always over the moon

<   2008年 10月 ( 20 )   > この月の画像一覧

より添ひてそれだけの幸 秋夕



より添ひてそれだけの幸 秋夕  流星

(よりそいて/それだけのさち/あきゆうべ)






f0053297_20419.jpg


◎ 季語: 秋夕(あきゆうべ) [秋]









・。・☆・皆様から頂いた句です(敬称略)。ありがとうございます♪ .・☆・。  


鹿鳴けば俄かに山は暮れにけり    よし


より添ひてそれだけの幸秋夕     (流星)
     いついつまでも続きますよ  (らっこ)


より添ひてそれだけの幸秋夕     (流星)
   あすを見つむる目に秋の虹    (道州)


寄りそいて 噛み合う歯車 今何処   al17


あらいやだ 背向き無くなる 猫騙し    詩楽麿


お互いの 体温うれし 秋夕       SARAH

More
[PR]
by mariko789 | 2008-10-31 20:01 | Nikon D80 | Trackback | Comments(0)

さびしいよ さびしいようと 草紅葉



さびしいよ さびしいようと 草紅葉  流星
(さびしいよ/さびしいようと/くさもみじ)





 
f0053297_2075065.jpg



◎ 季語: 草紅葉 (水草紅葉) [秋]









・。・☆皆様から頂いた作品です(敬称略)。ありがとうございます♪ .☆・。  


さびしさ むなしさ 皆来い
 一人ぽっちの あたしには 貧乏神でも 顔出しゃうれし
さびしさ むなしさ 皆来い
 一人ぽっちの 涙顔 疫病神が 手ぬぐいを
 一人ぽっちの あたしにも いつかは吹くさ さちの風
   そしたら 言うんだ 皆帰れ   絶対 言うんだ 皆帰れ

さびしさ むなしさ 皆来い 今は まだまだ 皆来い   
                                 ぼたん

草もみじ掻き別けて今頂きへ        よし


草紅葉 何時の日か見た 里の山     愛媛子


寂しくて 賑やかに笑う 今宵また      harumi


さびしん坊 お化けはおまえか 草紅葉   SARAH

草紅葉 集めて燃やす 人恋心        SARAH


さびしいよさびしいようと草紅葉       (流星)
      水の精霊ささやきかける     (らっこ )


秋月を 連れ仰ぎし 夜を想う         詩楽麿

独り身に 忍び寄りたる 時雨音       詩楽麿


さみしいよぉ 愛しいあのこの もみじの手   al17


さびしいよ さびしいようと 風の泣く      ななし子

More
[PR]
by mariko789 | 2008-10-30 20:05 | Nikon D80 | Trackback | Comments(0)

竹の春 :俳句



少年に夢の絵図あり竹の春  久遠 (旧:流星)
(しょうねんに/ゆめのえずあり/たけのはる)







f0053297_20102194.jpg


◎ 季語: 竹の春 [秋] (これが秋の季語とは、奥が深いです)










・。・☆皆さまから頂いた句です(敬称略)。ありがとうございます♪ .☆・。  


少年に 夢の絵図あり 竹の春   (流星)
   父の背中をただ追わんとす   (らっこ)


節なくも 呉竹萌ゆる 竹の春       詩楽麿

竹の春 慈しみたる 君が文 山の端にあり 明日の空恋う   詩楽麿


竹の春 かぐや姫探そと 君の手を取る         SARAH

竹の春 君もニョキニョキ 母を越す(筍に言う母)    SARAH


少年の 身影に宿る 熱き志       al17


育ち行く 子を慈しむ 竹の春       愛媛子


眉の濃きをのこは一途竹の春      道州


竹林に 緑滴り 秋紅葉           Nong-Khai


茶の人が連れ立ちてゆく竹の春     よし


竹の春 これが秋の句? 奥深い    極楽とんぼ

More
[PR]
by mariko789 | 2008-10-28 20:08 | Nikon D80 | Trackback | Comments(2)

