always over the moon

<   2015年 03月 ( 11 )   > この月の画像一覧

やっと猫柳 @ハンガリー

今年は去年と比べ、庭の花木の生育がぐーんと遅れています。
去年雨が多かったのと、冬の気温が低かったせいでしょう。
去年の今頃は、アーモンドの花が満開だったのですが、今年はまだ蕾。
毎日記録として花木の写真を撮っているのですが、その中からいくつか。


1) 昨日の猫柳。じつは今日は気温が上がり、幾つかの花?は黄色くなっていました。

f0053297_22164445.jpg


More (続きを読む)
[PR]
by mariko789 | 2015-03-22 22:40 | olympus OM-D E-M5 | Trackback | Comments(24)

水菜(みずな) :俳句

ぶぶづけに水菜をそえて楽屋裏  中原久遠

f0053297_2232920.jpg


季語: 水菜(水菜)、京菜 【春】 ・植物

※ 松山俳句ポスト365 五十二回め投句 兼題(第103回) 『水菜』 : 地 

俳句集団いつき組 夏井いつき組長 選評:

 こちらは「楽屋裏」としかありませんので、どの土地のどんな劇場であるのかは分かりません。が、上五「ぶぶづけ」の一語で京都に違いないことが分かります。「ぶぶづけ」とはお茶漬けのこと。「水菜」の漬け物を添えての軽い腹ごしらえです。こちらは京都ならではの壬生菜の漬け物かもしれませんねえ。


自分的には無印句でした。地選に採って頂き、大幸運☆ 組長に大感謝です☆

こちらハンガリーでは、水菜みたいなの(そっくりです)は10cmくらいにカットした葉っぱだけを、
袋詰めで売っています。サラダ、味噌汁の具、おひたしなどにして食べています。

画像は、私の楽屋裏。パソコンデスクの左側の空間です。
四季用の「角川季寄せ」の定位置。
季重なりを調べたりするのに、四季全部が出ているので便利。
いっぽう、季節別の歳時記は、ベッドサイドテーブルが定位置です。
今も、この右隣にあるパソコンから、打っています。



                   Thank you very much!

              住み慣れた家に咲きたる水仙花    詩楽麿

              無常なる時代の波の変わり目に
                    届かぬ未来に何を託さむ   詩楽麿

              言ってやらなきゃ判らぬ野暮へ 
                   江戸の生まれのいい啖呵   与太郎(都々逸)

              虚空蔵菩薩を祖父として水菜   くをん

              鷲鼻のシェフの水菜のプチサラダ   くをん

              ぶぶづけや春の季語類鉢合わせ   to_shi_bo




もう一句。実はこちらが自分的には本命句でした。
人選に採って頂き、嬉しかったです。
しかし・・・私の句は平凡な言葉しか使ってないですねー。
もう少し教養を蓄えて、もっと語彙を増やさなければ。。

ずぶ濡れのものら痛まし水菜さへ  中原久遠 

f0053297_22444514.jpg


写真は、水難の渦中にあった我家です。修理完了し、水難からやっと解放されました。
ただいま、レンズの修理から戻ってきたオリンパスのミラーレスの撮影練習中。
ネットでマニュアルを読んだら、今まで使っていなかった機能がいっぱい。
手早く設定を変える練習中なのですが、とろい私にはきつい修行です。
[PR]
by mariko789 | 2015-03-20 22:51 | olympus OM-D E-M5 | Trackback

トイレ、洗濯機の排水トラブル解決す!

家の修理シリーズ、第4弾です。いよいよ佳境!

昨日は朝9時前に、水道局がメーターのチェンジに来たのを皮切りに怒涛の一日でした。

午後から、待ちかねていた、家の修理屋さんが来てくれました。
前回、庭のフェンスを直してくれた、豚70頭を飼っている青年です。

まず、排水管が詰まっているらしく、まったく排水ができなくなっていたキッチンのシンク。
去年の11月くらいから、この状態で、仕方なく、浴室の手洗いで、台所の洗い物をしていたのです。
修理屋さんが奮闘するも、詰まりは直らず、夕方に専門のプロに来てもらうことになりました。

プロが来たのはもう日も落ちた6時過ぎ。
痩せこけた二人の青年で、言うならホネホネコンビです。
家庭用のバイブレーションの機械で、排水管のつまりを通そうとするも、通らず。
次に、家庭用ではないという強力なバイブレーションで、ホネホネコンビ、がんばる!
ようやく、どろーっとしたヘドロのようなものが、バケツに一杯でてきました。
脂を大量に含んだ水でしょう。
我家はあまり油料理はしないので、前の住人のものと思います。
夜8時過ぎ、やっとホネホネコンビは胸を張って帰ってゆきました。

