always over the moon

<   2012年 08月 ( 8 )   > この月の画像一覧

蓮華(れんげ) :俳句

        蓮華そよぐ。かつて地雷の密林に   流星
            (れんげそよぐ。かつてじらいの みつりんに)

            季語: 蓮華(れんげ)、 蓮の花、 白蓮、 紅蓮 【夏】 植物

f0053297_112284.jpg


       

       夕されは蓮の浮葉の嵐かな    与太郎

       蓮沼や浮葉の上をやる小舟    与太郎

       蓮開花 両の手添えて 拝む母     yamaoji

       尽きるなく人を殺して月上る     よし

       蓮群に 釈迦の姿を 探したり    詩楽麿

       戦乱地 今蓮沼に 姿変え 
            霊の冥福 祈るが如し     詩楽麿

       晩酌の二合も減りぬ宵の月      よし

       密林に 仏の微笑 蓮華咲く      idea-kobo






「このあたりは何年か前までジャングルだったんだ」
と、リンさんは言った。
リンさんは、私たちがシェムリアップで10日間お世話になったドライバーである。
「当時は地雷もあったのでしょうか」
私が尋ねると、リンさんはちょっと戸惑ったような顔をして
「今はもう大丈夫。蓮沼のなかを歩いてみますか?」

f0053297_1172916.jpg


以前はジャングルだったという見渡すばかりの蓮沼。
その中央に渡した踏み板の上を歩いてゆく。
雨季特有の、湿気に充ちた曇空。
どこからか微熱を含んだ風が吹いてきて頬を撫でてゆく。

「この蓮の花は、仏様に捧げる花なんです。」
三歳のとき父上をポルポトに殺されたリンさんは、そう言って遠くを見つめた。
[PR]
by mariko789 | 2012-08-30 11:16 | Nikon coolpix P510 | Trackback | Comments(48)

蛍(ほたる) :俳句




         人間が燃えて蛍となる今宵   流星
          (にんげんが もえてほたると なるこよい)

          季語: 蛍、ほうたる 【夏】 動物


f0053297_10424487.jpg



          

          牽牛花屋根に達してしまひけり    よし

          寝静まる村を飛びゆくホタルかな   与太郎

          なる今宵 精一杯 燃え尽きて    idea-kobo
          


◎画像はカンボジアにて、P510で撮影  ↑photoscape(フィルター セロファンでレタッチ) ↓PicMonkeyで微調整

More
[PR]
by mariko789 | 2012-08-30 10:51 | Nikon coolpix P510 | Trackback

パジャマ族 @カンボジア

英国人は植民地に英語を残し
フランス人は植民地にフランスパンを残した
というのは私の私見ですが、
過去にどちらもフランス領にあった、カンボジアのシェムリアップとベトナムのサイゴンは、
空気も人々もフランスパンも似通っていました。
歴史を遡れば、もともとサイゴン(ホーチミン市)はカンボジアの土地だったのですし。

以前サイゴンで私があっと驚いた、女たちのパジャマ姿。
つまり、パジャマを普段着や外出着にすること。
今回シェムリアップでも、大々的に見られました。

撮影はすべて瞬間撮りなので写りの如何は論議のほかということで。



姉妹二人乗りの自転車でお買物。
パジャマと思ってはいけないのかもしれない。
f0053297_1125158.jpg



      

      闇夜には染指草(つまくれなゐ)のあるばかり    よし

      山道の夜の芙蓉は語らない      よし

      いろは坂霧に尾灯の見え隠れ    流星

      爽やかに老いの入舞鼓の音     流星

      着衣にも 歴史残りし 夏の陣      詩楽麿

      露天商 歴史の名残 浮き彫りに 
              パンもかじれぬ 時代も尻目に    詩楽麿 

      涼しさの月松にあり蚊やり焚く       与太郎

      午睡覚めて尻に夕日の暑さかな      与太郎

      カンボジア パジャマ彼の地の 浴衣なり    銀河王子



More(続きはこちら)
[PR]
by mariko789 | 2012-08-28 11:38 | Nikon coolpix P510 | Trackback | Comments(46)

