always over the moon

<   2012年 01月 ( 17 )   > この月の画像一覧

青女(せいじょ) :俳句

 
    青女一群電子レンジにかける  久遠 (旧:流星)
         (せいじょいちぐん でんしれんじにかける)

         季語:青女(せいじょ)、霜、朝霜、夜霜、、、【冬】 天文

f0053297_10363638.jpg


        

        デジタルも 時には違い なかろうに   銀河王子
        
        峠道遠く誘うは雪の雷     よし

        中冬に降り立つ青女うるわしし    詩楽麿

        言葉なく愛しさ耐えて指を咬む
             君の姿に背を向けられず    詩楽麿 

        2×る ちょこっと足りん 3×る~    idea-kobo

        霜枯れの草木まばゆき朝日かな      与太郎

        真っ赤なる日出て光る畑の霜       与太郎

        秋思なら電子レンジにかけてある   (櫂未知子氏)

        電子レンジに一分かけて糸ほどく    (加藤ミチル氏)






       深爪の小指の爪を噛んで凍つ   流星
             (ふかづめの こゆびのつめを かんでいつ)

           季語:凍つ(いつ)、凍む(しむ)、氷る、凍空、、、【冬】 時候

f0053297_10411961.jpg



◎画像は昨日自宅にて。二つの同じ時計を撮影。最初の画像は後背暈け。二枚目は前方暈け。
 レンズは、NIKKOR 50mm(1:1,8D)。仕上はphotoscapeで色をのせて、歪めてみました。
 このレンズ、使いこなせるようになりたいです。ポートレート向けなんですよね!
[PR]
by mariko789 | 2012-01-29 10:53 | Nikon D80 | Trackback | Comments(48)

諦観

ずいぶん苦労してきたみたいだね。君の手。。





f0053297_12422474.jpg



なにを考えているのかな。。
「なにも考えちゃいないさ。ちょっと顎が痒いだけ・・・」

f0053297_12443177.jpg






     

     巾着のひとつ残りておでん種   よし

     泡々に具は煮つまりし一人鍋   流星

     三日目は頬杖ついて雪見酒    流星

     冬深しサウナのあとのハーブ・ティー   流星

     気持ち悪う~ 悪魔の手かと 見間違え…   idea-kobo

     魂の器変われど苦に追われ 
          手に刻まるる 苦節の日々よ    詩楽麿

     春菜さく畑の香り未だなし          詩楽麿

     三毛猫のうずくまりたる布団かな     与太郎

     干してある布団に猫の昼寝かな      与太郎

     短かさに布団を引けば猫の声        与太郎



More(ロバと、その檻に入っている猫)
[PR]
by mariko789 | 2012-01-26 12:50 | Nikon D80 | Trackback | Comments(42)

寒紅(かんべに)③ :俳句






     されど寒紅 少年の秘す地雷   久遠 (旧:流星)
         (されどかんべに しょうねんのひすじらい)


季語: 寒紅(かんべに)、丑紅(うしべに) 【冬】 生活
紅花から作られる紅は、寒中のものがもっとも良質だという。
特に丑の日に売り出される「丑紅」が珍重された。
俳句で詠まれるのはふつう口紅であることが多い。(角川 季寄せより)







f0053297_13365195.jpg





       

           裏口に母が居るよな丑の紅      よし

           寒紅や姉の化粧を盗み見む      麗門

           寒紅の色映したる君の頬       詩楽麿

           幾久し煩う床に寒紅の
                 かほり漂い頬も色めく    詩楽麿

           雪見酒この世のことはみな儚(はかな)   流星



母親の鏡台の引き出しの中に、少年は″それ″を見つけた。
リップスティック。。
おそるおそる蓋をとってみる。にょきっと飛び出てきたのは深紅の口紅。
「・・・なんだよ、こんな真っ赤な口紅。こんなのつけるのかよ・・・」
その赤色は、少年の母を″女″という別世界に連れ去ってしまいそうだ。
蓋を閉めたリップスティックを少年は握り締める。
こんなの、捨ててやる!
けれどそんな勇気はありそうもない。
しばし少年は鏡台の前で立ち尽くす。


