always over the moon

<   2013年 01月 ( 9 )   > この月の画像一覧

Nikon P510 ハイキー,ローキー,ソフト

いつも旅行前になると、夫と言い争ってしまう、「どのカメラを持ってゆくか」問題。
私は、交換レンズをいくつか添えて一眼を持ってゆきたい。
とくに建物や街並は、ふだんあまり使わない超広角レンズで撮りたい。
が、まったく写真に興味がない夫は、私が重いカメラ類を持ち歩くのを格好悪いと嫌がるのです。
それで、今回もやっぱり夫の鶴の一声で、交換レンズのいらない軽くて小さめの 
Nikon CoolPix P510 を連れていくことになりました。

で、本日は初めてハイキー、ローキー、ソフト、ノスタルジックセピア、硬調モノクローム のテスト撮影をしてみました。
「最近はハイキーが流行りなんですってね」などと聞くけれど、それってそもそもどのようなものなのか、
自分で調整するのではなくて、カメラが設定した、お手本を見せて貰いましょうぞ。
なお、これらの効果は、撮影後の「フィルター効果」には無いので、撮影時に設定するしかありません。

撮影方法は、カメラ本体の右上にある大きなダイヤルの、EFFECTS→
カメラ本体の右下 MENU→スペシャルエフェクト→(ソフト、ノスタルジックセピア、硬調モノクローム、ハイキー、ローキー)
{その後に既にテスト済みの セレクトカラー、絵画調などがあり}

外に出られないので、家の中で撮ることにして、、撮るものがない!
え~とえ~とえ~と、、、このさい果物でいいかぁ。
あくまでもテストなので、色やコントラストの調整は一切せず、撮りっ放しです。



1)ソフト。ほんわかムードのお花や、女の子にはいいかしら。
 この右下に写っている、サウジアラビア製のフレッシュ・ヨーグルト、めちゃ美味しいです。
 甘くない生クリームみたい。毎日果物にこのヨーグルトをたっぷりかけて頂いています。

f0053297_10424967.jpg

 

                   

                    Thank you very much!

                 手土産は藁で繋いだ寒卵      よし

                 寒卵 食べりゃ今年は大丈夫   idea-kobo

                 旅人は雪の世界へ行き給う      与太郎

                 行けや君袂に入る小雪かな      与太郎

                 写真からりんごの薫り食誘う      詩楽麿

                 皿に乗るりんごの写真まろやかに 
                          季節映してなおも華やぐ     詩楽麿

                 伝説の水を求めて森に入る            銀河王子

                 ハンガリー 見聞きしたるや四季の色       詩楽麿

                 著名なる 協奏曲を 想起させ 
                          偉人の暦を 残すハンガリー       詩楽麿 



More(続きを読む)
[PR]
by mariko789 | 2013-01-30 11:03 | Nikon coolpix P510 | Trackback | Comments(78)

六花(むつのはな) :俳句

.

f0053297_1355554.jpg



   ゆくてには天地かがよふ六花    久遠(旧:流星)
   (ゆくてには/ てんちかがよう/ むつのはな)

◎ 季語: 六花(むつのはな)、雪、小雪(こゆき)、大雪、深雪、粉雪、細雪、雪明り、、、 【冬】 ・天文
    ・雪の結晶は多く六方晶系の結晶となるため、「六花」ともいう。(by 角川歳時記)


◎ かがよふ、耀ふ、赫ふ、かがよう (古語) :  きらきら光って揺れる。きらめく。


             
                 thank you very much!

             常磐緩行長き汽笛や春近し        よし

             B6が発つ凍雲のときめきて       to_shi_bo

             六花やホホで消えたりその寿命      詩楽麿

             語り継ぐ願いもあらむ六花に 
                      歩みを止めて耳を傾く    詩楽麿 

             雪少しつもる地蔵の頭巾かな        与太郎

             六花 逃げて飛びたや エアアジア      銀河王子



英国リヴァプール育ちの夫と東京育ちの私が、中央ヨーロッパ、ハンガリーの田舎へ移住する計画を練っています。
都落ち・・・には違いないですが、リヴァプールや東京では、予算の関係で家が買えません。
ハンガリーの田舎は、まだまだ不動産が安いのです。
それと、なんといっても私の心が動いたのは、四季があり自然が豊かなこと。
冬はやはり雪の純白に染まってほしい。
春には、色とりどりの花が咲き、小鳥や蝶が飛びまわってほしい。
夏は水遊びに興じ、秋には枯葉が舞う・・・。
胸に希望の光を抱いて、いざ新天地へ。

といってもまだ計画の段階で、とりあえず2月1日から半月ほど、家の下見に行ってきます。
目指す地は、雪が深いようですが、なんとか飛行機が離着陸してくれますように。
家を見て回るあいだ、車もスリップしませんように。


◎画像は、ドーハの野外アート展で撮った絵を加工したものです。
[PR]
by mariko789 | 2013-01-24 13:09 | Nikon coolpix P510 | Trackback | Comments(74)