これで台所でお皿や鍋が洗える!
野菜も洗える!!
すっごく嬉しいです!╰(✿´⌣`✿)╯

そして、修理屋さんに、シンクそのものを変えてもらうことを依頼。
それはいずれまた、ということになりました。


ホネホネコンビを待っている間、修理屋さんにかねがね困っていた箇所を直してもらいました。

一階のトイレ(私が使っている)の水が、止まらなくなっていたトラブル。
越してきた時からそうで、水の元栓をあけて流し、流し終えたら元栓を締める。
それを繰り返していたら、元栓が壊れそうで怖かった。
おまけに元栓を締め忘れて、一晩中、水が流れていたり。
それで、この1年くらいはお風呂の湯をバケツに入れて使ったりもしていました。
トイレにいつもバケツがある、その憂鬱さ。。

このトラブルの解決のため、水タンクを取り替えてもらいました。
3年間保証だそうで、すっごーく嬉しい!!
トイレのバケツよ、さようならー♪

次の修理箇所は、

More (続きを読む)
[PR]
by mariko789 | 2015-03-18 15:15 | Nikon coolpix P510 | Trackback | Comments(25)

エステルゴムのバジリカ(大聖堂)

路線バスでブダペストからスロバキア国境への続きです。

古都エステルゴムには、ハンガリーのローマン・カソリックの総本山、バジリカ(大聖堂)があります。
バスのターミナルから歩いて15分くらい。
大聖堂は丘の上に建っていますが、隣接のレストランの中にあるエレベーターで、聖堂のすぐ側まで登れます。
そのレストランは次回の投稿で写真を載せます。

1) 悪天候のためこんな写りですが、晴れていればもっと綺麗なんですよねぇ。
   建設: 1869年 地上高: 100 m 建築様式: 新古典主義建築。
   ハンガリーで最大の聖堂です。聖堂内は、無料で入れます。
   ハイシーズンには有料で入れる幾つかのコーナーがあるようですが、今はシーズンオフでした。

f0053297_16171149.jpg


More (続きを読む)
[PR]
by mariko789 | 2015-03-14 13:43 | Canon PowerShot SX50 | Trackback | Comments(25)

フェンスの修理ができた@ハンガリー

去年の7月に見積を取ったのに、まだ来てくれない家の修理シリーズ、第三弾。

今回は、庭のフェンスの修理に来てくれました。
全部の修理を一つの会社に依頼しているのですが、
今回の修理人は、家で豚を70頭飼っているそうで、そちらが本職かもしれませんね~。

お急ぎでない方は、下の図を見て下さい。
中央が我家。そして我家のフェンスには家を買ったときから、図の如く、三箇所の破れがあったのです。

f0053297_14283240.jpg


たぶんどこかの大型犬がフェンスを噛み切ったと思われます。
越してきて以来、私たちの悩みの種は、C家の大型犬Gが、フェンスの穴③をくぐって、
我家で排泄行為をすること。飼い主も、Gにそれを促している気配があり。
C家の夫人は、我家の庭に犬のおやつを放ったりして、Gが我が庭に来るよう秘策を練っているのですよ。

また、A家には、大型犬Dがいて、このDも時折、我が庭に現れて、ぎょっとさせられました。
庭仕事をしているとき、なにか生き物の視線を感じて振り向くと、私より大きな図体のDがすぐ真後に・・・

そしてつい最近ですが、A家に生後三ヶ月の子犬Eが飼われることになりました。
Eにしてみれば、同じ家のDは大きすぎて怖い。しかし友達が欲しい。
そこで、B家の小型犬Fに目をつけたのです。
Eは毎日、飼い主の目を盗んで、我家のフェンスの穴②から侵入し、フェンスの穴①を経て、
B家の犬Fに逢いにゆくようになりました。
そのことで、B家のおばさんが激怒し、A家の奥さんに怒鳴り込む。
二人は元々、犬猿の仲だったので、近隣の家も、Aさんがだらしない、いやBさんの器量が小さい、と大騒動。
とんだ犬版ロミオとジュリエットです。
しかし、元々、我家のフェンスに穴があるからいけない、という飛び火も発生寸前。
そこで夫が、修理屋さんに SOS を出したのですよ。もう一刻の猶予もできないと。

More (続きを読む)
[PR]
by mariko789 | 2015-03-11 15:01 | Canon PowerShot SX50 | Trackback

淡雪(あわゆき)② :俳句


大仏の手に淡雪の蹉きぬ
(だいぶつのてにあわゆきのつまづきぬ)

f0053297_14133162.jpg


季語: 淡雪(あわゆき)       【春】・天文

                      Thank you very much!

