
この暑いさなかに秋の蝶とは、私の退化著しい脳には酷なのですが。

俳句ポストですが、私が休んでいるうちに参加者がものすごく増えたような気がします。
結果発表を見ると、知らないお名前がいっぱい。
選をなさる夏井組長、そしてスタッフの皆さまのご努力も大変なものと思います。

Thank you very much!

蟋蟀や舞台拡げるmariko椅子  to_shi_bo

遊ばれて捨てられちゃった浮輪かな  久遠(8/4)

旨きもの来ぬか来ぬかと蟻地獄  久遠(8/7)

教会の鐘に身を折る長崎忌  久遠(8/9)

理科室の骸骨までも盆踊    麗門

古寺の土塀荒れたり烏瓜        与太郎


More (続きを読む)
[PR]
by mariko789 | 2015-08-17 13:28 | Nikon D80 | Trackback

雲雀(ひばり) : 俳句

ドナウ河越えて雲雀は要塞へ  マリコ
(どなうがわ こえてひばりは ようさいへ)

f0053297_14375740.jpg


季語:  雲雀(ひばり)       【春】・動物

NHK俳句 兼題 『雲雀』 小澤 實 選 佳作

追記:
選者の小澤先生から、ツイッター上で、次のツイートを頂きました。

ご投句ありがとうございました。選者の小澤實です。「ドナウ河越えて雲雀は要塞へ」、大きな句ですね。俳句に「要塞」が登場するのは珍しいです。お名前は俳号をご使用になっていいと思いますよ。 

ということで、NHK俳句、名前は俳号でも大丈夫なのですね♪ ٩(๑❛ᴗ❛๑)۶

  

 
                    Thank you very much!

                揚雲雀地蔵菩薩のうしろより  与太郎

                故郷の麦の畑は青からむ
                    雲雀の空は眩しかるらむ  与太郎


[PR]
by mariko789 | 2015-04-23 14:39 | Canon PowerShot SX50 | Trackback

蛤(はまぐり) :俳句

ひらきたる椀のはまぐり蝶のやう  中原久遠
(ひらきたるわんのはまぐりちょうのよう)


f0053297_14154287.jpg


季語: 蛤(はまぐり) 【春】 ・動物

※ 松山俳句ポスト365 五十回め投句 兼題(第101回) 『蛤』 : 人選


                     Thank you very much!

              陽に向かい無心に若葉をひろげゆく 
                       そう、そうだった春の思ひ出  与太郎

              紅梅の日に日に赤き蕾かな     与太郎

              これ以上待つと昼顔になってしまう   池田澄子(麗門様ご紹介)  

              熱々の湯の蛤や細雪         to_shi_bo

              天帝へ今宵召さるる紅梅は        くをん

              ひとひらは睫にとまる春の雪        くをん

              歴美ある尋ねし余寒の美術館       詩楽麿

              なお生きる彼方に浮かぶ夕雲に
                     秘めたる願いそっと語らむ     詩楽麿 


◎ 18日(水曜)に、ブダペストに出向き、壊れているNikon coolpix P510 を、修理に出してきました。
   ハンガリーでは修理が出来ず、隣国のチェコに送るそうで、10日位で直ってくるとのこと。
   もう一つ、壊れていたオリンパスのミラーレスは、カメラ本体は問題なし(良かった!!)
   レンズの故障で、これも2週間もかかるということは、他の国に送るのでしょう。
   修理屋を探すのにとっても苦労しましたので、直ってきましたら、記事に致します。
   たまには検索のお役に立たなければ。。
[PR]
by mariko789 | 2015-02-21 14:23 | Nikon coolpix P510 | Trackback

寒蜆(かんしじみ) :俳句

乳くさき産科病棟寒しじみ 中原久遠
(ちちくさき さんかびょうとう かんしじみ)

f0053297_1342846.jpg





猫の飲む水に身じろぐ寒蜆

f0053297_1323194.jpg

☆ 猫は、布団の上に寝ているのですが、小さいので見えないかもしれないですね?

                    Thank you very much!

                舌出して泥吐く鉢の寒蜆       与太郎

                足音に皆蓋閉じる蜆かな      与太郎

                湯豆腐の身を持ち崩すとき色香  くをん

                紙漉の灯りぽつぽつ山間(やまあい)に  くをん

                闘いに明くるるベッド雪景色     詩楽麿

                仕事とて人妻介護無我夢中
                     心添えつつ快気に向けて   詩楽麿



季語: 寒蜆(かんしじみ)、冬蜆   【冬】 ・動物
 
※ 松山俳句ポスト365 四十五回め投句 兼題(第96回) 『寒蜆』 : 人 二句


◎ 蜆は一年中売っていますが、特に冬の蜆は滋養が高いそうです。
  江戸っ子の祖父は、蜆の中身は食べませんでした。私は中身も大好きです♪
[PR]
by mariko789 | 2015-01-18 13:12 | Sony Cyber-shot G | Trackback | Comments(15)

