always over the moon

<   2012年 04月 ( 14 )   > この月の画像一覧

PicMonkey で レタッチ!

私はもうずっと縮小からレタッチ、文字入れ、ぜんぶPhotoScapeでしていて、とっても気に入っています。
画質もさほど落ちないですし。

ですが、今日は新しく見つけた PicMonkey を試してみました。無料です。
英語ですが簡単な英語なのでOK!
ダウンロード不要、サイトに飛んだらすぐトライできます。
縮小やトリミングや様々な補正などはもちろん、レタッチの種類は沢山あるのですが、
今回はその中の幾つかをアップしてみます。
皺取りなどの顔レタッチも興味深いですが、それはまたいずれ~。
写真は、特徴の無い風景画像を使ってみました。ホアヒンの水上マーケットで撮影したものです。



       

       画像庫の 春の花々 握りたし            詩楽麿

       彼方にありし いとしの人の 画像とて 
                  立体浮遊 いつか抱かむ     詩楽麿

       ネオン降る一夜は雨か余花の宿             よし

       パソコンのソフト使えず春愁ひ             麗門

       着ふるしの紬しなやか荷風の忌            流星

       連れだつて目刺は空を飛ばんとす           流星
       



1) 元画像。撮りっ放しを縮小しました。
f0053297_13453856.jpg






2) orton でレタッチ。
f0053297_19361225.jpg


◎続きは More をクリックしてね♪

続きを読む
[PR]
by mariko789 | 2012-04-29 14:06 | retouch/anima/paint | Trackback | Comments(42)

花菜 :俳句

 


        ゆく父の舟は花菜の岸を離る  流星
               (ゆくちちの ふねははななの きしをかる)

                離(か)る=離れる(古語)

                季語: 花菜、菜の花、菜種の花  【春】 植物   





f0053297_1348898.jpg


                菜の花の岸を離るる父の舟    流星

             
 
              餓鬼となるわが末おもふ友霞    日野草城(toboさまよりご紹介)

              想い出は今は昔の花の雨      よし

              ジーンズの膝すりきれて夏隣     麗門

              ひれふして祈れば兆す穀雨かな   流星

             一言の メモに残りし 胸の内 
                     静心なく 桜散るらむ     詩楽麿

             黄泉の花 永久に咲きたれ 川沿いに   詩楽麿

             菜の花の上に地蔵の頭かな          与太郎




あの世って果たしてあるのでしょうか。

ちょうど父が亡くなる一年前のことでした。
父は北海道をドライブ中に大きな交通事故に巻き込まれ、あわや一命を落とすところだったのです。
あとから聞いたのですが、救急病院のベッドで意識不明の状態のときに、父はあの世の淵まで行ったのだという。

  あれは菜の花だったのかなぁ。黄色い花が一面に咲いていてね、それはもういい心地なんだよ。
  その向こうには川が見えてね。川向こうはもっといいところのように見える。
  行こうと思ったんだ。川向こうへ。
  と、そのとき〇子の声がしたんだ。「お父さん、お父さん」って呼ぶ声が。
  それでハッとこちら側に戻ってきた・・・

どこにでもあるような「あの世から帰還」のお話と瓜二つ。
けれどそれから心不全で亡くなるまでの一年間、父は人が違ってしまった。
それまでは、わがままで自己中心だったのに、それ以後は家族思いの好々爺になった。
まるで長い間、家族を省みなかった罪を償うように・・・。

国際結婚をしている私のことも随分心配してくれた。
おりしも亡くなった日に、郵便局から関西土産の小さな壷を送ってくれていた。
それを開けたのは、お葬式もすんで私がロンドンの家に帰ってからだった。
壷の入った箱にメモが忍ばせてあった。

  つらかったらいつでも帰ってこいよ。

父が亡くなったのは十一月だったけれど・・・
春のように菜の花が一面に咲く岸から旅立っていったのだろうか。。


◎コメント欄は閉じています。句を下さる方、お話がある方は、下のコメント欄にお願いします。

 
 
[PR]
by mariko789 | 2012-04-26 14:21 | Nikon D80 | Trackback

句帳に句空欄のまま百千鳥  幻椏句



       句帳に句空欄のまま百千鳥   幻椏
           (くちょうにく くうらんのまま ももちどり    げんあ)
         
            季語: 百千鳥(ももちどり)   【春】 動物





f0053297_15392683.jpg


            

            囀りが好きで天まで行きし母       喜代女 (toboさまよりご紹介)

            百千鳥旦那は俳句オンチなり      tobo (ご明察!)