Museums of Islamic Art(イスラム芸術博物館)@カタール(4)

f0053297_11254943.jpg



シリーズ第一回でも記したとおり、この博物館は、イオ・ミン・ペイ(Ieoh Ming Pei 1917年4月27日- )による設計です。
彼は20世紀のアメリカを代表する中国系アメリカ人建築家で、代表作にルーヴル美術館のガラスピラミッドがあります。
彼の作品を検索で見てみますと、どれも彼ならではの個性と主張がある。
私は、この博物館の外装を一目見て、「ノアの方舟」を連想しました。
エメラルドの海にぽっかり浮かんだ21世紀のノアの方舟。
イスラム教の国に在ってノアの方舟とはなにごとぞ、と言われそうなので、ひそひそ声で書いているのですが。

今回は博物館の内装もご紹介したいと思います。




1) 広く高い吹き抜けを中心に、周囲を展示室が囲んでいます。
   どこかの星の内部に紛れ込んだような心地。
   この画像は、上の階から下を見下ろしたもの。
   
f0053297_11342668.jpg



              
 
               Thank you very much!             

               折からの雨に八つ手も熟しけり           よし

               巧みの手 春をも招く洋館よ           詩楽麿 

               命かけ見詰めた人と歩くのも 
                        まだ幻想の並木道かな       詩楽麿
 


More (続きを読む)
[PR]
by mariko789 | 2013-01-22 11:57 | Nikon coolpix P510 | Trackback | Comments(33)

Museums of Islamic Art(イスラム芸術博物館)@カタール(3)

時間に追われているので、写真をばんばんアップします。(投稿 1月20日午後)




1) 映画 『ナイト・ミュージアム』をホウフツとさせますよね~
   こんな鎧を着ちゃ、馬も人もさぞ重かろうに。これで戦うなんてすっご~!

f0053297_148557.jpg



      
 
                  Thank you very much!

       遺跡品 時代隠さず伝播する         詩楽麿 

       遡り遺跡時代を覗きたし 
              勇者の姿 群雄割拠        詩楽麿

       小雀も心入れ替え野良仕事           よし



More (続きを読む)
[PR]
by mariko789 | 2013-01-20 17:05 | Nikon coolpix P510 | Trackback | Comments(14)

Museums of Islamic Art(イスラム芸術博物館)@カタール(5)

 
もしも空想の翼がなければ
遺跡や古美術を目にしても、どれほど味気ないことでしょう
それが西暦〇〇〇年のものとか、そんな数字より
そこから漂ってくるもの、ささやき、それを感じ耳を澄まし
空想の翼をひろげるほうがずっと楽しい
だって私は学者じゃないし、試験勉強をしている生徒でもないのですから。



1) 広い博物館のなかに、たった一つだけあった像。『像の頭部だけ』と書いてあったから、元は身体もあったのね。
   この顔立ち。誰かに似ていると思ったら、朝青龍!
   モデルはモンゴル系の人だったのでしょうか。
   男性か女性か不明だけれど、厳かな髪飾りをしているから、きっと高貴な人よ。

f0053297_1074531.jpg



              

               Thank you very much!

            鮟鱇は哀しき顔もせで切らる         よし

            寒空に遺跡を語る首一つ          詩楽麿

            繁栄の名残写しつ遺跡群 
                遺品に潜む思いを探らむ        詩楽麿

            帰国日を 知ってため込む 涙壷        銀河王子



More (続きを読む)
[PR]
by mariko789 | 2013-01-16 10:51 | Nikon coolpix P510 | Trackback | Comments(65)

Museums of Islamic Art(イスラム芸術博物館)@カタール (2)

wikipedia によりますと、
Islamic Art とは、ヒジュラ(西暦622年)以降現代に至るまでの、スペイン、モロッコからインドまでに亘る、
「イスラーム教徒の君主が支配する地域で生み出された美術作品」を指す。
イスラームの美術は宗教的なものではなく、「イスラーム」という言葉は文明として捉えられる。
イスラーム美術の始まりは、7-9世紀である。




1) ヤマタノオロチ!!
  ではなくて・・・『預言者伝』の写本でしょうか。このような写本が盛んだった16世紀のものと思います。
  預言者ムハンマド(イスラム教の開祖)は、中央で、顔が白い布で覆われ、後光が射しています。
  イスラム教では神や預言者の顔を描くのは、タブーなんですね(例外は、あります)。
  解説魔の夫いわく、大蛇は『邪悪なものの象徴』だそうです。(ほんまかいな?)
  私が興味深く思うのは、ヤマタノオロチが登場する古事記や日本書紀が書かれたのが8世紀。
  長い世界史から見れば、さほど変わらない時期に、ムハンマドの伝記が伝わっていったこと。

f0053297_1053522.jpg



          

               Thank you very much!
           