思春期の少年の、大人の女性に対する懼れ・嫌悪感・憧憬が入り混じった複雑な想いを詠んでみたいと思いました。


『寒紅』は好きな季語で過去にも二度アップしています。

2009-12-21   寒紅でにくらしき背に烙印す     流星

2011-01-18    夫ならぬ胸に灯すは寒紅の      流星


◎コメント欄は閉じています。お話のある方、句をプレゼントしてくださる方は、下の記事のコメント欄にお願いします。
[PR]
by mariko789 | 2012-01-26 11:49 | Nikon D80 | Trackback

スキー・ドバイ

ドバイ(UAE)のエミレーツ・モール(Mall of the Emirates)に、世界最大の屋内スキー場があります。
その名も『スキードバイ』。


f0053297_1149314.jpg


1500人収容可能という大きなスキー場。スノーボードもできます。
標高 85 m / 25 m(標高差60m) 、幅80m、コース数 5本 、
コース面積 2.25ha 、最長滑走距離 400m 。
そして気温は、夜間はマイナス6度、日中はマイナス1度に保たれています。

スキー場は上の階ですが、
下の階にはとても一日では廻りきれないほどのお店が並んだショッピング・モールや
レストラン&カフェがあり、高級ホテルとも通路で繋がっています。
そして世界一高いビル、ブルジュ・ハリファにも激近です。
まさにドバイ観光/ショッピングのメッカとも言えるでしょうね!
そうそう、ドバイは、海外旅行客の買物売上高、世界一になったそうです。
さもありなん。
ドーハやアブダビからも買物客がどっと押し寄せていますし、
私自身、ドーハでは欲しい物が見つからないけれどドバイでは「あれも欲しいこれも欲しい」です。
同じお店でも商品のラインアップが違うのです。
もしかしてドバイの売れ残りを、ドーハに回しているとか?(汗)

f0053297_1281399.jpg

私たちはスキーもスノーボードもせず、実はレストランのガラス窓越しに、写真も撮ったのでした。
このレストラン、ホテルと繋がっているので・・・・
なんとアルコールが飲めるのですよ。
一般席とはカーテンで仕切ってあるのですが。。
お料理も美味しく(撮ったのですが重くなるのでアップしませんが)、夫はビールも飲めて、
私はスキー場をずっと見ることができて、ハッピーでした♪
それにしても、この屋内スキー場、リフトもあって本格的ですよね!

       

       新海苔の届き故郷の封を切る      よし

       まだ来ない春の音(ね)求め 雪恨めしや   詩楽麿

       積雪の覆う地面をこじ開けて 
            新芽顔出す時ぞ間近か       詩楽麿

       置き炬燵昔の時代に逆戻り    与太郎

       節電と昔使いし置き炬燵      与太郎

       かまくらを 脚立で作る 春の雪    銀河王子



ところで、昨日は暦の上の『大寒』。こちらカタールも北風びゅうびゅうで寒かったです。
(UAEは常夏ですけれど、カタール/ドーハの冬はわりと寒いの)
お昼に焼肉を食べに韓国料理店に行き、歩いて帰ってきたら寒いのなんの。
耳が冷たいのを通り過ぎ、痛くてたまらなくなりました。

   大寒のじんじん痛む両の耳  流星


お時間のある方は、YouTubeもどうぞ。1分です。


[PR]
by mariko789 | 2012-01-22 12:15 | Nikon D80 | Trackback | Comments(58)

小寒 :俳句



          小寒のホットケーキに蜜たらし  久遠 (旧:流星)
            (しょうかんの ほっとけーきに みつたらし)





  
f0053297_1220772.jpg



季語: 小寒(しょうかん) 【冬】 時候
(二十四節気の一つで一月五日ごろ。その日をさすと同時に、この日から十五日間をいう)角川季寄せ。


新春IT句会、『寒』の部の参加句です。開催して下さった事務局の皆さま、お世話様でした。
 ↓ 選んで下さった方々、ありがとうございました。とっても励みになりました。

特選:shanamama様
並選:きらり様、まろう様、雪うさぎ様、幻椏様

        