              裏店の雛物語小雨ふる            与太郎

              ひな人形足投げ出してはしたなや      与太郎

              箱を出てうれしそうなり雛夫婦        与太郎

              明くる夜をまだ起き出でぬ雛もあり      与太郎

              赤きべべ着て雛壇に躓きぬ           くをん

              見ぬ街に皐月の風を注ぎたし         詩楽麿 

              もう逢えぬ追憶めぐり桜樹の
                     雨にも負けず時は過ぎ行く     詩楽麿


少し以前ですが、親しくさせて頂いている俳人さんの句会に参加させて頂いた句です。
兼題は『蹉跌/躓く(蹉く)』で、ずいぶん考え込んでしまいました。
時間のかかった句ですので、自分の記録として投稿しておきます。
写真は、鎌倉の大仏さま。ベタな写真ですが、大仏さま好きなので♪





[PR]
by mariko789 | 2015-03-11 14:18 | Sony Cyber-shot G | Trackback

Budapestで Olympus を修理する

f0053297_1411785.jpg


買って間もなく、不具合になっていたオリンパスのミラーレス一眼ですが、
実はカメラ本体にはなんの問題もなく、不具合だったのはレンズだったのです。
ブダペストで修理をしてくれる会社を見つけ、レンズを直してもらいました。
二週間かかると言われ、12日で直りました。
保障期間中で無料でしたよ。
カメラやレンズを買ったら、保証書は絶対にすぐ出せる場所に保管しておくこと。


ブダペストでオリンパスのカメラやレンズを修理するなら、こちらへ。英語も通じます。
Olympus Szervizatvevohely
1074 Budapest Dohany u. 67.
Tel: 1/696-0721
E-mail: szerviz@olympusmintabolt.hu


More (続きを読む)
[PR]
by mariko789 | 2015-03-09 14:26 | Sony Cyber-shot G | Trackback

ブダペスト国立西洋美術館 (3)

ブダペスト国立西洋美術館 (1) (2) の続きです。


1) こういう絵画にもきっと物語があるのだと思います。
   この石は何? 二人は母と息子でしょうか。
   もしかして、ここはお墓? なんて想像を巡らしながら見ていたのでした。
   コメント欄で桜姫さまが、正しく石棺と謎解きをして下さいました♪

f0053297_3344894.jpg


More (続きを読む)
[PR]
by mariko789 | 2015-03-07 03:52 | Canon PowerShot SX50 | Trackback | Comments(21)

ブダペストの Ramenka (ラーメンカ)

3月3日に、ブダペストに用足しに(その件は、またいずれ)行った帰り、
かねてから行きたかったラーメン屋さんに入ってみました。


1) 私がオーダーした、Ramenka ラーメン。
   あっさりした醤油味のスープで、昔の日本の支那そばという趣。
   私はあっさり味が好きなので満足♪ 麺は太くも細くもなく適度に縮れています。
   ただ・・・焼豚が、美味しいのですが、中国の香りがしていて、私はちょっぴり苦手でした。
   シェフは中国人ではないかしら。
   ラーメンの値段は、日本円にして¥650~¥900ほどで、ブダペストにしてはリーズナブル。
   なんといってもブダペストでラーメンが食べられるという嬉しさ!
   去年の6月に開店したばかりという、たぶんブダペストで唯一のラーメン専門店、繁盛して欲しいです。
   飲み物は、写真右上の麦茶や、夫が飲んだビールもあります。(店内にトイレもあり)

   Kazinczy Utca 9, Budapest 1075, Hungary     06 (30) 834 3381
   
f0053297_13521371.jpg





1-B) 通りから見た「Ramenka」 ビルの一階です。

f0053297_2262044.jpg


More (続きを読む)
[PR]
by mariko789 | 2015-03-06 14:12 | Sony Cyber-shot G | Trackback

月朧(つきおぼろ) :俳句

ヴィーナスの乳房ふつくら月朧   くをん
(ヴィーナスのちぶさふっくらつきおぼろ)

f0053297_1582291.jpg



季語: 朧月、月朧  【春】 ・天文
・春は大気中の水蒸気によって月がぼんやりと見えることが多い。春らしい趣の月である(by 角川季寄せ)


                          Thank you very much!

                    ドナウ川 連なる街に冬歴史      詩楽麿

                    国境の街に横たうドナウ川
                          エステルゴムに情緒届けし    詩楽麿 
 
                     降る雨に黒ぐろ光る春の河         くをん

                    着ると暑く脱ぐと寒くてつくしんぼ  池田澄子 (麗門様よりご紹介)






◎ 昨夜はティピカルな朧月でした。幻想的ですよね、朧月・・・♪
  上の画像は以前に撮ったもので、ブダペストの「漁師の砦」です。



◎ 蛇足。昨晩ベランダから撮ったティピカルな朧月 ↓

f0053297_14282564.jpg

[PR]
by mariko789 | 2015-03-05 14:16 | olympus OM-D E-M5 | Trackback