always over the moon

<   2015年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧

ねんねこ ① :俳句




ねんねこや家裁の父母ののつぺらぼう  中原久遠
(ねんねこや かさいのふぼの のっぺらぼう)

f0053297_1427484.jpg


季語: ねんねこ  【冬】 ・生活

※ 松山俳句ポスト365 七二回め投句 兼題(第132回) 『ねんねこ』 : 人選二句

◎ どうしてあの日のことを記憶しているのか。
新しく母と住み始めたアパートに、あの朝は伯母も居た。
「どうしてマリちゃんをおぶってゆくの、重いでしょうに。」と言う伯母に、「このほうが家庭裁判所の同情を買うと思って」と答えた母。
母は家出をしてきたのだから、当然離婚は望んでいたのだと思う。離婚調停で、慰謝料とか養育費とか、少しでも多くなるように、母なりに考えたのだろう。赤ん坊ではなかったけれど、まだ幼児だった私が、あのとき、父母の離別が後戻りのできないものになったことを認識していたのは不思議。
「ねんねこ」という兼題を前に、あの日のあのねんねこが甦ってきた。「家裁」「同情」という言葉とともに。
母のねんねこのなかで、母の顔はもちろん父の顔も見ることはできなかった。
(ふだん自句自解はしないのですが、今回は懐かしい思いで胸が一杯になり、書きたい衝動を抑えられませんでした。)


Thank You Very much!

のっぺらぼう 表か裏か 判らやせん…    idea-kobo

冬ですね狗肉の煮ゆるガード下  久遠(11/27)

踏みしめた枯葉に埋める恋談義   詩楽麿

幾千の枯葉に問いしかの人の 笑みぞ今なお求めぬ日も無し 詩楽麿

ねんねこや背中合わせではしゃぐ子よ   詩楽麿

母の背におぶられ泣いた幼子の 時代ぞ去りてねんねこ見詰む  詩楽麿






ねんねこの膝まで垂るる子守の子

f0053297_21514315.jpg


◎ ねんねこといえば、おしん。世界中で大ヒットした日本の連続テレビ小説である。
スリランカでは、英語(吹き替えだったか、字幕だったか)のを観た記憶がある。
おしんの膝まで垂れた「ねんねこ姿」、そのけなげさは、世界の女たちの紅涙を絞ったと思う。



 


 
[PR]
by mariko789 | 2015-11-30 14:48 | Sony Cyber-shot G | Trackback | Comments(21)

ラフモノクローム @OLYMPUS OM-D E-M5




f0053297_13402250.jpg




f0053297_13421360.jpg 
 
 ↑ トップの画像は、大聖堂。

右の写真は、目抜き通りにて。


去る13日のブダペストへの外出。
持って行ったカメラは、OLYMPUS OM-D E-M5。

その機能のなか、【ART/ ラフモノクローム】にぴっと来てしまった。

このざらざらした感じ、冷たげな肌触りは、初冬の景色にぴったり。

被写体を選ぶ機能と思うけれど、これ、好き。




More (続きを読む)
[PR]
by mariko789 | 2015-11-27 13:59 | olympus OM-D E-M5 | Trackback | Comments(18)

佐々木貴子句集「ユリウス」を読んで




大好きな作家、佐々木貴子さんの句集「ユリウス」を、句友に送って頂いた。佐々木さんは数年来のツイッター仲間でもあり、彼女の句の隠れファンの私は、かねてから、彼女の句をネットで拾っては、ノートに書き写していたのだ。

f0053297_1322281.jpg 佐々木さんは、所属する結社「陸」の新人賞を得た、新進気鋭の作家である。句集「ユリウス」には、1997年から、2013年までの彼女の心の軌跡ともいえる句が収められている。
佐々木貴子さんには内面に積もり来るものがあって、それは噴出すのを待っているのだと思う。
まだ高校生だった彼女に、俳句を勧められたお母様、そして彼女に俳句の手ほどきをなさった先生方は、それを察知なさったのだ。その「内面に積もりくるもの」は、天性の資質で、努力して得られるものではない。これからも、彼女はその資質を着々と磨いてゆくのだろう。

 
俳句は、あるレベルまでは、研鑽すれば誰でも達する。
けれど独自の種を内部に秘め、その種を育み、美しい花を咲かせることができるのは、
天性の才能をもっている人でさえ稀と思う。私は彼女の句のなかに、煌く星を見ている。
そんな佐々木貴子さんの句集のなかから、十五句を選び、感想文を書いてみます。
私には客観的に評する力量がないので、主観で咀嚼するという方法で。



More (続きを読む)
[PR]
by mariko789 | 2015-11-24 15:36 | olympus OM-D E-M5 | Trackback

cat cafe @budapest

ブダペストにも「猫カフェ」があると知り、去る13日に行ってきました。
「カラオケ」がその代表ですが、日本発のユニークなビジネス、世界に広がっていますね。

f0053297_2345897.jpg


Thank you very much!

