always over the moon

タグ:俳句 ( 690 ) タグの人気記事

お報せ 


「第7回 瀬戸内・松山国際写真俳句コンテスト」の日本語自由句部門で優秀賞を頂きました。
写真も俳句も十年選手ですが、はじめての賞状です。手放しで喜んでいます。
関係者の皆様、審査員の方々、ありがとうございました。
そしてご一緒に入賞・入選なさった皆さま、おめでとうございました。

今回が初参加で勝手が判らず、「作品は、二つだしても大丈夫?」と、
去年参加されたK・Syaさんに尋ねて「問題ありません」とお返事を頂いてほっとしたり。
頼もしい句友に支えられつつ、新しい場所に参加するトキメキを楽しみました。
お仲間の皆様も次回は参加してみませんか? 
自由句部門に兼題はありません。四季も問いません。写真か俳句に「海」を入れる、それだけが課題でした。
またお題の写真に、俳句をつける部門もあります。





More(続きを読む)
[PR]
by mariko789 | 2018-02-06 03:14 | olympus OM-D E-M5 | Trackback

氷柱(つらら)③ :俳句


ポシェットのなかの氷柱が泣きやまぬ
(ポシェットのなかのつららがなきやまぬ)

f0053297_15171189.jpg

季語: 氷柱(つらら)  【冬】 ・地理

◇ テキストブック「NHK俳句」2018年2月号 高柳克弘選 兼題「氷柱」 佳作(中原久遠)

◇ 画像は蔵出しで、ハンガリーの自宅の庭にて。久々に文字を入れて、写真俳句風にしてみました。
  ぶりっ子の句で、恥ずかしい! 皆様から袋叩きにされそう。。



☆_____________☆____________☆_____________☆



このところ日本に強い寒波が来ているそうで、お仲間の皆様、寒さ対策に怠りなく!
東京の噴水が凍っている様子をTouTubeで見ましたが、私はあんなの見た記憶がありません。
こちらは現在(午前6時)5℃で、東京より暖かいのではないでしょうか。

先日、スーパーマーケットに行ったら、青果売場の棚がスカスカでした。
この気候では値上がりは仕方がないにしても、品薄はそら怖ろしい。
少し保存食品を買いだめしておこうと思ったのですが、
なぜか冷凍食品のショーケースも、ところどころ穴があいたように空白でした。

個人的には、あと12日で夫が帰ってくるのですが、
赴任地では最近インターネットが滅多に繋がらないそうで、彼の調べ物の手伝いに追われています。

今が冬のピークでしょうか。お仲間の皆様、どうか暖かくしてお過ごしくださいませ。



[PR]
by mariko789 | 2018-01-26 15:21 | olympus OM-D E-M5 | Trackback | Comments(32)

大年(おほどし)


大年や行く手の空が割れてゐる
(おおどしや ゆくてのそらがわれている)


f0053297_15342424.jpg


◇ 季語: 大年(おほどし),大晦日(おほみそか),大三十日(おほみそか),大つごもり 【冬】・時候

◇ 画像は今回のスペイン旅行にて撮影。

◇ 句は今さっき3分で作ったものです。お見逃しください!
  

お仲間の皆さま、本年中はたくさんのコメントや励ましのエールを頂き、有難うございました。
新年もかわらぬお付き合いを宜しくお願いいたします。

我家は来年はまたもや引越の予定ですが(たぶん夏)まだ行く先の国どころか、欧州かアジアかも決まっていません。
夫と私の意見も割れに割れています。5月までには何が何でも決めなければ。

皆さまもどうか健康で良き新年をお迎えください。
新年は4日より更新をいたします。





[PR]
by mariko789 | 2017-12-31 15:46 | olympus OM-D E-M5 | Trackback | Comments(30)

鹿


鹿を撫づ腰までおほふ銀の髪
(しかをなづこしまでおおうぎんのかみ)


f0053297_15452019.jpg


◇ 季語: 鹿  【秋】 ・動物

◇ テキストブック「NHK俳句」2018年1月号 夏井いつき選 兼題「鹿」 佳作(中原久遠) 

◇ 「鹿を撫づ」で切れをいれるか、「鹿撫づる」で一句一章にするか悩んだ末、結局この形に。
   ファンタジー系の句で全く自信がなく、採って頂いてラッキーでした。 
   鹿に象徴される美青年と、妖しく美しい老女のふれあい。そんなイメージで。


※ 英国は連日の悪天候で内陸部は大雪に見舞われ、ニュースでは飛行機の相次ぐ欠航を報じています。
  うちのほうは沿岸なので雪は降らず冷たい雨と風ばかり。
  日本の皆さまも風邪などひかぬよう、ご用心くださいませ。







[PR]
by mariko789 | 2017-12-29 15:54 | olympus OM-D E-M5 | Trackback | Comments(20)

冬の川


物として浮かぶ兵士や冬の川 
(ものとしてうかぶへいしやふゆのかわ)

f0053297_17124639.jpg

f0053297_17142691.jpg



◇ 季語: 冬の川  【冬】 ・地理

◇ RNB南海放送ラジオの番組 「夏井いつきの一句一遊」
  兼題:「川」12月15日(金曜日)に採って頂きました。
  ラジオが聴けない私は、聞き書きの皆さまによる「落書俳句ノート」で楽しませて頂いてます。感謝!
 