豚の微笑み @カンボジア

シェムリアップの郊外にある小さな市場に行った。


近くに住む女たちが、それぞれの家でできたものを持ち寄っているような
そんな気さくな市場である。
f0053297_11331890.jpg



     

      ひとしきり蝉を弔う蟻の列    よし

      秋雨も納屋の仔牛を屠る日は   流星

      豚頭(ぶたがしら) 人に食べられ 昇華あれ   詩楽麿

      異国でも 路上市場の 賑わいの 
                変わらざるなり 民の営み     詩楽麿

      カンボジア 原野に近く 生に近し        銀河王子

      夕来れば夜毎に増える虫の声           よし



 

More(続きはこちら)
[PR]
by mariko789 | 2012-08-26 11:52 | Nikon coolpix P510 | Trackback | Comments(40)

昼寝覚 :俳句

.


              川の字のゆるり流れて昼寝覚   流星
            (かわのじの ゆるりながれて ひるねざめ)

f0053297_1047717.jpg


季語: 昼寝覚、昼寝、午睡、昼寝起、昼寝人、昼寝子  【夏】 生活




       

       盆来たり 戻る魂 何語る           詩楽麿

       世も知らず去りし幼子魂を 
             癒す読経(どきょう)に蝋燭揺れる    詩楽麿

       唐辛子腹に一物無かりけり              よし

       開けしままの 縁より夜気は流されて
               蚊やりはひくく すみやかに這ふ    与太郎






チェンマイ動物園で、このワニさんたちを見たときには「あっ!」と思いました。
というのも、旅行前に、『川の字のぐにゃり曲がるも熱帯夜』という句をツイートしたばかりだったからです。
なんたる偶然。
真ん中のワニが、左側のワニの顔を蹴飛ばしているところ、夫に大ウケでしたわに♪
コメントを下さる方は、下の投稿にお願い致します!♪
[PR]
by mariko789 | 2012-08-25 11:02 | Nikon coolpix P510 | Trackback

Nikon CoolPix P510 背景をぼかす


f0053297_12212163.jpg


コツを飲み込んでしまえば、できることなのでした。


【 CoolPix P510で背景をぼかす簡単な方法 】

1) SCENE →MENU →クローズアップ に設定
2) 被写体の大きさにもよるけれど、4~5メートル以上離れて、
   光学ズーム42倍(1000 mm相当)いっぱいか、それ近くまでクローズアップする。
  

ただし、なれないうちはなかなかピントが決まらない。背景の一部にピントが来てしまったり。
慣れてくると、この被写体の大きさでこの距離なら、このくらいのズームと、勘で判断できるようになります。
約4週間、ずっとP510と親しんでみて思ったこと。
旅のお供には最適。
重くて交換レンズが何種類も必要な一眼は家に待機させるべし。
まだまだP510の機能を使いきっていない私、これからじっくり探検させていただきます。
買って良かった!



   眼に映る ダチョウの視点に 未来あり     詩楽麿

   酷暑越えシリア戦乱治まらず 
        ダチョウでさえも先を見るのに      詩楽麿






f0053297_12381640.jpg


   









f0053297_12404140.jpg


   









f0053297_12422162.jpg




   

   呼び合うてどこか哀しき秋の蝉        よし

   星飛ぶや従いていけぬが恨みなり      よし

   一葉落ちまた去る者も来る者も        よし

   ふるさとの山を思へり盆の唄          よし

   ふるさとの松原橋や茄子の馬         よし

   我が背なに盆のとんぼが飛んでくる     よし

   ふるさとに寄る辺少なし終戦忌        よし

   稲妻と添い寝の夜半も束の間で       よし

   雷親しどこか寂しき秋の夜は         よし

   駅出でて裏道なりきこぼれ萩         よし

   狼の尻尾も混じる枯芒             よし 





◎留守中にも、コメント欄にお仲間の方々から俳句や短歌、コメントを寄せていただきました。
 久々にブログをあけてびっくり。
 休暇とはいえ長旅では色々な困難もあり、疲れた心身にどれほど元気を頂いたことか。
 本当にありがとうございました。