鯨 :俳句

くぢら噴き空をつんざく汐烟 中原久遠
(くじらふき そらをつんざく しおけむり)

f0053297_13465731.jpg


鯨は潮を吹くと言われていますが、実際は、水分や塩分はあまり含まれておらず、
噴気という、「吐いた息」なんですって。なので、吹くというより、噴く。
高圧力で噴出された息の圧力が、一気に下がって霧のように見えるのが、
「潮噴き」と呼ばれているものなんですね。
で、噴気の形はクジラの種類によって様々、シロナガスクジラだと、噴気の高さは10メートルを超します。

というわけで、シロナガスクジラ君の息の噴出を一句にしてみました。
採って頂き、嬉しかったです。





浮上する子連れ鯨に傾ぐ船
(ふじょうする こづれくじらに かしぐふね)

f0053297_14202.jpg


こちらは、ホエールウオッチングの一場面を、17文字で写生したものです。
地味な句なのに採って頂きラッキーでした。



季語:鯨(くぢら・くじら)   【冬】 ・動物
 
※ 松山俳句ポスト365 四十一回め投句 兼題(第92回) 『鯨』 : 人 二句


 

                       Thank you very much!

                  枯れ紅葉拾う手を避け風に舞う      詩楽麿

                  行く先に富士の高嶺のそびえ立つ
                          駅前通りはや店仕舞い   詩楽麿

                  血だまりに首級(しるし)ころがる討ち入り日  くをん

                  寒牡丹つなぐ生命維持装置    くをん  

                  夕暮れの沖に汐吹く鯨かな         与太郎



◎ 今回は、画像を添えるのは止めようかとも思ったのですが、やっぱり頁に色がないと淋しいので、とってつけてみました。

◎ 下の投稿の蛇足ですが、修理屋さんは来ませんでした。連絡もなし。ぷっつん。
   咳はだいぶ引いてきて、平熱は厚着が効果を奏してか、少しずつ上がってきています。
   ぎっくり腰は、まだ治らず、痛いです。もう少し、辛抱です。
[PR]
by mariko789 | 2014-12-15 14:11 | Nikon D80 | Trackback | Comments(17)

冬の鵙(ふゆのもず) :俳句

嘴の鉤に古傷冬の鵙   中原久遠
(くちばしの かぎにふるきず ふゆのもず)

f0053297_14153991.jpg


★ 鵙の嘴って、直角に曲がった鉤型なんですよね。
  季語深耕で、鵙の画像を沢山見ているうちに、このことを発見したときはちょっと嬉しかったです。
  一見、雀と似ていますが、嘴を見れば識別できるなと。
  また、嘴は鳥にとって生き死にに係わる重要な箇所だそうです。

★ 画像の鳥は鵙ではありませんが、嘴の鉤が同じなので。


                        Thank you very much!

              冬鵙や怒れば美しき女     内山思考 (to_shi_bo様よりご紹介)

              昇降機 昇り降りの人生は   idea-kobo 

              枯芝に焚火のあとの寒さかな   与太郎

              磔像(たくぞう)にぬるき陽射や冬の鵙   くをん

              薪割りの鉄砲虫をめざす鵙        issyo.k

              越冬の鵙に餌なく声もなし        詩楽麿

              今一度鵙の鳴く声耳にして 
                  止めた歩みも時雨がせかす     詩楽麿



冬の鵙星座をめざす昇降機
(ふゆのもず せいざをめざす しょうこうき)

f0053297_14201415.jpg


★ 画像は、シオフォックという街にある、展望台へ昇るエレベーター(昇降機)です。

季語: 冬の鵙   【冬】 ・動物
 
※ 松山俳句ポスト365 四十回め投句 兼題(第91回) 『冬の鵙』 : 人 二句
[PR]
by mariko789 | 2014-12-05 14:26 | Nikon coolpix P510 | Trackback | Comments(18)

秋蝶(あきちょう) :俳句


秋蝶の桃色あそび寡婦の庭  くをん
(あきちょうの ももいろあそび かふのにわ)

f0053297_15242151.jpg


季語: 秋蝶  【秋】 ・動物



                    Thank you very much!

                手しおかけ花々語る応えかな       詩楽麿

                一輪の青き朝顔残花あり
                     晩夏の名残り庭を飾りし    詩楽麿

                菊咲て我世は安し四畳半        与太郎

                虫の声澄みて涼しきこの夜半
                       静かに柿の熟しゐるらむ    与太郎



◎  我家の両隣は、未亡人。
   我が庭と異なり、綺麗に手入されたお庭には四季折々の花が咲き、蝶々もたくさん!♪
[PR]
by mariko789 | 2014-10-27 15:30 | Nikon D80 | Trackback

鯔(ぼら) :俳句

浮雲や鯔のいまはの両眼に  くをん
(うきぐもや ぼらのいまわの りょうがんに)


f0053297_15171584.jpg


 季語: 鯔(ぼら)    【秋】 ・動物

※ 松山俳句ポスト365 三十五回め投句 兼題(第86回)『鯔』  :人


◎ 画像は英国で撮ったものです。
[PR]
by mariko789 | 2014-10-27 15:19 | olympus OM-D E-M5 | Trackback