        狩の宿雪を背負いて犬帰る   よし

        下町は夜警に子供混じりをり  よし

        角巻の女の目尻濡れたまま    よし




実は、小寒から少しずれますが一月二十五日は「ホットケーキの日」です。
ちなみに一月六日は「ケーキの日」。
ホットケーキの日。寒い朝にはあったかいホットケーキでほっとしたい、判りますよね~
私が頂いたお店は、残念ながら撮影禁止なので、イメージ写真でアップです。
ホットケーキ、こちらではパンケーキというのですが、大好きです!♪
バターをぬって蜜(メープル・シロップ)をとろ~りとかけて!
あの蜜のとろ~り感を字面で表現したいと、そこにポイントを絞って詠んでみました♪

句会の三句連続アップで、皆さま食傷気味ですよね!(汗)
次回は、また趣の違う写真で、更新しますね~~♪

◎コメント欄、閉じてます。
 お話のある方、または「小寒」の句をプレゼントして下さる方は、下のコメント欄にお願い致します☆
[PR]
by mariko789 | 2012-01-20 12:36 | Nikon D80 | Trackback

初春 :俳句

              初春や産着くぐらす嬰の指  流星
                 (はつはるや うぶぎくぐらす ややのゆび)
                  季語: 初春(はつはる)  【新年】 時候


f0053297_0363485.jpg


新春IT句会、『新年』の部の参加句です。開催して下さった事務局の皆さま、お世話様でした。
 ↓ 選んで下さった方々、ありがとうございました。とっても励みになりました。

特選:雪うさぎ様、臥竜様、ルフレママ様、湘次様
並選:鮎太様、みどり様、shanamama様、うらら様、春旭様、
   あかね様、タケウマ様、和氣生様、ルプママ(ひらり)様、幢舟さま、reiさま

◎写真は、去年の12月に生まれたばかりの甥っ子です。
 晩婚だったJ兄(奥さんは20歳年下で、まだ若い♪)に、やっと授かった長男。
 最初にメールで送ってくれたのが、この赤ちゃんの「指」のアップの写真でした。
 羊水にずっと浸かっていたせいか、ちょっと皺っぽいお手々。
 その指を初めて産着にくぐらせたときの兄夫婦の感動はいかばかりだったか・・・。
 この句は、可愛い甥っ子にプレゼントしようと心をこめて詠みました。

       

       狐火やもしか祖母かと思われて      よし

       ややの指 何をおねだり してるやら   idea-kobo

       玉の手に産着の衣打ちかけて 
             全能の神に千代をこそ祈れ   与太郎

       春握る やや子の拳 未来かな     詩楽麿

       授かりし 命世に出で 育むは 
                 光のどけき 魂なりや   詩楽麿



◎お顔はこんなです。まだ顔立ちが決まってないですね♪
f0053297_0423237.jpg


 
これからも、日々の感動や喜怒哀楽を、俳句に詠みこんでいけたらな~と思っています。
皆さま、どうぞ宜しくお付き合いをお願い致します。

◎下にも、新春IT句会の参加句をアップしています。
 お時間のある方は、どちらかお好みのほうに一言残して頂けると嬉しいです。
[PR]
by mariko789 | 2012-01-18 01:05 | collaboration | Trackback | Comments(64)

初鏡 :俳句



f0053297_074780.jpg



     昇る日をあまねく海が初鏡  久遠 (旧:流星)
             (のぼるひを あまねくうみが はつかがみ)
              季語:初鏡(はつかがみ) 【新年】 生活


◎新春IT句会、『新年雑詠』に参加させて頂いた句です。
選んでくださった方々、ありがとうございました。とっても励みになりました。

特選:市堀玉宗さま、たんとさま、ひっちさま
並選:タケウマさま、青萄さま

市堀正宗さまから、まるでお年玉のような句評を頂きました。
「中々手慣れた作品。情景描写にすぐれていると感じました。気品もあり、上々の新年句かと思います。」
頂いた評に恥じぬよう、研鑽を積んでゆきたいと思っています。


                 

         年新た 水面に咲きし陽の花よ   詩楽麿

         行過ぎる日々の憂いを数えつつ
                人恋しさに 褪せる間もなし   詩楽麿

 


実は、この句の下敷きにしたのは、私自身の過去の句なのです。
2010年01月06日 鳥どちの海あるがまま初鏡   流星 (とりどちの/うみあるがまま/はつかがみ)
これからもまた、過去の句の練り直しも試してみたいと思っています。