 【COOL PIX P510  撮影テスト シリーズ こちらの末尾に順次リンクしています】

1) 2012年7月12日 Nikon CoolPix P510 買いました (ズームのテスト)

[PR]
by mariko789 | 2012-08-24 12:51 | Nikon coolpix P510 | Trackback | Comments(48)

パブストリートの花売娘 @カンボジア

(08月03日 23:55分投稿)

ただいまカンボジアのSIEM REAP(アンコールワットのある街)に居ります。
雨季のせいか、朝晩はとくに肌寒いほどの気候、とっても過ごしやすい。
到着した日(28日)は、飲みすぎの夫がホテルの部屋に入るなり寝込んでしまい
夜になってやっと街に繰り出しました。
パブストリートという、繁華街です。

和食の店に入り、ちらし寿司など注文し、ホテルで貰った地図を広げる。
地図のトップにある広告が目に飛び込んできた。
『子どもと性行為をするのは犯罪です』
そんな当然のことを、わざわざ広告しなければならないなんて。

軽いショックを受けていた私の傍に、つかつかと少女が歩みよってきた。
「お花を買ってくれない?」
ふと彼女を見ると、とっても可愛い。
私は$1札を出し、「撮ってもいい?」と尋ねた。
「いいわ」彼女はカメラ目線をくれた。

f0053297_23402295.jpg


「ホテルの部屋には飾るところもないし、花はいらないだろう」
夫が言うと、花売娘は夫の目の前に人差し指を振り「ノー!」
そして薔薇の1輪を私に差し出した。
私は、彼女のプライドを受け取った。


==============================

     かなかなの鳴いて夕闇迫り来る    よし

     街角の花売娘(麗門) 薔薇の笑み(d12taka)

     頑なに歌は詠わず月愛でる姫     よし

     異国でも バラの伝える 美は一つ    詩楽麿

     人の世の 雑踏の中 花売りて 
          花への思い 少女伝えし    詩楽麿

     秋立つや朝の風など連れ帰り        よし


===============================


◎たった今、画像をアップして気づいたのですが、彼女の後に「東日本大震災復興支援Tシャツ」のチラシが貼ってあります。感謝ですね!

(写真:Nikon CoolPix P510 手持ポートレート。撮りっ放し。エキサイトブログの画像自動圧縮)
[PR]
by mariko789 | 2012-08-03 23:55 | Nikon coolpix P510 | Trackback | Comments(82)

行ってきます。

7月27日
明日の午後から4週間、夫の夏季休暇旅行の付添で出かけてきます。
知ってる人は「またか」と思うでしょうけれど、その通り!酔っ払い介護旅行です。
夫にとってはトラベル
私にとってはトラブル

行く先は、まずカンボジア。
私にはアンコールワット!
夫にはアルコール、ワッと!

その後は、またまたタイです。
バンコク、チェンマイ、ホアヒン2箇所。
久々のチェンマイも楽しみ♪

考えてみたら、前回3月にタイで撮った写真の殆どをまだアップしていないのでした。
イスタンブールのインパクトがあまりに強く、吹っ飛ばしていました。
印象が薄れないうちに、一つ下にアップしておきます。
興味のある方は、More をクリックしてご覧になって下さいね~♪
ではでは暫くご無沙汰すると思いますが、
皆さま、お元気で夏をお過ごしくださいませ。
行ってきます!

          

          目が合えばボーイ寄り来る避暑ホテル   issyo

          玉の汗何を買うのか忘れたり         よし

          潮浴びや浮かぶ小瓶のなかの文(ふみ)   流星

          人魚らの歌に誘はれ潮を浴ぶ      流星

          寺の塔 登りよいよい あと怖い     銀河王子@アンコールワット

          滝壺に大いなるもの住む如し     よし

          千駄木や猫が手招く百合の路地    よし

          夏季休暇 立場代われば 思い別     詩楽麿

          身を任す 定めの流れ ほろほろと
                行き着く先に 花ぞ有りなむ     詩楽麿

          この夜は月に染まりぬ水芭蕉         よし



More
[PR]
by mariko789 | 2012-08-03 21:04 | Nikon D80 | Trackback | Comments(66)