◇ 画像(上)は、プラハの冬の川。 (下)は、リヴァプールの街にある碑。





[PR]
by mariko789 | 2017-12-27 17:18 | olympus OM-D E-M5 | Trackback | Comments(16)

重ね着(かさねぎ)② :俳句



明日ある身 虹のごとくに重ね着す
(あすあるみ にじのごとくにかさねぎす)

f0053297_16180318.jpg


◇ 季語: 重ね着(かさねぎ) 【冬】 ・人事(生活)

◇ 予定どおり20日にスペインから帰ってきました。夫も私も元気です。
  ご心配、そしてお見舞いのメッセージをありがとうございました。

  スペインでは一枚も気に入った写真を撮れなかったのですが、
  駄句をいくつか作りました。
  今回の投稿の句も、そのうちの一つです。
  
◇ 写真は昨日撮影、リヴァプールの街のクリスマス・バザールにて。
  今日はクリスマス・イヴ、明日は世界中が好天に恵まれますように。。


Merry Xmas everyone




More(続きを読む)
[PR]
by mariko789 | 2017-12-24 16:36 | olympus OM-D E-M5 | Trackback | Comments(28)

虫(むし):俳句


虫放ちリビアの夫へ虫のこと
(むしはなちリビアのつまへむしのこと)

f0053297_00533181.jpg

◇ 季語: 虫 【秋】 ・動物

◇ テキストブック「NHK俳句」2017年12月号 高柳克弘選 兼題「虫」 佳作(中原久遠)

◇ またもや秋の句で、失礼いたします。

◇ こちら英国では、滅多に虫を見なくなっています。
  たとえば、今年は我庭で蜻蛉を一頭も見ませんでした。英国では虫が激減しているのです。
  英国のみならず世界で減少しているそうです。 興味のある方は↓をクリック

  というわけで、たとえ小蝿一頭でも貴重なので、室内にいれば必ず外へ放します。
  また、夫がリビア(北アフリカの紛争地)へ英語教師として赴任しているため、
  縁起の悪い殺生は極力避けたいのです。

  夫とは毎日メール交換をしていて、私が書くことは、庭に来る鳥のこと、咲いている花のこと、買物の内容。
  その他、あちらではYouTubeもご法度なので、世界のニュースも知らせています。
  夫はあと十日ほどで、三週間の休暇で帰ってくる予定です。





[PR]
by mariko789 | 2017-11-27 01:03 | Nikon D80 | Trackback | Comments(30)

鳥威し(とりおどし):俳句


ひた迫る夜陰の軍靴鳥威し 
(ひたせまるやいんのぐんかとりおどし)

f0053297_17413737.jpg


◇ 季語: 鳥威し(とりおどし) 【秋】 ・生活

  ・ 実った穀類を食い荒らす鳥を追い払う仕掛け(by 角川季寄せ)

◇ テキストブック「NHK俳句」2017年12月号 夏井いつき選 兼題「鳥威し」 佳作(中原久遠) 

◇ 北朝鮮と米国の睨みあい、サウジアラビアの政変、バルセロナの独立問題、世界情勢から目が離せません。


もうすぐ12月だというのに、秋の季語で失礼いたします。
すっかり俳句の投稿が影をひそめてしまいましたが、ぼちぼち作ってはいるのです。
来春で俳句を始めて丸10年、ちょいと引き出しがすかすかになっているところ。
夫の赴任地での頭の痛い問題もあり。前向きに前向きにと、自分に言い聞かせています。


※ この投稿はコメント欄を閉じております。






[PR]
by mariko789 | 2017-11-25 17:46 | Nikon D80 | Trackback

踊(おどり) :俳句


踊らねば活断層を宥めねば
(おどらねば かつだんそうをなだめねば)


f0053297_01155856.jpg


◇ 季語: 踊(おどり/をどり) 【秋】 ・生活

・本来、盆の祖霊供養のために踊るものであったが、いつしか人々の楽しみの行事になった。
 広場の中心に組まれた櫓のまわりを民謡にあわせて手拍子をとりながら踊る(by 角川歳時記)

◇ テキストブック「NHK俳句」2017年10月号 今井聖 選 兼題「踊り」 佳作(中原久遠) 

◇ 画像は以前撮ったものです。


今年の春先からずっと世界の天災が気になってなりません。
そちら方面に気持が引っ張られると同時に、まともな俳句から遠ざかってしまいました。
メキシコでも大地震が起きましたが、今、いちばん胸騒ぎがするのが、アメリカです。
山火事、ハリケーン・・・天災ではありませんが、北朝鮮問題も。





[PR]
by mariko789 | 2017-10-02 01:33 | Nikon D80 | Trackback | Comments(28)

夏休み :俳句


夏休み父のマグマと子のマグマ

f0053297_14154317.jpg


◇ 季語 : 夏休み  【夏】 ・生活
   
◇ 愚陀佛庵インターネット俳句会 入選 2017年08月発表(2017年07月末投句分・汝火原マリ)
   
  この回、久しぶりに投句しましたが、その後また投句をサボっています。
  これにて愚陀佛庵ネット句会への参加も終了となりそうです。
  短い間でしたが、楽しませて頂きました。
  
  すっかり秋なのに、「夏休み」なんて季語でごめんなさい。

◇ 画像は久しぶりに、写真俳句風にアレンジしてみました。昔の私に戻ったみたいです。

アメリカと北朝鮮、いったいどうなるのでしょう。
マグマといえば、アメリカのイエローストーンと、北朝鮮の白頭山の巨大噴火も気になるところです。
どちらも噴火すれば、世界中がただではすまないでしょう。






[PR]
by mariko789 | 2017-09-20 14:20 | retouch/anima/paint | Trackback | Comments(39)