always over the moon

<   2014年 12月 ( 8 )   > この月の画像一覧

冬至粥(とうじがゆ) :俳句

冬至粥 熱ある息の濃く太く  中原久遠
(とうじがゆ ねつあるいきの こくふとく)

f0053297_15514882.jpg


季語:冬至粥(とうじがゆ)   【冬】 ・生活
 
※ 松山俳句ポスト365 四十三回め投句 兼題(第94回) 『冬至粥』 : 人


2014年の初頭より投句させて頂いてきた「まつやま俳句ポスト」、合計43兼題に参加。
不参加は 2兼題。最初は1兼題に一句しか投句しなかったのですが、全没はなんとか免れました。
並選7句、人選47句、地3句、天2句を頂きました。
没った句はおそらく100句を超えていると思いますが。
また夏井組長の講義を拝読し、お仲間の方々の季語深耕や佳句の数々で、
多くのことを学ばせていただき、幸運でした。
組長から選評を頂いた句、自分で好きだった句など、今年を振り返り、思い出深かった句を10句、選んでみました。


牡丹鍋嗅がせ胎児を弾ませる (地)

名月のうたげ麗妃は産室へ (天)

秋草の細胞がさびしく匂ふ (人)

放心へ秋草摘めば摘むほどに (人)

水神に火の粉浴びせよ川開 (天)

日ざらしのあぢさゐ魚は煮詰まりぬ (地)

指の血を洗ふ浴室守宮鳴く (地)

籐椅子を凹ませて軋ませて恋 (人)

ふらここや子は幻の母と逢ふ (並)

葉牡丹の己を抱くふしあはせ (並)



これにて、今年の投稿を終らせていただきます。
今年もご訪問頂き、また沢山のコメントを有難うございました。

どうか皆さま、良き新年をお迎えくださいませ。
こちらは一昨日の夜、昨夜と雪が降りました。

f0053297_1663931.jpg


これはヨソのおうちの猫ちゃんがつけた、庭の足跡です。

では、また新年にお目にかかります♪
[PR]
by mariko789 | 2014-12-29 16:10 | Nikon coolpix P510 | Trackback | Comments(27)

師走(しはす) :俳句

文字化けのメール飛び来る師走かな
(もじばけの めーるとびくる しわすかな)

f0053297_15555351.jpg


つい先日、飛び込んできたのは、こんな文字化けでした ƒ}ƒŠƒR @‚³‚Ü
メール全文が文字化けではなくて、この部分だけ。理由は皆目見当もつきません。

さて。
レンズ不具合のオリンパスですが、一昨日からカメラバッグに入れて、布団の中に入れ、じわじわと温めています。
昨日は調子が良くてモニターに「レンズの状態を確かめてください」の文字も表示されず、なんとかシャッターも降りたのですが、
今朝はまた、もとの不具合に戻ってしまい、真っ黒なモニターに「レンズの状態を~」の文字がくっきり。
理由は皆目、見当もつきません。
機械音痴のワタクシ、パソコンもカメラも判らないことだらけです。

今年もあと四日を残すのみ。
一年があっという間に過ぎてしまいますよねぇ…

                       Thank you very much!

                 凍てつきし部屋に孤老の花咲くや     詩楽麿

                 今もなお枯れずか夢の一欠片(ひとかけら)
                           脳裏を廻り寝る間も惜しむ    詩楽麿  

                 行く年やせめて富くじ当りたや       与太郎

                 煤掃いて水仙の花活けんとす        与太郎

                 針の世に晒す生身や去年今年(こぞことし)  くをん



◎ 画像は、ブダペストの中央市場です。
  年内にもう一度、ブダペストに行きたいと思ってはいるのですが。。






 
[PR]
by mariko789 | 2014-12-27 16:11 | olympus OM-D E-M5 | Trackback | Comments(14)

円やかな聖菓に降ろす刃の十字架(クルス)

.

