always over the moon

タグ:俳句 ( 682 ) タグの人気記事

踊(おどり) :俳句


踊らねば活断層を宥めねば
(おどらねば かつだんそうをなだめねば)


f0053297_01155856.jpg


◇ 季語: 踊(おどり/をどり) 【秋】 ・生活

・本来、盆の祖霊供養のために踊るものであったが、いつしか人々の楽しみの行事になった。
 広場の中心に組まれた櫓のまわりを民謡にあわせて手拍子をとりながら踊る(by 角川歳時記)

◇ テキストブック「NHK俳句」2017年10月号 今井聖 選 兼題「踊り」 佳作(中原久遠) 

◇ 画像は以前撮ったものです。


今年の春先からずっと世界の天災が気になってなりません。
そちら方面に気持が引っ張られると同時に、まともな俳句から遠ざかってしまいました。
メキシコでも大地震が起きましたが、今、いちばん胸騒ぎがするのが、アメリカです。
山火事、ハリケーン・・・天災ではありませんが、北朝鮮問題も。





[PR]
by mariko789 | 2017-10-02 01:33 | Nikon D80 | Trackback | Comments(28)

夏休み :俳句


夏休み父のマグマと子のマグマ

f0053297_14154317.jpg


◇ 季語 : 夏休み  【夏】 ・生活
   
◇ 愚陀佛庵インターネット俳句会 入選 2017年08月発表(2017年07月末投句分・汝火原マリ)
   
  この回、久しぶりに投句しましたが、その後また投句をサボっています。
  これにて愚陀佛庵ネット句会への参加も終了となりそうです。
  短い間でしたが、楽しませて頂きました。
  
  すっかり秋なのに、「夏休み」なんて季語でごめんなさい。

◇ 画像は久しぶりに、写真俳句風にアレンジしてみました。昔の私に戻ったみたいです。

アメリカと北朝鮮、いったいどうなるのでしょう。
マグマといえば、アメリカのイエローストーンと、北朝鮮の白頭山の巨大噴火も気になるところです。
どちらも噴火すれば、世界中がただではすまないでしょう。






[PR]
by mariko789 | 2017-09-20 14:20 | retouch/anima/paint | Trackback | Comments(39)

遠雷(えんらい) :俳句


無言電話に遠雷と遮断機の音
(むごんでんわにえんらいとしゃだんきのおと)


f0053297_15400318.jpg

◇ 季語: 遠雷(えんらい) 【夏】 ・天文

◇ テキストブック「NHK俳句」2017年9月号 夏井いつき 選 兼題「遠雷」 佳作(中原久遠) 

◇ 画像は ビアトリクス・ポターさんの庭で撮りました。

この月に投句したのは夏井組長の兼題のみ。なので最初から諦めていたのですが、採って頂き幸運でした。
次の月の分は、組長の兼題には投句できず、今井、高柳、両先生の兼題のみに投句。
現俳協のネット句会への参加もやめてしまいました。
俳句を作るのは、そのうちまた復活するかもしれませんが、ネット句会の参加は尻すぼみのままやめてしまうかも。。
自分で自分を強制せず、内なる声に耳を傾け、自由でいたいと思っています。


________________________________

先日、司馬遼太郎著「燃えよ剣(上下)」を読みました。
主役の土方歳三(新撰組)のものすごい剣豪っぷり、頑固な性格が愉快・痛快でした。
で、その「鬼の歳三」と異名をとる硬派の歳三さんの趣味が俳句。
俳号は「豊玉」。まるで祇園の芸子さんみたいな柔らかな俳号です。
若い沖田総司にせがまれて、俳句をそっと披露する歳三の照れた様子が微笑ましく、
このあたりも剛柔書き分けての司馬遼太郎の筆の冴えどころ。
いくつか豊玉さんの句をご紹介しましょうか。

  差し向かう心は清き水鏡
  しれば迷いしなければ迷わぬ恋の道 
  白牡丹月夜月夜に染めてほし
  横に行き足跡はなし朝の雪
  春の草五色までは覚えけり
  梅の花一輪咲てもうめはうめ
       豊玉発句集より(←興味のある方はクリック!)
 
