always over the moon

<   2012年 10月 ( 21 )   > この月の画像一覧

秋の蝿 : 俳句



            愛に餌にぬくもりに飢え秋の蝿   流星  
                     (あいにえに ぬくもりにうえ あきのはえ)



f0053297_1262088.jpg
  

季語: 秋の蝿(あきのはえ)、残る蝿      【秋】 動物

  蝿は一年に何回も発生するが、さすがに秋冷が加わるにつれ元気を失い、
  勢いなく日向や家の中を飛んでいる (by 角川俳句歳時記)



              

              木星も月に寄り添う冬隣    よし

              人肌にまとわりつくや秋の蝿   流星


[PR]
by mariko789 | 2012-10-31 12:03 | Nikon coolpix P510 | Trackback

SIAM INSECT ZOO (1) @ChiangMai, Thai

2012年08月に行った、チェンマイ(タイ)の サイアム インセクト(昆虫) ズー
今回は、蝶(その1)です。
ここには標本の蝶もたくさん展示されていました。
生きている蝶は、豊富な木々や花々とともに、蝶園のなかにいました。
一歩その中に入った途端、高温多湿に、息苦しいほどです。
真っ先に心配したのは、買ったばかりの P510。
手持撮影で、ブレ補正効果をテストする絶好のチャンスとは思ったものの、、
カメラは高温多湿に弱いのですよね~
さっさと撮って、退出しなければ・・・・気持は焦るばかり。
蝶はそこいらじゅうにいて撮り放題のようですが、いざピントを合わせようとすると、さっと逃げてしまう。



1) アゲハチョウ と思いますが、違うと思う方は、コメント欄にお願い致します。

f0053297_10202459.jpg



       

        破れ蓮やひとり残らず旅立てり    よし

        もうじきに霜にもならむ露の玉     よし

        ナイフもて上げる口角 万鬼祭     流星

        神の手の 護りし姿 木の葉蝶     詩楽麿

        吾が背なに翼ありせば羽ばたきて 
                蝶にも負けず空に絵を描く     詩楽麿

        鮮やかに 目を眩ませる 黄蝶羽         詩楽麿

        雨上がり さ迷う昆虫道しるべ 
                  黄蝶の翼 何をか示さむ     詩楽麿 



More (続きを読む)
[PR]
by mariko789 | 2012-10-30 10:50 | Nikon coolpix P510 | Trackback | Comments(37)

儚いもの 

1) たぶん タイリクショウジョウトンボ の雄の子どもと思います。
  大人になると、全身真っ赤になるけれど、子どものうちはオレンジ色というか、黄金色というか。
  ネット検索でお世話になった 「とんぼ図鑑」 さん、ありがとうございました。
  カンボジアで撮ったのですが、どうやら日本の秋にも観察できるトンボのようです。
  薄い薄い翅の儚さが好き。

f0053297_13243077.jpg



        

        儚なしや 短き命 トンボかな          詩楽麿

        撮りし画(え)と 詠みし俳句に 心打ち 
                   幾久しくも 世に残すらむ    詩楽麿

        繰る指や何を数えし秋の雨          よし 

        柿色の落日剥けばどんな明日         よし

        柿干すやシルクロードの鞍の上        流星

        醒めたれば縋るものなき夜寒かな       よし


 

More (続きを読む)
[PR]
by mariko789 | 2012-10-27 13:43 | Nikon coolpix P510 | Trackback | Comments(46)

今年酒 :俳句

 

恙なく生きて一献今年酒  久遠 (旧:流星)
  (つつがなく いきていっこん ことしざけ)


f0053297_13233392.jpg





☆季語: 今年酒(ことしざけ)、新走り(あらばしり)、新酒(しんしゅ)、利酒(ききざけ)  【秋】 生活

☆ 「新走り」とは、酒の搾りを言います。
 
  搾りを3段階に分けて、初めを「新走り」 
  程好い中盤を「中垂れ(なかだれ)」 
  最後に圧を加えて搾る事を「攻め(せめ)」 と言っています。
  一般的に、中垂れを良しとしています。
       (コメント欄にて、tgenna 様に教えて頂きました。感謝♪)
 


     
    受け皿にこぼれて嬉し新走り    流星

    ネクタイをゆるめて臨む今年酒   流星


        

        気の置けぬ 注しつ注されつ 宵の酒    yamaoji.

