always over the moon

<   2012年 03月 ( 12 )   > この月の画像一覧

佐保姫  :俳句



    佐保姫はゆるり絵具を溶いてをり  久遠 (旧:流星)
 (さほひめは ゆるりえのぐを といており)

f0053297_12531097.jpg


季語:佐保姫(さほひめ、さおひめ)  【春】 時候
    春の野山の造化をつかさどる女神 (by 角川季寄せ)


◎タイ旅行前の、「薄氷」の句に添えた句ですが、改めてアップします。
 画像は、南タイの、ケンクラチャーン国立公園にて。
  すみません、コメント欄は閉じております。


      

      稲魂も 風に吹かれて 舞う夜かな    銀河王子

      つむじ風吹けばふくらむ春の服     流星

      風のなか桜咲きたる畑哉         与太郎

      菜の花に小さく見ゆる人の影       与太郎

      庭かげに芍薬赤き芽出しかな       与太郎


[PR]
by mariko789 | 2012-03-31 13:00 | Nikon D80 | Trackback

吻づけの舌ほろ苦し しゃぼん玉 : 俳句

実はタイから帰ってきてから、鼻風邪をひいてしまいました。
とにかく鼻水が止まらず、皮膚の弱い私は、またもや鼻の下が真っ赤に腫れ上がってしまいました。
昨日あたりからようやく収まってきたのですが、腫れは一ヶ月くらいはひかないかも。とっても痛いし。
そういえば、去年の秋、南京虫に噛まれた跡も、まだ顎にくっきり残っています。一生消えないのかな(/_;)


どうやら私の偽者が、交流させて頂いてないブログにコメントをしているらしく、、
それもちょっとひっかかります。
(教えてくださった、ことだま様、三条様、ありがとうございます)
偽者さんは、なんで私のこのブログのURLをリンクしてコメントしているのでしょう。
それはどんなコメントなのでしょう。誹謗中傷のコメントでなければよいのですが。。


タイから、日本の友人と、この自宅に出した郵便物が届かないのも気になります。
2月末に届くように姑たちが送って下さった私のバースディ・カードも、ついに届かぬまま。
3月21日だった夫のバースディ・カードはぜんぶ届いたのに。。

どれもこれも命にかかわるわけではなく、、、しゃぼん玉のような出来事ですけれど・・・・。。


f0053297_1265743.jpg



     吻づけの舌ほろ苦し しゃぼん玉  久遠 (旧:流星)
      (くちづけの したほろにがし しゃぼんだま)

       季語: しゃぼんだま、石鹸玉(しゃぼんだま)  【春】 生活



       

       山覚めて太古の波を懐かしむ      よし

       筑後路や日うららかかな春の風     与太郎

       口づけを したいけれども 相手いず   kingminoriu

       見つからぬほど深入りす 蕨狩       久遠(旧:流星)

       菊分つ宇宙(そら)へ旅立つ箱舟に    久遠(旧:流星)

       風なびき 桜の蕾 吻づけす        詩楽麿 

       永久なりし思いを抱き道辿り 
           戻る事なき過去に吻づけ       詩楽麿


[PR]
by mariko789 | 2012-03-29 12:15 | Nikon D80 | Trackback | Comments(52)

雪解川(ゆきげがわ)  :俳句



f0053297_11234142.jpg



     人魂のぷつんと消ゆる雪解川   流星
    (ひとだまの ぷつんときゆる ゆきげがわ)

       季語: 雪解川(ゆきげがわ)、雪解(ゆきどけ、ゆきげ) 【春】 地理




◎画像はタイにて撮影。たますだれ。桜姫さま、教えて頂き感謝です!♪  
  すみません、コメント欄は閉じております。


         

         人生はこれだけですかと問うたれば
                      庚申塔の蟻笑ふなり     よし

         亡き友の句を読む春の別れかな         与太郎

         雪崩ゆく好きな人から順ぐりに        流星

         声に出せば胸張り裂ける雪崩かな      流星

         雪解川 足を取られし 野道かな       詩楽麿

         鐘の鳴る寺に臨みて祈念する 
                春を慕いつ鈴鳴らしたり      詩楽麿




     
[PR]
by mariko789 | 2012-03-29 11:26 | Nikon D80 | Trackback

夫の恋ふ乙女うるはし花杏

覚えていらっしゃる方も多いと思いますが、夫の恋。
お相手はアルアインの女子大生。
やはり住む国が違ってしまうと、なかなかうまくいかないようです。
出会ったときは同じ学校の教師と生徒。そのころは毎日のように逢えたのでしょう。