            揚羽蝶 目覚しきかな 殻離脱      詩楽麿

            願いしも 栄枯の暦に 臨めぬや 
                   頬掠めたる 春に偲ばむ   詩楽麿

            夕暮れに陽を映したる樝(しどみ)あり    よし

            金銀の嘘を重ねし月日貝           流星

            手を放るゴム風船の鳥と化し         流星

            さんざめく百千鳥にも百八つ         流星 (旧句)

            鶯も雀も鳴くや庭の竹             与太郎






「もう疲れちゃって疲れちゃって・・・。仕事がキツ過ぎるのか。それとも歳なのかなぁ」
言いつつ夫の視線は、テーブルの上の書類とIpadとテレビの画面を行きつ戻りつしている。
「そんなに疲れているなら寝ればいいのに。」
「やだね。仕事から帰ってメシ喰ってただ寝るだけじゃ生きている意味がないじゃないか。」

このところ夫の勤務シフトが早番になっている。
朝6時半に出勤して、帰宅するのは午後2時半。
夫も私も朝の5時には起きなければならない。
なのに夫は夜11時過ぎまで書類の整理をしながらテレビを見ている。
その間、私も傍に控えていなければならない。珈琲を淹れたり食事やスナックを用意したり話し相手になったり。

そのあとようやく私の至福のとき、寝ながら読書。。
以前は本が睡眠薬代わりになっていた。30分も読んでいればコトリと眠ってしまったものだった。
それがこの10日ばかり全く眠れなくなっている。
本を閉じても目をつぶっても、夜中の2時までは眠れない習慣がついてしまった。

それなのに朝は5時に起きるので、毎日睡眠不足が続いている。
頭がぼーっとして俳句どころではないのである。
(ここでやっと本題に入ったゾ)


上の幻椏さんの俳句 「句帳に句空欄のまま百千鳥」 を拝読し、これは私そのものだ!と膝を打った。
幻椏さんのような俳句の大先輩でも、詠めなくなるときもあるのかしらん・・・
しかし、詠めないということを詠んでいるのは、流石。

幻椏さん、御句を貸してくださりありがとうございました♪ 
[PR]
by mariko789 | 2012-04-24 13:40 | Nikon D80 | Trackback | Comments(61)

ボツ写真集 ケンクラチャン国立公園 (4) @タイ

さて今回が最終回の、ケンクラチャン国立公園。 <Kaeng Krachan National Park>
どーんとボツ写真を並べてみます。
ピンボケ写真、つまらない写真、惜しい写真、etc …
(皆さまからご注目いただいたものに ✿ をつけてみました。ありがとうございます)



1)とんぼ。 ✿✿
f0053297_12221398.jpg



      

      暦知らず 春を迎えし イグアナよ        詩楽麿

      数知れず 樹林に生きる 生命の 
                息吹さえも 落花流水      詩楽麿

      誰も彼も眩しき思い出リラの雨           よし

      ジーパンの膝に破れめ春暑し            流星


◎続きは More からどうぞ♪

More
[PR]
by mariko789 | 2012-04-22 12:42 | Nikon D80 | Trackback | Comments(26)

ケンクラチャン国立公園 (3) @タイ

ずいぶん長く引っ張っているケンクラチャン国立公園。
もういいよ、と言われそうですが、あと二回アップさせてね~♪

今回は写真だけよ。
で、画像を大きくしてみました。
このスキンだと、最大の横幅どのくらいまでいけちゃうのかしら。
今回は、横幅800+で実験してみます。
大きさで印象が変わるかな?
*コメント欄で皆さまから頂いた票をにしてみました。感謝♪


1) キャノンボール・ツリーの花。(Nikonデジイチ) ★★★★★★★★
f0053297_1329325.jpg



       

       雛罌粟や靴下白き女学生     よし

       あのヤモリ 殺してくれろと 姫がいう     銀河王子

       この一瞬 春を留めしカメラかな       詩楽麿

       見向きされ写る姿を知らねども 
             写すカメラに 花「気」を贈る    詩楽麿 


◎続きは More をクリックしてくださいね♪

More
[PR]
by mariko789 | 2012-04-18 13:45 | Nikon D80 | Trackback | Comments(46)

薄着して風の心地や宵の春  与太郎句


            薄着して風の心地や宵の春  与太郎
            (うすぎして かぜのここちや よいのはる)






f0053297_058372.jpg


季語:宵の春   【春】


★ お仲間の与太郎さんのお句に、私の画像のコラボレーションです。与太郎さん、感謝です♪


◎コメントを下さった皆さまへ。
与太郎さんからのお返事が一番下にありますので、ご覧下さい!





         

         リラ咲いて永き溜息ありにけり   よし

         牛蛙大きな犬を通せんぼ      よし

         燕(つばくらめ)よ此処も今年はトタン屋根   与太郎

         燕(つばくらめ)やぬれ足ならぶ舟べりに     与太郎

         自衛隊 スカットミサイル 迎撃も 空中分解 線香花火    詩楽麿

         のどかさに 青空仰ぐ 花見かな                  詩楽麿 

         若草や 捨てゆく旅の 夢いくつ (与太郎)
                      残る足跡 花飾りたし            詩楽麿

         若き日の思い出されて春の燭            よし


◎もう一句&与太郎さんの返信、Moreをクリックしてご覧下さいませ♪

More
[PR]
by mariko789 | 2012-04-16 01:09 | Nikon D80 | Trackback | Comments(31)

コンデジでもマニュアルモードが、面白い・・・か?

