always over the moon

タグ:ハンガリー ( 108 ) タグの人気記事

家の売却 その(3)

昨夜、家の売却の契約を取り交わしました。
ひどい暴風雨で半身ずぶ濡れになりながら、道に迷い迷い辿りついたブダペストの弁護士事務所にて。

夫が売却に重い神輿を上げてくれたのが昨年の10月半ば。
仮契約が今年に入った1月16日でしたので、まる3ヶ月かかったわけです。

その間、お正月の一週間を除き、ほぼ毎週内覧のお客さまが来ました。
いつもいつも家の隅々まで掃除して、自分自身も見苦しくないようにしているというのは、実に疲れるものです。

f0053297_1401517.jpg


しかし、あれです。
ずいぶん色々な人間模様を垣間見てしまいました。
家を買うというのは人生の一大事なわけで、他人のそういう場面を目撃するチャンスが、
毎週毎週やってくるというのは、考えてみると、凄いことです。

とくに最終的に、同時期に二組からオファーを受け、我家は仲介業者の批判を浴びつつも、
低い金額の買い手を受け入れたこと。
実は、高いオファーを下さったご家族が、巨体一家だったのです。
ご主人は見上げるような大男。
ふだんお客さまとは話さない私ですが(言葉も通じませんし)思わず、「2メートル?」と訊いてしまいました。
「イーゲン!(イエス)」と即、答えた彼。しかもでっぷりと肥えていらっしゃいます。
奥様も、背が180cmを優に超え、小太り。
彼らがどすどすと歩くと、我家は森のなかの、小人の家のようでした。

夫が「屋根裏も見ますか?」と尋ねたら、ご主人が「ネム(ノー)」と首を振ったそうですが、
もしも屋根裏への階段に彼が足を乗せたら、貧弱な階段ですからポッキリ折れてしまったと思う。

<早く帰ってくれないかなぁ。床が抜けちゃうし>と私が内心で呟いていると、
ご主人が高らかに「買うよ。今すぐ買うよ」と仰ったのです。
そんな!たった30分しか見ないで、肉屋で買物してるわけでもなし、買うなんてむちゃくちゃでしょう。
で、即断で仰ったオファーが、その前日に若いカップルから頂いていたオファーより高かったのです。
巨体一家はすでに持家が売れてしまっていて、焦っていたのでした。

翌日、若いカップルが、オファーの金額を上げ、すぐに巨体一家がそれより高いオファーに。
ここで我家がどちらか決める段になり、迷わず、低い金額の、若くてスリムなカップルに決めました。
だって、もしも巨体一家が買ったら、この家はあちこち壊れてきて、
私たちが苦しんだように、修理に修理を継ぐ悲劇になると思ったからです。

さて。
買主のカップルにも、あっと驚く裏事情があったのですが、プライバシーなのでここには書けません。
誰であろうと、買った後、どのようにしようと、それは買主の自由ですもの。

昨日受け取った金額は、10%
最終代金を受け取るのが3月末。最悪4月半ばになるそうで、それまではこの家に居ます。
若いカップルの、銀行ローンの実行待ちというわけ。
結局は、10月中旬の売出しから決済まで、まる半年。
引越先は姑のいる夫の故郷、イギリス(リバプール)を目指しています。

しかし、3ヵ月半、どこにも行けず家に縛られてきたので、ここで短いホリディを計画。
19日から5日間、チェコの首都プラハへ遊びに行ってきます。

このところ、パソコンがいよいよ大不調なので、ハンガリーに居る間に修理屋さんに持ってゆこうと考えています。
旅行中や、パソコンがない間など、ブログは放置になると思いますが、長い目で見てやって下さい!
[PR]
by mariko789 | 2016-02-05 14:22 | Nikon D80 | Trackback | Comments(21)

ブダペストの洞窟教会




f0053297_1431130.jpg 去年の暮に行ったブダペストの洞窟教会です。
越してきたときからずっと気になっていましたが、やっと念願叶って入館できました。
中央市場のあるペスト地区から、ドナウ川に架かる自由橋を渡り、右手にあるゲッレールトの丘の麓に教会はあります。ゲッレールトの丘は、高さ140m、中世には、ペストの丘(Mons Pestiensis)と呼ばれていました。
通りに面した大きな岩の上に十字架が立っているのが教会の目印です。

写真は、エントランス。
入場料は、500フォリント/大人。
解説を聞けるレコーダーを無料で貸してくれますよ(英語、ドイツ語)。

More (続きを読む)
[PR]
by mariko789 | 2016-01-19 15:15 | Nikon coolpix P510 | Trackback | Comments(22)

Xmas バザール @ブダペスト




① これ全部、チョコレートです。日本にも売ってますか?

f0053297_14295589.jpg


More (続きを読む)
[PR]
by mariko789 | 2015-12-26 14:54 | Canon PowerShot SX50 | Trackback

電飾のトラム @ブダペスト



ブダペストのクリスマスに欠かせない、電飾のトラムです。
一時間に何本もないので(普通のトラムはどんどん来ます)、待っている間がつらい。
でもそのつらさはきっと報われる。



待ちに待った、電飾のトラム2号がやってきた!