☆Merry Christmas ☆

f0053297_14474819.jpg


皆さまが佳きクリスマス・イヴとクリスマスを過ごされますよう心からお祈りいたします。

昨日、ぎっくり腰もようやく痛痒いていどに収まり、街のケーキ屋さんで、ちいさなケーキを買ってきました。
本当は純白の生クリームがたっぷりかかったケーキが欲しかったのですが、
それはとっても大きなケーキでしたので諦めて、チョコ味のを。
お味は、期待していたよりずっと美味しかったです。
まだ半分残っていますが、それは今晩いただくつもり。

で、写真を撮ろうと、オリンパスの買ってまだ半年のカメラ(OM-D E-M5)の電源を入れたら、
レンズがカチャカチャっと音立てて、モニターに、「レンズの状態を確認してください」と表示され、
撮れないのですよ。
レンズを何度も装着しなおしたりしても、全くだめ。
「レンズの状態を~」の表示が繰り返されるばかり。
このカメラ、落としてもいないし、ぶつけてもいないし、なんにもしてないのに。。
ただ、二ヶ月間、一回も撮らなかったけれど。。
カメラ本体にトラブルは無さそうだけれど、レンズに問題があるのかな。
すごくショックだし、すごく悲しい・・・
そんな私のクリシミマス、いやクリスマスです。

円やかな聖菓に降ろす刃の十字架 【季語: 聖菓(クリスマスのケーキ/お菓子) ・冬】
(まろやかな せいかにおろす はのくるす)
[PR]
by mariko789 | 2014-12-24 15:03 | Nikon D80 | Trackback | Comments(15)

牡丹鍋(ぼたんなべ) :俳句

牡丹鍋嗅がせ胎児を弾ませる  中原久遠
(ぼたんなべ かがせたいじを はずませる)

f0053297_1337741.jpg


俳句集団いつき組 夏井いつき組長 選評(地選)

これ絶対、味噌味の「牡丹鍋」なんだろうなあと想像しました。「喰い」ではなく「嗅がせ」が巧いなあ。その匂いが「胎児」に届いたかのように腹の中でビクンと動くのが分かった、というリアリティ。「弾ませる」という表現が非常に生き生きしていて、これも「天」に推したい一句でありました。


牡丹鍋というのは、猪鍋のことです。
私は昔、奥飛騨の温泉宿で食べた記憶があります。
安いツアー宿でしたので、お肉はちょっぴりだったかなぁ。 

ところで、胎児の臭覚ですが、11~15週頃に鼻がきちんと形成されています。
よって、母親が嗅ぐ匂いや食べ物の匂いも胎盤や臍の緒を通して判るそうです。

久々の地選、ものすごく嬉しかったです。
今まで俳句ポストに投句したなかで、自分的には一番納得のできた句で、
もしも没ったら、これからどのように俳句を詠んだらよいのか路頭に迷うところでした。
組長に採って頂き、ほっとしました。
こののち、体調不具合もあり、俳句もずっと不調が続いています。(>_< )  
写真は添え物で、句とは無関係です。

                     Thank you very much!

            弾ませる 今日も元気に頑張るぞ~ッ!   idea-kobo

            イノシシの鍋に踊りし肉破片        詩楽麿

            にんげんがとぐろを巻いて牡丹鍋      くをん

            黒門も落ち葉の中となりにけり        与太郎


More (続きを読む)
[PR]
by mariko789 | 2014-12-19 14:09 | olympus OM-D E-M5 | Trackback | Comments(18)

鯨 :俳句

くぢら噴き空をつんざく汐烟 中原久遠
(くじらふき そらをつんざく しおけむり)

f0053297_13465731.jpg


鯨は潮を吹くと言われていますが、実際は、水分や塩分はあまり含まれておらず、
噴気という、「吐いた息」なんですって。なので、吹くというより、噴く。
高圧力で噴出された息の圧力が、一気に下がって霧のように見えるのが、
「潮噴き」と呼ばれているものなんですね。
で、噴気の形はクジラの種類によって様々、シロナガスクジラだと、噴気の高さは10メートルを超します。