◎画像はお日様が暈けてますが!おめこぼし下さいませ。
[PR]
by mariko789 | 2012-01-18 00:00 | Nikon D80 | Trackback | Comments(2)

ドーハ動物園 @カタール

昨日、ドーハ動物園に行ってきました。
我家からタクシーで20分ほどと近いのですが、エントランスの表示が道路に出ていなくて、
ぐるぐる廻ってやっと辿りつきました。
入園料は、大人5リアル(¥120)、子ども2リアル(¥50弱)。

UAEのアルアインでは総面積900ヘクタールという動物園に通っていた私たち、
ドーハの4ヘクタールという動物園は、ずいぶん狭く感じました。
それでも土曜日(休日)とあって園は子ども連れの家族で賑わっていました。
それなりに緑も多いし、大好きな動物はいるし、楽しかったのですが・・・
いかにせん、動物たちの檻が狭すぎます。ライオン、チータ、虎、みんな十分な運動もできないでしょう。
特にライオンの雄は、狭い檻の中で、いらついてドアを15分間もずっと前足で叩いていました。
あれでは発狂してしまうかも。。かわいそうです。
入園料を2倍にしてもいい(安すぎます)、もっと動物たちの施設を充実させてあげて欲しいです。
あ、外国人の私が、あまりこういうこと書くとまずいですね、、くわばらくわばら。。


デジイチを持ってゆき300枚近く撮ったのですが、使えるのは10枚未満かしら。
今回は、とっても可愛かったお猿の赤ちゃんをアップしますね♪
部分的に暈けているのは、金網です。金網越しだと焦点を合わせるのに苦労します。
レンズは300mmのタムロンの望遠です。

f0053297_1051423.jpg







    親子連れ猿も何時まで共に生く 
          残る絆の 永久を願いし    詩楽麿

    朧月 絆頼りの 人何処           詩楽麿

    あばら屋を炭団ひとつが守りけり        よし

    真っ赤か 元気な証拠と 一安心      idea-kobo



お母さんと一緒のところは、こんなです。お母さん、お尻が赤いですね!

f0053297_10544418.jpg


★ドーハ動物園(2)・諦観(ゴリラ&檻の中の猫)
[PR]
by mariko789 | 2012-01-15 10:56 | Nikon D80 | Trackback | Comments(37)

初電話 :俳句






f0053297_1021697.jpg






  切れそうで切れぬ縁や初電話  久遠 (旧:流星)
        (きれそうで きれぬえにしや はつでんわ)

   季語:初電話(はつでんわ)  【新年】 生活 (新年になって初めての電話)



画像は昨日撮った、ドーハ動物園の犀と、その背中のマイナーバード。
この小鳥ちゃんは、犀の背中の皮膚病の箇所を啄ばんでいるのか、虫を食べているのか・・・。
お互いに持ちつ持たれつの関係なんだと思います。
切れそうで切れぬ縁のお二人さん♪

先日、日本の長姉に初電話しました。
彼女の話題は、もっぱら美容と健康。
20分、30分と時間が経過するうちに、国際電話だし、もう切らなくちゃ・・・
と思いつつ、姉の話の面白さに引き込まれ、つい1時間近くも喋ってしまいました。
滅多に電話しないしお正月だし、しかも相手が姉では、切るに切れない縁と電話♪
[PR]
by mariko789 | 2012-01-15 10:35 | Nikon D80 | Trackback

PhotoScapeでGIFアニメを作ろう♪

先日ドバイに泊まった夜、ホテルの部屋の窓からなんとも美しい噴水ショーを見ました。
連続で撮ったので、久々にGIFアニメを作ってみましたよ。
PhotoScapeを使えばGIFアニメもおちゃのこさいさい♪


f0053297_16485074.gif



         

         待春の思いの深き齢かな       よし

         旅すがら色とりどりの噴水に 
                心洗わる窓外美よ    詩楽麿

         手に乗せて永久に見たし噴水よ !   詩楽麿


         
         日々ただ酒を呑み
         ままならぬ己の身体を嘆けども
         路を転がる風の音を聞けば
         今しも胸の片隅に春の待たれる心持が生まれたり
         おかしかり。
                       
                     (詩 by よしさん)


More(GIFアニメの作り方)
[PR]
by mariko789 | 2012-01-12 11:56 | retouch/anima/paint | Trackback | Comments(40)