それから夫の職場が変わったけれど、一度カフェで逢いました。
と言ってもイスラム教のお嬢さんですから、二人っきりでは逢えません。
彼女は妹弟を引き連れ、私は夫に頼まれて付き添って行きました。
私は彼女と話し、夫は妹弟と話し、、、
時々じーっと見詰めあう夫と彼女の視線が眩しかった。
夫は、彼女に対する愛は「娘へ」のもの。私への愛は「妻へ」のもの、
と言うけれど、実際の娘でない限り、紙一重だったと思います。
彼女も夫への愛は「父へ」のものと言い、「ダディ」と夫を呼んではいましたが。。

このところ、二人の雲行きが怪しくなってきました。
「逢いたい」という彼女に、「忙しくて逢えない」という夫。
二人の電話のやりとりを、聞くともなしに聞いてしまったのです。
確かに私と二人で飛行機に乗って逢いにゆくというのでは容易ではありません。
それでも「逢いたい」と言い募る彼女に、一途なものを感じてしまう私なのです。


f0053297_1229512.jpg



    夫の恋ふ乙女うるはし花杏   流星
     (つまのこう おとめうるわし はなあんず)
     季語: 花杏 【春】 植物



☆恋文☆(TBさせて頂きました♪)

       

       去りたるや 時の間に間に 春数え          詩楽麿

       同化する夫妻の明日に語る月 
                 幾多の記憶 無言のままに      詩楽麿



◎画像はタイにて撮影。トケイソウ(時計草)。桜姫様、教えて下さりありがとうございます♪
  すみません、コメント欄は閉じています。
[PR]
by mariko789 | 2012-03-28 12:37 | Nikon D80 | Trackback

ドゥシット動物園 @バンコク

今朝、大トカゲの画像をアップしたところ、爬虫類は苦手!というコメントをいくつか頂きました。
大トカゲ、かわいいと思うけれどなぁ。。
私も蛇は苦手ですが、トカゲはわりと好きかも♡

ともあれ、お口直しにドゥシット動物園の園内の画像などアップしてみます。

緑豊かなこの動物園、園内の中心には大きな池もあり足こぎボートが大人気。
私も漕いでみましたが、見るとするとは大違い。
足が疲れて疲れて、30分がとっても長く感じました!

f0053297_1754964.jpg


More(続きはこちら~)
[PR]
by mariko789 | 2012-03-27 17:19 | Sony Cyber-shot G | Trackback

ドゥシット動物園の、大トカゲ

動物園ラブのわたくし、今まで世界各国の動物園に行きましたが、、
ここ、バンコクのドゥシット動物園ほど、ゆる~~~いところはなかったです。

普通は檻の中が見せ場の動物園ですが、ここは檻の外が面白い。
だって、こんな子(大トカゲ)が、そのへんの芝生をのっそりのっそり歩いているんですよ。
みんながお弁当を広げている、すぐ傍を。。

f0053297_112232.jpg


         

         ワニさえも 道行く人に 春告げる            詩楽麿

         さらされて ワニの思いを 探りつつ 
                  見つむる顔に 語らず過ぎず      詩楽麿

         ビターチョコ買うて帰れば春の雷             よし

         きゃああ!!かわい? 流星さんは 巳年かな?   idea-kobo

         家なくば目に面映ゆし苗木市        流星

         花馬酔木いっぷく盛られて恋に落ち     流星

         ままごとの皿に盛られしつくしんぼ      流星


 

More(続きはこちら~)
[PR]
by mariko789 | 2012-03-27 11:14 | Sony Cyber-shot G | Trackback | Comments(26)

沫雪(あわゆき)① :俳句




    流れ弾なら沫雪に紛れてる  久遠(旧:流星)
    (ながれだまなら あわゆきに まぎれてる)




f0053297_11441354.jpg


季語: 沫雪(あわゆき)、淡雪、牡丹雪  【春】 天文

この句は、タイ旅行の前に詠んだものですが、時間切れでアップできませんでした。
遅ればせながら。。。
コメント欄は閉じています、sorry!
お話のある方は、下の「わたしは、なかむらさんです」のコメント欄にお願い致します♪

         
           
 
             良く回るどこの風やら風車      よし

             掌に載せてみたきは海胆の棘    よし


[PR]
by mariko789 | 2012-03-25 11:49 | Sony Cyber-shot G | Trackback

春の泥  :俳句



          ガーターに挿む札びら春の泥   流星     
            (がーたーに はさむさつびら はるのどろ)




f0053297_11373375.jpg


季語:春の泥、春泥(しゅんでい)  【春】 地理

この句は、タイ旅行に行く前に詠んだのですが、時間切れでアップできなかったものです。
遅ればせながら。。
コメント欄、閉じています、sorry!
[PR]
by mariko789 | 2012-03-25 11:42 | Nikon D80 | Trackback