というわけで、シロナガスクジラ君の息の噴出を一句にしてみました。
採って頂き、嬉しかったです。





浮上する子連れ鯨に傾ぐ船
(ふじょうする こづれくじらに かしぐふね)

f0053297_14202.jpg


こちらは、ホエールウオッチングの一場面を、17文字で写生したものです。
地味な句なのに採って頂きラッキーでした。



季語:鯨(くぢら・くじら)   【冬】 ・動物
 
※ 松山俳句ポスト365 四十一回め投句 兼題(第92回) 『鯨』 : 人 二句


 

                       Thank you very much!

                  枯れ紅葉拾う手を避け風に舞う      詩楽麿

                  行く先に富士の高嶺のそびえ立つ
                          駅前通りはや店仕舞い   詩楽麿

                  血だまりに首級(しるし)ころがる討ち入り日  くをん

                  寒牡丹つなぐ生命維持装置    くをん  

                  夕暮れの沖に汐吹く鯨かな         与太郎



◎ 今回は、画像を添えるのは止めようかとも思ったのですが、やっぱり頁に色がないと淋しいので、とってつけてみました。

◎ 下の投稿の蛇足ですが、修理屋さんは来ませんでした。連絡もなし。ぷっつん。
   咳はだいぶ引いてきて、平熱は厚着が効果を奏してか、少しずつ上がってきています。
   ぎっくり腰は、まだ治らず、痛いです。もう少し、辛抱です。
[PR]
by mariko789 | 2014-12-15 14:11 | Nikon D80 | Trackback | Comments(17)

屋根裏に漏るる時雨の恨めしき

悪いことって、重なるものですねぇ。
踏んだり蹴ったりっていう、あれ。
ワタクシ、年に2~3回、風邪を引くのですが、数日前からその恒例の風邪引き状態になりました。
ひき始めに体温を測ったら、なんと、、、33,5度。
そんなわけはないだろうと、布団の中でじっくり体温を高くして(つもり)測っても、34、5度。
ずっと平常の体温は36,4度だったのに。いつからこんなに下がってしまったの?
もしかしたら、、去年の冬、ガス・セントラルヒーティングをけちって、毎日寒い家の中で暮らしていたせいかも。
(検索したら、ずっと寒い状態が続くと体温が日常的に下がってしまうとか)
低体温って、抵抗力は弱まるし、太りやすくなるし、健康に悪いんですよね。
これから、体温を上げるよう、努力をしなければ。

風邪は順調に進み、鼻水から咳になったのが昨日。
昨日は週に一度のゴミだしの日。
門の外にゴミ箱を出すのですが、門の外は相変わらず枯葉の山。
庭の中の落葉は放っておけても、門外の落葉は、風で近隣に飛んで迷惑になるので、放置はできない。
咳き込みながら、頑張って掃除をしていたら、ひょんな拍子に腰を痛めてしまいました。
ぎっくり腰の軽いような・・・。
立って歩くのは大丈夫なのですが、かがむのがつらい。
うっかりかがむと、本格的にギックリしそうなので、そうっとそうっと。
咳をすると、腰に響いて息苦しいほど痛いのですが、我慢我慢。
私はなるべく薬はのまない主義なのですが、夫が買ってきてくれた咳止めをのみました。
咳は確かに少なくなったけれど、症状は長引いてしまうだろうなぁ、薬を使うとねー。

一昨日の夜、すごい寝汗をかいたので、すわ、発熱したか!と体温を測ってみたら、35,5度でした。
いつもなら,風邪をひくと38度以上、上がってしまうのに。
嬉しいような、嬉しくないような。。