        ちびり酒 月を肴に 想う貴女(ひと)     yamaoji.

        新走り こぼれし受け皿 チューと吸う    idea-kobo

        今年酒 呑んでみたいが 手が出らん    idea-kobo

        誰云わず車座になる土地の酒         よし

        愛おしき 枡酒求む 今年酒         詩楽麿

        身を削り 最後一滴 飲み干して 
              枡酒離れ 未練断ち切る     詩楽麿 

        新種売る麓の家や旗高し           与太郎

        松の月酒売る店を覗きけり           与太郎

        風知るや銀杏梢に昼の月           よし

        受け皿にこぼすまで注げよ今年酒        幻椏

        深秋や別れたひとを思い出し         よし

        宵寂し ブログ見ながら ひとり酒        銀河王子
  





◎ 画像は 一昨年の11月、大阪にて。ブログ仲間のsarahちゃんと屋台の居酒屋で♪

◎ こちらの揚句は、10月13日の ツイッター俳句に参加したものです。
[PR]
by mariko789 | 2012-10-23 13:31 | Sony Cyber-shot G | Trackback | Comments(60)

うそ寒 :俳句


  うそ寒や水子地蔵のみな笑まふ  久遠 (旧:流星)
            (うそさむや みずこじぞうの みなえまう)

f0053297_173247.jpg




◎ 季語: うそ寒、やや寒、そぞろ寒、秋寒(あきさむ)  【秋】 時候
  ・うそ寒の 「うそ」 は 「薄」 の転化か。秋の半ば過ぎから晩秋にかけて次第に募る寒さを思わせる (角川歳時記より)

◎ 笑まふ=ゑまふ=ほほえむ 【古語】



◎ 画像は、アンコール遺跡群 バコンの回廊にて。辛くも現存している菩薩像です。
  もちろん、水子地蔵さんではありません。
   

             

           雁行や一節折れて曲がりける     よし

           秋風や生まれる星に死ぬる星     よし

           夕暮れの水に泛びて黙しゐる
                鴨には鴨のかなしみあらむ    与太郎

 

More (続きはこちら)
[PR]
by mariko789 | 2012-10-23 13:19 | Nikon coolpix P510 | Trackback | Comments(8)

カピバラのお人よし @チェンマイ動物園



1) チェンマイ動物園のカピバラ君。カピバラは世界最大のネズミ(齧歯類)です。
   体長は106~134cm 、体重は35~66kgもあります。
   でも寿命は5~10年。見かけによらず、短命ですね~
   草や木の実が主食のカピバラ君。

f0053297_1023267.jpg



          

          鳴く鹿や風の隙間に想夫恋        よし

          鬼灯の揉まれ破裂のきはのきは(際)  流星


 

More (続きはこちら)
[PR]
by mariko789 | 2012-10-21 10:54 | Nikon coolpix P510 | Trackback | Comments(34)

2012年 カンボジア アンコール遺跡群 まとめ

2012年08月に旅行した、シェムリアップのアンコール遺跡群、まとめです。


【アジアの至宝 アンコール遺跡】
9~15世紀にかけて、メコン河流域に壮大な文明を築いたクメール人たちは、
その宗教的、文化的小宇宙をアンコール遺跡に結集させた。
アンコールワットの5基の尖塔のもと、大回廊の壁面を飾る華やかなデヴァター(女神)、
行進する勇壮なクメールの兵士たち。
54体の巨大な観音像仏面が立ち並ぶバイヨン。ヒンドゥー教と仏教の神仏への信仰が見事に調和し、
そのもとで人々の暮らしがいきづいている。
アンコール遺跡こそはその豪壮さと華麗さにおいて、比類のない人類の至宝である。
   (以上、現地のガイドブックより)


f0053297_11283844.jpg
(*アンコールワット 土産物店)