ふだん、コンデジってシーンセクションかオートで撮ってますよね
私はそうでした。
しかし、コンデジのダイアルをよくよく眺めてみたら、M(マニュアルモード)もついていました。
ところが、取説を開いて最初から最後まで読んでみたところ、M に関する記述はないのです。
要するに、あるにはあるけれど、使わないほうが身のためだよ・・・みたいな?
とはいえ、シンプルに出来ているコンデジの背面、あれこれ弄っているうちに、わかりました。
シャッタースピードや f値を変える方法。




ソニーコンデジ (DSC-HX5V)
《M マニュアルモード》 



★f/3,5       ★露出時間 1/8秒      ★ISO-1600
★フラッシュなし(強制)                ★ホワイトバランス オート
f0053297_1363557.jpg




★f/8       ★露出時間 1/5秒      ★ISO-1600
★フラッシュなし(強制)               ★ホワイトバランス 電球
f0053297_138367.jpg




かなりの枚数を撮ってみたのですが、家の中なのでプライバシーが写り込んでいてアップできません~(汗
ホワイトバランスも、数ある設定によっては、黄色っぽくなったり、赤っぽくなったり、なかなか面白いです。
それと、コンデジは、どのような設定にしても、ピントが合いやすく、、
もっと言うならピントのほうから歩み寄って合わせてくれる感じです。
そこが一眼とは違いますよね~。
コンデジで、当たり前に撮れた写真ではなく、個性のある写真を撮ろうと思ったら、マニュアルがいいのではないか。
コンデジこそマニュアルで撮ると面白い、、これが今回のテストの結論です。

More
[PR]
by mariko789 | 2012-04-14 14:06 | Sony Cyber-shot G | Trackback

室内マクロ撮りテスト

昨夕のテスト。実験なので、加工修正一切なし。
三脚&リモートコード使用。
室内 蛍光灯点灯。ホワイトバランスは、色々試した結果、オートに決定。
露出補正あり。
カメラ : ニコン デジタル一眼 D80
レンズ : ニコール 50mm 1:1,8 
フラッシュ なし
<コントラスト 標準> <彩度 標準> <鮮明度 ソフト>
被写体が、いかにもテキトーで恥ずかしい・・・。実はグラスが乗っているテーブルは茶色(*_*;
 

◎ 自分用のメモ代わりです。写真に興味のある方は More で、ご笑覧くださいませ。
   コメント欄は閉じています。


More
[PR]
by mariko789 | 2012-04-13 14:42 | Nikon D80 | Trackback

幻だったのか

いつのまに眠ってしまっていたのか。。
トレッキングから帰ってきてランチを食べて、、、ベッドに寝転がり本を読んでいたのに。
ふと頭から沈んでいくような、不安定な心地になり目が覚めた。
水でも飲もうか・・・
ベッドを離れ、リビングの窓際にひっそり置かれた舟形のソファーを、なにげなく見た。
なぜか視界が傾いて見える。奇妙だ。


あっと息をのむ。
彼はあの頃と少しも変わらない笑顔でそこにいた。

彼は微笑んだまま、すうっと音もなくドアを通過してゆく。
「待って!」 
私は声にならない叫びをあげ、彼のあとを追った。
f0053297_1333948.jpg


            

            覚めたるに像を結ばぬ春の雨       よし

            真昼月 追憶招き 春を呼ぶ        詩楽麿

            過ぎ去りし 記憶の彼方 旅立ちし 
                    君との語り 月花に求む     詩楽麿

            翔べるなら春らんまんの墓のもと        流星



 (続きは More  をクリックしてくださいませ。)

More
[PR]
by mariko789 | 2012-04-11 13:42 | Sony Cyber-shot G | Trackback | Comments(60)

若草 :俳句



         若草に颯と斬られし指の腹   流星
            (わかくさに さっときられし ゆびのはら)






f0053297_13345552.jpg


       季語: 若草(わかくさ)  【春】 植物


いろいろな想いを込めた句です。深読みしてください。



◎コメント欄は閉じております。お話のある方、句を揚げてくださる方は下のコメント欄にお願い致します♪


             

             若草の 芽の惻隠に 目覚めたり     詩楽麿          

             春来たり 草木に光る 朝露に 
                     心和みし 孤老の散歩    詩楽麿

             触れてみよ憂ひ薊に多かりき       静魚 (tobo様よりご紹介)

             触れてみよ憂ひの薊熟女なり        tobo

             各々が命を抱ふ海胆の棘           よし

             我が犬と 添い寝て永の 別れかな      銀河王子

             若草や捨てていく旅夢幾つ          与太郎


[PR]
by mariko789 | 2012-04-09 13:39 | Nikon D80 | Trackback