秋刀魚(さんま):俳句

己が身の脂で燃ゆる秋刀魚かな  久遠 (旧:流星)
(おのがみの/あぶらでもゆる/さんまかな)

f0053297_2014381.jpg


季語: 秋刀魚 [秋]

・。・☆皆様から頂いた句です(敬称略)。ありがとうございます♪ .・☆・。  


もみじ葉に胸の焔の騒ぎけり     よし


不器用な愛の告白さんま喰う     遊子


燃え滾て 秋刀魚のごとし 脱脂肪   al17


己が身の 脂で燃ゆゆ 秋刀魚かな   (流星)
    煙りたなびく骨焦がすまで     (らっこ)


燃え尽きし この身を焦がし なおも燃ゆ    詩楽麿


マイルスのミュート絶品秋刀魚焼く      道州


七輪に 秋刀魚をのせたら 夕立が!      Nong-Khai


オレが焼く 炭火でキメろ! 秋刀魚はな    花輪


秋刀魚かな? 焼き魚の においする      極楽とんぼ

More
[PR]
by mariko789 | 2008-10-27 20:12 | Nikon D80 | Trackback | Comments(0)

倦怠の青ひき裂くや星が飛ぶ  :俳句



倦怠の青ひき裂くや星が飛ぶ     流星
(けんたいの あおひきさくや ほしがとぶ)

f0053297_20173712.jpg


季語: 星飛ぶ 【秋】   天文





・。・☆・皆様から頂いた句です(敬称略)。ありがとうございます♪ .・☆・。  


倦怠の 青ひき裂くや 星が飛ぶ     流星
   我舟に乗り漕ぎ出でむとす      らっこ


慕えども 青遥かなり 時去りし        詩楽麿


飛ぶ星に 願いをのせて 君に届けむ   sarah


目指す途 星飛ぶ先には 未来有り     Nong-Khai


青き海 渡らば渡れ 虚と誠、        yamaoji


楽園の 吹く風に乗り 星と飛ぶ       harumi


ひんがし(東)の空うすうすと夜這星    道州 

More
[PR]
by mariko789 | 2008-10-25 20:15 | Nikon D80 | Trackback | Comments(0)

仏桑花(ぶっそうげ) :俳句


仏桑花愛の極みの殺意かな  久遠 (旧:流星)
 (ぶっそうげ あいのきわみの さついかな)





f0053297_20204478.jpg




◎ 季語: 仏桑花(ぶっそうげ)=ハイビスカス [夏]









・。・☆・皆様から頂いた句です(敬称略)。ありがとうございます♪ .・☆・。  


仏桑花 合掌をほどき 愛受け止める    SARAH


不景気に 耐えて花散る 夫婦花       al17


仏桑花 心はち切れ 物騒か 【川柳】     詩楽麿

意も告げず 背向くる 人よ 仏桑花       詩楽麿


仏桑花 愛の極みの 殺意かな       流星
   思い叶うは夢のまた夢          らっこ


ぶっそうだ....危険な愛に...賭けるのかい  花輪


灼熱の 愛に焦がれて 仏桑花     Nong-Khai


朱色とは 女性(にょしょう)の情念 刹那かな   ,yamaoji


物騒ゲッ! 愛の極みの 殺意かな   極楽とんぼ


一途なる思ひカラカラ風車    道州


仏桑花 ぽとりと落ちて 夏が逝く    harumi

More
[PR]
by mariko789 | 2008-10-23 20:18 | Nikon D80 | Trackback | Comments(0)