          夢に母遅く寂しやもがり笛              よし

          イスラーム美術に秘めた春待ち図         詩楽麿

          古来より語り継がれしものなれば 
                   民を守るやヤマタノオロチ       詩楽麿

          桃太郎 孫空ハヌマン 率いてく            銀河王子

          花魁の足に白さよ絵踏かな              与太郎


 

More (続きを読む)
[PR]
by mariko789 | 2013-01-10 11:30 | Nikon coolpix P510 | Trackback | Comments(60)

Museums of Islamic Art(イスラム芸術博物館)@カタール (1)

一昨日の土曜日に、Museums of Islamic Art(イスラム芸術博物館)に行ってきました。
我家からタクシーで10分ほど。ドーハのコーニッシュ(海岸通)に在ります。
お天気も汗ばむほどの快晴で、少しお散歩もしたのですが、それはまた別の機会に。


1) 海の上にぽっかり浮かんだ巨大な積木細工のような建物。
   このユニークさは只者ではない、と思っていたら・・・
   ルーブル美術館のガラスのピラミッドをデザインした建築家(IM Pei)の手になるものでした。
   お金はあるよん!のカタールです。
   つい最近は、カタールのテレビ局アルジャジーラが、アール・ゴア氏所有の米テレビ局を買収して話題になってましたしね。

f0053297_6475591.jpg



            

            人の日や人の心地の欲しかりき          よし

            冬季(陶器)告ぐ 過ぎし時代の 情念よ    詩楽麿

            後世に 残せし物の 物語
                 かくありなむと 人は語らむ       詩楽麿

            雪降れば来る小鳥らに水盤の
                   二つを庭におきて水張る      与太郎

            真っ青な海に浮かべた方舟(はこぶね)は
                   過去と未来とわたしを乗せた     流星



More (続きを読む)
[PR]
by mariko789 | 2013-01-07 07:25 | Nikon coolpix P510 | Trackback | Comments(48)

羽子(はね) :俳句

,


f0053297_012388.jpg




大空へ翔んでゆきたくなつた羽子    流星
(おおぞらへ/とんでゆきたくなった/はね)



◎ 季語: 羽子(はね、はご)、羽子つき、追羽子(おいばね)、揚羽子(あげばね)、遣羽子(やりばね) 【新年】 ・生活

   ・女児の新春の遊戯の一つ。羽子つきは室町時代から胡鬼(こき)の子勝負として行われてきた。
    一つの羽子をつき上げては互いに送りあい競いあう「追羽子」と、
    一人で数え歌を口ずさみながらつく「揚羽子」がある。  (以上、角川歳時記)


◎ 画像は windows の paint にてマウスでお絵描き。


          

                     Thank you very much!

          思ひ出は炉明の猫大家族       よし

          なったわね 願い叶って鳥になり     idea-kobo

           空を切り ◎×△ 墨の味        くーぽあくーぱー

          遷り行き 見向きもされぬ 羽子板や       詩楽麿

          正月の姿変わるも人心の 
                 新たなりしや 変わらぬ思い      詩楽麿 





お正月がきて
また羽子(はね)のハニーの出番がやってきた
冬美ちゃんと雪子ちゃんの仲良し姉妹は
お空が晴れればお庭にでて
追羽子で遊びます

カーン カーン
羽子板で打たれるたびに
ハニーは「痛い痛い」と身をよじる

大空を見上げれば
雀が楽しそうに飛んでゆく

ハニーだって
ハニーだって
きっといつか雀みたくお空に飛んでゆく

冬美ちゃん、雪子ちゃん
今まで仲良くしてくれてありがとう

そう言いながら、大空高く高く高く
雲より高く
飛んでゆくんだよ
[PR]
by mariko789 | 2013-01-05 00:39 | retouch/anima/paint | Trackback | Comments(40)

2013年 賀正

.


f0053297_18162440.jpg


干支一字マウスで描く筆始   流星   (季語: 筆始 ・新年)
(えといちじ/まうすでえがく/ふではじめ)



        

                Thank you very much!


        元朝の陽射しを胸に 復活す     to_shi_bo

        想像の翼欲しきや去年今年         克

        筆始 筆おろしかと うろたえる     idea-kobo

        買初めや酒にビールに赤ワイン      よし

        初夢や見るものとてもなかりけり     与太郎

        あら惜しや早正月も三日たつ       与太郎

        二年目の四半世紀の初明り        幻椏

        切れ味に年を占う初仕事          築地

        姫始あけおめことよろ恙なく         issyo.k

        初詣 神に届けと 太鼓打つ         詩楽麿

        不景気で絞り出されたお賽銭 
            ちゃりんちゃりんと音もまばらに     詩楽麿





動物大好きな私ですが、蛇だけはどうにも苦手です。
けれど蛇は実は縁起の良い動物なんですってね。
鏡餅も、とぐろを巻いている白蛇を表したものだとラーダさんに教えて頂き、びっくりしたところです。
今年は、みーちゃんの年。
貴方も私も、み~んなが豊かに幸せになれますよう、心から祈念申し上げます。

◎ 画像は、マウスで描いた巳の絵。マウスでお絵描き、面白いですね♪

◎ 本日の 【本の受け売り】
 お正月にはゲームで使うチャンスも多い サイコロ
 古代エジプト王の棺からも出てきたくらい歴史あるバクチの道具。(by 開高健 『知的な痴的な教養講座』)
 う~ん、古代エジプトでどのようにサイコロが使われていたのかしらね・・・?
[PR]
by mariko789 | 2013-01-02 18:20 | retouch/anima/paint | Trackback | Comments(58)