f0053297_2344495.jpg




夫 「さっさと撮れよ。寒いんだから」

f0053297_237215.jpg




私 「できれば乗りたかったなぁ、あのトラムに」

f0053297_2393889.jpg




夫 「もっと撮らないと! 反対側のトラムが来ちゃうから」

f0053297_2404381.jpg




私 「あ、ほんとだ! 反対側のが来て、見えなくなっちゃう」

f0053297_2415848.jpg




私 「あ~~~~!!」
電飾のトラムが走り去ってゆく・・・

f0053297_2425878.jpg



夫 「さて、もういいだろ。帰ろうか」
私 「いやだ、まだ帰らない。もう一回、撮りたい」

More (続きを読む)
[PR]
by mariko789 | 2015-12-23 02:57 | Nikon coolpix P510 | Trackback | Comments(21)

Xmas フェア @ブダペスト




Canon PowerShot SX50HS  にて。

1) 影絵になった人々。

f0053297_13472734.jpg


More (続きを読む)
[PR]
by mariko789 | 2015-12-20 14:03 | Canon PowerShot SX50 | Trackback | Comments(15)

漁夫の砦(昼間) @ブダペスト

15日撮影の、ブダペストの続きです。次は夜景と予告したのですが、その前に、昼間のを。
今回は Canon PowerShot SX50HS  にて。

王宮の丘から歩いていける「漁夫の砦」。ここは以前秋の夜に撮りに行きました。その時の記事に記した文↓を流用。
王宮の丘の中央部にあり、
1903年、建国千年祭における街の美化計画の一環として建造されたネオ・ロマネスク様式の砦。
設計者はフリジェシュ・シュレク。白亜の美しい7つの塔と優雅な回廊で構成された砦です。

私が思うには、ブダペストでいちばんフォトジェニックなスポット。

1) 中央の広場。ライトアップされた秋の夜もロマンティックだったし、昼間もきっぱりと美しくて好きだなぁ。

「漁夫」っぽさは全くないですが、かつて魚市場があったことと、城塞があった時代はこの場所をドナウの漁師達が守っていたことにより、「漁夫の砦」と名づけられたそうな。

中央の像は、「聖イシュトヴァーンの騎馬像」
聖イシュトヴァーン(スティーブン)は、ハンガリー建国の父です。
この像は、二重の十字架を手に持っていて、「彼がキリスト教国家としてハンガリー王国を築いたこと、ハンガリー国内の大司教を決める決定権を法王から与えられたこと」の二つを意味するんですって。(「地球の歩き方」より)

f0053297_142691.jpg


More (続きを読む)
[PR]
by mariko789 | 2015-12-18 14:57 | Canon PowerShot SX50 | Trackback

年末のブダペスト




昨日は朝から晩までブダペストの街に張り付いて写真を撮ってきました。
いちばんの目的は、ライトアップのトラムだったのですが、それはまた後日。
持って行ったカメラは、Nikon CoolPix P510 と、Canon PowerShot SX50HS。
今回はCoolPix で撮ったなかから。


1) 国会議事堂のクリスマスツリー

f0053297_1626494.jpg


More (続きを読む)
[PR]
by mariko789 | 2015-12-16 16:50 | Nikon coolpix P510 | Trackback | Comments(20)

エステルゴムの街 @ハンガリー





2月24日に行った、エステルゴムの街の写真が残っていました。
ちょうど天候が今と似ているので、投稿してみます。
あの日も凄く寒くて、小雨というか、幽かな霧が降ったり止んだり。。

バジリカ(大聖堂)のある丘の上から、スロバキアとの国境を跨ぐマーリア・ヴァレーリア橋をのぞむ。
この秋、難民・移民騒動の節は、この橋にも厳戒態勢が敷かれていました。
ハンガリー側もスロバキア側も、難民・移民がノーチェックで通過するのを避けるために。

f0053297_13395399.jpg


More (続きを読む)
[PR]
by mariko789 | 2015-12-12 14:15 | Canon PowerShot SX50 | Trackback | Comments(20)

ラフモノクローム @OLYMPUS OM-D E-M5




f0053297_13402250.jpg




f0053297_13421360.jpg 
 
 ↑ トップの画像は、大聖堂。

右の写真は、目抜き通りにて。


去る13日のブダペストへの外出。
持って行ったカメラは、OLYMPUS OM-D E-M5。

その機能のなか、【ART/ ラフモノクローム】にぴっと来てしまった。

このざらざらした感じ、冷たげな肌触りは、初冬の景色にぴったり。

被写体を選ぶ機能と思うけれど、これ、好き。




More (続きを読む)
[PR]
by mariko789 | 2015-11-27 13:59 | olympus OM-D E-M5 | Trackback | Comments(18)

cat cafe @budapest

ブダペストにも「猫カフェ」があると知り、去る13日に行ってきました。
「カラオケ」がその代表ですが、日本発のユニークなビジネス、世界に広がっていますね。

f0053297_2345897.jpg


Thank you very much!

晩秋の広場に集う人枯葉  詩楽麿

シリア去り避難の日々を民過ごし フランスさえも安住ならず  詩楽麿

錦秋の庭に野良猫餌あさり    詩楽麿

ネコカフェに休みし猫ら音も無し 野良の苦節を知る由もなし   詩楽麿

雄鶏の声けたたまし火事見舞   久遠(11/08)
 
納豆や温泉宿にひきこもり     久遠(11/12)

豚カフェもあるか冬麗ブダペスト   麗門


More (続きを読む)
[PR]
by mariko789 | 2015-11-20 02:49 | olympus OM-D E-M5 | Trackback | Comments(19)