俳句は、もしかしたらその人の(その人自身すら気づかない)心の色を映すのかもしれません。
歳三さんは、あんがいシャイで繊細な人柄だったのではないでしょうか。
うまく隠しおおせたつもりのその弱点(と、彼自身はたぶん思っていた)が、句に迸っていると思いました。




[PR]
by mariko789 | 2017-09-08 15:52 | olympus OM-D E-M5 | Trackback | Comments(28)

プール :俳句


少女震ふプールの匂ひ濃く放ち
(しょうじょふるう プールのにおいこくはなち)



f0053297_15251944.jpg


◇ 季語 : プール  【夏】 ・生活
   
◇ 現代俳句協会インターネット俳句会  2017年07月投句分。
  
◇ 画像は以前自宅で撮ったもの。

◇ コメント欄は閉じております。

明後日からまた夫が赴任しますので、ただいまその準備などで、気持が落ち着きません。







[PR]
by mariko789 | 2017-08-19 15:30 | Nikon D80 | Trackback

ハンモック :俳句


編目から零れる野望ハンモック
(あみめからこぼれるやぼうハンモック)


f0053297_16064254.jpg
 


More(続きを読む)
[PR]
by mariko789 | 2017-08-13 15:58 | Nikon coolpix P510 | Trackback

藍浴衣(あいゆかた):俳句


すれちがふ十九のわたし藍浴衣
(すれちがうじゅうくのわたし あいゆかた)

f0053297_00470126.jpg


◇ 季語 : 藍浴衣(あいゆかた)  【夏】 ・生活
   
◇ 現代俳句協会インターネット俳句会  2017年07月投句分。
  
◇ 画像は近所の家の紫陽花。イギリスでも紫陽花はポピュラーな花です。

◇ コメント欄は閉じております。





[PR]
by mariko789 | 2017-08-07 00:48 | Sony Cyber-shot G | Trackback

蜥蜴(とかげ) :俳句


飛ぶ夢や蜥蜴は崖の上にゐる 
(とぶゆめや とかげはがけのうえにいる)


f0053297_14001968.jpg


◇ 季語: 蜥蜴(とかげ) 【夏】 ・動物

◇ テキストブック「NHK俳句」2017年8月号 今井聖 選 兼題「蜥蜴」 佳作(中原久遠) 

◇ 画像は以前に撮ったものの蔵出しです。


NHK俳句ですが、海外からの投句が少ないのは、結果を知るのが難しいからだと思います。
入選した場合は、発表の前に電話かメールを頂けますが、
「佳作」の場合はテキストブックでしか知る術がありません。
私の場合、キンドルでテキストブックを買おうとしたら
「あなたの国では取り扱っておりません」と表示されてしまいました。
テキストそのものを取り寄せると、送料込みで3倍の値段になってしまいますし、日数もかかります。

もしも句友が教えて下さらなければ、今までずっと「佳作」選を知らずにいたと思います。
改めて句友に感謝するとともに、海外から結果を知る方法があればなぁと、しみじみ思うのです。


ただいま、貸家の契約更新の件で、家主とトラブルが持ち上がり、一寸先は闇状態です。
夫と相談する事項が多く、なかなか私自身の自由時間がとれません。








[PR]
by mariko789 | 2017-07-27 14:09 | Nikon coolpix P510 | Trackback | Comments(38)

夏草(なつくさ) :俳句


血痰や庭真四角を夏の草
(けったんや にわましかくをなつのくさ)

f0053297_19582570.jpg


Thank you very much!
.
滴る(したる)汗 樹木(きぎ)もうなだれ じょくしょかな   yamaoji.
.
風に舞いタンポポ咲くも地獄華    詩楽麿
.
タンポポの畑覆いし広がりも 平和の鐘の響く間に間に  詩楽麿
.
大水のやうやう引いて暑さかな    与太郎 
  


◇ 季語: 夏草 【夏】 ・植物       


庭の草があまりに生い茂ってしまい、伸びている部分だけでもと、鋏で剪りました。
治りかけのぎっくり腰を気遣い、前庭と裏庭と、1時間ずつ四日に分けてです。
夫にかかれば草刈り機でわけはないのですが、それでも太い茎やあまりに伸びているのは機械も嫌がるでしょ。
この国の湿った風土が身体に合わないのか、ときおり咳が止まらなくなり背骨に響くほど苦しい。

