always over the moon

タグ:冬 ( 165 ) タグの人気記事

狐火(きつねび)② :俳句


狐火や愛する人の眼に少年
(きつねびやあいするひとのめにしょうねん)

f0053297_00513667.jpg



◇ 季語: 狐火(きつねび) 【冬】 ・地理
  冬の夜、山野で青白い火が見えることがあり、昔はキツネが燃やす火だと信じられていた(by 角川季寄せ)


◇ 愚陀佛庵インターネット俳句会  2017年02月24日発表(2017年01月投句分) 特選(汝火原マリ)
  八木館長のアート付きの選評を頂きました \(^ ^)/

f0053297_00541062.jpg


◇ 愚陀佛庵インターネット俳句会は、兼題はありません。毎月末締切。一人三句まで。



◇ 画像は、プラハ動物園の、ワオキツネザル。キツネ繋がりで、選んでみました。


◇ 旅行中に結果発表になったネット句会の参加句が溜まってしまいました。ぼちぼち投稿します。
  明日から歯医者に通う羽目になってしまったりで、コメント欄は閉じています。


 






[PR]
by mariko789 | 2017-03-07 01:00 | olympus OM-D E-M5 | Trackback

風花(かざはな) :俳句


風花のパリの広場の火炎瓶
(かざはなのパリのひろばのかえんびん)


f0053297_17122653.jpg


◇ 季語: 風花(かざはな)、かぜはな 【冬】 ・天文
・冬晴れの日に、青空から舞い落ちる雪片。「雪催」と混同しないよう注意したい(by 角川必携季寄せ)


◇ テキストブック「NHK俳句」2017年3月号  堀本裕樹選 佳作 

◇ 画像はこちらから(2017年02月16日 英語の記事です)

◇ コメント欄は閉じています。
  26日の旅行前にもう一回投稿しますので、コメントを下さる方は次回にお願い致します。


フランスといえば気になるのが、4月(第一回)5月(第二回)に控えた大統領選挙です。
難民・移民の流入規制、EU離脱を旗印にしている極右政党「国民戦線」の
マリーヌ・ルペン氏の票がどこまで伸びるのか。それとも保守が逃げ切るのか。
世界の歴史は統合と分裂を繰り返してきてをり、長き統合の時代から分裂の時代に入ってきたような気がします。
いずれにせよ、フランスの人々が賢明な大統領を選び、昔のような「花のパリ」が戻ってきますように。。









[PR]
by mariko789 | 2017-02-22 17:27 | collaboration | Trackback

凍蝶(いてちょう)② 


凍蝶に見せてはならぬ家庭の灯
(いてちょうにみせてはならぬかていのひ)


f0053297_15290941.jpg

◇ 季語 : 凍蝶(いてちょう)、冬の蝶、冬蝶 【冬】 ・動物
  多くの蝶は晩秋死に絶えるが、中には冬になっても弱々しく飛んでいるのを見かける。
  タテハ蝶の仲間は成虫で越冬するものがある(by 角川必携季寄せ)


◇ 画像はイメージです。この冬に撮ったものではありません。


◇ 凍蝶に重ねたのは、いつも一人で寒そうだったロビン。
  ちょうどリビングの窓から真っ直ぐ見える枝に止まっていて、
  暖かな室内にいる私自身が申し訳ないような気がしました。
 

◇ 現俳協インターネット句会 1月/汝火原マリ


◇ コメント欄は閉じています。次回は開けますので宜しくお願いします。








[PR]
by mariko789 | 2017-02-10 16:07 | Canon PowerShot SX50 | Trackback

冬の蝿(ふゆのはえ)


 「運命」の譜面をなぞる冬の蝿
  (「うんめい」のふめんをなぞるふゆのはえ)

f0053297_15560143.jpg


◇ 季語: 冬の蝿(ふゆのはえ)  【冬】 ・動物


◇ 現俳協インターネット俳句会1月/汝火原マリ


◇ 画像はいぜんハンガリーで撮ったものです。ただいま多忙のため、コメント欄は閉じております。









[PR]
by mariko789 | 2017-02-09 16:02 | Canon PowerShot SX50 | Trackback

雪女


 放火魔の燐寸吹き消す雪女
 (ほうかまのまっちふきけすゆきおんな)

f0053297_16012620.jpg


◇ 愚陀佛庵インターネット俳句会  2017年01月30日発表(2016年12月投句分) 八木健館長 選 特選

  八木館長のアート付きの選評を頂きました \(^ ^)/

f0053297_16035854.jpg
  
◇ 愚陀佛庵インターネット俳句会は、兼題はありません。毎月末締切。一人三句まで。


◇ 溜まっていた投稿句もあと残すところ4つになり、目処がつきました。コメント欄は閉じています。









[PR]
by mariko789 | 2017-02-07 16:09 | olympus OM-D E-M5 | Trackback

しばれる :俳句


 しばれるや孤児に戻ってしまう夢
 (しばれるや こじにもどってしまうゆめ)

f0053297_15223873.jpg


◇ 季語 : しばれる  【冬】 ・時候
      (北海道や東北地方で、凍るような厳しい寒さをいう by 角川必携季寄せ)
  


◇ 夏井いつきの一句一遊  一句一遊 1月30日~2月3日放送分  兼題:しばれる 
  木曜日放送(水曜の残りとして)
  「落書き俳句ノート」の聞き書きの皆さまのお陰で、海外の私も参加できています。