More(まとめ を読む)
[PR]
by mariko789 | 2012-10-19 11:39 | Nikon D80 | Trackback

Bakong (バコン) アンコール遺跡群 カンボジア

クメール文明の粋、アンコール遺跡群 最後は Bakong (バコン)で締めくくります。

Bakong は、881年にインドラヴァルマン一世によってロリュオス都城の中心寺院として建てられました。
詳細を知りたい方は、こちらへ。

実は、私、この遺跡寺院の名前が判らなかったのです。
旅日記に、うっかり名前を書き忘れていたのです~
覚えていたのは、ドライバー氏の言葉 「アンコールワットやトムより古い」。
この言葉と、撮った画像を頼りにネット検索で調べて調べてやっと 『バコン』 という確証を得ました。
やっぱり記録としての写真力は凄いです。
ここはメジャーな遺跡ではなさそうで、写真を沢山アップしているサイトは少なかった。
これから検索する方のお役に立てればいいな。




1) 参道から中央寺院に向かって。ここは、アンコールワットより古いのですが、保存状態はかなり良いと思います。

f0053297_12232318.jpg



           

           酒(ささ)喰うてやがて大熊猫となりぬべし   よし

           句もどきの吾句 云ふなれば梅もどき      流星

           云ふことのひとつも言えぬ夜長かな       よし

           やますずめ明日の命を拾いけり          よし

   

More (続きを読む)
[PR]
by mariko789 | 2012-10-18 12:50 | Nikon coolpix P510 | Trackback | Comments(44)

新松子(しんちぢり) : 俳句


           新松子いろはのいろを手習ひす  久遠 (旧:流星)
              (しんちぢり いろはのいろを てならいす)



           新松子へのへのもへと手習ひす  久遠 (旧:流星)
              (しんちぢり へのへのもへと てならいす)


f0053297_1235468.jpg
 

季語: 新松子(しんちぢり)、青松毬(あをまつかさ) 【秋】 植物

・その年、新しくできた松毬。受粉後一年以上かかって成熟するもので、初めは鱗片を固く閉ざしているが、
 やがて木質化し、開いた鱗片から種をこぼす。まだ青くて固いものを新松子という (by 角川歳時記)

・新松子(しんちぢり)の画像は、こちらを参考にどうぞ


          

          秋桜の空きたるところ風の道      よし

          Tシャツの裾で拭く 捥ぎたての林檎   流星

          手習いす 遅々と進まぬ この歳で   idea-kobo

          老人の胡桃割る手の皺深き       よし

          子等集い 秋の戯れ 何語る       詩楽麿

          新松子 戯る子らと 競いしか 
               カンボジアにも 秋忍び寄る    詩楽麿

          烏瓜三階までは行ききれず        よし

          山寺の庭に落ち散る新松子        与太郎



More(続きを読む)
[PR]
by mariko789 | 2012-10-16 12:47 | Nikon coolpix P510 | Trackback | Comments(38)

タ・プローム(TA PROHM) ③

 
アンコール遺跡群(ANGKOR) @カンボジア  第四弾 タ・プローム ③

12世紀末~13世紀始めに建てられた。
現在では(ガジュマルという)自然の脅威にさらされている。
VIOLENCE OF NATURE SEEN AT TA-PROHM. (ガイドブックの受け売り)


1) ガジュマルが根を広げて、跨いでしまっている門。

f0053297_107246.jpg



       

       秋深し寂しさばかり肥えにけり         よし

       モン族の子らと分け合ふ茱萸(ぐみ)七つ   流星
   
       モン族の山のゆふぐれ茱萸に雨       流星

       草もみぢ紙ヒコーキの飽かず墜つ       流星

       タ・プローム 遺跡護りて 覆う苔       詩楽麿

       世に連れて記憶の外に消え去りつ 
                 遺跡護りし苔の雨水よ    詩楽麿

       時流れ 冬に消え行く 悪権化         詩楽麿

       闘いの 最中微笑む 幼子の 
               写真に和む 秋の一時       詩楽麿 



More (続きを読む)
[PR]
by mariko789 | 2012-10-14 09:23 | Nikon coolpix P510 | Trackback | Comments(32)