わたしは、なかむらさんです

その人は日本語が喋りたいのです。
で、パスポートで私が日本人と知ると、さっそく始めた。
「こんにちは。おげんきですか。」
「はいはい、げんきです」と私。
「ひとりですね」
「・・・・」私。
「わたしは、なかむらさんです」と彼。
アナタが中村さんなら、私はモハメドさん?と内心つぶやく私、にっこり微笑んで。
やれやれ。
これは、カタール空港から出発するさい、イミグレの係官との会話。
係官はもちろんカタール人で、スリムでハンサムな男性でしたが、なにか間違っている。

f0053297_13581190.jpg


搭乗時間になり、ゲートに行くとフランス人らしき中年がこちらをじっと見ている。
は?と思っていると、ウインクをしたのだ、奴は。
へ?と思って回りを見渡しても私しかいない。
と、かの中年は、「君だよ、」と言うように顎をしゃくり、再びウインクしたのである。
イタリア人やフランス人の中年は、女一人とみると一応何か反応したくなるのだろうか。
サービス精神なのかもしれないが、東洋の女はぎょっとするだけなのだ。


このように私のタイ旅行はスタートを切ったのでした。

◎写真は、タイのホアヒンにて。タイの少女時代のみなさま。キュート♥


         

          醒めてなほ左右を見たり春の夢      よし

          ウインクの 稽古し過ぎて 引き攣れる   銀河王子

          旅すがら 春の列車に 乗り遅れ       詩楽麿

          辿れども 戻れ青春 声むなし
                 時を刻みし 旅の間に間に    詩楽麿

          息吹けば野蒜は微(そよ)と震えけり     流星

          投げ棄てし女体とろける陽炎に        流星

          口づけの舌ほろ苦きしゃぼんだま       流星


[PR]
by mariko789 | 2012-03-23 14:15 | Nikon D80 | Trackback | Comments(54)

合鍵を握りしめてる春手套 :俳句

夫の三連休がやっと終り、ほっと一息。
24時間ずっと監視されるというのはほとほと疲れます。
とくにパソコン、携帯電話、ipadで私がブログやツイッターを覗くのが、いたくお気に召さない様子。
彼は家に居る間はずっとテレビを観ているのですが、私にも一緒に観て欲しいのです。
そしてひっきりなしに話しかけてくる。
番組関連の話もあれば、次の休暇旅行の話もあり。
言うなら音声多重放送。
もちろん傍で私も見てはいるし、話も聞いていますが、
ともすると俳句とかご飯のおかずとか、その他いろいろな雑念が入り込んできます。
そしてパソコンこそ出来ませんが、携帯やipadをこっそりONする。
「君が老け込んだのは、ブログを始めてからだ」
「ツイッターなんか、止めてしまえ。何が面白いんだ」
「俳句も止めてしまえ。一銭にもならないことに熱中して、時間の無駄とは思わないのか」

たしかにねぇ。。
しかし、私にも私だけの世界がほしい。
たとえスクリーンを見すぎて目が悪くなっても、目の周りの皺が増えても。

f0053297_1344287.jpg


          合鍵を握りしめてる春手套  流星
(あいかぎを にぎりしめてる はるしゅとう) 季語:春手套 【春】 生活


       

       タイ旅行 なぜか鍵コメ 増えるなり    銀河王子

       あっさりと雛片付くや雨の降る       よし

       生きてればあの子は七つ花かんざし   流星

       火あぶりす雪代山女に化粧塩       流星

       孤高の木めがけて落ちる春の雷      流星

       上海の袋小路の啼合(なきあわせ)    流星

       春手套 やっぱりはめんと さむかねえ   idea-kobo

       春めきて 食に花添え 和みあり     詩楽麿

       待ちわびし 春の到来 幾久し 
                   病に倒れ 天井仰ぐ  詩楽麿



野暮用があり、8日から二週間余、タイへ出かけます。
今回はタイでもいちばん大きいといわれている国立公園にも寄りますので、
美しい自然をたくさん撮ってこようと思ってます♪

しばらくブログは更新できないかも知れませんが、折々に皆様のブログは遊びに行きますね~
けれどコメントは難しいかも(汗

さて今日から出かける準備です。
お部屋のお掃除とかお料理の作りだめとか・・・ね!
[PR]
by mariko789 | 2012-03-05 13:56 | Sony Cyber-shot G | Trackback | Comments(60)