で、今日はこれから、家の修理屋さんが来てくれる予定です。
二軒の修理屋さんに、何度もすっぽかされているので、本当に来てくれるかどうか、疑問ですが。
今、我家の一番のトラブルは、屋根裏の雨漏り。
屋根裏にバケツを三個置いているのですが、とにかく今年は異常に雨が多くて、放置はできません。
雨漏りの原因は、ここだと思うの。
キャノンの超望遠付きカメラがこんなことで役立つとは、思ってもみなかったわ。
普通、撮れないでしょ、二階家の屋根がこんなに大きくは。トリミングなしだし。

f0053297_15473442.jpg


そういうわけで、ただいま、風邪、腰痛、雨漏りの三重苦中です。同情、大歓迎!♪

屋根裏に漏るる時雨の恨めしき 
(やねうらに もるるしぐれの うらめしき) 季語: 時雨(しぐれ) ・冬(天文)

      
                               Thank you very much!

                       庭先に落ち葉山積み初冬かな       詩楽麿 

                       時雨さえうらめしきかな雨漏りに
                               風邪を堪えて漏れ口探し     詩楽麿

[PR]
by mariko789 | 2014-12-12 15:58 | Canon PowerShot SX50 | Trackback | Comments(23)

冬の鵙(ふゆのもず) :俳句

嘴の鉤に古傷冬の鵙   中原久遠
(くちばしの かぎにふるきず ふゆのもず)

f0053297_14153991.jpg


★ 鵙の嘴って、直角に曲がった鉤型なんですよね。
  季語深耕で、鵙の画像を沢山見ているうちに、このことを発見したときはちょっと嬉しかったです。
  一見、雀と似ていますが、嘴を見れば識別できるなと。
  また、嘴は鳥にとって生き死にに係わる重要な箇所だそうです。

★ 画像の鳥は鵙ではありませんが、嘴の鉤が同じなので。


                        Thank you very much!

              冬鵙や怒れば美しき女     内山思考 (to_shi_bo様よりご紹介)

              昇降機 昇り降りの人生は   idea-kobo 

              枯芝に焚火のあとの寒さかな   与太郎

              磔像(たくぞう)にぬるき陽射や冬の鵙   くをん

              薪割りの鉄砲虫をめざす鵙        issyo.k

              越冬の鵙に餌なく声もなし        詩楽麿

              今一度鵙の鳴く声耳にして 
                  止めた歩みも時雨がせかす     詩楽麿



冬の鵙星座をめざす昇降機
(ふゆのもず せいざをめざす しょうこうき)

f0053297_14201415.jpg


★ 画像は、シオフォックという街にある、展望台へ昇るエレベーター(昇降機)です。

季語: 冬の鵙   【冬】 ・動物
 
※ 松山俳句ポスト365 四十回め投句 兼題(第91回) 『冬の鵙』 : 人 二句
[PR]
by mariko789 | 2014-12-05 14:26 | Nikon coolpix P510 | Trackback | Comments(18)

おでん :俳句

この耳朶を噛んだあの歯でそのおでん  
(このじだを かんだあのはで そのおでん)

f0053297_5123635.jpg


季語:  おでん   【冬】 ・生活

                       Thank you very much!

                  そのおでん横取りするなワシのもん    idea-kobo

                  高嶺行く写真俳句の冬も種         詩楽麿

                  初冬ゆえ冷やすか思い紅葉に
                          せめて語ろう胸の内      詩楽麿

                  冬枯れの阿蘇くろぐろと煙吐く        与太郎




この句は、俳句集団「いつき組」 組長、夏井いつき先生のラジオ放送の兼題 【おでん】で採って頂きました。
放送されたのは、11月29日でした。
組長のブログで、聞き書きを掲載されておりまして、ワタクシの句の部分を抜粋させて頂きます。

More (続きを読む)
[PR]
by mariko789 | 2014-12-01 05:24 | Nikon coolpix P510 | Trackback | Comments(11)