とりとめもなき長電話火の恋し :俳句



 とりとめもなき長電話火の恋し   流星
(とりとめも なきながでんわ ひのこいし)

f0053297_20242779.jpg


季語: 火恋し(火の恋し)  【秋】   生活

写真: バリ島のホテル。9月撮影







・。・☆皆様から頂いた句です(敬称略)。ありがとうございます♪ .・・☆・。  


とりとめもなき長電話火の恋し   流星
   秋の夜長の人恋しさよ    らっこ


焼き栗の 香りに誘われ巴里思う・・・   SARAH


茜色 肩を抱きよせ 薄明かり、      yamaoji


長電話 殆ど理由は 暇潰し        Nong-Khai


チャットルーム声聞いたよな夜長かな   frogmomo


とりとめも なき長電話 火の恋し     流星
    メールでいいのに声聞きたくて   遊子


恋しくて 手繰り寄せたい 長電話   al17


長電話 妻の特権 秋の宵     愛媛子


鮎落ちて里の燈がまたひとつ    よし


真実を 語れば過ぎる 火の恋し    詩楽麿

秋深し 散る葉の定め 火の恋し    詩楽麿

More
[PR]
by mariko789 | 2008-10-21 20:22 | Nikon D80 | Trackback | Comments(0)

中指で刻む ジュテーム(je t'aime)秋扇 :俳句


 中指で刻む ジュテーム(je t'aime)秋扇    流星
(なかゆびで きざむジュテーム あきおうぎ)

f0053297_20271680.jpg



季語: 秋扇(あきおうぎ)  【秋】  生活

写真: バリ島 ヌサドゥア・ビーチ(9月)








・。・☆・皆様から頂いた句です(敬称略)。ありがとうございます♪ .・☆・。  

中指で刻むジュテーム(je t'aime) 秋扇   流星
        今君の手のひらの中で遊ぶ    遊子


よせ返す 波が刻んだ 秋扇     SARAH


中指で刻むジュテーム(je t'aime) 秋扇   流星
          消さずにおいて黄昏迄は   らっこ


相合傘 小指が繋ぐ 実りの秋       Nong-Khai


白砂に 愛していますと 走り書き     yamaoji


砂を這う 波も恋字を 秋扇     詩楽麿

うらぶれて 白浜歩く 一人もの 心に秘めし 波秋扇   詩楽麿

More
[PR]
by mariko789 | 2008-10-20 20:25 | Nikon D80 | Trackback(1) | Comments(0)

参考俳句

佐藤春夫氏の俳句

もろもろの浴衣に江戸を祭りけり
天籟を猫と聞き居る夜半の冬
恋語る魚もあるべし春の海


岬端の俳句

ものみな藍の岬端にして干大根  中村草田男

サーフィンや岬端を夜が離れつつ  内山泉子

大南風岬端はもの思ふところ 小野恵美子

岬端に座礁して蟹ひしめきぬ  脇本星浪

岬端の岩落ちさうに法師蝉   右城暮石

岬端の笹鳴死にそこねては  齋藤愼爾

岬端へなだるる蘇鉄大南風 野上 水穂

岬端やふりむきざまに冬の虹   岸田稚魚 筍流し

岬端や尾振り颯々寒立馬 池上樵人

岬端を指呼して雁の別れかな   西村和子 夏帽子

野分撲つ岬端にわれ紙のごとし  林翔 和紙
[PR]
by mariko789 | 2008-10-19 08:18 | no-photo

林檎に刃くるくる生まれる赤い蛇 :俳句



林檎に刃くるくる生まれる赤い蛇  流星







f0053297_1645416.jpg

(りんごには くるくるうまれる あかいへび)


◎ 季語:林檎(りんご) 【秋】








・。・☆・。頂いた句です(敬称略)。ありがとうございます♪ .・。・☆・。  

ひばりいき 歌いし林檎 なお実る!    詩楽麿

赤い蛇 邪念渦巻く 我が心        極楽とんぼ

渦巻きは 見ててグルグル 眼が廻り    Nong-Khai

リンゴに歯 飛び散る果汁に 初恋思う    sarah

季語: 林檎 [秋]

More
[PR]
by mariko789 | 2008-10-18 20:32 | retouch/anima/paint | Trackback | Comments(0)