always over the moon

<   2017年 01月 ( 12 )   > この月の画像一覧

大つごもり


 「質屋」てふ大つごもりの薄あかり
  (しちやてふおおつごもりのうすあかり)

f0053297_15084264.jpg

◇ 季語 : 大つごもり、大晦日、大年、除夜 【冬】 ・時候


◇ 現俳協・インターネット俳句会12月(2016年)/汝火原 マリ


◇ 日本では質屋さんはまだ存在しているのでしょうか。
  イギリスやアメリカでは、質屋は Pawnshop(ポーンショップ)といいまして、今でも繁盛しています。
  特に年の暮ともなると。


◇ 画像は去年(もう、去年!)の暮にリバプールの街にて。




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【日記 初夢】

皆さま、初夢はみられましたか?
私は二日の夜というか、三日の明け方だったのか、とっても生々しい夢をみました。
前後の事情は覚えていないのですが、てのひらにロビンを載せて、餌をあげているのです。
その頼りない軽さ、今にも折れそうな足の細さ、クチバシの手のひらに当たる感触。
まるで現実のようでした。
毎朝、神様にロビンの健康を祈っているので、神様がプレゼントしてくれた夢かもしれません。

ねぇ、女もトシをとると、初夢にでてくるのも素敵な男性じゃなくて、小鳥になっちゃうのねぇ。








[PR]
by mariko789 | 2017-01-04 15:24 | Nikon coolpix P510 | Trackback | Comments(18)

名残の空(なごりのそら)


 浅草の名残の空の覗色
(あさくさのなごりのそらののぞきいろ)

f0053297_16030211.jpg


◇ 季語 : 名残の空(なごりのそら)  【冬】 ・大晦日の日の空。行く年に思いをはせてしみじみと眺める。


◇ 夏井いつきの一句一遊  兼題:名残の空  12月26~30日放送分(金曜日) 
  「落書き俳句ノート」の聞き書きの皆さまのお陰で、海外の私も参加できています。


◇ 覗色(のぞきいろ)、甕覗(かめのぞき)というのは、端的にいいますと、とっても薄い水色です。

◇ 「浅草」「覗色」という言葉の組み合わせで、下町の歳晩の俗っぽさを描きたかったのですが。
  まさか採って頂けるとは思ってもいませんでした。夏井組長に感謝です。

◇ 画像は、以前、浅草・仲見世で撮りました。ちょうど年末年始にかかっての里帰りでした。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【日記  明けましておめでとうございます】

皆さま、良いお正月を迎えられましたか?
我家は、TVでロンドンのド派手な花火を観つつ、2017年を迎えました。
夫はもうずーっと飲み続けです。

昨日の午後、牛乳が残り少なくなったとて、夫が近くのマーケットに買いに行ったのですが、
帰ってきた彼が持って帰ってきたのは、ビール(500ml缶)20本入りの箱。
まぁ、仕方がないか、、、と思いました。
それから暫くビールを飲みつつTVを見ていた夫が、夕方、
「あと1時間でマーケットが閉まってしまう。やっぱり牛乳を買いに行く」と。
で、買ってきたのは、やっぱりビール(500ml缶)20本入りの箱。
牛乳は忘れていました。
「牛乳を買いに行く」を出汁にして、ビールを大量に買い込みたかったのですね。
我家には、まだシャンパン、ワイン、ブランデーの買い置きもあるのですが。。
私は殆どアルコールを嗜まないので、よく判らないのですが、いくらなんでも飲みすぎと思います。
夫が健康を損なわず、今年も元気に過ごしてほしいと願っています。

お仲間の皆さまにとっても、どうか幸せな年になりますように。
今年も変わらず、宜しくお願いいたします。2017年元旦  まりこ・久遠







[PR]
by mariko789 | 2017-01-01 16:30 | Sony Cyber-shot G | Trackback | Comments(24)