夫が予定どうり6月25日に帰国していれば、今頃は引越をしていたかもしれません。
でなければ借家の契約の更新をすませていたはずです。
今月中に帰ってきてもらわないと、契約更新をするったって間に合わない。
来月に入れば、もう更新はできなくなり、内覧の人たちが来はじめる。そうなったら絶体絶命のピンチです。

f0053297_19590538.jpg


先日は、お風呂場のドアの修理の人が来ました。
入居したときから不具合があったのですが、とくに支障はなかったのです。
この時期に不動産屋も一緒に来たのは、家の状態を検分したかったのでしょう。
イギリスでは、借主が家を汚く使うトラブルが頻発しているからです。
家を貸すほうも気が気ではないでしょうね。

それから、ガス・電気のメーターの交換も来ました。
純朴そうな青年が来て、もじもじしながら
「すみません。規則で、写真を撮らせてもらいたいんですけどぉ」
というので、ああ、ちゃんと工事をしたという証明に必要なのかと、
「すこしお待ちください」といい、二階に駆け上って髪の毛を整えてきて、彼の前に直立したら、
彼はぺこりと頭を下げて・・・ガス器具と電化製品の写真を撮り始めたのでした。



◇ 上の画像は裏庭。ね、こんな太い茎の雑草は草刈り機では難しいでしょう?
  下の画像は我家の表。ティピカルなイギリスの建売住宅。三軒長屋になっています。
  階下にキッチン、リビング、トイレ。二階に寝室が3つ。そしてバス&トイレ。
  玄関前の庭もぶっきらぼうな真四角です。







[PR]
by mariko789 | 2017-07-16 20:12 | Sony Cyber-shot G | Trackback | Comments(33)

青嵐(あおあらし):俳句


鮮血の匂い秘かに青嵐
(せんけつのにおいひそかにあおあらし)

f0053297_01571908.jpg



◇ 季語 :青嵐(あおあらし)  【夏】 ・天文

 ・新緑の中や夏の快晴の青空の下を吹き渡る強い風のこと(by 角川 俳句歳時記)
   

◇ テキストブック「NHK俳句」2017年7月号 夏井いつき選 佳作(中原久遠)  

◇ 画像は、カンボジアのアンコールワットにて。レタッチしています。 



More(続きを読む)
[PR]
by mariko789 | 2017-07-01 02:38 | Nikon coolpix P510 | Trackback | Comments(32)

蛾(が) :俳句


るんるんと飛んでぐんぐん老けゆく蛾
(るんるんととんでぐんぐんふけゆくが)

f0053297_00594033.jpg



◇ 季語 :蛾(が)  【夏】 ・動物
   

◇ テキストブック「NHK俳句」2017年7月号 高柳克弘選 兼題「蛾」 佳作(中原久遠)
  私的には「蝶は滅びる・蛾は老ける」というイメージなのです。
  この句を採って頂けるとは思ってもいませんでした。克弘先生に感謝です。 

◇ 過去に蛾を撮っているのですが、探しきれず。イメージ画像は蝶・・・ですよね?


蝶の触角はセセリチョウの仲間を除いてはほぼ全種が先が膨らんだこん棒状になっています。
一方蛾は、先がとがっているものがほとんどで、中にはくし状であったりします。
熱帯地区に多い、カストニアという蛾の仲間は、蝶と同じ触角の形をしている種類がいます。
ベタッと羽を広げてとまっているのはいかにも「蛾」らしいとまり方です。
蝶の仲間でも、太陽に当たって体温を上げようとするときは羽を広げてとまります。



うーむ。分かったような判らないような。
ちなみに、典型的な蝶の触角はこんなでしょうね。
f0053297_01065729.jpg




お仲間の皆さまのおうちのほうではどんな蝶が飛んでいますか?
我が庭では、きのう紋白蝶が飛んでいました。






[PR]
by mariko789 | 2017-06-26 01:13 | olympus OM-D E-M5 | Trackback | Comments(34)