always over the moon

コナン・ドイル氏の預言


最近のアメリカは、ハービーに続くイルマと、大型ハリケーンの襲来が続き、大惨事です。
イルマに破壊されたイギリス領バージン諸島で、TVのレポーターが「もう人が住める状態ではなくなった」
と言うのを聞いていて、リリリン!と脳内にベルが鳴りました。どこかにあったな、その話。

あ!思い出しました。
イギリス領バージン諸島の人口; 2016年(102,951人)  2025年(予測人口 0人)
と書いたのでした。まさかと思っていましたが、今後、イルマのようなハリケーンが何度も来たら、
本当に住めなくなってしまうでしょう。人口ゼロというのは、決して空論ではなかったのです。

近年の自然災害の巨大化には、胸騒ぎが止まらないのですが、
じつはずっと以前から、ノートに記していた「コナン・ドイル氏の預言」があります。
皆さまご存知の「シャーロック・ホームズ」の作者のコナン・ドイル氏です。


予言(prediction)なのか、預言(prophecy)なのか、迷ったのですが、
原文のサイトの「prophecy」の中にあったので、預言(神から預かった言葉)としておきます。 
拙いながら、ざっと和訳してみました。



More(続きを読む)
[PR]
# by mariko789 | 2017-09-14 01:41 | Canon PowerShot SX50 | Trackback | Comments(28)

遠雷(えんらい) :俳句


無言電話に遠雷と遮断機の音
(むごんでんわにえんらいとしゃだんきのおと)


f0053297_15400318.jpg

◇ 季語: 遠雷(えんらい) 【夏】 ・天文

◇ テキストブック「NHK俳句」2017年9月号 夏井いつき 選 兼題「遠雷」 佳作(中原久遠) 

◇ 画像は ビアトリクス・ポターさんの庭で撮りました。

この月に投句したのは夏井組長の兼題のみ。なので最初から諦めていたのですが、採って頂き幸運でした。
次の月の分は、組長の兼題には投句できず、今井、高柳、両先生の兼題のみに投句。
現俳協のネット句会への参加もやめてしまいました。
俳句を作るのは、そのうちまた復活するかもしれませんが、ネット句会の参加は尻すぼみのままやめてしまうかも。。
自分で自分を強制せず、内なる声に耳を傾け、自由でいたいと思っています。


________________________________

先日、司馬遼太郎著「燃えよ剣(上下)」を読みました。
主役の土方歳三(新撰組)のものすごい剣豪っぷり、頑固な性格が愉快・痛快でした。
で、その「鬼の歳三」と異名をとる硬派の歳三さんの趣味が俳句。
俳号は「豊玉」。まるで祇園の芸子さんみたいな柔らかな俳号です。
若い沖田総司にせがまれて、俳句をそっと披露する歳三の照れた様子が微笑ましく、
このあたりも剛柔書き分けての司馬遼太郎の筆の冴えどころ。
いくつか豊玉さんの句をご紹介しましょうか。

  差し向かう心は清き水鏡
  しれば迷いしなければ迷わぬ恋の道 
  白牡丹月夜月夜に染めてほし
  横に行き足跡はなし朝の雪
  春の草五色までは覚えけり
  梅の花一輪咲てもうめはうめ
       豊玉発句集より(←興味のある方はクリック!)
 
俳句は、もしかしたらその人の(その人自身すら気づかない)心の色を映すのかもしれません。
歳三さんは、あんがいシャイで繊細な人柄だったのではないでしょうか。
うまく隠しおおせたつもりのその弱点(と、彼自身はたぶん思っていた)が、句に迸っていると思いました。




[PR]
# by mariko789 | 2017-09-08 15:52 | olympus OM-D E-M5 | Trackback | Comments(28)