◇ 画像は、ハンガリーで撮ったもの。コメント欄は閉じております。









[PR]
by mariko789 | 2017-02-06 15:28 | olympus OM-D E-M5 | Trackback

冬かもめ射殺事件の連続す

 

f0053297_15463809.jpg
 
 

◇ 冬かもめ射殺事件の連続す(ふゆかもめ しゃさつじけんのれんぞくす) 2月2日のダイアリーより。

◇ 季語: 冬鷗、冬鴎 冬かもめ   【冬】 動物

◇ 画像は近くの公園に捨てられたテレビ。



一昨日のTVのローカルニュースで、またもや街で射殺事件が起きたと報じていました。
リバプール市内で、一週間で二人目の射殺。
しかも被害者が有名人の息子(本人も、知る人ぞ知るスポーツマン)ということでニュースになりました。
被害者が一般人ならニュースにもなりません。
この街の荒んでゆく速度はハンパではないと思う。
我家の隣の家に「売家」の看板が立ちましたが、小さな女の子のいるご家庭で、無理もありません。
近所のアパートも出てゆく人が多いのか、「貸室」の看板が目立ちはじめました。
学園都市でもあるので、いずれ学生さんが入るでしょうけれど。
それでも、我家の辺りはまだまだ環境が良いほう。
ギャングの縄張りになってスラム化した周辺には、まともな人々はもう住めない。
そういう地帯がどんどん広がって、警察も手がつけられないとコメントをしていました。

病院で介護士をしている義兄の話。ある晩、頭を血だらけにした男が担ぎこまれてきた。
訳を問うと、「パブにギャングが入ってきて、この店には用心棒が必要だろう」と。
「いや、いらない」と店主が答えると、ギャングはテーブルの上のビール瓶を、客の頭に叩きつけた。
そして「どうだ、用心棒は必要だろう」

義母が亡くなってしまった今、私たちがリバプールに住む必要性もなくなってしまいました。
この家の契約が切れる9月初旬までは住むとしても、その先はどうしたものか。
残り時間は七ヶ月。連日強風と雨で、英国の気候にも辟易としてきています。
どうせなら、太陽が燦々で、明るい気持で過ごせるところがいい。
今、私たち夫婦の一番の課題。終の棲家はどこへ・・・。










[PR]
by mariko789 | 2017-02-05 00:08 | Nikon D80 | Trackback | Comments(24)

氷柱(つらら)②


 つらら垂れ小便小僧老けこみぬ
 (つららたれしょうべんこぞうふけこみぬ)

f0053297_15423980.jpg



◇ 季語 : 氷柱(つらら)  【冬】 ・地理

投句をありがとうございます。

寒気下に遺失物呼ぶ白老人  詩楽麿

我が不徳 行方知れない持ち物を求めし夜の虚し願いよ  詩楽麿  



◇ 現俳協インターネット俳句会 2017年 1月/汝火原マリ

◇ こんな句を出してしまったかと反省。この句を詠んだころは毎日多数の句を作っていて、頭が疲れていたのかしらねぇ。
  とはいえ、票を入れてくださった方々には、感謝をしております。  
  
◇ 画像は以前ハンガリーで撮ったもの。

◇ 投稿する俳句が溜まってしまったので、どんどん更新しています。コメント欄は閉じています。








[PR]
by mariko789 | 2017-02-04 15:40 | Nikon coolpix P510 | Trackback

鷹狩(たかがり)


仕損じて鷹狩の鷹水を裂く
(しそんじてたかがりのたかみずをさく)


f0053297_16042672.jpg



◇ 季語 : 鷹狩(たかがり) 【冬】 ・生活

◇ 松山俳句ポスト 100回め投句   兼題(第161回) 『鷹狩』 :  並選 (中原久遠)


◇ 前回の「熊」に続き、今回も並選。2017年は並選の連荘で明けたのでした。それもまたよし。明るくいこう!
  
  
◇ 画像はUAEの博物館にて。 名君の誉れが高かった、故元首の肖像画。彼は鷹狩の名手でもありました。

  サウジアラビアに四年半、UAE(アブダビ)に二年半、カタールに一年、合計八年もの人生を中東で過ごしてしまいました。
  


◇ コメント欄は閉じております。







[PR]
by mariko789 | 2017-02-03 16:09 | Nikon D80 | Trackback

風邪(かぜ)② 


 ももいろに茹だつてゐます風邪の貌
 (ももいろにゆだっています かぜのかお)


f0053297_15182010.jpg

◇ 季語 : 風邪(かぜ)  【冬】 ・人事(生活)


◇ 現俳協インターネット俳句会 2017年 1月/汝火原マリ
  
  
◇ 画像は、以前マウスでお絵描したもの。パソコン内の整理をしていて見つけました。
  俳句は、この絵にあわせて作りました。つまらない句ですが、票を頂いたので、投稿できました。
  いつの日か、水彩画(マウスでお絵描ではなく)と、もう一つ語学に挑戦できたらいいなぁ。生きていれば(笑)


◇ 投稿する俳句が溜まってしまったので、どんどん更新してゆくつもりです。コメント欄は閉じています。









[PR]
by mariko789 | 2017-02-02 15:22 | retouch/anima/paint | Trackback