晩秋の広場に集う人枯葉  詩楽麿

シリア去り避難の日々を民過ごし フランスさえも安住ならず  詩楽麿

錦秋の庭に野良猫餌あさり    詩楽麿

ネコカフェに休みし猫ら音も無し 野良の苦節を知る由もなし   詩楽麿

雄鶏の声けたたまし火事見舞   久遠(11/08)
 
納豆や温泉宿にひきこもり     久遠(11/12)

豚カフェもあるか冬麗ブダペスト   麗門


More (続きを読む)
[PR]
by mariko789 | 2015-11-20 02:49 | olympus OM-D E-M5 | Trackback | Comments(19)

聖マーティンの日 @ブダペスト




f0053297_13443788.jpg


 

f0053297_1349217.jpg 13日の金曜日、二ヶ月ぶりにブダペストの街に出てみました。
毎日家の手入ばかりで、くさくさしていたので、良い息抜きになりました。
都会の晩秋、木々の葉も今年最後の輝きを放って。 
11月11日の【聖マーティンの日】を祝って、市民公園ではフェスティバルを開催中。
入場料ナシとあって、いそいそ足を運んでみました。
【聖マーティンの日】というのは、収穫祭が行われる日であり、冬の始まりの日でもあります。
この日には、ガチョウ(グース)を食べ、新ワインを飲むのですよ。


More (続きを読む)
[PR]
by mariko789 | 2015-11-16 14:18 | olympus OM-D E-M5 | Trackback | Comments(20)

葱鮪(ねぎま):俳句




葱鮪なべ男根神を祀る島  中原久遠
(ねぎまなべ だんこんしんを まつるしま)

f0053297_14205016.jpg


季語: 葱鮪(ねぎま)  【冬】 ・生活

※ 松山俳句ポスト365 七一回め投句 兼題(第131回) 『葱鮪』 : 地選、人選二句

「俳句集団 いつき組」 夏井いつき組長 選評
「東国の荒ぶるこころ葱鮪鍋」「葱鮪鍋陰間と沈む夜のほとり」などの句と発想の出発点は同じかと思いますが、最後に「島」の光景となることで「葱鮪なべ」の鮮度が一気にあがってきます。「男根神を祀る島」の荒々しい鍋は今煮えたぎっております。


◎画像は、と或る島に祀られていた、男根神です。古い写真ですが、ここで役立つとは思ってもなかった。

◎葱鮪とは、鮪のトロと葱を煮込んだ料理です。
 江戸時代、脂が多いトロは捨てる部位だったそうで、それを煮込んで食べようになったのが始まりとか。
 今のように、トロが高価になると、なかなかできない料理ですよね。

Thank you very much!

白薔薇の香り誘いし青春よ   詩楽麿

庭に咲く花々語る晩秋の 残照浴びつ再会ありしか  詩楽麿

残菊や捨てかねてゐる肖像画   久遠(10/28)

釈然とせぬ墜落や芒波  久遠(11/03)



【人選二句】 

More (続きを読む)
[PR]
by mariko789 | 2015-11-13 14:42 | Nikon D80 | Trackback | Comments(12)

今年最後の庭の花

この数日、秋日和というより、冬晴れの好天が続いています。
伸びすぎた無花果の木を伐ったり、枯れた芍薬の葉茎を根元から伐ったり。
林檎やチェリーの葉は赤や黄に色づき、どんどん落ちています。

真紅の薔薇は固い莟のまま、咲きそうで咲けない。
毎朝、霜が降りる寒さなので、咲きかねているようです。

けれど白い薔薇は、元気に咲いてくれました。
右側は、ぎりぎりまで接写したもの。肉眼ではよく見えない薔薇の芯。クールピクスの威力だな。

f0053297_14475446.jpg






今年はもう咲かないと諦めていた、菊(ですよね?)の一群が好天に恵まれいっきに開花しました。
今年は大輪です。栄養は市販のものと、卵の殻を砕いたのをあげましたが、正しかったのかどうか。

f0053297_14504691.jpg







左は、セイヨウヒイラギの実です。真っ赤です。
こちらも接写してみました。拙者、接写が好きです(なんちゃって)
右側は、お馴染みのコスモスですが、未だに咲いていて、なぜか化け物的大きさのが一輪。
背は1メートル近く、普通の花の3倍くらい大きな花が咲いています。
栄養は・・・何もあげてないのですが~~(--;) 

f0053297_1454093.jpg





f0053297_1514770.jpgさて。家の売却ですが、売れそうで売れません。
昨日も一客、予約があったのですが、キャンセルになりました。
今日も夕方、予約があるのですが、果たして来て下さるかどうか。
考えてみたら、年末年始の引越はかったるいので、もうこうなったら、二月まで売れないでほしい。
というわけで夫と相談し、12月から値段を1割ほど上げることにしました。売れないでいい!
で、私がこの一週間、頑張っているのが床磨き。
僅か8畳ほどの部屋なのですが、越してきた直後、床を磨いても磨いても綺麗にならないので、
私が中途半端に磨いた後、夫がニスを塗ってしまったのです。
それがどうしても気に入らないので、今更、磨きなおしています。
ニスを取り除き、元々の油染みを取る。毎日3~4時間。それ以上すると、肩が抜けそうに痛くなる。
あと3~4日で完成したら、夫に仕上げのニスを塗ってもらいます。
(写真の右側が3~4回、磨いた部分。左側は、1~2回、磨いた部分。)


先日、嬉しいことがありました。
俳句の先輩、時田幻椏氏が、埼玉文学賞の俳句部門で受賞なさったのです。
幻椏さんは朝日俳壇に110回もご入選された、私が尊敬する先輩。
お会いしたことこそありませんが、時折メール交換をさせて頂き、いつも刺激を頂いております。
詳しくは、幻椏氏のブログの記事をご覧くださいませ♪

◇埼玉文学賞 受賞者発表
◇埼玉文学賞 作品紙上発表
◇埼玉文学賞授賞式
[PR]
by mariko789 | 2015-11-05 15:12 | Nikon coolpix P510 | Trackback | Comments(16)